GW真っ盛りの渓流 5/4
GWもたけなわ。3連休の中日である5/4に、いつもお世話になってるJYIさんを案内して、第二ホームに行って参りました。

当日早朝に集合して、現地へ向かいます。
好天のGWの、しかも中日。かなりの人出が予想されます。川の水況も良い。
現地では、朝も早くから大勢の釣り師が立ち並んでます。
そう、放流魚狙いです。
狭い区間に、そうだな~100人近く入っていたかも。

我々は放流区間はスッ飛ばして、さらに上流へ。しかし、そこでも至る所に釣り師の姿あり。
GWですからねぇ。仕方ないか。人もまばらな場所で釣りを開始しますが、水の勢いが強く、さらに朝なので水温も上がらず反応はありません。
さらに、我々が入渓している前後にも釣り師の姿があり、こりゃアカンねぇ~とさらに上流へ移動。
釣り師が混雑する区間とそうでない区間もあり、混雑していない区間で、大物が出る可能性の高いポイントへ移動。幸いなことに、ここには先行者も他の釣り師の姿もナシ。

まずはいつも尺前後の魚が潜んでいるポイントへ。しかし反応なし。
次のポイントへ移動しつつ、探ります。
次に現れたポイントをJYIさんに譲って、私はその先へ進みます。しかし、その先でも無反応。
水温が低過ぎるのがイカンのかな。。。と思って、後から追いかけてくる筈のJYIさんを待ちますが・・・・あれれ・・・・ぜんぜん来ない。
しばらく待っても来ないので、ひょっとして・・・・と戻ってみると、JYIさんは恒例の撮影会をしてるではないですか!!(笑)
しかも、傍らには、かなりのサイズの魚が・・・・・

近づいてみると、尺は優に越してるイワナ。計ってみると36cm。ううーん、サスガは鬼と呼ばれたJYIさん。あっさりとこのサイズを出してしまうなんて。
f0100885_13531998.jpg

流れの当たる岩盤沿いのスポットを狙ったら一発で出たとのこと。

とりあえず、これでガイドとしての役割は終わったかな(^^)
車に戻ると、他の釣り師の車がすぐそばに。少し遅かったら、あの魚は釣れなかったかも。

だんだん時間も経過して暑くなってきた。
何度かポイント移動をして、とある区間に入った。
そろそろ釣らないとな~~~と思ってダウンクロスで深瀬を狙うと、思い通りにゴン!!とこの日初ヒット。26cmのイワナ。先程のJYIさんのサイズより10cmは小さいが、先日購入してこの日がセルテート2004CHの初登板だったので、初日に入魂できて、ナニハトモアレ、ヨシヨシ。
f0100885_13593315.jpg

車に戻ると、少し離れた場所で釣っていたJYIさんも戻ってきて、9寸サイズのイワナを追加したとの事。
この区間は、数は出ないが、釣れればミニマム25~26cmなので、混雑するGWに、それなりの結果は出せたかな。

少しづつ下流へ移動し、アマゴとイワナの混棲域に入る。
ここでは、JYIさんにイワナが1本出ただけなので、さらに下流へ移動し、いよいよアマゴ域へ。
その前に、一旦、木陰で昼食休憩。
まだ現地ではやっと桜が満開から散り始めで、花見をしながらの休憩の一時です。

昼食小休止の後、再開。私は上流へ、JYIさんは下流へ。
釣り始めてすぐに、チェイス!!そしてヒット!!この日最初のアマゴでした。
f0100885_14171165.jpg


さらに移動して、次のポイントではJYIさんにアマゴがヒット。
どうやら水温上昇とともに、活性の高い魚は瀬に出ています。
ただし、この頃から釣れない時間帯に突入。投げても投げても反応がありません。

次のポイントで終わりにしましょうか、となって、第二ホーム最後のポイントへ。
ここで、ダウンで釣っていた私にヒット!!
これは、、、この場所では珍しいイワナでした。この辺りは釣れれば殆どアマゴなんだけどな~
と思いつつも写真を撮ろうと、左手に釣れたイワナを持ち、右手でケータイを持っていたら、突然イワナが暴れる。
あまり強く抑えても魚が可哀相なので、緩く持っていたため、スルリと魚が手から落ちる・・・
イワナの口に掛かっていたミノーの、ベリーフックが左手の中指の表側の皮膚にグサッ!!
指にフックの先が刺さることは日常茶飯事なのですが、、、今回は、かなり深く刺さってしまった。
バーブは潰してあるので、すぐに外れる、、、と思ったが、外れない。
げげ、こりゃヤバいじゃん。。。。(^^;;;;;;;
押しても引いても外れない。刺さった直後はあまり痛くなかったのだが、いろいろやってるうちにジンジンと痛みが出てくる。
こんな事で病院行きにもしたくないし。
フックは、潰したバーブがちょうど皮膚に埋まるくらいで中指の上側に刺さっている。針先は皮膚の中。。。。。
あかん、こりゃ覚悟を決めなければ。

まず、針先を貫通させなくてはいけないが、思いの外、手の甲側の皮膚って硬いと言うか強い。
少し押したぐらいではぜんぜん貫通できないし、そもそも痛い。
そこで、左手を流れている渓流の水の中に浸す。冷たさで段々と手の感覚が無くなるまで冷やしてから、思い切ってフックを力を入れて押すと、なんとか針先が皮膚を貫通した(^^;;;
バーブまで出して、JYIさんに協力を得て、針先をプライヤーでへし折って、外れたぁぁぁ~~~
あ~~よかった。ホット一安心。
外れたと同時に、刺さった時以上にジンジンと痛みだしたが、気分的には非常に楽になった。
いつも持ち歩いているバンドエイドで止血して、そのまま釣り続行(笑)

結局、第二ホームではその後は釣れず終わりとなり、集合地点まで戻ってJYIさんと別れました。

往路を、目ぼしいポイントを叩きつつ戻るつもりでしたが、往路を戻る方向はすでにかなりの渋滞。結局、迂回ルートを走って、そのままでは勿体ないので途中の第一ホームでちょっとだけ竿を出して、アマゴを1匹追加して、帰路につきました。

その帰路も、思いも寄らない山間部でえらく渋滞しており、急ぎJYIさんに電話して迂回路を教えてもらって、なんとか無事に帰宅。

いろいろあったこの日でしたが(笑)、案内した区間で大物が出たし、それなりに釣れたので良かったかな。最後のフック突き刺し事故は、釣りにはありがちなケースですが、気をつけないといけないですね~
魚の撮影時には、魚へのインパクトを考えて濡れた手による手持ちが多いのですが、最低でもルアーは外して撮影せねば(苦笑)
f0100885_14355542.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2011-05-04 23:40 | 渓流釣り | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/15920035
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Churin at 2011-05-05 22:47 x
客人に大物がでるとは、さすが名ガイド!
というか、あの方はちょっと釣りすぎですね。(^^ゞ

今回もまた災難だったようですが、傷の具合はどうですか?
想像するだけで痛そう。
Commented by しえら at 2011-05-05 23:17 x
ガイドの腕ではなく、ご本人の腕ですね>Churinさん
今回、まだ私も未踏破の秘境区間に行こうかとも思いましたが、かなり時間がかかるので止めました。
Churinさんなら、行けると思いますので、そのうち都合あえば未踏破の秘境に行きましょう(笑)

傷は、案外痛くなくて、今も殆ど問題ありません。簡単には抜けないと判った時は冷や汗モノでしたが(^^;;
貫通させる時が精神的に怖いですが、きっと医者に行っても同じことをされたんだろうと思います。
(でなければメスで切開か)
Commented by はなひろ at 2011-05-06 11:24 x
記事を読むだけで痛さが伝わってきます。(泣)
私はフックが深く刺さった経験はありませんが、中学生の頃、友人がスプーンのフックが太ももに刺さり、病院へ急行。
治療中の声を聞いているだけで倒れそうになりました。

でも、綺麗な流れの中で良い釣りとガイドが出来て良かったですね。
Commented by しえら at 2011-05-06 21:17 x
意外と痛みはそれほどではないです>はなひろさん
でも、あの刺さったのを見ると、血が引きますネ(笑)
最初はどーしょ~~??と焦りました。人間の掌の甲側の皮膚って思った以上に頑丈なようです(^^;;;;
フックの刺し事故は、お互い気をつけましょう。
Commented by おおはし at 2011-05-07 12:00 x
私も良くフック刺します(^^;;
沖縄で小物やってたときにトリプルフック2本刺(バーブ付き)
で難儀したのを思い出しました。その時は1本ずつ強引にペンチで
頭出させてカエシまで出ないのでめんどくさいから皮膚ごとペンチ
でバーブつぶしてもう1本に取り掛かりました(^^;;;
手の甲側の皮膚は丈夫な上に良く伸びるので針先出すのに
やっかいですねーーー。
岩魚デカ~渓流でいつかそんなサイズ釣ってみたいです。
Commented by しえら at 2011-05-07 13:33 x
おおはしさんも、経験者でしたか(^^;;;
手の甲の皮膚は、妙に柔軟性があるのでしょうか、刺さるとほんと外れないですね。
今年は、尺イワナの当たり年!!特に今です!!
絶対釣れるとは限りませんがコッチに来て頂ければ案内しますよ(笑)
<< ミノーイングの醍醐味 5/6 黄砂の日 5/2 >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism