10/17 八重山諸島釣行・その2
10/17 6時すぎ、腕時計のアラームで起床。
まだ外は暗い(八重山は日本でも最西端なので、本土より日の出が遅いのです)
顔を洗ったりして準備して、薄明るくなった6:30に宿を出る。
まずは、前日の夕方に行った防波堤先端。きっと釣れるならあそこだろう。
今回持参した3タックルのうち、もっとも強力なシーバスロッド(9フィート ルアーウェイトMax35g)にツインパワー4000HG。
f0100885_20282386.jpg

トンでもない大物は無理だが、3~4kgの巨メッキくらいなら何とかなるだろう。
北よりの風が強く、追い風に乗せてキャスト、キャスト。
しかし、まったく反応がない。ベイトの気配も感じられないのでダメかな、こりゃ。
小一時間頑張ったもののノーバイト・・・・・八重山まで来れば釣れると想ったのに・・・・どうしよう・・・・
港の中に戻ると、朝の散歩に出ていた奥さんが「あっちでガーラ釣れたって言ってたヨ」と教えてくれた。
ガーラ(沖縄ではトレバリー類は大も小も全てガーラと呼ぶ)って、大きさはどれくらい?と聞くと掌サイズらしい。
ま、掌サイズでも釣れないよりはマシか。同宿してる奥さんの友人達も魚が食べたいと言ってるので、メッキもで釣りますか、という事で一番ULなタックル(6.6フィート ライトアクション+バイオMg1000HGS)にチェンジ。

ガーラが釣れている、というのは私が先程まで釣っていたのとは反対側の防波堤際の小さな浜。
確かに、その浜に面した宿に宿泊している人達であろうか数名が浜の真ん中で竿を出している。

その人達に邪魔にならないように大きく迂回して、浜の一番端にある小さな防波堤へ向かう。
小さなベイトが何かに追われて水面を跳ねているので、どうやら何かしら魚は居そうだ。
とりあえず様子見でアスリート5.5を投げてみると、足元からワラワラとメッキの群がチェイス。
よく見るとほんと足元、直下に数匹メッキがいるじゃん。
あまりに足元過ぎて狙えないので、数メートルほどゆっくり移動して、距離を置いて再びキャストすると1匹目がヒット!!

やた~~~~鳩間島初フィーーーッシュ!!
f0100885_20284621.jpg

掌メッキ(約15cmくらい)ではあるが、とりあえず1匹は1匹である。
群がどこかに消えてしまったので、少しづつ移動しつつ探っていくと、キャストと同時にメッキがチェイス!!
右に左にクロスしながら数匹のメッキがミノーに追いすがる。これは大変ヤル気のあるメッキ群だ。
チェイスを確認して食わせのトゥイッチを入れるが、その瞬間にUターン。どうもトゥイッチでは見切られているみたいな(本土メッキでは定番のトゥイッチが、南西諸島ではナゼか効かないことが多いのよね)
そこで、ファーストリトリーブとジャークを織り交ぜてみると、今度はガッツーーン!!とヒット。
いいね、いいねぇ。
チェイスしてくるメッキの姿も非常にアグレッシブでよろしい。ちょっとショートバイト気味でバラシも多いがナンダかんだと12匹ほどのメッキをGet。
もう少し釣れそうだったが、同宿の人達が朝御飯を作ってくれているので(宿の食事は自炊なのです)人数分だけメッキをキープ、残りはリリースして宿に戻る。
刺身が食べた~~い、というリクエストがあったので一番大きなメッキ2匹をなんとか3枚に下ろして、夕飯にお造りとして出してみた所、大変好評(^-^)
今までメッキは殆どリリースしてきたのだが、今回食べてみて、けっこう美味しいジャンという事を再確認。

10時すぎに、風の影響のない浜辺へ皆でシュノーケリング。
枝サンゴがけっこうあって、珊瑚礁が健全なのが見て判る(これでも2年前にオニヒトデにやられてかなり減ってしまったらしいが)
f0100885_20292725.jpg

それでも、クマノミが群れなして棲んでる場所もあって、ナカナカよさげ。こんなにクマノミが密集しているのも初めて見たなぁ。
f0100885_20303986.jpg

だいたい海の中はこんな感じッス。
f0100885_20313462.jpg


14時すぎにシュノーケルを終えて、宿に戻って軽く食事を取った後に再び釣りへ。
少し離れた浜へ行ってみると、横風がやや強いがなんとか釣りになりそう。
狙いはイシミーバイ(カンモンハタ)。
砂浜ビーチの場所はシュノーケル客が泳いだ後だろうと思ってビーチが途切れる場所まで歩いて、腰まで水に浸かってキャスト~~~
f0100885_20324856.jpg

すると、第一投目にいきなりヒット!!でもこれはダツでした、当然バラシ。
第二投目。沖に向かって投げたX-80に、またもやヒット~~~
ちょっとコレは、、重々しいファイト。ダツじゃないゾ、魚は何だ???と思っていたら、フックアウト~~、、、、残念。
あの重量感からして、イシミーバイっぽかったのだが。

少しづつキャストしつつ移動。
先程バラした場所から、100mほど移動した場所でまたヒット!
今度こそ~~~、バラさないようにやや強引にファイトして寄せてきたのは紛れもないイシミーバイちゃん。サイズは25cmほどかな。この魚は美味しいんだよ~~

釣り開始して、またヒット。
この魚は・・・・をぉ、3月のタイ旅行の時によく釣れたアミメフエダイだ。サイズは30cmほど。
f0100885_20331540.jpg

そしてしばらく後でまたヒット~~~ ちょっと大きいヨ。これは。
慎重に寄せてくると、またまたイシミーバイ、ゲット。サイズは良くなって35cmでした。
f0100885_2033426.jpg

浅いインリーフでの立ち込みの釣り(ウェーダーは履かないので、ウェーディングとは言わない)
綺麗な珊瑚礁での釣りは大変楽しいものです。
運がよければ、この釣りでもカスミアジも出るんだけどな~~、大規模なスリットかミオ筋があれば回遊してくる可能性高いのですが、この時は遭遇せず。
[PR]
by sierra-outdoor | 2009-10-17 20:26 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/12180788
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 手下 at 2009-10-24 18:51 x
あ、なつかしのエバグリウェストバックだー
バック用の合羽装備は面白い装備ですよね。

しかし、クマノミすごいですねー

Commented by しえら at 2009-10-24 20:31 x
懐かしいでしょ、このウェストバッグ(笑)>手下さん
もう随分前から、使ってます。20年くらい前からかも。
他にも使い勝手の良いバッグはあるけど、なんとなく愛着があって(^-^)
クマノミは、とある場所に集中的に居ました。こんなに高密度かつ魚影の濃いクマノミマンションは初めてでしたよ。
<< 10/18 八重山諸島釣行・その3 10/16 八重山諸島釣行・その1 >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism