再びアクアステルス
昨日は、久しぶりにアクアステルス・ソールのウェーディングシューズを履きました。

うん、やっぱりアクアステルスは動きやすい。解禁当初のヌルのない状況ではフェルトより数段の機動力UP。
ビブラムのストリームトレッドよりも良好。なんと言っても陸上での抜群のフィーリングと軽快感が良いッス。

今回の釣行では唯一、上流域の枯れた熊笹の急斜面に30~40cmほど雪が残った状態では滑りまくりましたが(笑)

アクアステルスなり、ストリームトレッドなり、最近のラバーソールはええでっせ、皆さん。
高水温期のヌルヌルの状況ではさすがにフェルトに部がありますが、それ以外ではすでにフェルトを完全に凌駕してると私は確信する。
渓流釣りでは機動力が命。歩いてナンボ。その機動力を安全に確保し疲労感を少なくするためのウェーディングシューズ選びは重要です。
今季はアクアステルスとストリームトレッドを使い分けてラバーソールだけで1シーズンを過ごす予定です。

アクアステルス・ソールのウェーディングシューズはリーバーガイドから。
ビブラムのストリームトレッド・ソールは、リトルプレゼンツまたはシムス(日本語での説明はこちら)から発売されてます。

もしもNZに海外遠征を考えている人は、かの国ではもうフェルトソールは使用禁止になってますのでラバーソールは必須ですよーーん。

ご希望の方は足のサイズ(26cm前後)さえ適合すれば私と同行した釣行時に現地での試し履きもOKです。ショップで履くのと実際に川で履くのとでは大違いですので。
(事前に言ってちょうだいね。アクアステルスとビブラムの両方を持っていくので)

※ちなみに私はメーカーの回し者ではありません(笑)

これはビブラム・ストリームトレッド
f0100885_1043646.jpg


これはアクアステルスのソール。
f0100885_1420240.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2010-03-15 22:22 | 渓流釣り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/13111054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 見えたっ!!国際宇宙ステーション 考察・中~小規模フィールドにお... >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism