9/27 2009-渓流 終幕
長かったような短かったような、渓流シーズン2009も、そろそろ終わりを迎えようとしています。
それぞれ、思い思いの渓で、釣り納めをしてる人も多いかと。
(まだ3日あるけど、平日なので、大多数の人は今日が最後かな)

私の場合、第二ホームはすでに禁漁突入。
第一ホームは、9/30まではOKだけど、渇水&網が入っているので、行っても釣れないよなと(自分の中では7末でもう終わっていたし・・・・)
だいたい例年の通り、9月の渓流は信州へプチ遠征&釣り納めと決まっているので、今年も渓流のオーラス釣行は犀川水系に行きました。

まだ夜明け前の中央高速をひた走る。現着は5時ころ。まだ暗い。だいぶん夜が明けるのが遅くなってきたナァ。
コンビニで日券を購入し、いつもなら、デカいのは期待薄だがチビが確実に釣れる区間に入ってまずはボーズ回避するのが定番なんだけど、今回はいきなり核心の区間(デカいのも数もそこそこ狙える)に入る。
いつも車を停める場所に行くと一番乗り。よしよし。いいぞいいぞ、、と思って川を見下ろすと・・・・

がちょーーーーん、水がない・・・・・汗

まったく無い訳ではないが、申し訳ない程度にしか流れていない。
事前情報で渇水だとは判っていたが、ここまで水がないなんて。
この区間で、ここまで減水したのを見たのは初めてだ。釣れるんか??こんな水位で・・・・・(^^;;;;

二番目の区間に入り直すことも考えたが、とりあえず今季はこの区間は自分としては好調だし、まぁまぁの良型も見かけているので(釣れてないけど)、釣り納めでもあるしやってみよう。

極力水が流れていて深い場所だけを選んで探っていくが・・・・・・無反応。
いつもたいてい魚が反応してくる場所でも、魚ッ気ナシナシ。
辛うじて流れが生きている場所からおチビさんが反応してくるが、超ショートバイトでフックアップしない。
そりゃ、この水量だもんなァ。警戒してるよね。

結局、第一区間をずーーーっと釣り下って、区間終了地点まで来たけど2チェイス1ショートバイトのみ。
いつもなら車にまで戻るのだが、今日はあまりに水量の無さ故に川を徒渉できてしまうので、そのまま予定していた第二区間に徒歩で突入~~~~

第二区間からは、用水の余り水が流入しているので水量がやや復活。
と同時に、釣り人の姿は激増(苦笑)
一つの有名大場所ポイントにはエサ釣りとルアーが入り乱れて数名入ってるし。
混み合ってるポイントは入る余地ないので、スッ飛ばして、前回釣行時に尺上サイズを釣ったポイントへ直行。
この場所はそれなりに水があってイイカンジ。でも、反応ナシ。やっぱり9月は難しいな、と思いつつ次のポイントへ。
ここは、過去にチビしか釣ったことないけど、この低水位でも深みがあって、対岸にはブッシュに大岩がドンと鎮座する誰が見てもA級スポット。
当然、マークも激しいはず。でも、こんな場所こそ、この渇水時期には魚が居るハズ。
居るなら、対岸のカレントがブチ当たっている大岩の影&ブッシュ際。
出るなら、最初の一発目だ。慎重にキャスト!!

大岩とブッシュの間、絶妙なピンスポットにミノーが着水。
即座にラインスラッグを取って、ミノーに生命を吹き込む。
トゥイッチ、一発、二発。
流れの中で、ギラッとミノーがヒラを打つ。すると・・・・・・・・


ドン!!  キタッーーーーーー!!

よ~~ぉっし!!出た出た!!
サイズも悪くないぞ。
流芯の中で、魚がもんどりうつ。やっと出たか。今日のまともなファーストバイトだ。絶対に仕留めるぞ。

幸いにも、大物対策用にPE 0.6号(8lb強度)に、リーダーも8lbとパワー的には余裕がある。
激流の中をゴリ巻きで寄せる。水面を暴れる魚はブラウンだ!!
サイズがまあまあなので、寄ってからが大変。なかなかおとなしくならない。ウェーディングしているので、ネットに入れようにも暴れる暴れる。
ヘタにランディングしようとして、ミノーのフックがネットに中途半端に絡みつくとバレるので、そのまま強引に岸へ魚を水面をひきずって寄せてズリ上げ成功。

ふ~~~やっと釣れたあ。

サイズを計る。
よしっ、40は超えた。(41cm)
やっと今季最終の釣行で40Upのブラウンを釣ったぁぁ~~
f0100885_2249779.jpg

この水系では40クラスはそれほど珍しい訳ではなく、50、60、70以上の大物もあがっている。
過去にも40超えのイワナは釣ったことがあった。
ただ、40ブラウンのハードルが高くて、何度かチャンスはあったものの、ことごとく掛け損ないして敗北していたので、この40Upのブラウンを釣ることを今季の目標にしてたので、それが最終日に達成できたのは、とても嬉しい。

この水系では自慢できるサイズでないことは承知しているが、個人的には3年くらい前から超えられなかった一つのハードルを超えれた事を素直に喜ぼう。

これで満足出来たので帰ってもヨカッタけど、朝8時。まだ時間はある。
そのまま釣り続行(笑)

二区間分も踏破したので、いったん車に戻る。
車に戻ると、一人のエサ師のおじさんが話かけてきた。
「何が釣れるね?」
「主にマスですね、ニジマスとかブラウンとか」
「そうかあ、ニジマスか。他の魚は?」
どうも、この川をあまりご存じでないらしい。
「イワナやヤマメも釣れますが、あまり数は出ないですね、そして、この渇水ですし。上流に行けばイワナなら確実に釣れますよ」
「ありがとう、どうもこの川はオレの好みの川ではないらしいので場所変えるわ」

その人の車のナンバーを見ると、関東圏ナンバー。ナンタラ川(超有名河川)本流会のステッカーも。
うひょ~~遠くから来てるなあ。プチ遠征の私よりもさらに遠い。
あの県なら、コッチ来るより、東北に行った方が近いし釣れるんじゃないかと思えるが。

この日はやはり9月最後の週末なので、地元ナンバーはもちろん他府県ナンバーも多い(私もその一人だが)
どのポイントにも人が入っている。
特に関東ナンバーが目立つかな。まぁ毎年9月に来るとよく見かけるのだけど。
f0100885_2258539.jpg


あちこちポイントを変えるが、最初の一発以降、音沙汰ナシ。
魚は瀬には出てないなあ、これは。渇水で警戒心が強くてフィーディングしていない感じ。
そうなると、狙うはピンスポットのみ。
水位が低い故に、川には入り易いので、極力接近してピンスポットを狙い撃ち。
すると、とあるポイントでビシバシと反応が出てくる。
ピンスポットに正確にミノーをキャストし、トゥイッチ、トゥイッチで誘うと中小型の魚がゴゴン!!と当たってきた。
しかーし、本流大物を想定したタックルなので、どうしてもバレてしまう。
源流・支流用の5.3フィートのULタックルがちょうど良い感じだが、今回は持ってきてないし、そんなタックルでは尺までが限界。それ以上は捕れない可能性が大。
なんとか、尺チョットのブラウンをぃ1匹追加。それ以外にバラシは3本。短い区間に集中していたので、やはり渇水で魚の付き場がかなり限定されるようだ。

これでやっとこの日の攻略パターンが掴めてきたが、このパターンに適合するポイントがあまりない。
確か、似た様なポイントがあの区間にあったよな~~と思って、移動した先の流れは、以前の面影はまったく無い流れに変貌していて、釣れそうにない。
何度かチビのショートバイトはあったが、結局釣れないまま、午後2時すぎにこれ以上釣ってもダメだろうと判断して終わりとしました。

これで2009年の渓流シーズンも終わり。
長かったような短かったような。
あまり釣れなかった(特に今季は本流系の大物がたいへん釣れたアタリ年だったのだが・・・・・)が、まぁ来季への課題としておこう。
来年もまた、美しい自然と川と魚たちに出会えることを祈りつつ、2009年の渓流の幕を閉じることとします。
f0100885_23151930.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2009-09-27 23:03 | 渓流釣り | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/12017793
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kenken at 2009-09-28 06:30 x
この渇水と激混みのなか40なんて、充分すぎる結果じゃないでしょうか…お見事です!

やっぱり、コメント遅すぎましたね^^;
でもそれも必要なかったようですね…
Commented by いち at 2009-09-28 06:49 x
最終釣行、お疲れ様でした!

いやぁ…マイリマシタ(m(。_。)m)
私は、同じ川の下流で…撃沈(涙)でした。

あのプレッシャー&水位の中、40Upは十分じゃないでしょうか?
やはり、この川は、ある程度上のほうが、良いサイズが出ますね!
ちなみに…私は、この川でも5.6ft(L)+6lbラインです(^^)v
Commented by 手下 at 2009-09-28 22:23 x
いい釣り納めできたようですね。大きなのがいるのですね。
SWに松本に旅行いきましたが、時間なかったので釣りは一切できませんでした。
まーやっても釣れないでしょうが、信州がまた岐阜とかの川とは違った感じだなーと車から見てました。
来年は行ってみようかな(^^;
Commented by Churin at 2009-09-28 22:37 x
最終釣行で納得のサイズが出て良かったですね。(^^)

来期は是非ご一緒させてください。
Commented by しえら at 2009-09-28 23:11 x
何とか釣れました>ケンケンさん
まだまだ、いつものケンケンさんの釣果には足元にも及びませんが、とりあえず一つの壁を超えたので、来季は次の壁(50)を目指します。
Commented by しえら at 2009-09-28 23:13 x
確かに厳しかったですね~~>いちさん
まぁ9月なので毎年、似た様な結果なのですがとりあえずシーズン末期でも、そこそこの魚が出てくれるのは、ポテンシャルのある川だと思います。
また、来季も楽しみですね。
Commented by しえら at 2009-09-28 23:15 x
信州だと、ちょっと趣が違いますね>手下さん
木曽とかだと、同じ岐阜と山続きなので似てる部分ありますが、松本まで来ると、渓相そのものが違ってきますし。
北海道(特に道東)に似てる雰囲気があって、私はその北海道に似てる雰囲気が好きで、このエリアに時々出掛けています。
Commented by しえら at 2009-09-28 23:17 x
なんとか最終釣行で結果が出せました>Churinさん
まだまだ、もっと大型が居るので、これくらいで満足しててはダメなのですが、とりあえず今季の目標の一つはクリアできてホッとしてます。
来季はご一緒しましょう(^-^)
Commented by つりらー at 2009-10-06 19:35 x
最後に渇水という厳しい状況で見事なブラウンですね。
シーズン最終に納得のいく魚が釣れるってのは嬉しいものです。
そっちには、来年高速が無料になる?ので、平日に荒らしに行くつもりです(笑)
私、ギックリ腰をやってしまい、しばらく寝込んでおりましたわ^_^;
Commented by しえら at 2009-10-06 21:15 x
腰、大丈夫ですかぁ>つりらーさん
釣りには足腰は大事ですからね、しっかり治して下さいマセ。
高速は無料になるンですかねえ?
いくらマニフェストで謳ったとは言え、チト強引なような気がしますが(どうせ補填は税金なので、結局自分たちが払うことになるし)
釣行最終日になんとか、それなりの魚が出たのはヨカッタです。
来年の糧となるといいなあ。
<< 10/4 遠州灘沖のカツオ 9/21 カンパチing >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism