11/13 サーフ放浪記
そろそろサーフが気になる季節。
今年はヒラメが絶好調?らしくて、サーフは大変な賑わいとか。
まぁヒラメはいくら好調と言っても狙って釣るには、かなり難しいし、やっぱり気になるのはメッキ(笑)
前回の釣行で、湾奥のメッキには一区切り付けて、今回からは外洋サーフでの釣りです。

夜が明けた頃に、サーフに到着・・・・・・
海をみると、、、、ひぇ~~~~20m間隔で釣り人がギッシリと並んでいる。
見渡す限り右から左まで、ずら~~~っと並んでいる。たまにエサの投げ釣り師もいるけど、大部分はルアーアングラーです。
よくぞまぁ、こんなに集まったものだ。(そのうちの人は自分なのだが)

とりあえず支度をしてサーフに入る。
駐車スペースから300mほど歩けば、だんだんとアングラーもまばらになってきたので、間隔の空いた場所からチェック。
殆どのアングラーはヒラメ・コチ狙いだと思われるが、私は最初っからメッキ狙い。
波打ち際を撃っていくので、かなりライトなタックルを用意した。

ミノーを2、3投して反応がなければ歩く。歩く先に人が居ればジャマにならないように大きく迂回して、空いたスペースで投げる。そして移動。これの繰り返し。
朝マズメは、ぼちぼちナブラも出ている、と言う話だったが、ぜんぜんナブラらしいモノも見当たらない。ううーーん、こんな事で釣れるのか??

でも、一人のアングラーがメッキを何匹かキープして歩いてくる。をぉ、やっぱり釣れてるんだ。
メッキ狙いの人も居るのね~~~
フラット狙いや、ブッコミ餌釣り、サーフトローリングなどいろんな人が釣りをしているが、かなり歩いた場所から、殆ど人が居なくなった。
この場所から丹念に撃っていこう。
この日は天候は穏やかで、風、波ともに外洋に面したサーフにしては非常に静かで釣りはしやすい。

何度かキャスト&小移動を繰り返しただろうか。
リトリーブしてきたミノーに波打ち際まで何かがチェイス!!
すかさず次のキャストで細かくトゥイッチを入れると、グン!!とヒット。
よしよし、今日のファーストヒットだ。狙い通りのメッキ。ただしサイズは予想より小さめの20cmぐらいかな?
f0100885_20345171.jpg

朝の割合早めに1匹目が釣れて安心したが、それがいけなかったのか、その後まーったく反応ナシ。
2時間ぐらいサーフを行ったり来たり、ぜんぜんヒットもチェイスもない。
あれ~~~??メッキのナブラがあっても良さそうなのに・・・・

サーフを放浪して、700mぐらいの区間を1往復半した。
どこにメッキは居るのだぁぁぁぁ。
すると、目の前、40mぐらい沖に待望のメッキナブラ発見!!
しかーし、ぎりぎり届かない・・・・(ショアジギ用タックルではなく、メッキ用に本流トラウトロッドを持ってきていたので)
しかし、この付近に魚が居ることは判った。
かなり小さなベイトが追われていたので、マッチザベイトで5cmミノーを投入。
これが功を奏して、やっと2発目のヒット!!続けて目の前、10mの場所でも小さなナブラが発生。
即、そのナブラを撃つと3発目がヒット!!
ようやくメッキ釣りらしくなってきた。ただし、サイズは13~15cmと、この時期としてはメチャ小さいやん・・・・・・
その後、よく似た場所でチビメッキがポツポツと反応してくるが、何せショートバイトなのでバイト数の半分くらいバラシてしまう。(本流トラウトタックルが、このチビメッキ達にはヘビー過ぎるというのもあるが)
なんとか8匹ほど釣ってはみたものの、10cm台半ばの、8月サイズのメッキしか釣れない。このサイズしかショアから届く範囲内には入ってきてないのかなぁ~~~

また出発点まで戻ってみたものの、ぜんぜん魚ッ気がない。
再び、先程釣れた場所へ戻る。これで700m区間を2往復半だ。
チェストハイのレオプレーンウェーダーを着用して、歩き辛い柔らかいサーフの移動は脚に来る・・・・(^^;;;;

もう一度、釣れた場所を探るも、もう殆ど反応なし。ナブラも見えない。
もう終わりかな~~~と諦めながら、念のため、サーフでは滅多に投入しないトップを投げてみよう。この日は波も風も静かなので、小さいトップでも使えるし。

ポッパーを投げて、スピーディーにポッピングしてくると・・・・・突然水面が炸裂!!
ヒットはしなかったがメッキが反応してきた!!あれだけミノーを投げ倒しても反応なかったのに。
ここからトップでぼちぼち当たるようになってきた。サイズは相変わらずだが、ポッパーでもペンシルでも、水面が炸裂したり、チェイスが目視できたり。
やっぱりメッキはトップが楽しい~~~~~~これでサイズがもっと大きければイイのだが。

昼ころの潮止まり前まで、ぼちぼちと反応があった。トップなのでフッキング率はあまりよくないが、軽く触ったぐらいなら、関係なく次のキャストでも反応がある。
最後にこの日、2匹目の20cm級がヒットして、そこで反応が途絶えた。
f0100885_20505473.jpg


結局、釣ったメッキは正確には覚えてないけど、17~18匹程度。
ただしサイズが小さく大半は10数cm程度で、20cm級は2匹のみ。さらに期待していた30cm級はおろか、想定していたアベレージサイズの25cm級すら姿を見せなかった・・・・・
まるで8月のメッキ釣りみたいなサイズである。今年は遅れて本州に接岸したメッキの子供達が多かったのだろうか・・・・・

サイズには不満が残るが、それなりに数が釣れたことと、半数以上をトップで釣ったのは、面白かった。やっぱり、メッキはトップが楽しいねぇ(ミノーの、着水直後にひったくるような衝撃的バイトも捨て難いが)

まだまだ外洋に面した場所では楽しめそうです。
f0100885_20552527.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2010-11-13 20:55 | 海の釣り | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/14974419
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Churin at 2010-11-13 23:18 x
今回もメッキ釣りでしたか。
サイズは小さかったようですが、結構釣れて良かったですね。

私のほうは、しばらく魚の顔を見てません。(^^;
Commented by しえら at 2010-11-14 12:37 x
今回は(今回も?)メッキでした。なんせメッキフェチなもので(大笑)>Churinさん
数年に一回?の当たり年なのでネ、他の釣りを犠牲にしてでも行ってしまいますねえ。
今回は型狙いのハズだったのに、またしてもチビばかり。良型は簡単には釣れないのは当然ですが、1匹くらいは納得サイズを釣りたかったデス。
Commented by いち at 2010-11-15 22:37 x
サーフでメッキですか!楽しそうですね~!
20cm超えると、結構引くんですよね?なにしろ、GTのおこちゃま…

一度やってみたいですね~。
アオリはちょっと飽きた(贅沢?)ので(笑)…
Commented by しえら at 2010-11-16 22:18 x
こちらまで来ますか?(笑)案内しますよ>いちさん
年内は、多分サーフで釣れると思います。
そろそろ30cm近いのもヒットするハズ。ライトタックルで狙えば、楽しいです。
でもアオリに秋田とは、なかなか贅沢ですね~笑
今年はアオリやメッキがえらく好調なので、全般的に海の魚に関しては豊漁の秋、でしたね。
<< 11/21 サーフ放浪記その2... 11/06 そろそろ閉幕か・・・・ >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism