12/22-12/24 ニセコ・スキー
12/22から24にかけて、ニセコにスキーに行って参りました。
北海道へは、何度も釣りでは訪れていたものの、今まで一度もスキーでは訪れてなかったのでした。
今までは、スキーなら信州で十分だぁ~と思っていたのですが、本州とは一味違う雪質だというのは聞いていたので、たまたま安く飛行機と宿が予約できたこともあって、行くことになりました。

さてさて。

22日の早朝、朝5時に自宅を出発。この時間では電車が動いていないので、今回は車でセントレアまで行きます。
約1時間ほどでセントレア駐車場に到着。
夜が明けたばかりなので、サスガに人は少ない(けど、まったく居ない訳でもない)
すぐに荷物を預け入れて身軽になり、空港内を散策。ようやく開店したスタバでコヒーを飲んでいると、名鉄の始発が到着したらしく、ドカドカ~~と客がやってきて騒がしくなってくる。
そろそろ頃合いかな~~と、保安ゲートを通過して搭乗口へ。
予定通り、7:30に飛行機は飛び立つ。
飛び立ってすぐに東方向に見えるのは、、、、富士山だ。名古屋付近でも、高い所に昇れば富士山ってクッキリ見えるのね~~~~~

御岳の真上を通過し、夏場に通った松本盆地を斜め下に見ながら飛行機は北東へ飛ぶ。
新潟の上空あたりから分厚い雲海がたちこめて大地が見えなくなった。

フライトは約1時間40分。高度を下げて着陸態勢へ。雲海の下に出ると、もうあたりは完全に真っ白な大地。
久しぶりの北海道だあ~~~
定刻通りに新千歳空港に着陸。しっかしまぁ、千歳空港はいつ来てもデカイ空港だよな~~(敷地が広いという意味)

千歳空港からニセコへのバスを待つ間、空港ロビーの朝市食堂で腹ごしらえ。さっそく北海道の味に舌鼓。
ボタンエビがデカくて美味しいのでした。

バスがやって来たようなので、乗り込む。ニセコまで片道2300円。
客は、ウチら夫婦以外には、もう一組の夫婦と、他は10人ちょっとの中国系の外国人でした。
バスは千歳川沿いに走る。うーん、この千歳川を見るのも久しぶり。随分前に釣りしたなぁ、この川で。
支笏湖の湖畔を走って、美笛川の横も通過。どうも車窓から見える景色では水のある場所ばかりに目が行ってしまうのは釣り師のサガか?(笑)
峠を越えて喜茂別町にさしかかると途端に雪が増えてくる。どっさりと雪が積もっている。
そして、尻別川を越える。うーん、この川もなかなかイイ感じの流れだなぁ。
夏ならゼッタイにタックルを持ってくるのだが。
f0100885_21165717.jpg

約2時間半以上をかけて、やっとニセコに到着。
ここはニセコの玄関口、ヒラフ・ウェルカムセンター。
しかし我々の宿泊はヒラフじゃなく、一番奥のアンヌプリなんだな。まだまだココから40分ほどバスに揺られて、やっとノーザンリゾート・アンヌプリに到着。
まぁまぁなリゾートホテルです。お出迎えは、道産子?の実物大ヌイグルミ。
f0100885_21221646.jpg

時刻は14時すぎ。リフトの通常営業は15時半くらいまでなので、わずかしか時間ないけど、初滑りなので足馴らしに滑ることにした。
たまたま、ホテル宿泊者限定で、アンヌプリスキー場のリフト3時間券というお得なリフト券があり、滑り始めてから3時間以内ならナイターも滑れちゃうのです。
3時間券を買って、まずはゴンドラ乗り場へ~~~

初滑りなので、昨シーズンの感覚を思い出しつつ滑るのですが、さすがに北海道ニセコ。
噂に違わぬ雪質の良さ。夕方とは思えない滑り易さ。適度な圧雪バーンで快適です。
林間に非圧雪のバーンも見えるけど、それは翌日以降のお楽しみにしておこう。

すぐに暗くなり(北海道は日が暮れるのが早いのだ)ナイター突入。
雪は間断なく降り続いており、ナイター照明に照らされる雪がまたイイカンジ。
ナイターを1時間ほど滑って、この日のスキーは終了。
f0100885_21274982.jpg


夕食は、近くの居酒屋へ赴く。
北海道の食材と、工夫をこらした料理の数々。とても美味しゅうございました。

食事の後は、完成したばかりの露天風呂へ行く。
この露天風呂がまた、サイコーに良かった。ライトアップされた雪景色と、漆黒の闇から延々と降り注ぐ雪。
そして快適な湯船。今までの露天風呂の中でも3本指に入る上質な風呂でゴザイマシタ。

明けて12/23。この日は丸一日滑れる日。
朝食後、支度をしてゲレンデに繰り出す。ちなみに、ノーザンリゾート・アンヌプリはゲレンデサイドにあるのでホテル内からダイレクトにゲレンデに出れるので非常に便利です。

この日はニセコ全山フリーパスを購入。
ニセコは、ニセコ・グランヒラフとニセコ・ビレッジとニセコ・アンヌプリの3つのスキー場が合体した複合スキー場なので、余裕があれば全山フリーパスの方がいろいろ滑れて面白いのです。
ゴンドラに乗り、さらに山頂リフトを乗り継いで隣のビレッジエリアに滑り込みます。
ゲレンデ上部はさらに雪質が良くて、快適カイテキ。
最初はビレッジスキー場の圧雪コースを滑り降り、再びゴンドラに乗って次はいよいよ非圧雪コースにチャレンジ!!

非圧雪エリアは膝上のパウダーが積もっている。すでに何人も滑っているのでノートラック(滑走者が一人も居ない状態)ではないけど、まだまだ楽しめます。
最初は恐る恐る滑りだす。深雪は滑るのが難しいのだけど、ここニセコの雪は大変軽いので私のような下手クソなスキーヤーでも何とか滑れちゃうのよですね~~~(嬉)
膝上から、腰付近まである深雪を泳ぐかのように滑り降りる(ズリ落ちているのが正しい表現だが・笑)
パウダーが舞い上がり、胸まで、場合によっては視界を遮るくらい顔面まで雪に覆われる。深雪の中を滑っていると、フワフワと浮遊しているかのような錯覚に陥る。これがパウダーランの魅力。
これがやりたくて、ニセコまで来たのよ~~~

何本かパウダーを滑って、堪能したのでさらにリフトを乗り継いでグランヒラフのエリアへ移動。
それまででも、けっこう外人が多かったけど、ヒラフまで来ると、さらに増えてくる。ココはホントに日本国内か?(笑)
ゲレ食でも、半分とは言わないが4割くらい白人。多分オーストラリア人だろうな。それくらい、ここニセコはオージーが多いのです。
そして、後は中国系の人達。
まぁ日本人がやっぱり一番多いんですけどね。でもヒラフに関しては、日本人比率は半分くらいかもなぁ。

ヒラフエリアは人も一番多いのでゲレンデはやや荒れ気味。パウダーも殆ど食べられた後だったので、圧雪コースをメインに滑る。
そして、ナイターが始まる16時ころまで滑り、もう満足したので、ヒラフからアンヌプリまでシャトルバスで移動。
ちなみにシャトルバスは志賀高原と同様、全山フリーパスを持っていれば無料で乗れる(持ってない人は実費を支払う)
夕方、隣のスキー場へ連絡するリフトが停まってしまってもシャトルバスに乗れば、宿泊先に帰れるのです。
f0100885_2150658.jpg


最終日、24日。
帰りのバスは14時30分なので、午前中一杯は滑れるので、朝イチから気合入れてゲレンデに突撃~~
目指すは、前日の午前に滑って面白かったビレッジ上部の非圧雪エリアだ。
このビレッジの非圧雪エリアばかり何本も滑る、滑る、滑る。汗だくになりつつ滑る。
深雪なので、すぐに太股が疲労でパンパンになって、コースをイッキに降りれず、時々小休止しながら滑る。
現地の外国人イントラなどは、アッと言う間に綺麗に滑り降りていく。うーむ、あれくらいに思う様に滑れたら楽しいだろうなぁ。
でも、下手なりに、パウダーを楽しめてしまうのが、ニセコの良い所でもあります。

昼近くになり、一瞬、山頂部のガスが晴れて、スキー上部が見えたので撮影。
f0100885_21553281.jpg

この写ってる範囲の殆どの場所が滑走可能エリア。一部、ゼッタイに入ってはいけない完全立ち入り禁止エリアがあるけど、それ以外は各スキーヤーの力量に合わせて滑ってもいいので、自由なスキーが楽しめる。
圧雪コースが好きな人は、ピステンが丁寧に圧雪しているコースを滑り、パウダーが好きな人は非圧雪エリアへ。
ニセコはシーズン中はほとんど毎日雪が降るので、常に新雪が供給されるため、ゲレンデ内で快適パウダーランが楽しめるのですね。
世界中でもトップクラスと呼ばれるニセコの軽い雪質がそれを可能としているんです。

そろそろ引き上げる時間がやってきました。
ニセコの雪に別れを告げ、身支度をして帰りのバスに乗り込む。このころから更に降雪が酷くなり吹雪になってきた。
ゴンドラも微速運転になっている。これ以上、風が強くなるとゴンドラが停まるだろうな。
でも、また明朝はパウダーが楽しめることでしょう。
3日間、雪また雪で、一度も晴れることはなく、ニセコ名物の羊蹄山も一度もお目にかかれないまま。
でも、パウダーはそれなりに満喫出来たので満足。羊蹄山を見るのは次来る時の楽しみに残しておこう。

ニセコの山々よ、パウダースノーよ、また再びこの地を訪れた時を楽しみにしてるぜ。さらば。
[PR]
by sierra-outdoor | 2009-12-22 20:57 | ウィンタースポーツ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/12557551
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Churin at 2009-12-26 22:45 x
北海道でスキーを堪能されたみたいですね。
私もいつか行って見たいな~。

ちなみに、圧雪していない場所で滑っていたら、木の根っこに引っ掛かって大転倒した事があるので、それ以来怖くて近寄れません。(^^;
Commented by しえら at 2009-12-27 23:23 x
私も今回、切り株でコケました>Churinさん
いわゆる、ツリーランと呼ぶ、林の中を滑るとたまにそういう事ありますね(笑)
沢山雪がある深雪ならば、そんな心配も要りませんヨ。

やはり北海道の雪は本州とは違いました。
お金と時間が多少必要ではありますが、一度は行ってみると良いと思います。
Commented by JYI at 2009-12-31 15:38 x
スキーですか?
しかも北海道~!
良いですねリッチですね(^O^)/

ちょっと早いですが、夜は何かと有るので早めのご挨拶、

今年は掲示板でも、オフラインでも御世話に成りました。
良い年を迎えください。
来年もよろしくお願いします。m(__)m


Commented by APO! at 2010-01-03 18:15 x
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いしますね(^^)

ニセコ行ってきたんですね!
いいなぁ(^^;)
今期は雪山に登れそうもありません。
まあ、金もないしね(^^;)
Commented by しえら at 2010-01-05 19:01 x
今年もよろしくお願いします>JYIさん
北海道も、意外と安く行けますヨ(安かったので今回行くことにしました)
また一緒に釣りに行きましょう~~
Commented by しえら at 2010-01-05 19:02 x
APOさん、今年もヨロシクー
沖縄だと、さすがに雪とは無縁ですねえ、日帰りで行けるスキー場もないし(笑)
今年も多分沖縄に行くことでしょうから、一緒に釣りしましょう。
<< 12/29 釣り納め・・・・撃沈 ふたご座流星群 >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism