7/14 海熱上昇中
またまた、この週末の直前に大雨が降り、渓流(特に本流)はダメっぽい。

ってコトで、海を目指して南下します。
前回の釣行で、何か掴みかけたナニかが感じられたので、行けるうちに行っておこうと思って。
段々と、自分の中にあるソルトウォーターへの熱が上昇しているのも間違いないし(苦笑)

降雨による水潮がやや心配だったけど、山間部はともかく太平洋沿いは降水量が少なめだったので、多分影響ないだろう。。。。

今回は少し場所を替えて、朝から現地入りです。

今回の場所は初めての場所。
とりあえず狙いはシオ(カンパチの幼魚)に絞って、タックルはメッキと同程度のライトなタックルのみ用意。
その他の回遊魚が回ってくれば、ショアジギングタックルもあると便利だけど、初めての場所なので偵察を兼ねて、1タックルのみでも良いでしょう。

朝6時過ぎ、現地に入ると、エサ釣りの人、数名。
そしてルアーアングラーが1人。
現地の人の話しでは、シオやツバス(ブリの幼魚)が姿が見えているらしい、、、との事。

場所は漁港なので、海に面した外側からチェックするが、、、、やはりライトタックルで外側は飛距離が足りず、厳しい(苦笑)
すぐに港の内側に移動。
すると、すぐにヒット!! なんか小さく細いのがヒットしたなあ。。。。。エンピツカマス君でした。
f0100885_22463911.jpg

このカマス君も、30cmくらいに大きくなったら、美味しいンだけどねぇ。。。。
すぐお帰り頂く。

引き続き、探ってみると、、、、ルアーの真後ろを2匹でチェイスする影。
足元まで追ってきて、ヒット!!
を、こ、コレは、、、、、さっそく釣れました、シオちゃん。
f0100885_2248117.jpg

サイズは20cm弱と小さめですが、とりあえず早くも本命ゲット。

その後、エンピツカマス君を追加し、シオらしき魚を1匹バラシて、このポイントは沈黙~~~

少しづつ歩きながら、ポイント偵察。
初めての場所なので、漁港全域を探ってみないとね。

もう一人のルアーアングラーの人がやや遠くで何かをヒットさせたようだ。
しばらく歩いてキャストして探って、歩いて。。。を繰り返して、そのルアーアングラーの人に挨拶して情報交換。
なにやらシオの群れがいるらしい・・・・・・・

引き続き歩いて投げて、、、を繰り返していると、ドン!!と一発ヒット!!
を~~これはシオでしょう。ヒットした魚の後ろを何匹ものシオが小さな群れでチェイスする。
しかーーーし、次の瞬間にフックオフ・・・・・orz
逃げたシオと一緒に後ろの群れも消え去ってしまうのでした。
(これだから回遊魚はバラすとイカンのですよね)

引き続き歩いてキャストしてを繰り返して、シャロー気味のポイントにやってきた。
何気なく投げると、後ろを数匹の群れでチェイス!!
を、ここに居たかね。
あれならミノーで食いそうダ。シャローのポイントだし。
前回釣れたミノーにチェンジ。トゥイッチ一発でヒット・・・・・・ のハズでしたが、シ~~~~ン。
まったく反応なし。
あれれ??もう移動しちゃった??
ルアーを戻してみると、次の瞬間にワラワラと湧いてくる~~~、、でヒット。
なんだ、ミノーで食わないのに、、、、、どうも好き嫌いが激しいシオのようです。

ここで2匹ヒットさせて、またしてもポイント沈黙。
群れが小さいせいか、1匹ヒットさせると、次が続かないなあ。連続ヒットがほとんど無い。

漁港の端まで歩いて探るも、まったく無反応。シオは何処行った??
元に戻りつつ歩いて行く。
結局朝イチ釣った場所に戻ってきてしまった。

太陽がどんどん高くなり暑くなってきた。天気予報では曇り時々雨かも??という予報だったのでレインウェアも念のため持ってきたけど、まったく意味ナシ。

釣れない時間が長く続く。時折、外側の海に釣り座を移動させて探るも、ま~~~ったく反応ナシ。
タックルが外海を探るのに適していないせいもあり、釣れる気がせず、漁港内に舞い戻る。

お昼近くになって、とあるポイントで、キャストし、底を取ってジャーク気味にアクションさせると、中層でゴン!と何かアタった!?
中層だから、魚のバイトか?
次のキャストでも再びコン!!あ、やっぱり魚だ。
慎重に水面まで誘いと、久々に見るシオの群れ。
そのうちに1匹がヒット!!
ふ~~~久しぶりに釣れた。沈黙の時間が長かった(3時間ちょっと)なぁ。
f0100885_231119.jpg

そのしばらく後でももう、1匹ヒットして、これでシオちゃんは合計5匹。
今回は偵察釣行なので、なんとか5匹釣れるとイイなぁ、と思っていたので、これで目標はクリア。
その後は暑さで釣れる気がせずに14時ころに現地を撤収~~~

とりあえず初めての場所だったけど、そこそこ釣れる事が判った。
まだシーズン初期のような感じなので、これからもっと釣れるかも???(希望的観測ですが。なにせ初めての場所なので、これからどうなるかよく判ってない)

いつもの年であれば、だいたい8月のお盆過ぎのメッキからソルト本格活動が始まるのだけど、今年は1カ月以上早く始動しちゃった。
シオがメッキの代役となった訳です。釣り方もメッキに一部似てるし(ただし、コヤツらはメッキと違ってトップではまず釣れないが)

ファイトは、、、、同じサイズならメッキよりは弱いかなぁ。
でもそんなシオでも同サイズのツバスの倍は引くから、そのシオと同サイズのメッキはシオの倍は引く。
って事は、、、、メッキ×1=シオ×2=ツバス×4、という方程式が成り立つ。(まァ主観的な判断デスがね)

早くメッキシーズンが開幕しないかな。それまではシオちゃんにお相手をしてもらおう。
[PR]
by sierra-outdoor | 2012-07-14 23:08 | 海の釣り | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/17761587
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Churin at 2012-07-15 21:20 x
今週はシオ狙いでしたか。
初めての場所で5匹とはなかなか良いじゃないですか。
ライトタックルでヒットすると楽しいだろうな。(^^)
Commented by しえら at 2012-07-15 23:15 x
この週末は渓流はほとんど無理ですねぇ>Churinさん
特に私の行動範囲内では・・・・・・(^^;;;;
ライトタックルで釣ってるので、そこそこ楽しめますけど、同じサイズのメッキと較べてスピード&トルクで負けてます。(ツバスよりマシだけど)
改めて、ライトな釣りのターゲットの中では、メッキのパワーウェイトレシオがいかに素晴らしい、って事になるかなぁ。
Commented by furukawa at 2012-07-20 10:19 x
しえらさん
シオは、TOPに高反応しますよ(笑)
電話でレクチャーしたように上下の動きは、大切でボトムでさっさと掛けて直ぐ抜いて即キャストです。
表層をウロウロしているのは、ウロウロ系で、最終的には船等のストラクチャーにぴったり付いてサスペンドしています。
船ならば、船底にキールと同じレンジをタイトに攻めれば「バン」と出ますが、後が続きません。
だから、フォールさせて追い掛けさせて食わせ切れなかったら素早く
フリーフォールで速度を落とさないようにします。
上下で誘うヨーヨーで素早く掛けて小規模な群れも壊滅的に釣れます。スレで警戒に入ると違う魚・・・例えばフグなんかがフッキングして
暴れると猛烈にスイッチが入ります。
Commented by furukawa at 2012-07-20 10:19 x
この釣りは、硬い短い竿で遠投・近等が出来るマルチロッドを見つける
とさらに釣りが向上です。
ちなみに個体差にもよるのですが、シオが本気になるとメッキよりも
暴れてパワーが二段加速で抵抗します。
これぐれもご注意を!
そこで硬いロッドを使って掛けたら相手が本気を出す前に頭を向けて
直ぐに抜くのです。
ポイント選びも大切ですが、ロッド・ハイギアリール・細くて強いPEライン・・・私的には02号です。ライン系が太くなるとフォール速度が落ちる
のでご注意を!良いラインを使って下さい。ドラグはキツイ目に限界付近もしは、ロックが釣り上げるさらなるポイントです。
一回、相手を本気にさせるとやられますからね!
Commented by しえら at 2012-07-22 13:51 x
furukawaさん、詳しい解説ありがとございました(^^)
なかなか、この釣りも奥が深いですねえ。
どうやったら、魚の捕食スイッチをONに出来るか、これが難しい。
研究熱心なfurukawaさんならではの奥義を、少しでも会得したいですね。
<< 7/21 プチ遠征・信州 ヤマト2199 第二章 >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism