1/3 ROAD TO 志賀
12/31~1/2にかけて志賀高原に行ってきたのは先の記事に書きました。
今回はその往復の道中の出来事について。

往路は 12/31 03:45頃に名古屋ICを通過し、そのまま志賀高原に一番近い中野ICで高速を下りる。
通行料は、ETC深夜割引(50%OFF)で3200円なり。随分と安くなりました。
ただし、この深夜割引50%は休日の場合は1/31までの期間限定・・・・
せめてスキーシーズンの終わる3/31まで継続してョ。

志賀高原の麓でチェーン装着します。
スタッドレス装備ではありますが、志賀の雪道をなめてはイカン。
四駆ならともかく二駆はチェーン装着した方が無難です。
実際にはFF+スタッドレスだけで上っていく車も結構多いですけど。
志賀高原内でもメインの幹線道路は除雪体制が整っているので多分、FF+スタッドレスだけでも走れる。
でも小さな脇道や駐車場などで落とし穴があるんですね~~。(今回も落とし穴に落ちました)

往路は問題なく現地着。
宿の指定の駐車場に車を停めたのですが、前晩から雪が降り続いて新雪が30cm以上積もっているところに勢い任せで車を進入させたのが後から大変なことに(^^;
f0100885_20495494.jpg

復路のスタートは、1/2の16時頃。
駐車場に行ってみると、車が半分ほど雪に埋もれている。
まぁ志賀なのでこれくらいは普通なのでこの時は驚きはしませんでしたが。

前タイヤ付近の雪をシャベルで除雪してエンジン始動。
アクセルをジワっと踏み込んで車を発進させ・・・・・あれ?スリップ??
フロントタイヤは虚しく空転。チェーン装着してるのに(汗)
宿の人にも手伝ってもらって、タイヤの直前の雪をさらに除雪。後ろから人力で押してもらって、なんとか動いた・・・しかし1mほど動いた所でまたスリップ。
でも少し動いたので何とか自力脱出できるんではないか、、、と思ったのですが、そこから押しても引いても動かず。前進はもちろん後退もダメ。
どうやら、2、3日前に駐車場を除雪した際に残った雪が固まって氷状になったところにタイヤが乗っている状態でまったくグリップせず。
なんどかタイヤ付近を掘り出すのですが雪が硬くて硬くて。
時間かけて掘り出せば自力で動かせそうでしたが、そんなに時間をかけるより手っ取り早く宿のランクルで牽引して引っ張りだしてもらうことしました。

フロントの牽引フックは何処かな・・・・普通はフロントバンパーの裏側に見えているのだが。
とゴルフのフロントバンパーの下から覗き込むのですがそれらしい物は見当たらない。
ナゼだ?牽引フックが無い訳がない??

車内に戻って取り扱い説明書を引っ張りだす。
牽引についてのぺージを見ると、、、、書いてありました。
ゴルフのフロント側の牽引フックは、必要な時に取付するタイプで、フロントグリルの一部を外し(手で外せる)車載工具の中のネジ込み式の牽引フックをグイグイとネジ込んで使うなんて、知らんかった・・・・苦笑
吹雪の中、必死こいてグリルを外し、牽引フックをネジ込んで、宿のランクルに引っ張りだしてもらってなんとか脱出成功~~~

志賀高原は内陸部で標高が高いため、粉雪であることが自慢な土地柄なんですがこの粉雪が車を走らせる上では厄介。
チェーンにしてもスタッドレスにしても、雪を押し固めることによって出来る凸凹のエッジ効果でグリップを得ます。
ですが、粉雪だとカンタンには押し固まらない。最初の一転がりで失敗すると、あとは虚しく雪をかけあげて空転するのみ。
2シーズン前も3月の志賀で自力脱出できなくなった事があったので、志賀では必ずチェーン装着して用心はしてたのですが、今回のサラサラの粉雪状態ではチェーンですら無力化。
繰り返しますが志賀の雪をなめてはイカンです。


駐車場からの脱出に一苦労しましたが、なんとか帰路へ。
麓の山ノ内町までは雪道のせいかノロノロでしたが、中野市に入るころから路面の雪も無くなって普通に走れるようになり、途中小布施に寄って栗の木テラスでマロンシュークリームを買う。
毎回、志賀の帰りに寄って買ってます。ここでしか手に入らないので、外せない(^^)

無事に買い物も済ませて、さあ高速道路へ。
時刻は18時。うーん、どうしよう。ETC通割の時間帯だが、100km限定だ。
手持ちのETCカードは2枚だし。しばし考える。
ケータイでモバイル高速日和にアクセスして、インター間の距離をチェックする。
更埴~伊那間が98km、伊那~恵那間が95kmと出た。
よし、これだ。恵那に着いてからは後から考えよう(最悪、恵那まで行けば残りは下道でも走れる)

小布施から更埴インターまでナビ便りに下道を走る。
更埴インターの手前で念のため給油して、18:40に更埴インターへ。
長野道を南下し、19:45ころに伊那着。
いったん伊那インターを下りて、安全な場所で駐車してカード差し替え。
再び高速に乗って一安心。これでゆっくり走っても問題ない。あとはSAで晩飯食ったり休憩したりで恵那着は10:10。
恵那を下りて、考えた。平日夜間割引があるよなぁ、疲れているから使っちゃえ。
最後は恵那~名古屋を平日深夜割を使って帰ってきました。(23:05名古屋着)

ETCカードとETC割引をいろいろ駆使した結果でありますが、帰宅してからよーく考えると、二度も途中下車までしたけど、帰宅が23時を回ったのだから、途中下車せず名古屋着を0時すぎに調整すれば、深夜割引が使えたし、
さらに安いじゃん!!
たとえ0時まで待たずとも、普通の走行ペース(休憩込)ならば帰着は22時を超えるのは当然なので、夜間割引でも総額はさほど変わらなかったなあ(^^;;

ETC割引は有り難いが、あまりに複雑すぎてまるでケータイの料金体系みたい。
出発/到着インターと、時刻と、カード枚数を入力して最適ETC割引を瞬時に計算してくれるサイトなんてないかしらん(笑)

・・・と思ったらありました。
ちょっと不正確な場合(バグ)があるけど参考にはなるかな→ETC割引の裏技
[PR]
by sierra-outdoor | 2009-01-02 23:43 | ゴルフ(VW)日記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/10101672
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Churin at 2009-01-10 22:22 x
チェーンを付けているのにスタックとは大変でしたねえ。(^^;
しかし、フロントの牽引フックが脱着式とは意外ですね。
うちの車(アイシス)もリヤの牽引フックは脱着式ですが、フロントはバンパーの下に普通についています。
まあ、滅多に牽引なんてされる事は無いから、脱着式でも問題ないのかな?
Commented by しえら at 2009-01-11 09:38 x
志賀だけは特別な土地なので用心してたけど、当初の想定を上回りました>Churinさん
フロントの牽引フックも取り付け式だというのも、恥ずかしながら今回始めて知った訳で(苦笑)
主な道路なら除雪してあるので、こんな事にはならないのですが、駐車場や脇道だと、除雪はあまりしてないのでFF車はハマってしまいますねェ。
Commented by つりらー at 2009-01-12 15:32 x
しえらさんこんにちは
やっぱあっちの方は半端じゃないですね~。
チェーンを付けてもスタックするなんて初めて聞きました。
高速の割引は本当にややこしすぎです。
確かに携帯の割引と同じでよくわかりませんね。
もっと明瞭にETCは全て半額でいいのではないかと思っています(^^)
Commented by しえら at 2009-01-12 17:41 x
全て半額ってのは簡単明瞭でイイですね>つりらーさん
とりあえず現在の休日深夜50%と、休日昼間50%だけでも永続させてほしいですがねェ。

スタックの件は、まぁ今回は粉雪深雪の雪溜まりにそのまま車を突っ込んだ事がそもそもの原因で(苦笑)
普通の走行なら、チェーン填めていれば、まず大丈夫です。
まぁ、よくやるんですよ。車を停める時に雪深い空きスペースに無理矢理突っ込んでスタックしちゃうのは(笑)
<< 1/12 初釣り、、しかし激寒 1/1 志賀高原の年越しスキー... >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
まぁ、この川では本命じゃ..
by しえら at 23:41
良いサイズのニジマスが出..
by Churin at 22:02
Churinさん なん..
by しえら at 21:12
しえらさん、おかえりなさ..
by Churin at 23:09
ココ最近、全く雨が降って..
by しえら at 21:27
手のヒラアジさん 先日..
by しえら at 21:25
Churinさん そう..
by しえら at 21:21
ども。 マメに記事アッ..
by 手のヒラアジ at 13:55
おー、しえらさんには珍し..
by Churin at 23:04
やはり土曜日は賑わってい..
by Churin at 22:59
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism