6/13 またまた修行モード(苦笑) 飛騨川水系
先週に引き続き、再び飛騨川水系へ。

ここ2週間、まともに雨が降ってないので苦戦するのは予想出来ましたが、アユ解禁を間近に控えて自由に釣り出来る時間もあと僅か。
釣りに行かねば魚は釣れぬ。家で悶々としてるよりは、行ってみて散り果てるのが釣り人魂?と思って出撃です。

梅雨入り間近で、朝から曇ってはいますが、雨が降ってくる気配はナシ。
いっその事、雨が降ってくれれば状況に変化をもたらすのだが。

早朝、目指すポイントに向かって車を走らせて、ふと途中で目に付いたポイントに誰も入っていない。
念のため探ってみようと、車を停めて30分ほど探ってはみたものの、2匹ほどの中型アマゴがチェイスしてきただけで、バイト無し。

すぐに移動して、目指す第一ポイントへ、、、、、あちゃー先行者アリ。しかも同じルアーだ。
こりゃダメだ、と言うことで移動。(寄り道してたのが命取りだったか?)

第二ポイントは先行者なし。さっそく釣り開始。
流芯の向こう側、反転流にミノーを投げてハンドル1回転、すると途端にゴン!
うわ、いきなり第一投目で!!
いきなりの不意打ちでアタフタして、すぐにフックアウト・・・・・バラシです。
あ~~今日のファーストバイトだったのに。
しかしこれなら期待持てるかな、と思わせたのですがその後、反応無し。

第三ポイントにも先行者、やっぱりルアー。最近非常にルアーアングラーが多くなっています。(苦笑)
そのままスルーして移動です。

第四ポイントには人影なし。やれやれ。
でも、以前に来た時より水量がさらに減っていて、水色も悪く、反応ナシ。

第五ポイントは前回、巨ニジをバラシたポイント。ここは激戦区なのでエサ釣り1名、ルアー1名の先行者。
少し後で探ろうと、第六ポイントに行きます。こちらは水色はいいのですが、見えるのは稚アマゴか、超活性の低い中型アマゴのみ。

第五ポイントに戻ると、見える限り釣り人は居なくなっていたので前回と同じアプローチで探っていくが、全く反応なし。まぁ2週連続釣れんわなぁ(苦笑)
途中、ルアーアングラーと遭遇。話しを聞いてみるも、芳しくない模様。
そのまま釣り続け、前回にイワナを釣ったお立ち台にやってきた。
前回と同じ方向に投げる。少し状況が変化してるので、無理だよなーと思っていたら、全く同じピンスポットでヒット!!イワナでした。
ありゃー、先週のデジャブーみたい。ただしサイズは小さくなっていて25~26センチか?
ネットに入れると、フックが絡んでグチャグチャになるのでゴボウ抜きして、さて、魚を何処に置こうか、と思案。
背後に水たまりがあったので、そちらに置いた途端にフックアウト、イワナは跳ねまくって水たまりを飛び越えて流れに帰っていきました。
デジカメ撮影くらいしかたかったけど、まぁサイズも小さめなのでまぁいいか。
しかしその後は反応なく、移動。

第六ポイントも稚アマゴが姿見せるだけで、何も釣れず、移動。

正午も回って、雲の厚みは増してますが、雨は降ってこない。
いっその事、ドバーッと雨が降って水量が増えて、何かしら変化があれば少しは上向きそうだが。

第七ポイントへ。
無反応の時間帯が続いていたので注意力散漫になっていると、そんな時に限っていきなりバイト!
しかし、やっぱりバラシ。あかーーん、反応の無い時間帯が長くて集中力が保てず、数少ないバイトを逃してしまう。

第八ポイントは、初めて入ってみる場所。一番良さそうな所に家族連れが陣取っているので入れず、少し離れた場所を探る、いいカンジの流れなんだけど、やっぱり反応無し。

第九ポイントも初めて入ってみたが無反応。
第十ポイントも同様。

ここで朝イチにスルーした第一ポイントへ。
さすがに午後なので誰も居ない。しかし、やはり魚もいませんでした(苦笑)

ここまで来て朝からブッ通しで釣りしてて疲労が溜まってきたのでウェーダー履いたまま仮眠。
仮眠して少し体力が戻ってきたので移動し、第十一ポイントへ。
この頃からポツリ、ポツリと雨粒が。しかしレインウェアが必要なほどではありません。
この第十一ポイントは、小型ながら結構アマゴがチェイスはしてきて魚影に関しては、この日のポイントの中で最も多い。
しかーし、サイズがイマイチかつ活性も低めで釣れません。朝マズメにここに入るべきであったか??

第十二ポイントでは、やっと何時間ぶりかのバイト。辛うじて釣れたアマゴは20cm弱のオチビさん。
いつもなら撮影もしないのだが、久しぶりの魚だし、この日はこれまで撮影対象がなかったのでデジカメで撮影。
f0100885_22102887.jpg

時刻も夕方になり、いよいよラストポイント。
第十三ポイントへ入ります。
この頃になって、雨も本降りになってきました。
夕マズメに降水の状況、一発大物が出ないか・・・・と気合を入れて投げますが、ここでも無反応。
体力的に限界だったのと、雨がかなり降ってきたのでここで終了としました。




飛騨川水系を12時間かけて、しらみ潰しに70kmに渡ってチェックしました。数えること14箇所で竿を出してみましたが、バイト数はたったの4バイト。キビシー(^^;;; 完全に修行モードです。
バイトがあっても1ポイント1バイト、大半のポイントは反応すらナシ、ひたすら体力とガソリンを消費しただけに終わってしまいました。
渇水で難しい状況は覚悟の上で、降水で状況が一変して尺上バホバホ~なーんて妄想を抱きつつ、釣行しましたが、雨も殆どの時間帯で降らずに、妄想は妄想で終わってしまった(苦笑)

とは言え、これでほぼ全域を一通りは見て回れたので、これが次回以降の糧となるでしょうか。
気がかりなのは、魚影の薄さとアユ解禁ですね。
毎年、アユ解禁になると散々な結果になってしまうので、今年はアユ釣りアレルギー(笑)を克服できるであろうか??
[PR]
by sierra-outdoor | 2010-06-13 22:08 | 渓流釣り | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/13978628
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by いち at 2010-06-16 13:08 x
修行…お疲れ様でした(笑)
それだけルアー投げまくって、4バイト…私ならきっととっくに…心は折れてます。
でも、この雨でちょっと状況は変わるのでは?って期待しましょう!
Commented by しえら at 2010-06-16 21:59 x
モウほんと、ココロ折れますネ(笑)>いちさん
私の場合、釣ってる最中は夢中なので、次のポイント、次のポイントと気が急くので心が折れるのは感じないのですが、終わった後にドドっと疲れが、、、帰りの運転がキツいです。
この雨でどうなったかな。ただ、もうホーム河川はアユ解禁なので、魚との闘いの前に、アユ師との闘いが始まります(笑)
7月になったら、そっちに行きますからね~~
<< 釣りに行けてないので、、、、、... 6/5 飛騨川水系 >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism