7/3 雨模様の飛騨川水系
梅雨に入り、毎週の雨(まぁ当たり前ですが)
川の水位も高止まり。アユ師もなかなか竿が出せない状況。
だったらチャンスじゃん??という訳で飛騨川水系へ出動です。

前日の情報で、本流はかなりの増水らしいので、明るくなって川がよく見える朝5時頃に現地に着くように車を走らせる。
国道41号沿いに走って川の様子を見ると、、、、うううーーーん、確かに増水だ。濁りもけっこう濁ってる。
こりゃアユ釣りはもちろん、ルアーでも厳しいか・・・・・・

上流へ車を走らせるが、状況は大して変わらず。そこで本流は帰り際に様子見るとして、いったん支流である第二ホームへ走る。

第二ホームは、水量は若干の増水程度でアマゴ狙いならちょうどイイんじゃない的な水量だ。
ここもアユ釣りのメッカだが、朝イチで雨なので、まだアユ師さんは出勤しておらず。
とりあえず貸し切り~~~~
でも、まーったく釣れません、反応がありましぇん。
まぁ5月に来た時もそうだったので、予想はしてましたが、ナゼ今年はこんなにアマゴ不調なんだろう・・・・・

だんだんアユ師の姿を見るようになってきたので、いっきにアユ師の少ない上流部へ。
移動後の最初のポイント。対岸に倒木が幾つも複雑に倒れ込んでいる。イワナの付き場としては絶好の場所。
ただし、倒木ギリギリにアプローチしないと食ってこない場所。
流速の早い流芯の向こう側、倒木付近の反転流のピンスポットにミノーを送り込んでトゥイッチ、一発でゴン!!

来た来たーーーー

流芯に揉まれてフックアウトしないように強引に水面を滑らす。サイズはまぁまぁだがPEラインなので少々強引なことをしてもOK。
いっきに寄せて魚に抵抗する隙を与えずランディング。イワナの28cm。
この日のファーストバイトがこの魚なので、いい感じ。
f0100885_2334450.jpg

この頃から雨がポツポツと降りだした。さらに上流にへ移動。アユの放流最上流部に一番アユ師が固まっている場所があり(この支流でも水位が高いので、極力水位の低いアユポイントの最上流部に集まったようだ)それより上にはアユ師は居ない。
ここから本番じゃーーー。

一番実績のあるポイントに入る。
川に入って、ポイントに近づくと、、、、いつもの水量なら水が流れていないようなド浅い流れに足を踏み入れると、足元から尺上の魚(多分イワナ)が遁走~~~~~
何もそんな浅い場所に居なくても、、、キミはちゃんと居るべき所に居ればよかったのに(苦笑)
それでも魚の活性は高く、ここぞというポイントからは必ず反応がある(サイズは小さいけどね)
20~24cmクラスのイワナを3匹、ニジマスを1匹、最初の100mの区間だけで釣れたので、こりゃエエワ~~(他にも20中盤のバラシも3つほど)と思っていると、ポツポツ降りだった雨がドドーーッと本降りに。
シマッタ、レインウェアを車に置いてきてしまった。
まだ車からそんなに離れてないが、結構な高低差の崖を登らないと戻れない。ちょっと迷ったけど、このまま濡れネズミになって風邪ひいてもイヤなので一旦車に戻る。

車まで戻ると、10mも離れていない場所にもう一台、白いクラウンが停まってる。
あれ?なんでこんな場所に・・・・と思ったら、車から2人のエサ釣り師が2人出てきてウェーダーを履いているところ。
う゛~~ん、私の車がすぐ傍にあるというのに(つまり先行者が入っている場所なのに)これから竿出そうなんて。まぁいいけどね、私が先に入ってるし、釣り下っていくから、この人達はきっと釣り登っていくだろう(と、この時は思ってたのだが)
すぐにレインウェアを着て、ちょっとだけ車を下流に移動させて、さきほどの続きの区間から釣り再開。
その後もイワナの反応は悪くないが、ちょっとショートバイトが多いなぁ~~ちょっとルアーに触ってすぐにピューーーッとUターン。
でも、まだまだ下流方向にポイントは多いので、この分なら楽しめそうだ。。。と思って少しづつ釣り下って行く。

すると。

とあるポイントで探っていたら、視界の隅に何か動くモノが・・・・

そちらに目を向けたら、信じられない光景が・・・・・・

ナント!!私の釣り下って行く方向のわずか15mほどの所にさきほどのエサ釣り師のうちの1名が入っていくではないか!!
しかも、こっちには挨拶もなし、目も合わさずにひたすら歩いていく。
そ、そ、そんなバカな。
こちらが釣っているのは判っているハズ(だから目も合わさず挨拶もしなかったのだろうが)
もちろん私が先にこの区間に入ったのは明白。
なのに、私を追い越してどんどん下流へ歩いていくなんて。

場所は本流のような広い場所ではなく、向こう岸へ徒渉出来るくらいのいわゆる渓流上流部の流れ。河原も殆どなく、川幅も小型ミノーで軽く向こう岸を釣ってしまう程の規模。
そんな場所で、先行者を、挨拶も何もなしに追い越すなんて、信じられない。
渓流釣りのモラルもへったくれもないじゃないか。おい、エサ釣りオヤジ!!!テメ~~~~ッ!!!何するんじゃーーー!!!!
と怒鳴ってやるか、追いついてでも文句を言おうと思ったが、そのエサ釣りオヤジはどんどん下流へ歩いていく。こちらが呆気に取られている間に距離も開いていく。
竿は畳んだまま歩いているので、間違いなく私を追い越すのが目的だったようだ。

どうしても渓流釣りもポイントがバッティングして、故意かどうかはともかく結果的に頭ハネしちゃう場合もある。
それは仕方ない。川は皆のモノだから。
明文化はされてないが、基本は先行者優先。もし後から来た人が入りたいなら先行者に許しを得るか、明らかに先行者と違う方向に入るのが渓流釣りの基本であり、当たり前のこと。
ここまで酷い追い越し・頭ハネされた事は初めてのこと。
この区間で釣りする気も失せて、車に戻って、別のポイントへ移動。

次のポイントはどうも魚の反応が悪い。さきほどまではガンガンとチェイスあったのに。
そこで、もう少し大きく、上流へ移動。
この頃から雨はさらに本降り。微妙に水量が多くなり、少し濁りも出てきた。
魚の反応も復活して、ちょっとした小さなポイントからでもチェイス、チェイス。サイズは小さめだが・・・・
何匹か20cm前後のイワナを追加。
そして少し大場所にやってきた。

水辺から少し距離を置いてミノーをダウンクロスに投げる。
岸際までミノーが来た、、、と、その後ろを数匹の影が右に左にクロスしながら追う。
チェイスだ!!
水際だったが、自分の立ち位置がかなり距離を置いていたのが幸いして、1トゥイッチでゴン!!とヒット!!
ヨシッ、アワセると魚が跳ねる。を、結構良いサイズ。。。と思ったら魚が飛んできた??
飛んできたのは15cmほどの小型アマゴ。
で、ヒットしたハズの良型は、、、、岸際で跳ねてる。慌てて駆け寄りなんとか無事にゲット(笑)
これは、何が起こったんだ。と少し頭の中で考えた。
そうだ、ダブルヒットだったんだ。
今までバスとか、メッキ、カンパチ、ハマチなどでは割とよくあるダブルヒットではあるがまさかトラウトでそんな事が起きるなんて(苦笑)
良型をバラさなくてヨカッタ~~(実際にはバレたも同然だったが落ちた場所が岸だったのでフォロー出来た)
ちなみに良型は27cmのアマゴ。体高もあって非常にコンディションの良い個体。
今シーズンのアマゴの中ではいろんな意味でナンバーワンの魚だ(このサイズが7月にもなって一番ってのも情けないが・・・・)
f0100885_23353175.jpg

f0100885_23354997.jpg

この後もイワナを中心に反応は続く。特に雨が降ってる最中は大変良かった。
いつもこうだと嬉しいんだけどな。
ただしサイズは20~24cmまでで、大型が出ないのは仕方ないなあ。

お昼を過ぎて、イワナを10数匹、アマゴ3匹、ニジマス2匹。
今シーズンの中では数は一番良い。内容もまぁまぁ。最大サイズが尺上だったら尚更良いのだが、この川はいつも20cm後半までは釣れるが、どうも尺上に縁のない川なのだ。

ここで、第二ホームを後にして、再び本流の第三ホームに戻る。
少しでも水位が落ち着いていれば、、、とも思ったが状況は変わらず。
そこで、支流の川へ入ってチビアマゴかチビイワナでも釣れれば、、、と思って、とある支流へ向かう。
一番有望ポイントは3名の先行者が入っていたのでパス。
次のポイントへ移動、、、、しかし道を間違えて行き止まりの道に迷い込んだ。
仕方なくUターンして戻ろうとすると、ふと見ると小さな堰堤がすぐそばにあるジャン。
ちょっとだけ様子見てみるか。チビぐらい釣れるかも・・・・

雨が降っている最中だから堰堤の落ち込みは、良い場所となるのが基本。
丹念に小刻みに探っていく。手前の流れを2度3度とアップクロスで探るも無反応。
良い場所なんだが、魚は居ないのか・・・・・
少しポジションを変えてクロスで探る。ミノーを投げて白泡の下を横切るようにリトリーブすると、、、、白泡の下から突然に大きな影が飛び出してきて、バクッとミノーをひったくる!!
ヒットだ!!しかもデカイよ~~~~
かなり近い位置だったので、水面でドッタンバッタンを暴れ回るが、魚は流れに戻りきれない。
PEラインの強度を信じて強引に岸にズリ上げる。イワナだ。

よーーーっし、やっと納得のいくサイズが出た出た。

かなり強引なファイトをしたので、フックは伸び伸び(元々、対象は小型魚を想定した細軸ファインワイヤーだった)危なかったなあ。
f0100885_233747.jpg

サイズは、、、40逝ったか。。。。いや、ちょっと足りないか・・・・
メジャーを当てると、38cm。うううーーむ、40に届かなかったか(^^;;;;;
とは言え、やっと尺上と堂々と言えるサイズが釣れたのは、イワナとは言え気分は悪くはない。

この魚を釣りスパム(釣友の間で、大型が釣れたらここぞとばかりに画像付きメールを一方的に送りつけるのが流行っている)を送ろうかと思ったけど、イワナの場合はせめて40を超えないとなぁ。そうでなくてもアマゴの40Upがスパムとして送られてくるし、最大サイズは50近いアマゴを釣ってる人もいるくらいなので。
f0100885_23372525.jpg

支流のイワナなので少し痩せ気味。本流イワナだと、でっぷり太って体高もあって風格も出てくるのだけども。

その後もイワナ、アマゴがぼちぼち釣れ続いて、終わってみればイワナ20匹弱、アマゴ数匹と今季では一番の釣果。
最大サイズはさきほどの38イワナ。それ以外にはイワナ28cmとアマゴ27cm。
もう1匹、尺上アマゴが混じれば完璧だったけどな~~~というのは欲張り過ぎだな。
次の釣行時に頑張ろう。
[PR]
by sierra-outdoor | 2010-07-03 23:37 | 渓流釣り | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/14113427
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Churin at 2010-07-03 23:55 x
こんばんわ。

きょうは良い釣りができたようですね。(^^)
38cmのイワナはお見事です。
それから、アマゴのダブルヒットとは珍しいですねえ。
私も前々回の釣行で、尺クラスのイワナを釣ったはずだったのに、変わり身の術(?)で7寸弱が釣れて頭が混乱した事がありました。(^^ゞ
Commented by kenken at 2010-07-04 00:18 x
今日は梓でなくて大正解だったようですね!
支流でそのサイズのイワナもお見事です♪

Commented by いち at 2010-07-04 07:51 x
イワナもさることながら…私は、27のアマゴに目がいきますね~。
私の27ヤマメは体高はイマイチ…でしたが、見事な魚体ですね!
しかもダブルヒット(笑)!

梓に来てたら…悲惨かもしれませんでしたから↑kenkenさんのおっしゃるとおり、今日は大正解でしたね!
Commented by しえら at 2010-07-04 21:52 x
確かに雨が降れば、上流部は釣り易いですね>Churinさん
38イワナは運が良かったというか、偶然の産物でした(笑) 狙って釣った訳ではないので・・・・
アマゴのダブルヒットは初めてでしたね~~群れを作る他魚種では珍しくないですが、渓流でこんな事があるなんて。
Commented by しえら at 2010-07-04 21:53 x
kenkenさんの土曜日の釣果をみると、行けばヨカッタか・・・とも思いますよ(笑)
また、状況を見ながらそちらにお邪魔したいと思い鱒~~
Commented by しえら at 2010-07-04 21:55 x
だんだん、パーマークフェチになってきましたね(笑)>いちさん
今回のアマゴはコンディションはばっちりでした、あれで尺超えていれば最高なんですが。
また近いうちに、そちらに行きますねー
Commented by はなひろ at 2010-07-05 18:20 x
こんにちは。
良い釣りをされてますね。
綺麗なアマゴとイワナ、最高に格好良いです。
私は此処最近の雨と増水により飛騨方面へ釣行出来ず、苛々する日々を過しています・・・。
しかし、最近はマナーを知らない??釣り人が増えましたよね。
私も何度か頭を撥ねられた事があり過去に2回ほど文句をタラタラと言ってやりました。
漁協の監視員の話では、駐車違反・日釣り券未購入など漁協規則を守らないのは△■ナンバーと◎△■ナンバーの釣り人が多いそうです。

Commented by 手下 at 2010-07-05 22:29 x
アマゴのWヒットってすごいですねー
そういえば、太平洋側に住んでるくせに、アマゴって全然釣利に行ってないや(^^;
Commented by しえら at 2010-07-05 23:12 x
雨が降り続くので、現地の状況が読みにくいですよね>はなひろさん
たまたま今回は、雨と水量がちょうど良い感じでした。

マナー知らず、というより、あれは完全に頭ハネ&追い越しを意図した悪意のある行動でしたね。
身なりはバッチリと専用ウェアで固めたエサ釣り師でしたが、あんな人が居るとは思いもしませんでした。
あんな釣り師には渓流に来てほしくないですね(きっとアチコチで似た様な事やってるのでしょう)
Commented by しえら at 2010-07-05 23:15 x
アマゴのWヒットは確かに珍しいですよね>手下さん
今回は、4匹くらいが超活性状態でチェイスしてきていたので、瞬間的に同時に2匹がバイトしたのでしょう。
いつもこれくらい活性高いと有難いのですが(笑)
Commented by おおはし at 2010-07-14 08:39 x
ヤマメ、アマゴのダブルって珍しいですね。
すごーヒット中の写真があれば貴重かも?
岩魚もデカイ。
面白くない思いもされたようですが
場所換で結果オーライ?
まぁダメ釣師は川でも海でも多いですね。
Commented by しえら at 2010-07-14 20:49 x
確かに珍しいです、トラウトWヒット>おおはしさん
さすがにヒット中の写真はないですね~~笑
Wヒットって、普通は、ほぼ同サイズがヒットするものなんですが、今回は親子ほどの差がある2匹でした。
ダメ釣り師は、ナンとかして欲しいもんです。装備はバッチリだし、遭遇した区間は素人さんが入ってこれる場所じゃないので、かなりの経験者のハズなんですが・・・・(^^;;;
<< 7月7日、七夕の星空 増水、、、この時期の釣り。 >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
Churinさん なん..
by しえら at 21:12
しえらさん、おかえりなさ..
by Churin at 23:09
ココ最近、全く雨が降って..
by しえら at 21:27
手のヒラアジさん 先日..
by しえら at 21:25
Churinさん そう..
by しえら at 21:21
ども。 マメに記事アッ..
by 手のヒラアジ at 13:55
おー、しえらさんには珍し..
by Churin at 23:04
やはり土曜日は賑わってい..
by Churin at 22:59
都市型温排水の貴重なター..
by しえら at 20:49
なんとか釣れてくれました..
by しえら at 20:48
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism