6/13 沈黙の川・・・・
いよいよアユ解禁の季節を迎えた。
第一ホーム、第二ホームともにアユが解禁になるため、自由に釣りが出来るのもこの日がラストチャンス。
第一ホームは、今年は未だに良い話しが聞こえてこないので、2週間前に割と魚影を確認していた第二ホームの馬瀬方面に向かう。
あわよくば、アユを飽食した幅広アマゴが釣れないか、と期待しつつ・・・・

朝5時すぎに現着。
川を見てみると、、、、予想してたよりも水位がかなり低い・・・・
2日前に25mm前後の降水があった筈だが、アッという間に引いてしまったかなぁ。
それでも天気は曇りだし朝は反応があるだろう。午後からにわか雨の予報も出ているので、その雨も期待しよう。

最初のポイントは、ここ最近では必ず反応のある場所。一歩づつクロス~ダウンクロスで探って行く。
水の感じは良いのだが、ちと水位が低いせいか、しばらくは反応なし。
そして核心部分に入った。毎回、絶対にここなら反応があるので、期待しつつ投げると、ミノーが岩影の向こう側に差しかかったところでヒット!!
水の流れもあり重量感あるファイト。グリグリとローリングするのが判る。
岩の反対側でヒットしたので、なんとか強引に手前側まで寄せてきて、ランディングすると、25cmのアマゴ。なかなかのグッドコンディションな魚でイイ感じ。
幸先良くGetできたので、よ~~し、コレからだぁと気合を入れて釣り続けるが、結局このポイントではこの1発っきり。
この区間で2~3匹は釣るつもりでいたのだが・・・・まぁいいか。
f0100885_20575037.jpg

次のポイントに移動。前々から目を付けていたポイントだったので偵察を兼ねて入ってみたが、割とイイ感じ。しかしノーチェイス。
あれれ、チェイスくらいあっても良さそうなのに。

3番目のポイントもノーヒット、ノーチェイス。
おかしい・・・・水位が低いとは言え、大渇水という程ではないし、朝マズメなので反応くらいあっても良さそうなのだが、まったく姿が見えない。チビすら追ってこない。
次へ次へとランガンして行くが、どのポイントも無反応のまま。時間だけが過ぎて行き、曇り空も次第に薄曇り~晴れ間が見えるようになって、ますます厳しい。
水位が低め、という以外には特別条件が悪いとは思えないのだが、まるで殆どのアマゴが姿を消したかのよう。

やむを得ず、上流のイワナ域に向かう。
この水位だと上流部も厳しいので、いつもは素通りしている中間地点のアマゴ・イワナ混棲域に入ってみよう。

道路からは川の流れが見えない場所しかも初めて入る区間なので、渓相がどうなっているか判らないのだが、とりあえず入りやすそうなエントリー箇所を見つけて入ってみると、流れは悪くない。
流芯の向こう側の反転流にミノーを投げ、イワナ向けにゆっくり誘うと、さっそくヒット!
流芯の流れの中を強引に寄せてくる途中にバレてしまったが、どうやら魚は居そうだ。
同じポイントでもう一度下げると、チェイスあり。
これはバイトしないままUターンしたので、もう一回出るだろう、再びアプローチするとヒット。
約25cmくらいの狙い通りのイワナ。
f0100885_20581454.jpg

ここからしばらくの区間、調子が良くて22~25クラスを2匹追加。
しかし、とある場所からすっかり反応が無くなってしまった(先行者が入った後?)ので、一旦車まで戻って、次へ移動。

次のポイントも初めて入る場所。
しばらく歩くと、先の方にイカにもイワナが潜んでいそうな、倒木が倒れ込んで水の流れが倒木にブチ当たっている絶好のスポットあり。
デカいイワナが居るとしたなら、絶対にココだろう。これは慎重に探ろう。

ダウンクロスのポジションから対岸の倒木の際へキャスト。
トゥイッチしながら倒木の際を流しつつイワナを誘うと、、、、ユラ~~ッとミノーの後ろを追尾する姿。
を、これはチト、デカイ?尺物か??
軽くトゥイッチを入れて誘うが、寸前のところで見切られ、流芯に姿を消す。
うむ、警戒心が強いな。でもまだフックには触っていないのでもう一度出てくるかも。
少し場所を休ませるため、ロッドを置いてラインのチェックなどして、さぁ再開しようと思った矢先、これから投げようと思っていた倒木のピンスポットの横の藪から、突然におじさんが出てきた。
他の釣り師が釣り上がってきたのかと思ったら漁協の監視員のおじさんでした。
私の姿を認めたらしく、ニコニコしながら歩いて近づいて来るのだが、今まさに狙おうとしたスポットの横を歩いてしまって、、、あ~~プレッシャー掛かってしまったかな。
「釣れるかね?」と聞かれたので
「朝イチに少し下流でアマゴが1匹、あとこの近くでイワナを2、3匹ですかね~」と答えた。
年券をチェックしつつ、私がビクを持っていないのを見たのだろう、
「キャッチ&リリースかね?」と聞いてくる。
「そうです、リリースしてます」
「そりゃ勿体ない」と監視員のおじさんは言うけど、漁協に取ってはリリースしてくれた方が有り難いだろう(笑)
直にアユが解禁になるので、どこまでアユを放流しているのか、いろいろ聞いてみたが、アユは結構上流まで放流してるので、この場所もアユ解禁になるとアユ師だらけになると言う。
イワナが優勢なこの上流部でもアユを放流しているのかァ・・・・・(^^;;

で、おじさんが去った後、再び先程の魚が反応してこないか、狙ってみるも、もう姿を見せることは無かった。。。。。

時刻は正午を廻り、天候はにわか雨どころか、雲がどんどん切れてきて晴れ模様。
こりゃもう期待出来ないなぁ~~

今後のために、今まで入った事のない区間を幾つか探ってみる。
入渓しづらい区間を崖を下りて探ってみたが、どこでも釣りの足跡が。
皆さん、こんな川通しの難しい険しい場所でもやはり入ってくるのね~~

結局、アマゴは朝イチの1匹のみ。
イワナも一部の区間で釣れた3匹のみ、という貧果。
真夏の渇水期や、アユ解禁した後ならこの釣果でも仕方ない面もあるが、まさかアユ解禁前の6月でこんなに貧果とは想定外。
とにかく反応が非常に少なく魚影が薄かった。2週前はそこそこ姿見えていたのに、この豹変ぶりは原因は何だろう?
まるで夏場の高水温・渇水期の「夏ヤマメ、一里一匹」状態。
しかし、まだ水温はそんなに高いとも思えず、、、渇水ではあったが、めちゃめちゃ水位が低かった訳でもなし。
今までは反応はあるけど、バイトさせられなかったりバラシたり、そんな状況だったのだが、今回は魚の姿が今までになく非常に少なかった。
たまたま悪い時に出くわしたのか、もう釣り切られてしまったのか・・・・・(前者だと思いたいが)

今日の結果次第では、アユ解禁後も降水直後の朝イチにアユ師軍団の間隙を縫って幅広アマゴを狙ってゲリラ釣行でもするかと思っていたが、こんな調子ではそれも難しいかも。
[PR]
by sierra-outdoor | 2009-06-13 23:56 | 渓流釣り | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/11314049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Churin at 2009-06-15 22:44 x
こんばんわ。

今回の馬瀬はかなり厳しかったようですね。
他所の川では結構釣れた話しも聞いているので、きっと日が悪かったんでしょう。
監視員さんの話はちょっと笑えました。
呆気にとられているしえらさんの顔が浮かびます。(失礼(^^;)

それから、今回も駄作の実践投入有難うございます。


Commented by しえら at 2009-06-16 23:10 x
日が悪かっただけだと思いたいです(苦笑)>Churinさん
監視員のおじさんの話は、まぁご愛嬌ですね。最初の一投目で食わせられなかった時点でダメだったかも知れないですし。
Churinミノーはイワナはさすがによく釣れますね、って言うか、上流部では大変使い易いです。
Commented by つりらー at 2009-06-18 20:54 x
こんばんは~。
渓流も中々厳しいですね~。
梅雨入りしたのに雨が降らないから尚更ですね。
渇水状態で雨が降ったので水位もあっという間に下がってしまっているし。
来週から雨が降って梅雨らしい天気になるらしいので、それに期待してます(^^)
まあ、降りすぎたらシーバス行ってきますわ(笑)

Commented by しえら at 2009-06-18 23:06 x
空梅雨なので、厳しいですねえ>つりらーさん
今日も夕方、名古屋市内は激しい雨でしたが、岐阜の山の方は全然降ってないし。
街でどれだけ降っても意味ないですねえ、山で降ってくれない事には。
来週以降の梅雨前線に期待しましょうか(^-^)/
Commented by おおはし at 2009-06-19 11:48 x
ご無沙汰していおります。
ちょこちょこ見には来ているんですがROMってます(^^;
監視員さん…何もそんな時そんなトコに現れなくても…
ストリームトレッドその後調子どうでしょうか?
最近ライトな場所は沢タビ?に即乾パンツなんですが
山岳系考えるとソールの減りにくいシューズタイプが
やはりいいのかな?と。
超遅ですが、churinさんとこのBBSのレス見落として
ました(_ _)機会が合えば是非(40~50-_☆)
Commented by JYI at 2009-06-20 23:13 x
馬瀬も今日、鮎解禁でしたね。
でもあそこは上流部は、出切るかな?

この時期何処も厳しいですね。
大型が出るまでもう一息と・・・思いましたが、
渇水の得意なおいら(笑)
先日、案内したコースで念願のサイズが出てくれました。(^^9
Commented by しえら at 2009-06-22 22:25 x
おおはしさん、ストリームトレッドは優秀ですよ~~
もう最近は何処の川でもストリームトレッドしか履いてません。
アユ放流域のヌルヌルの川床でも、多少は滑りますが私的には許容範囲内。
それ以外の上流域や、水から上がった後は、もう無敵(笑)
でも、陸上では、ストリームトレッドよりさらにアクアステルスの方が軽快感は上なんですけどね。
高次元での水陸両用シューズという事で、総合点でストリームトレッドはイイです。超オススメです。
監視員も、悪気があって出てきた訳ではないですから(笑)
もともと一発目で釣っていれば、逆に監視員さんに釣った直後で自慢できたんですけどね~~苦笑
Commented by しえら at 2009-06-22 22:27 x
馬瀬も最上流部ならなんとかできそうです>JYIさん
念願サイズ、さっき見ました。すごーーい。スゴイですね。
私には永久に釣れそうもないサイズです。
JYIさんにしか釣れないサイズですね、あの魚は。
<< 7年ぶり・・・・・ 6/6 今季最初の信州プチ遠征 >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism