10/4 遠州灘沖のカツオ
今年は駿河湾~遠州灘方面でカツオが豊漁。
渓流も禁漁になって、海に専念できるようになったのと、カツオ爆釣列車に乗り遅れないうちにいっぺん行っておこう、と釣友のFMさんと一緒に出撃です。

朝4時すぎに集合場所に到着。まだ暗いのに続々と釣り師がやってきます。
大部分は、すぐ近くに停泊していた大型エサ船のお客さんでしたが。

朝5時、まだ暗い中を出撃。
同船者は我々2名を含めて7名。出港して1時間ちょっとウネリに揺られつつ明るくなった頃合いにポイント到着です。
海鳥が飛び交ってはいますが、まだトリヤマまでにはなってない。
隣の釣り座に入った常連さんいわく、「1週間前はもっと鳥が多かった。今日は厳しいかも」とおっしゃる。
釣り開始のアナウンスとともにジグ投入。しかしヒットなし。
うーん、今日はダメなのか・・・・

すっかり明るくなった頃、少し離れた場所にトリヤマが立ってるのを発見!
即座に船は移動しトリヤマの近くに船を停める。
キャスティングタックルに持ち替えた隣の常連さんにカツオがヒット!
やっぱり魚は居るんだ。

たまたま持っていたのがジギングタックルだったのだが、前方のトリヤマに目掛けてキャスト。
トリヤマの手前に落ちたので、少し深いレンジを探ろうとそのままフリーフォールさせると、、、、なかなか思ったように沈んで行かない。
ひょっとして・・・と思い、スグにラインテンションを張ると、生命反応が!ヒットだ!フォールバイトだ!!
グングングンと何かが引いている。なんだこの魚は、、、、船の近くまで寄せてから走り出す。
背中がブルーに輝く魚体。カツオだ!!
今日のファーストヒットなので慎重に慎重に。船縁まで寄せて抜き上げると3kg弱と思われるまぁまぁサイズでありました。

そこからカツオのジアイ到来。
爆釣と言う訳ではないが、50~60mボトムまでジグを落としてシャクってくると、だいたい中層よりやや上でゴン!!とティップが入る。
ヨッシャー、とアワセてファイト開始。
カンパチと違って、フッキング直後から激しい走りはないが、ある程度寄せてきたあたりから釣られた事に気づくのか(笑)途端に走り出す。

周囲にもカツオ1本釣り漁船が集結して、散水しつつチャミングして1本釣りを行っている。
けっこうボチボチ釣れているようだ。


口切れ対策のため、やや緩めに設定してあるとは言え、ドラグがジジジーーーーーーと鳴り響くのはいつ聞いてもいいですな~~
3匹ほどカツオを追加したところで、中層あたりでゴゴン!!とヒット。
アワセると、これはちと重い。サイズがデカイかな?
見える距離まで寄せてきてから、走る走る。何度も水面近くまで上げてもすぐに走り出す。
あまり無理は出来ないが、コイツは絶対に獲ってやる~~~

周囲の人達に協力してもらいつつ、魚の動きに合わせて右に左に移動しながら水面にあげて、なんとか船長の差し出すネットでランディング成功。
上げてみると本日最大となる約4.5kgの良型カツオでした。
f0100885_2124331.jpg

この頃から、水面にはペンペンシイラがウヨウヨしだす。
このシイラが厄介で、バイトしてくると跳ねるは走るわ。まぁ単純にファイトを楽しむだけなら遊べるけど、我々の狙いはカツオ。ペンペンに邪魔される訳にはいかない。
f0100885_21251359.jpg

ファイト中のカツオをペンペンが追い回す(きっと、口元に見えてるジグを横取りしようとしてると思われ)ので、余計にカツオが興奮して暴れ回る。
すると、折角水面まで上げてきたカツオが再び走った・・・・と、プッチ~~ンとアイのノット部がラインブレイク。
あちゃー、やっちゃった。カツオをバラシたのも痛いが、当たりジグを持ってかれたのが一番イタイ。
同じジグはもうなかったので、仕方なくよく似たジグをチョイスするが、微妙に何か違う気がしてアタリが遠のいて行く。
それでも、なんとかカツオを合計5本ゲット。レギュラーサイズでも2kgは超えているので予想してたよりもデカイじゃん。
もうクーラーに入らないよ。(50リッタークーラーに二人分の釣果9本で、もう一杯一杯)

隣の常連さんがタイをヒットさせたが、ファイト中にあえなくバラシ。
どうやらタイも居るらしい。
船長もボトムまで落として10mくらいの底層は底物(タイやハタなど)を意識して釣ってみて、とアナウンスするので、底物を意識してシャクってみる。
2度ほど底近くでゴン!とジグにアタックしてくる感触があったけどフックアップせず。
インチクに替えてみると、小型のカサゴ類が即ヒット。
さらにハタを求めてインチクを投入するが、たま~に何か触ってくる感触はあるけどフッキングせず。
そのうちカツオの反応も無くなったため、小移動を繰り返しつつ、港に戻る方向へ船が移動。

沖上がり時刻もせまった、とあるポイントで底物を狙ってインチクを投入していたが、トモに居た同船者がカンパチをヒット。
これを見て、すぐにジグに変更。
ジグをテンポよくジャークしてくると、ドン!と明快なアタリ。
なかなか良い引きなので、カンパチか・・・と期待したが上がってきたのはハマチでした。
と同時に、ハマチのプチラッシュ。船中いたる所でヒット、ヒット。
すぐに2匹目もヒット。これはカンパチでした。ラッキー。
ハマチの群にカンパチが混じっているようだが、数はそんなに多い訳ではなく、圧倒的にハマチが多く、ハマチを釣ってはリリースを繰り返して、13時になったので沖上がりとなり、帰港となりました。

結果的には、カツオが5本、ハマチ数本、カンパチ1本、小カサゴが1という結果に。
カツオは数はそれほどでもないがサイズが良いので、カツオだけでクーラーが満杯に近い状態。
(通常は2人で1個の50Lクーラーを持ち込んでいるので)
久々のカツオ釣りを満喫でした。
それでも1週間前はもっともっと釣れていたらしいので、カツオの釣果もそろそろ下降線の模様。
ぎりぎり2009年度カツオ爆釣列車の最終電車に乗り遅れずに済んだかな~と言ったところでした。
[PR]
by sierra-outdoor | 2009-10-04 21:22 | 海の釣り | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/12074934
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Churin at 2009-10-06 22:26 x
お~、カツオ出ましたね!
4.5kgもあると、相当引くんだろうな。(^^)
私もいつか挑戦してみたいです。
Commented by 手下 at 2009-10-08 12:07 x
船はどこですか?
いいサイズですねー、今時期は脂ノリノリ?
夏に一度行きましたが、イマイチで2匹だけでした。
Commented by しえら at 2009-10-08 22:19 x
けっこう引きますよぉ~>Churinさん
ただ、表層でヒットすることが殆どなので、走られても余裕はあります。
注意しなきゃいけないのは、口切れバラシだけ。
カツオも、釣れ釣れ情報が入ったら、即行動しないといけないので、いつでもスクランブルOKの態勢でいて下さい(笑)
Commented by しえら at 2009-10-08 22:22 x
御前崎方面です>手下さん
サイズは、カツオとしてはまぁまぁですが、以前、同船者が10kgのカツオを釣ったのを目撃したことがるので、あれに較べるとオコチャマです(笑)
カツオも、タイミングですね~~。釣れる時は誰でも釣れるし、釣れない時は誰にも釣れない(きっと、そんな時はカツオが居ないんだな)
Commented by JYI at 2009-10-09 22:06 x
渓流も終わり、皆さん海に突入の方多いですね~。

自分は、そこまですると暇出されそうなんで・・・。(^^;

でも美味しそう・・・だからいいですね、海物は。

Commented by しえら at 2009-10-10 08:47 x
やっぱり渓流の禁漁=海の本格始動、になりますねえ>JYIさん
秋になると、海の釣り物が非常に多くなって、釣り師も活性化します。
食べても美味しいですしね。
JYIさんとこからだと、ちょっと海は遠いかも知れませんが、たまには息抜きでやってみてもヨイかと思いますヨー。
(ご希望でしたら、ご案内します)
<< 2009渓流・総括 9/27 2009-渓流 終幕 >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism