4/10 再び飛騨川水系へ
先日の撃沈に凝りもせず、またまた飛騨川水系へ。
しかし、この日は、飛騨川水系の主であるJYIさんが同行してくれるので、大変ココロ強いのでありました。

朝、現地近くで待ち合わせてJYIさんの案内で各ポイントを回ります。
現地でもようやく桜が開花して、日当たりの良い所は満開です。
しかし最初のポイントは、、、、さっむーーい(^^;;;; 手が凍えます。
流れの際のタルミから小型の魚が一回だけチェイスしてきただけで後は無反応。

二番目のポイント。
ここは陽が当たっていて、少し暖か。
魚は居るかな~~~と探りつつキャストしていると、後ろから「キタッ!!デカイ!!」とJYIさんの声。
振り返ると、なかなかのサイズの魚をランディング中。
駆けつけてみると、をぉぉ、いきなりの尺上イワナ。35cmでありました。
さっすが~~~いきなりこのサイズを釣ってしまいました。
f0100885_20572623.jpg

どうやらJYIさんはこの時期の攻め方なりパターンが把握できている模様。
やはりが闇雲に投げているだけでは、カスリもしないようです。
でもやっぱりこんな魚が居るんですね。少し前は撃沈だったので魚の気配ゼロでしたが、良いお手本があるとヤル気も出ます。

その後、幾つかのポイントを探っていくと、JYIさんの知り合いが同じ川に来ているようで連絡を取ってみると、同様に尺上イワナを釣ったみたい。
をぉぉ、これは次は私か!!
と思いましたが、世の中、そんなに甘くありません。無反応の時間が続きます。

そして、JYIさんイチオシポイントに入って、1投目だったか2投目だったか、川の流芯でグンっ!!とヒット!!
やった~ついに来たか!
少し離れていたJYIさんに「来たよ~~」と声をかけたら、その瞬間にフックオフ・・・・
あららら~~~~魚はキリキリ舞をしながら川の底へ消えていきました。
サイズは25~26cmぐらいのアマゴだろう。この時期としては悪くないサイズなので、ちょっと惜しい。

ここまでは、それなりに反応があって良い雰囲気でしたが、ここから例の如く、沈黙の川へ。
ポイントを変更して投げても投げても反応ナシ。チェイスすらナシ。
しかもこの日は意外と釣り人が多く、入ろうとしたポイントにタッチの差で先に入られたりして、思う様にポイントを巡れません。
時間が悪くなったのか、釣ってるエリアが悪くなったのか、その両方か。
とにかく釣れなくなったのは間違いない。あの時間帯、あのエリア、あの釣り方、それが今日のパターンだったようです。

これ以上粘っても釣れる可能性が限りなく低い。
思い切って、JYIさんのお膝元へ中移動(元々、私の第一ホームなんですけどね)
こちらの川は、それまでの川より水温が高くので、小型ながらけっこう釣れている。
JYIさんも、ここなら釣れるよ。と言ってくれる。

どうやらJYIさんの友人がすでに現地入りしてるようなので、そのポイントまでスッ飛んで行くと、ちょうど中型アマゴを釣りあげた所。
さっそく我々も川に入って、一番ヨサゲなポイントを譲ってもらって、細かく刻みながら探っていくと、ポイントの端の方でゴン!!とヒット!!!
よっしゃーーー。
イッキに抜き上げてしまうと、陸に上がったと同時に外れた。。。。ふ~~ラッキー。
アマゴかと思いきやなんとイワナ。27cmとサイズはまぁまぁです。
やっと今季の天然モノ・トラウト2匹目ですよ。
f0100885_21122386.jpg

水温が高めなので、魚は瀬に出ているようだ。
その後もJYIさんにはボチボチ反応はある。サスガである。ただし、まだシーズン初期なので、バックリと食ってきてくれずショートバイトが多いのでバラシが多いようだ。

夕方になり、JYIさんと別れて、一人家に帰る方向にポイントを探っていく。
とあるポイントでダウンクロスに投げたミノーをトゥイッチでアクションを加えつつ、反応ないなーーなんて気を抜いていたら、ミノーに迫る影ハッケン!!!!
右に左にクロスしながらミノーに絡んでくる。アマゴだ、しかもサイズは悪くない(26~27cmか?)
しかーーーし、食わせきれずに魚はUターン。
もう一回投げると、一回り小さいアマゴがチェイス。足元近くで軽く食わせたが、小さくコンっという感触を残して帰ってしまいました。

結局、この反応を最後にこの日は終了。
おわりがけに頭を出し始めたコゴミを見つけて、コゴミを家への土産としてコンビニ袋に一杯だけ採取して帰宅の途についたのでした。

振り返ってみると、なんとかボーズは回避。全般的に天然魚が本格的に釣れるまで、あと一息と言った所。
でもJYIさんのようにパターンの見極めが出来ていれば、チャンスは少ないが、尺上イワナが釣れるのも事実。
今回はいろいろと勉強になる事が多かった釣行でございました。
[PR]
by sierra-outdoor | 2010-04-10 21:21 | 渓流釣り | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/13374054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Churin at 2010-04-10 22:10 x
今日はJYIさんと一緒でしたか。
ガイドがいきなり尺上とはやってくれますね。
しえらさんまで順番が回ってこなくて残念。(^^ゞ
私も次回からは渓流参戦です。
Commented by しえら at 2010-04-10 23:06 x
ガイドと言うより、良き先生ですね(笑)>Churinさん
そうそう簡単に尺上は釣れないですし。でも、釣る人は釣る。これは真実。
簡単じゃないけど、良いお手本があると、次はどうすればイイのかイメージだけは涌いてきました。(思い込みですけど)
次はChurinさんも道場に入門しますか?笑
Commented by yujinan at 2010-04-11 21:48 x
いいイワナが釣れて良かったですね~
今週ははアマゴの顔が見たいです

山菜 大好きなのですが
僕は全くの無知 どれが食べられのか?です
もったいない話ですよね。
Commented by JYI at 2010-04-12 18:41 x
お疲れ様でした。
一見良いように見えましたが、やっぱり
季節がら、まだちょっと早かったようで・・・。(^^:

>ガイドと言うより、良き先生ですね(笑)
いえいえ、口ばっかりの男ですよ。
いよいよ、渓流王が戻ってきますので、かのお方ならあっさり釣りますよ。
今回も呼び水のつもりで岩魚スパムしておきました。(笑)
Commented by しえら at 2010-04-12 21:46 x
実際には何とかボーズを逃れた、という所です>yujinanさん
山菜はこれからシーズンですよ~~
もうコゴミが出てます。アクが無くて、おひたしや天麩羅に最適です。馬瀬にも沢山生えてますよ(ただし馬瀬のコゴミはもう少し後の時期かも?)
ゼンマイも出てますし、もう少しすればワラビにタラの芽も出てくるでしょう。
渓流釣りの時の家へのお土産に良いですよ~~
Commented by しえら at 2010-04-12 21:50 x
お疲れさまでした>JYIさん
なかなか勉強になった一日でした。変わりゆく季節に応じて釣りのパターンも臨機応変に変えていく必要がありますね。
盛期のイメージが強過ぎて、ついつい6月と同じ釣りをしてしまいます。
またよろしくお願いします。
<< 4/18 バレるバレる・飛騨川水系 4/6 飛騨川水系撃沈(^^;;; >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism