1/15 セブ島・その3(アイランドホッピング)
1/15 セブ島・その3

3日目の朝です。

この日は、アイランドホッピングの日ですが、、、相変わらず天気が悪く、どんより曇天。
雨が降ってこないだけマシですが。

8:30にはダイビングショップ受付に集合なので、ちょい早めに朝食~~
相変わらずマンゴーは美味しい。こればっかし食ってる気がする(笑)

手早く朝食を済ませて、準備して集合場所に向かいます。

予定通りに9時すぎに出発です。
客は我々4人のみ(^^;; スタッフは、3人付いてきてくれます。

走り出して最初は若干波がある程度でそれほど酷くはなかったものの、とある岬を越えたあたりから、ウネリが大きくなって、波がザブンザブン。
船が向かう北方向からまともに風と波がぶつかってきます。
ピッチングが酷くて船が走りませ~~~ん。しかも波飛沫がかかるかかる。
キャビンもあるにはあるけど、船首側。
船の構造上、ピッチングすると船首はとてもじゃないが居られない。
船尾側に波風が避けられるキャビンがあればいいのだけど、それがないので耐えるしかない。
f0100885_22405415.jpg

ウネリの大きさを見ながらエンジン回転をコントロールしてるので、操船しているスタッフ側も苦労しているのだろうな、、、と、以前琵琶湖でこんなウネリの中をボートを自分で走らせていたので、何となく判る。
通常なら50分で到着する、と言われてましたが、荒れていて1時間半近くかかって、やっと前方に島影が。。。。
島に立つ細長い何かが見えるので、間違いなく目的地のキャピタリオン島でしょう。
f0100885_22412629.jpg

島に近づいてくると、無人島のはずなのに、犬が走ってくる・・・・
スタッフが島に向かって笛を鳴らすと、誰かが姿を現した。
ナゼか、島の管理人みたいな人が住んでいる?のでしょうか。無人島のはずなのに(笑)

島には、灯台が立っており、それらを囲むようにちょっとした建造物があります。
風裏に入って船を係留させて一安心~~
しかし、風はビュービューで、波がまともにブチ当たる島の北側はまるで荒れ狂う冬の日本海、って感じ。
とりあえず来ちゃったものは仕方ない、遊ぶか。
f0100885_22415574.jpg

島に上陸して私は釣り、他の人は一休みしつつ、島を散策??
f0100885_2243427.jpg

まずはパッと見て、風のブチあたっている北側は釣りにならないので、東側かな。
東端まで歩く。超小さい島なので、歩くと言っても20秒くらいで端まで行けてしまいますが。

波がザブザブで横風が強い。ルアーを投げても飛ばない~~~
20mくらい沖にルアー着水。強風に煽られてラインが風下側にたなびく。
とりあえずそれでもめげずにリトリーブしてくると、、、あ、何かがチェイス!
30cm弱の灰色っぽい魚が1匹チェイス。足元でUターンして行きましたが。
またキャスト。次はもっと大きい、40~50cmちかい魚がチェイス!!
追い方がのそ~~っとした感じなので、まだ活性は低めだけど、どうやらココは期待持てそう。
f0100885_22423576.jpg

少しポジションを替えて、風下側になる南側を攻めてみる。
スタッフのうちの一人が興味あるらしく、寄ってきて、ルアーボックスを見て、コレを投げろ、と言う。
そのコレとは、DUOの9cmジグミノー。
それに替えた一投目に何かがヒット!!しかしすぐバレた~~~ なんとなくダツっぽい感触だったが。
でも、魚の反応があるだけでも嬉しい(^^)
f0100885_22433244.jpg

強風に乗せて風下方向に南に投げれば、かなり遠くまでキャスト出来る。
出来る限り遠くまで投げて、いろいろ探る。ココラへんでドカン!!と出そうなのだが・・・・何事もなくルアーは戻ってくる。

しばらく投げてもその後、音沙汰がないので一番最初にチェイスのあった島の東側に行ってみる。
だんだん潮が満ちてきたせいか、波が足元まで洗うようになっている。まるで荒れた磯でヒラスズキを狙ってるみたいな(苦笑)
相変わらず横風が強いので、少しでも投げ易いように、シマノのストロングアサシンにチェンジ。
ワイヤー貫通方式の強度優先のミノーである。AR-Cシステム搭載なので、飛距離も出るとか?
試しに投げてみると、、、、を、確かに先程のルアーよりも飛んでいく。
水面直下をリトリーブすると、ワラワラッと3匹ほどの魚がチェイス!!
かなりヤル気満々。
さらに投げる。また追ってきて足元でカッツーンと当たったが一瞬でバレた。
さらに投げる。足元まで数匹の影がアサシンに肉薄する。一瞬、ストップを入れて小刻みにシェイクしてみると、、ついにゴーーン!!とヒット!

足元は波とウネリでサラシが出来ているの魚の姿は見えないが、そのサラシの下で、真っ直ぐ下へ潜ろうとしている。
思ったよりデカい?? ロッドでためて引きをこらえていたら、あっさり浮いてきた。
引きの強さほどには魚は大きくないので、ゴボウ抜きすると、30cmほどのフエダイの類であった。
ひょ~~っ、やっと釣れたか。これでセブ島の丸ボーズは逃れたかな。
f0100885_22435744.jpg

とりあえず獲物を皆に見せに行く。
他の人達は釣りはよく知らないので、こんな小物でも大層驚いたりしてくれる(苦笑)
釣った魚は、、、どうしよう。
そうだ、この島の常駐?管理人の人にあげよう。
という事で貰ってもらいました。
f0100885_22441976.jpg

あの群れの様子から、まだまだ釣れそうだな~と思ったが、1匹釣った後に時間をおきすぎたせいか、その後は全く無反応・・・・

昼食休憩を挟んで、いろいろとポジションを少しづつ変えていろいろ探ってみるも、反応ナシ。
とにかく風と波が強くて強くて、風下方向以外には全然飛ばない。
さらに潮が満ちてきたせいか、足元までサブンザブンと波が洗う。
こりゃアカンわ~~~~
f0100885_22444065.jpg

釣りはもう止め。
折角来たのだからシュノーケルをやろう。
スタッフの一人に 「Fishing Finish、Next スノーケル」と伝えるといそいそと準備を始めて海に潜りだした。どうやら付いて来い、という事らしい。
波とカレントがガンガンに効いているので流されはしないかと、やや不安になりながらも付いていくと、岸から30mほどの所で、ドーーーンと落ち込むドロップオフ。
もちろん底なんて見えない。群青の海に吸い込まれていく。
ドロップオフまで行くと、そこそこ魚は多いが、回遊魚系が皆無。珊瑚もほとんどないしねえ。
道理でどれだけルアーを投げても反応が乏しい訳だ。ルアーに反応しそうな魚が殆ど居ない。居ない魚は釣れんわなぁ(^^;;

その周辺で30分ほどシュノーケルで遊んで、岸に戻ろうとしたが、これまた凄いアゲンストのカレント。下手すると沖に流されかねない。
ちょっと真剣にフィンを蹴る。でも、なかなか進まない。しかし少し左にずれるとカレントは急に弱くなった。
ピンポイントで沖に向かうカレントが非常に強い潮の通り道があるのだな。
なんとか無事に岸まで辿り着きました。

さて、そろそろ帰りの時間となりました。
船は島を後にして走り出す。
風やウネリが逆方向なので、追い波となりピッチングもそんなに酷くなく、往路よりは順調に船は走る。

シュノーケルを案内してくれたガイドが話しかけてくる。

「この辺りの海ではバラクーダは釣れる。一番デカいのは20kgだ。今まで釣った魚で最大は?」

そこでこう答えた。

「My max record fish 41kg in OKINAWA」

「Wooo~~~」 と呟いて、そのガイドは魚のサイズの話しはしてこなくなった(笑) ハッハッハ。ト゛ータ゛マイッタカ(^^)v

でも、このガイドは20kgや41kgという数字がどれほどの価値があるのか判っているようだったので、フィリピンの片田舎でも、価値観が共有できる人間が居たことはちょっと嬉しかった。
その後、このガイドとはサイズ以外の魚の話や海の話で少し話題が盛り上がったのでした。

15時過ぎにリゾートに戻る。
アイランドホッピングの間、ずーっと曇天たまに雨がパラパラ降ってたようだが、リゾート周辺はもっと降っていたみたいで、あちこちズブ濡れ。
波と風に悩まされたアイランドホッピングであったが、リゾートに留まっているよりは、マシだったようだ。

コテージに戻り、軽くシャワーを浴びて、夕食の時間までまだ少しあるので、少しブラブラとリゾート内を散策。
ビリヤードがあったので、そこで小一時間ほど遊び、友人夫妻と夕食を食べた後、それぞれのコテージに戻って次の日に備えるのでした。
f0100885_22451385.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2013-01-15 22:39 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/18607153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Churin at 2013-02-20 22:06 x
おー、釣れてる釣れてる。(^^)

波と強風では仕方ないですが、もうちょっと釣れると良かったですね。
Commented by しえら at 2013-02-21 21:12 x
荒れてなければ、そこそこ釣れそうだったんですけどね>Churinさん
お天気には勝てません(^^;;;;
1月は乾期だと思ってたのだけど、そうじゃなかったのがそもそもの誤算でした。
<< 1/16 セブ島・その4 1/14 セブ島・その2(アレ... >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism