10/8 オフショア・タチウオジギング
少し前の話しになりますが、タチウオジギングに行ってきた話しでも。

先日のカンパチが惨敗に終わり、なんとなく消化不良気味。
なんでも良いので、オフショアで釣りたいナーと思いつつ、各ジギング船の釣果情報を眺める。
ポツポツとタチウオが上がっている。その他ハマチなど。

少し旬が過ぎた感もあったけど、この機会を逃すと今年もタチウオは釣れずにお終い、、の可能性もあるので、行ってみることにしました。

港を出港して約1時間、最初はタチウオポイントへ。
すでに何隻もの遊漁船が所狭しと並んでおります(^^;;;;
f0100885_23172555.jpg

漁探でタチウオの群れを確認しつつ、船長は操船して「はい、どうぞ、やって下さい。水深80m」のアナウンスで一斉にジグ投入。
水深が深い事と潮が早いので、200gのジグを使います。
隣の人とオマツリしないようにサミングしながらジグの着底を待って、ボトム着底を感じたら、即ワンピッチショートジャークで誘います。

イッチニ、イッチニ、のリズムで小刻みにジャークを刻む。
ボトムから10mほど巻き上げた所で明確にグン!!と押さえ込むようなアタリが!!

よっしゃー!! 第一フォール目からヒットだ。

アワセを入れると同時にゴリ巻き。
この重さからすると、さほどサイズは大きくはない。
バレないように一切休まずにゴリ巻きして(水深があるので巻き上げが大変だが休むとバレる)イッキに水面まで上げてくると、久々のタチウオ~~~
ただし、指2本サイズ・・・・ ちっさ~~~苦笑
さすがにこのサイズはリリースだ。周囲もヒットが続くが同様のサイズ。

次のフォールでもヒット。しかしサイズ同じ・・・・かなり活性は高そうだが、このサイズではねえ。

こんなプチジアイが30分ほど続いたが、最大でも指2.5本サイズしか釣れない。
フックの掛かり所が悪かった2匹だけキープして残りはリリース。
そのうち、チビタチウオも食わなくなってきたので、1時間ほどで船長が移動を決断します。
「あかん、タチは食わん。青物を狙いに行きます。」

30分ほど沖に走って青物ポイントへ。
水深20mほどの場所をドテラ流しで攻めます。
水深が浅いので、まずは60gのシーフラワーで探りますが、、、反応ナシ。
たまにアタるが、サバフグのオンパレード(苦笑)
サバフグは無毒なのでキープすれば食べれるのですが、あまりサイズも大きくないのでリリース。
船中では、サバフグに混じってポツリポツリとハマチがヒットします。
ハマチが5匹に対してカンパチが1匹の割合で混じってきますが、私には青物のヒットはなし・・・

水深が浅くてドテラ流しなので、テール重心のジグよりもセンターバランスのジグの方が食わせやすい。
青物をヒットさせている人のジグを垣間見るとセンターバランス系のピンクが食いが良さそう。
ただ、この日はセンターバランスのジグは幾つか持ってきていたが、コウナゴカラーばかりで、ピンク系は2個しかない。
しかし、センターバランスのピンク系を投入するしかないので、スキルジグを投入。
するとすぐに答えは出た。
グン!!とアタリが出たので即アワセ!! しかし、次の瞬間に切れた~~~~

なぜっ!?

ジグとの結束部分で切れていた。
うーむ、傷が入っていたのかナ。

スキルジグをロストしてしまったので、残りはやや大きめのメジューム105gしかない。
最後のメジュームを投入する。
その頃になって船長が皆に聞いてまわる。

「このまま、この場でハマチを狙うか、一発大物のワラサ狙いに移動するか?」

個人的にはまだ青物を釣ってないので、チャンスの少ないワラサ狙いよりも、このままハマチ狙いの方がいいなぁとは思ったけど、大多数の人?はワラサ!!と答えたので、ワラサ狙いになった。
「ポイント移動します、、、上げて下さい」と船長のアナウンスと同時に、ドンッ!!と待望のアタリが!!
「船長~~ ヒットヒット~~」
と叫んでエンジン始動を待ってもらう。
ギュイーーンと底に向かって走ろうとするので、これはカンパチか・・・・な?
バラさないように、それでいてあまり走らせないようにファイトに耐えつつ上げてくると、予想通りのカンパチでした。
ふ~~、、やっと青物が釣れた。
f0100885_23175167.jpg

釣りあげると同時にワラサポイントに向けて船は動き出す。
20分ほどの移動の後に、ワラサポイント到着。水深はやや深くなって30~40mほど。
ワラサ狙いなのでチャンスは少ない。
いろいろとジグを交換しつつ攻めてはみるものの、アタリは無し・・・・
船中でもハマチやホウボウがチラッと上がるものの、ワラサらしき反応は皆無。
と思っていたら、少し離れた人にヒット!! ちょっとサイズは良さそう??ロッドが満月に曲がったまま耐えていたが、しばらくしてフックアウト~

そしてしばらく後に、すぐ右隣の人にもヒット!!
これも大きそう??船長がネットを持って待ち構えるものの、これもしばらくのやり取りの後にフックアウト・・・・

これで俄然、船中ヤル気が出てきましたが、後が続かず。
最後に、左隣の人にもヒットしたが・・・・これはラインブレイク。あ~~勿体ない。

連続ではないものの、両隣でヒットがあったのに私にはヒットなしなし(苦笑)
時刻も昼頃に差しかかって、「移動します。帰りがてらタチ狙ってみます」と船長からアナウンス。

朝イチのタチウオポイントに到着したのは沖上がりの30分前。
時間は少ない。
すぐにジグを投入するが、朝イチと違ってアタリが来ない。
それでも隣の人にはヒット。少し朝よりサイズが良くなってきた??
「あと数分で終わりにします・・・」と船長からアナウンスがあった。こりゃあと1匹釣れるか釣れないかだな。
ボトム着底して、じっくり誘ってくると、ボトムから20mほど上でググン!!
来たッ!!

タチウオ特有の重々しいファイトの末、上がってきたのは何とか指3.5本サイズ。
ようやく?まともなタチウオが釣れたかな。
その後も、同じレンジで2度ほどアタリがあったものの、フッキングできず。
そうこうしてるうちに「はい、お疲れさまでした。これで上がります」とアナウンスがあり終了~~

結局、まともなサイズのタチウオは最後の1匹のみ。あとはチビタチが6匹ぐらい??
青物はカンパチ(と言うかシオサイズだけど)が1匹のみ。

青物も、タチウオも最後の最後で釣れて、その後も良い感触があったのでもう少し延長して攻めてみたかったが、これも乗合の釣りでは仕方ないですね。
これで2012年のオフショアは最後かなぁ・・・・ 晩秋くらいにワラサやサワラが調子良くなればもう1回あるかも知れないですが。
f0100885_23181220.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2012-10-08 23:16 | 海の釣り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/18077879
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 10/13 そろそろ晩秋パター... 9/29 メッキ・荒れ前の荒食... >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism