10/18 八重山諸島釣行・その3
前日と同じく、朝6時半ごろに起床。
とりあえず突堤先端で、シーバスタックルでオシアペンシルをブン投げる。
しかし反応ナシ。

1時間で大物狙いは諦めて、ULタックルへチェンジ。
前日にメッキがよく群れていたポイントに向かうと、幸先良く1匹釣れたが次が続かない。
どうやらメッキの群れが小さいようで、単発で時々チェイスしてくるのみ。
単独メッキではスイッチが入りづらいので食わせるのに苦労して、1匹追加したのみでこのポイントを見限る。
何処にメッキの群れは居るのかな、、、と思って港の中を歩いて探っていると、いつも夕方に地元の人がミジュンなどを釣ってる浮き桟橋の近くでなんとなく投げてみたら、ゴン!と当たった。
と次の瞬間にプッチ~~ンとラインブレイク。
あぁぁぁ・・・・・唯一のアスリート5.5がロストしてしまった。
ダツかエソの攻撃を受けた際にリーダーに傷が入っていたようだ。
これは痛い。今回は以前の慶良間での経験からして離島には掌メッキは少ない、と判断してメッキサイズを狙えるルアーは最低限しか持ってきてなかったのでR。
残されたルアーを探すと、あ、ピンテールチューン6が1個だけ出てきた。
このピンテールチューンを大事に大事に使わねばナランなぁ。

ルアーを変更して、キャスト。すると、ワラワラとメッキの群れがチェイス。
をぉ、キミ達よ、こんな所に居たのかい(嬉)
2匹ほどメッキを釣ったが、やっぱりバラシたり、チェイスしてくるがUターンしたり、そのうち反応が無くなってしまった。

でもきっと港内のどこかにいるだろう。
再び歩いて探す。
港の端にある別の防波堤にやってきて、港中央に向かって投げると、ドン!!よしよし、ここに居たか。
また何匹か追加し、防波堤の先端付近へ。

下げ潮が効きだしたせいかけっこう潮の流れは速い。こんな所ならメッキは居るだろう。
ピンテールを投げて、ジャカジャカ巻きに近いリトリーブをしてくると、ギランと少しヨサゲなサイズのメッキがチェイス。
再び投げる、ガツーンとヒット!!ギュンギュンと走る走る。
上がってきたのは、20cm超えのカスミアジだ~~~やった~~~久々のカスミアジ。
ブルーがとっても綺麗。背景の海の色と合わせて色が映えるねぇ~~
f0100885_22482434.jpg

群れが来ているのか、次々と反応がある。
沖目に投げてドスンと重目のバイト。ギュンギュンと右に左に走る。ドラグも若干だがジリジリと出ていく。これはちょっとサイズが良さそう。
でもラインはPE0.8号なので、強度的には問題がない。やや強引に寄せてくると、やはりカスミアジ。サイズはちょっと良くなって25~26cmぐらいか??
f0100885_22484495.jpg

その次もすぐにヒット!
ギュギュギューーーンと走る、、、、ドラグもジジジ・・・・と小刻みに鳴り響く。
を~~これは今までで一番サイズが良さそう・・・・何とか珊瑚の根に潜られないように・・・とファイトしたがしばらくしてフックアウト~~~~
あちゃーー、残念。今のは確実に尺上メッキだっただろうに。
このバラシを境に、反応が悪くなってしまった。1匹バラすとバレた魚に付いて他の魚も移動してしまうからなァ。
こんなとき、2~3人でコンビネーションを組んで代わる代わるキャストし続ければ群れを足止め出来るのだが、単独釣行だと効率が悪い。

それでも、十分に釣ったので満足して宿に帰る方向に向かって移動しつつキャストを繰り返す。
奥さんが朝御飯だよ、と呼びに来たので、それでお終いにしようと思いつつ、念のため今まで投げてなかったサーフ際に投げると・・・・足元からドバドバドっとメッキの群れが10匹以上もチェイス。
ひょ~~こりゃ朝飯どころじゃないわい(苦笑)
またまた釣り開始。
このメッキはギンガメばかりであったが、非常に活性も高く、ヒットヒット。
しまいにゃ久しぶりのメッキのダブルヒットまでしてきたり(笑)

この防波堤だけで20匹以上メッキが釣れて、満足満足。
今年は本土メッキが壊滅状態で殆どマトモに釣れてなかったので、久々のメッキ爆釣劇を堪能しました。
特に、本土ではなかなか釣れないカスミアジがまとめて釣れたのも嬉しい。
色鮮やかなコバルトブルーのロケーションでのメッキフィッシング、最高です。

朝ご飯を終えた後、同宿の人達と近くの浜へシュノーケリング。
でも前日に浜でぼちぼち釣れたので、タックルも持っていくことにした。

珊瑚の海岸の中に独立した小さな砂浜が多数あり、プライベートビーチになっているので、そこを拠点に思い思いにシュノーケリングを楽しみます。
私は、、、、干潮の時に釣っておいた方がいいのでそのまま釣りモード突入。
皆さんの分の晩御飯のおかずを釣ってこないと行けないのデス(笑)

前日に釣れたポイントへ急ぎ、キャスト開始。
風も弱くなっており、釣りはしやすい。ただしちょっと潮が緩いかな・・・・・
腰まで水に浸かりキャストしては移動、キャストしては移動を繰り返す。
始めてからしばらく反応が無かったが、ちょっと水の色が違う場所に来たらダツが反応してきた。
これは魚が居るかな、、、、と思った次のキャストでゴツーーン。キターーーーっ!

しかしシャローで小さな珊瑚の根が点在する場所故に、ヒット直後に強引に根から離さないとすぐに潜られてしまう。
案の定、潜られてしまった・・・・・しかし慌てない。ラインを張らず緩めずで待っていると、魚が出てきた!即座に寄せる寄せる、、しかしまた潜られた。再び待っているとすぐに出てくるので、また寄せる。
上がってきたのはフエダイ。ショックリーダーは50cmぐらいザラザラになっていて、よくぞ持ち堪えたナ。
f0100885_22493949.jpg

ストリンガーに繋いで釣り続行。
そうこうしてるうちに、友人達とシュノーケルしていたはずの奥さんがシュノーケル片手に歩いてやってきた。
すると、またヒット!!
ヒット直後は強引に根から引き離す。リールを巻いてては間に合わないので、ロッドを高く保持したまま後ろに歩いて下がり、リールも巻くのです。
こうすることで、早めに根から離せばこちらに主導権が握れる。
途中の根で再び潜られることがあるので、水面近くまで浮かせたらとにかく魚に隙を与えずイッキに寄せるのがリーフフィッシングのコツ。
で、上がってきたのは、イシミーバイでした。
f0100885_22501052.jpg

やっぱり魚が居る場所には居るなあ。パッと見でどこも同じように見える珊瑚礁のインリーフであるが、微妙に水深が浅かったり深かったり。
珊瑚の根の色が濃かったり、砂浜の白色が目立ったり。
岸近くの水深が他より深くて、珊瑚根の色が濃い場所がよかったようだ。
ちなみに釣りしてるすぐそぐそばでシュノーケルしてた(笑)奥さんが言うには、モンガラカワハギやマルコバンなどはすぐ近くでウヨウヨしてたょ、との事。
この手の小型魚もひょっとするとメバル用ジグヘッド+ワームで釣れるかも知れない。
f0100885_22505182.jpg

その後、小さめのアミメフエダイやイシミーバイが釣れたが、それらはリリース。
一通り探ったので、どうしよう・・・・ビーチに上がり木陰でお握りを食べつつ考える。
皆がシュノーケルしてる場所に戻るも良いが、、、実質この日が鳩間での最終日(翌日は午前の船で帰るので)
風も弱くなっているので、試しに島、北側のリーフに行ってみよう。

いったん、島の周遊道路(と言っても未舗装で車が一台やっとの道なのだが)に上がってテクテクと歩いて行く。
この島はとにかく小さい島なので、集落周辺を除けば車は殆ど走ってない。
誰もが歩いて島内を移動しているのです(レンタサイクルもあるみたいだけど、前述の通り未舗装の道ばかりなので徒歩の方がいいかも)

歩くこと20分ほど、潮騒が聞こえて、展望が開けてきた。
立原の浜、という所にやってきました。
うわ~~~~~っ、という風景です。
f0100885_22511942.jpg

干潮から時間がやや経過して上げ潮に差しかかっている頃合い。
でもリーフエッジまでは膝下の水深で歩いて行けそう。しかし弱くなったとはいえ、それなりの北風が吹きつけ、さらにリーフエッジでは波が立っている。
ちょっと釣りは無理かな、、、、念のため、タックル持ってエッジの近くまで行ってみよう。

インリーフは水深が20~30cm程度で歩くのは可能だが、やはり上げ潮が効いているせいか、この水深でも潮の流れが抵抗になってけっこう歩き難い。
なんとかリーフエッジ付近まで到達したけど、、、、、、エッジの手前10~20mは一面の珊瑚。
しかも、生きてる珊瑚だ。これを踏んで進む訳にはいかない。
リーフエッジではかなり大きな波が立っているので、エッジまで行けたとしても釣りは、ちと危ない。
後から追いついてきた奥さんがインリーフでシュノーケルを始めると、途端に
「すごーーい、生きてる珊瑚ってこれの事なんだね」と言う。
試しに奥さんのゴーグルを借りて水面下を見てみると・・・・・
をぉ~~~たしかにこれはスゴイ。
f0100885_22515224.jpg

まさしく生きてる珊瑚礁だ。しかも背景の水の色がいままでのリーフ内とはぜんぜん違う。
やっぱりリーフエッジの方がダイナミックだね~~

と感心していると、、、、、エッジの方から何か近づいて来る。。。。。
あ!カスミアジだ、しかもかなりデカイ!!(と言っても水中ではデカく見えるから、実際は60~70cmぐらいだと思うが)
私の目の前、10mぐらいまでそのカスミアジは近づいてきて、ジロッとこちらを横目で睨みながら左手方向に消えて行く・・・・・・

急いでタックルを準備しようとしたが間に合わない(苦笑)
しかも、インリーフで水深がせいぜい30~40cm程度なのに潮の流れが速くて、フィンを付けていないので泳いでいては、ぜんぜん潮上に進めないのだ。

なんとかタックルを持ってる奥さんのそばまで寄ってポッパーを投げ倒したが無反応。
ううーーん、あのカスミアジが近づいてくるのが判っていたなら、シュノーケルなんぞせずにいつでも投げられるように待ち構えていたんだがなぁ(^^;;;
それとも、あれは鳩間の海の神様がカスミアジの姿を借りて、顔を見せてくれたのかも知れない。

リーフエッジではシュノーケルも釣りも不可能だったので戻ることにしたが、なんとなくリーフエッジがどんな場所かは判った。
もし次に訪れる機会があるならば、それなりの装備を持ってこよう。

夕方、宿に戻り晩御飯のためにキープした魚をさばいて、お造りにして、時間が少し余ったので朝釣れたポイントにメッキを狙いに行ってみたが、2匹ほど小さいカスミアジが釣れたのみ。
群れが居ないような感じであった。
以前の慶良間でもそうだったが、どうも離島の夕マズメは思ったほどには釣れないなァ。
本土なら、間違いなく夕方が一番のジアイなんだが・・・・・
その代わりに、綺麗な日没が見れたのでヨシとしよう。


晩飯の後は、星空鑑賞。
新月の夜なので、都会では絶対に見られない満点の星空。天の川もクッキリです。
まるでプラネタリウムで見てるかのよう。
時々、流れ星も流れるので、夜空を見るだけでも離島の楽しみ方でもあります。
あまりに星が沢山見れるので、いまいち星座がよく判らない(苦笑)
少し前に名古屋市科学館のプラネタリウムに行ってきたので、天の川を挟んだ夏の大三角形と、この時期に一番明るい木星だけは判りましたが。
もっと星座を勉強して、さらに星座早見盤を持ってくるといいかもね。
[PR]
by sierra-outdoor | 2009-10-18 22:46 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/12187592
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Churin at 2009-10-25 22:09 x
メッキ爆釣ですか、羨ましいな~。
今年はメッキを釣らずに終わってしまいそうです。

それにしても海が綺麗ですね。
私もいつか行ってみよう。(^^)

Commented by しえら at 2009-10-26 22:36 x
南西諸島は、やはり海が一番の魅力ですからねェ>Churinさん
もう少し大きいのが出るといいのですが、ま、この綺麗な珊瑚の海のロケーションで釣りが出来るだけでも、シアワセな事です。
<< 10/19 八重山諸島釣行・そ... 10/17 八重山諸島釣行・その2 >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
Churinさん なん..
by しえら at 21:12
しえらさん、おかえりなさ..
by Churin at 23:09
ココ最近、全く雨が降って..
by しえら at 21:27
手のヒラアジさん 先日..
by しえら at 21:25
Churinさん そう..
by しえら at 21:21
ども。 マメに記事アッ..
by 手のヒラアジ at 13:55
おー、しえらさんには珍し..
by Churin at 23:04
やはり土曜日は賑わってい..
by Churin at 22:59
都市型温排水の貴重なター..
by しえら at 20:49
なんとか釣れてくれました..
by しえら at 20:48
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism