2/23~2/25 北海道・札幌
たまたま、札幌ステイ2泊3日の割安ツアーがあったので、行ってきました。

札幌に行って帰ってくるだけではツマラナイので、スキー一式を持って、札幌から日帰りできるスキー場をレンタカーで回ってきます。

2/23 朝、セントレアへ
未明の雨で車のフロントガラスがびっしり凍りつき、ちょいと出発が遅れて焦りましたが、なんとか1時間前の7時ちょい前にはセントレア到着。
あちこちへ出発する客でゴッタ返しております。
預け入れ荷物の受付でかなり並んでおり、やっと自分たちの順番がやってきて預け入れ。
総重量39kg、、、、ギリギリやん。かなり荷物は絞り込んだつもりでしたが今回もギリギリでした。
そして預け入れ完了した頃にはもう出発20分前。
早く保安ゲートを通過しないと、、、、ゆっくりする間もなく慌ただしく保安ゲートに行きます。
国内線と言えども、2時間くらい前に到着しておかないとイカンですな~

今回搭乗するのはANA。
定刻通り、7:40に出発。
巡航に入ったかと思ったら、すぐに降下開始のアナウンス。そして9:30には千歳着。
北海道はヒコーキで行けば近いわ、ほんとに(笑)
f0100885_22494988.jpg

預け入れの荷物を受け取って、レンタカーカウンターに行ってレンタカー会社まで送迎してもらいます。
レンタカー会社は沖縄ではお馴染みのOTS。いつの間にか、北海道にも進出してたのね。
そのOTSで今回借りるのは、最も安いSクラス。三菱のコルトでした。
コンパクトカー故にカーゴスペースが狭くて、持ってきたスキー板を積むには、後部座席を両方倒して、そのスペースに斜めに入れてギリギリ入りました(^^;;
当然、この時期の北海道のレンタカーなので4WD+スタッドレス。
タイヤ銘柄はBSのアイスパートナーとか言う、廉価版スタッドレス??でした。

受付を済ませ、コルトを走らせる。
今日の目的地は、サッポロテイネ。
札幌の手稲区にあるスキー場。市街地のすぐ近くにスキー場があるのですが、ほんと近い。
札樽道の手稲ICを降りて、山道をグルグルっと登ると、すぐに到着。
ゲレンデ上部に行けば、ビルが林立している札幌市街が見えます。
人口190万人の大都市のすぐ裏山がスキー場なんですよねえ。さすがは北海道と言った所か。
f0100885_2250217.jpg

11時過ぎに駐車場に到着し、昼食を挟んでスキー開始。
山頂まで行くと、確かに札幌市街がよく見える。夜に行けば、夜景を見ながらスキーが出来るなあ(札幌市街がよく見えるゲレンデにはナイター設備はないようだが)
f0100885_22505177.jpg


f0100885_22511830.jpg


4時間ほどスキーを楽しんだ後は、札幌市街に戻り、宿泊先のホテルへ向かいますが、夕方のラッシュとブツかり札幌市街はかなりの混雑。
ここ最近の大雪で殆どの道路がアイスバーンとなっていて、カチンコチン。
しかも、除雪した雪の置き場がないので路肩にうずたかく積まれたまま。その除雪した雪が車線に、はみ出していて、本来なら片側2車線あるはずの道路が1.5車線分しかありません(^^;;;
これが混雑に拍車をかけている模様。
f0100885_22514375.jpg

ホテルに向かう途中、偶然、今晩の食事する予定だった回転寿司トリトンの支店を発見!!
(元々行こうと思ってた支店とは別の店だが)
ホテルにチェックインする前に、食事をしよう、という事になり、早速駐車場へ・・・・うーん、停める場所がない(^^;;
午後5時過ぎなのに、すでに駐車場は満タン。
それなのに後から続々と車は入ってくる。停める場所がないので諦めて出て行く車もある。
2、3分ほど駐車場内で待っていると、たまたま用事を終えて出ていく車があったので、なんとか駐車できたが、当然店内もめっちゃ混雑。
30分ほど待ってようやく席に座れました。

約1年ぶりのトリトン。
ここは、レベルの高い北海道回転寿司の中でも、特に人気のチェーン店。
ファミリー層を中心に、大勢の客で賑わう。
北海道ならではの、ネタも多く、特に安いネタが美味しいね。
久々のトリトンだったので、鱈腹食って、2人分で約4000円も食べてしまった。

満腹になったので、ホテルに向かいます。

今回宿泊するホテルは、札幌グランドホテル。
ツアーでは数カ所、ホテルが選べたのですが、その中で割と安くて、でもホテル自体は老舗、と言う理由でこのホテルを選んだのですが、けっこう立派なシティホテルでした。
ツアーの値段が値段なので、そんなに部屋には期待してなかったのですが、どうやら上位グレードの部屋にアップグレードしてくれたみたいで、予想外に上質な部屋。
試しに、この部屋の正規の宿泊料金をホテルの公式HPで確認してみたら、ナント!!1泊のルームチャージが7万円!!
ひょ~~、正規料金だったら絶対に泊まらない(泊まれない)部屋でした(^^;;;
f0100885_22522283.jpg


ホテルの地下1階から、「札幌駅前通地下歩行空間」という地下通路に直接繋がっていてとても便利。
地下通路を歩いて、札幌駅や大通り公園、すすきのまでアクセスできるのは、このクソ寒い時期にはとっても良い。
この通路を使って札幌駅まで歩いて買い物したりしました。


翌24日は、朝7時には出発。
行き先はルスツリゾート。
北海道のスキーリゾートの中でも有数の規模を誇るとか。

出発の時から札幌市内はけっこうな雪が降り続き、ずーっと雪道でした。途中で道の真ん中に堂々とエゾシカが出没するし(笑)
f0100885_22524992.jpg

f0100885_2254051.jpg

噂に聞く中山峠をやや緊張しながら走って、9時すぎに無事にルスツ到着。
前日のテイネの一日券を提示すると、ルスツの一日券が半額になるのですよ。
これはどちらも同じ経営母体のグループ会社なので、テイネの一日券を持っていくと、ルスツの一日券が半額になる、そんな割引サービスがあるようです。

Mtイーストのゴンドラに乗って、Mtイーストの山頂へ。
そのままMtイゾラに移動して、今度はMtイゾラのゴンドラでMtイゾラの山頂へ。
北海道屈指の規模を誇るというルスツですが、確かに結構デカイ。
感覚的にはMtイースト+Mtイゾラで、志賀高原の焼額+奥志賀高原ぐらいの規模かな。
f0100885_22542558.jpg

ただ、山頂から山麓まで長いことは長いのだが、ひたすら均一な中斜面が延々と続くゲレンデ構成。
コース幅も十分広いし、北海道ならでは雪質なので滑り易いことは滑り易い。リフトもゴンドラにフード付きクワッドがあって輸送力も十分だけど。
でも、ちょっと何か物足りないな~。斜面変化が少ないことかな。やたら長い均一斜面を滑っていると、ちょっと飽きてくる(苦笑)
時折、非圧雪の急斜面上級者コースがありますが、この日は生憎、直前の降雪がなかったみたいで(札幌市内はあんなに降ってたのに)、パフパフの深雪は味わえず。
当然コース外には深雪が残ってますが、一応、コース外は立ち入り禁止。
(とか言いつつ、スキー場側も黙認状態なのか、大勢がロープをくぐってましたけどね~~)

ニセコの方が、斜面のバリエーション豊富だし、非圧雪斜面の多いので、ニセコの方が個人的には好みですね~

Mtイゾラの山頂までいくと、洞爺湖が見えます。
晴れていれば、その向こうの太平洋も見えるかも。

MtイゾラからMtイーストへ、そして連絡ゴンドラを使ってMtウェストも滑ってみる。
これで一応、主立ったコース、主立ったリフトには全て乗ったので、満足したかな。
午後3時すぎにルスツを後にします。

同じ道を通って、中山峠を越えて(峠の道の駅で名物の「あげいも」を食す。結構美味しかった)
札幌市内まで戻ってきましたが、どうやらこの日は札幌市内は雪が降ってたらしく(ルスツは曇天だったけど殆ど降らなかった)、行きの時より道路の雪が増えている(苦笑)
f0100885_22545220.jpg

あちこちで小渋滞が続くので、ナビでホテルまでの道を検索すると、勝手に渋滞路を回避するルートを選択してくれるみたいで、ナビの案内通りに走るとスンナリ走れました。
ナビ画面はちょっと見にくくて、操作もしづらいナビだったが、ルート案内だけは賢いナビのようです。

ホテルに戻り、夕食へ。
近くの居酒屋に行って特大ホッケに、ズワイ蟹タラバ蟹、アラ汁などを食らう。
2人で4000円程度。これが高いのか安いのか、、、多分、安いんだろうな。
f0100885_2255929.jpg



翌25日、最終日。

ゆっくりと朝食を済ませて、ホテルをチェックアウト。
今回は、なかなか良い部屋に泊まれたし、市街中心部にあるので、何かと便利だったので、ホテルに関しては良かったなあ。

前日の朝は大雪だったけど、この日はドピーカン。
まぁなんて言うかメリハリのある天気だことで(笑)
相変わらず渋滞気味の札幌市街を抜けて、高速に入り、この日目指すはキロロ。
f0100885_22553522.jpg

小樽の手前の朝里インターを降りて、20kmほど走ると、そこはキロロリゾートでした。
比較的新しいスノーリゾートなので、設備は申し分なし。
f0100885_2256543.jpg

山麓から山頂までゴンドラで一気にアクセス。ゴンドラ乗車時間は15分とやや長め。

このスキー場も、コース外は立ち入り禁止なんですけど、やっぱりロープくぐる人は多いですね。
ただ、スキー場側も頻繁にコース外は立ち入り禁止をアナウンスしていたので、黙認している訳ではないようですが。

1箇所だけ、非圧雪のパウダーゾーンという上級者限定のコースがあって、ここは膝上の新雪が楽しめました。
ニセコの一番良い時の雪質よりは、やや重目ですけど、割と軽快に板を回せる軽い雪質ですし、斜度も含めてパウダーの練習にはもってこいかな。
結局、このパウダーゾーンを何回も回して、3時間券を使い切りました。
f0100885_22562774.jpg

夕方の飛行機に乗り遅れる訳にはいかないので、早めに帰路へ。
朝里インターに戻る途中の道で猛吹雪になり、視界が30mもないほどにメチャメチャに降りましたが、こんな状況でも地元車は結構なスピードでカッ飛ばして行きます。

雪雲も局地的に降らせてはいましたが、高速道路は特に問題なく走れて、無事に千歳着。
レンタカー会社に向かい、レンタカーを返却しました。

ちなみにコルトの燃費は3日間で420kmほど走って、約25リッター。16.8km/リッター。
燃費に有利な小さな車ですけど、4WDで、雪道が大部分で、窓ガラスの曇り止めでエアコン入れっぱなしを考えると燃費が良いですな~~
ただし、このコルト、Aピラーが太くて、右コーナー進入時の視線上に、この太いAピラーが邪魔になって、困りました(^^;;
これ以外には、割と安っぽさは感じられなかったので良い車ではありました。

レンタカー会社に送迎してもらって千歳空港には出発の1時間半前には到着。
荷物を預けて身軽になった後は、ラーメンを食べたり、土産物を探したりして時間を潰し、予定通りにセントレア行きの飛行機は出発し、午後10時すぎにセントレアに着。
こうして、今回の札幌スキーツアー(グルメツアーとも言うか)は終わりました。

ニセコステイと違って、札幌ステイの方が割安で、かつ、アフタースキーは選択肢が一杯あるので良いですね~。
今回の宿泊したホテルも部屋も良かったし(正規料金だったら絶対に泊まれない部屋だ)
ただし、毎日スキー場の日帰りになるのが少し面倒。

札幌周辺には、1~2時間圏内にもスキー場はたくさんあるので便利ですので、レンタカーさえあれば色々なスキー場巡りが出来ます。雪質も良いし。
ただし、駐車場を一歩出た所から雪道、アイスバーンです。
例えばルスツ(片道80km弱)に行くには、オール下道で中山峠越え。そして全行程雪道。
本州のスキー場だったら、本格的な雪道はせいぜいスキー場の手前、10kmか20km。
場合によってはまったく雪がないままにスキー場に着いてしまう事もある。
それから考えると、距離は短いとは言え、全て雪道を走らねばならないのは、雪道運転に慣れている人でもけっこう神経使います。
地元車は、無謀な暴走してる車はいないけど、たとえ雪道でもアイスバーンでも、前方が空いていれば、すぐに抜きにかかってカッ飛ばす傾向が強いですな(苦笑)

これで今シーズンのスキーは終わりかな~~。あともう1回ぐらいあるかな~~

3月も間近ですし、そろそろ釣りにも本腰を入れないと。
[PR]
by sierra-outdoor | 2013-02-23 22:48 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/18703755
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 1/17 セブ島・その5 2/17 渓流カイキ~~~ン >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism