5/19 渇水
5月に入って、雨が殆ど降らず渇水状態。
前回釣行時には、タイミングよく雨は降ったけど、降水量自体がさほどでもなく、1日か2日だけ水位が平水に戻った程度で、その後も渇水傾向が続く。

ド渇水が判っていたので、早朝から入っても大した結果は得られないだろうなぁ、と思って、ゆっくり起きて、やや遅めの9時に現着。
天気予報ではこの日は曇りから雨の予報だが、この時点では薄曇りで薄日も射している。
ほんとに雨降るのかな?
一応、この日は、午後に雨の降り出しと供にジアイが到来すると見込んで、出発を遅らせたのだが。。。。

現地はかなりの渇水。1週間前よりも30cmは水位が下がっているだろう。
苔もヌルヌルだし~(苦笑)

もう朝イチの時間帯も過ぎているので、一通り各ポイントは先行者が入った後だろう。
NGR本流を遡りながら、川の様子と先行者の入り具合を確認。
最初想定していた第一ポイントと第二ポイントは、やはり先行者あり。
だいたいココゾ!という核心ポイントは誰かしら釣り師の姿あり。

車を走らせながら、今まで入ったことがなかった区間に、一人も入っていないのを確認して、そこへ入ってみよう。
川へ降りると、渇水による水位の低下でもともと平瀬だった場所が水位の低いチャラ瀬になってる・・・
これはちとルアーを通すには辛いな。
さらに、居なかった筈の釣り師が上流下流ともに現れて、挟まれてしまったので、釣れそうにないし移動。

どのみちこの時間帯はあまり期待できないので、新規ポイント開拓を兼ねて、初めて入る場所へ移動。
深瀬とガンガン瀬が連続する場所。水位が回復したら、悪くなさそうだ。
時間帯的にも、太陽も射しているし、この水量と流れではミノーへの反応も悪そうだ。
ここでスプーンを試してみよう。
瀬の流れをスプーンをナチュラル気味に流して、最後はU字ターンで誘う釣り方にしてみると、この日最初のバイト。
しかし、折からの下流方向からの風でPEラインがフケまくるので、水面直下を小型スプーンをナチュラルに流す、この釣りではフッキングが難しくてバレてしまう・・・
それでも、スプーンを流していくこのパターンぐらいしか、この状況では考えつかないので、そのまま続行すると、岩と岩に囲まれた狭い流れの筋にスプーンを流すと、またヒット!!
こんどはしっかりフッキングできた。
17cmくらいの可愛いアマゴちゃん。
本流の釣りとしてはほぼミニマムサイズであるが、この日の状況で、この場所ではこのくらいのサイズしか出ないだろうなぁという事で納得。
とりあえずボーズ回避と、スプーン・パターンならば何とか釣れそうだ、という感触を得たので、スプーンをメインに釣りを行う。

次のポイントは、いつもミノーでは釣れていない場所だが、スプーンではどうだろう。
瀬の中をスプーンで探っていくと、バイト!!
しかし、これは下流方向からの風による糸フケでうまくアワセられずにバレた・・・・
その後も1歩づつ瀬の中を小刻みに探りながら釣り下る。

エサ釣りの人が後から入ってきた。こんな狭い場所に先行者が居るのに後から入ってくるのかョ、、と思ったけど、ちゃんと挨拶してくれて、邪魔にならない場所で釣らせてほしい、というので快く了承する。
その後ももう1匹、バイトしたが足元でバレた。。。この釣りはフッキングが難しいな。
エリア用ロッドとナイロンラインでないと難しいかも。

次のポイントへ移動。
移動直後に、地元のおじさんが「釣れるか?」と聞いてきた。
「ダメですね~」と答える。
「水が少ないでな、難しいよな。でもこの上流の○○では、昨日、毛ばりで大きいの釣ってたぞ」などと教えてくれた。

川底がヌルヌルなので、それまでアクアステルスのブーツだったのを、ビブラムソールのブーツに変更する。
ビブラムの方が多少は食いつきが良いが、それでもヌルヌルは滑るので注意しながら歩く(^^;;;

対岸の木陰になったエグレの部分に魚は付いているだろう、と対岸ギリギリに投げるものの反応なし・・・
次に早瀬の向こう側の僅かな緩流帯を狙ってスプーンを流し込むと、ヒット!!
なんとか釣れたのは20cm弱のアマゴ。
今日のこの状況ではこのパターンでしか釣れんかもなぁ。

次におじさんが教えてくれた○○に行ってみたが、やはりこの状況では釣れそうもない・・・・
アカンな~~と車に引き返す途中、ポツ、ポツと待望の雨が降ってきた。

よしよし、やっと降ってきたか。
この雨の降り出すタイミングで魚にスイッチが入るはず。
本命ポイントはそのタイミングで入ることにして、今まで探った事がない場所へ移動。

こちらの区間川沿いに道路が走っていて探りやすいせいか、釣り人が多い・・・・
先行者の居ない場所を探して、やっと良さそうな区間を見つけた。
下流方向、200mは人が居ないことを確認して、ポイントに入る。

目の前のピンスポットにミノーを通すと、ギラッと光る。
魚が反応してきた。あの色からすると、イワナか・・・・
もう一度、、、するとゴン!!と一発回答。
やはりイワナでした(24cm)
同じ場所で、またヒットしてきたが、これはバレた。しかし、急に反応が良くなったぞ。
次のピンスポットでも足元まで果敢に追ってくる。ぎりぎりで食わせたがバレた~~
同じ場所へ、、、すると、ピックアップ寸前に横からまた別の魚が飛び出してきた。
これもバレた~~~(^^;;; でも、この活性の入り方は、いよいよジアイ到来か?
瀬の真ん中にミノーを通すと、ゴゴン!!よーっし、いいぞやっと釣れ始めた。
サイズは21cmほどだが、ぷっくり太ってなかなか良いコンディションのアマゴ。
f0100885_23205075.jpg

まだまだポイントは続くし、これは釣れるナ・・・・と思って、目の前の岩影を乗り越えたら、、、なんと目の前50mほどに別の釣り師の姿が・・・・
あれ~~?? ついさっきまで見える限り人は居なかった筈なのに。。。。
しかも足早に自分が探ろうと思っていた下流方向に釣りながら下っていく。ルアーアングラーじゃん。
おっかしいなぁ、入渓前に人も車も近くには無いことを確認したのに、何処から・・・???
と思いつつも仕方ないので、車に戻るべく道路に上がると、ナント!!自分の車のすぐ横に、それまで停まっていなかった別の車が!!
ちょっと待て、こいつ、先行者が居るのを判ってて、たった数10m先に頭ハネしたな!!

川の様子が見えないなどで先行者に気付かずに入ってポイントがバッティングしてしまったのであれば、お互い様なので許すが、これは先行者がすぐ近くに居るのを判ってて確信犯で頭ハネしたな。
車が停まっているので、近くの釣り人が居るのは判る筈。
さらに、道路からすぐ見下ろせば、何処に先行者が居るのか簡単に判る場所なので、先行者がどちらに移動しながら釣って移動しているのかは判る筈。
そもそも、すぐ近くで釣っているのだから道路から一声かけてくれればいいのだが。

いくらなんでもこれは悪質かつ確信犯なので、追いかけて一言言ってやろうかと思ったが、何か言われるのを勘づいているのか、釣りながらも足早にどんどん下っていく。
ここが本命ポイントでもないので、こんな事で時間取られるのも困る。
まぁ、気を取り直して移動することにした。

しかし、、、名古屋ナンバーのルアーアングラーよ、最低限の渓流釣りのマナーは守ろうよ。
同じルアーを志す者として恥ずかしい。
せめて、彼が同じような行為を繰り返して他の釣り師と衝突しない事を祈るのみだ。




雨がやや強くなってきた。
温存していた本命ポイントへ急ぐ。
どうか、ココは誰も居ませんように・・・・・ 到着すると、軽トラが1台停まっているが、運転席に座ってる人は、地元の人らしく釣りの格好でもないし道具も持ってないので、釣り人ではなさそう。
川を見渡しても見える限り誰も居ないので、大丈夫だな。

核心ポイントのすぐ横からチェックすると、B級スポットにも関わらず、いきなりヒット。
幅広の22cmクラスのアマゴ。
いいねぇ、いよいよ狙っていたジアイ到来だ・・・・
f0100885_23211161.jpg


と思ったのですが、その後沈黙・・・
核心ポイントは、渇水による水位低下でよろしくない。
当然魚からの反応もナシ・・・・

次の第二本命へ。。。。。ここは先行者アリ。あかん、移動だ。

第三本命は誰も居なかったけど、やはり渇水で流れが淀み気味で釣れる気配ナッシング。

さらに移動。
第四本命へ。。。ここが一番の期待のポイントだが・・・・・
あちゃ~~~あかん、先行者アリだ。一番良いと思われる夕刻の降雨開始のタイミングを計算していたが、一歩及ばず(^^;;;
止むを得ず、少し離れた場所に入ってはみたものの、釣れない。
さらに、流芯で微かに反応があり、小さい魚がヒットした。。。。チビアマゴかな。。。いや、オイカワじゃん。
スピナーでは過去にオイカワを釣ったことがあったが、ミノーで釣ったのは初めて。
あの流れの真ん中で、本来ならアマゴが定位していなければいけない場所なのに、オイカワがヒットしたという事は、渇水で魚の付き場が変化したのだろう。
こりゃあきませんわ~~。

ここでゲームオーバー。終了としました。

渇水の影響で釣りが難しいのは最初から判っていたので、あまり期待はしていなかったものの、午後からの降雨の瞬間のタイミングを狙っていましたが、降雨が始まった最初の時間帯はそこそこ反応が良かったものの、その後の本命ポイントでは、午前中の先行者のプレッシャーか、はたまた水位低下で魚の付き場が変化したためか、何もドラマは起きず・・・・
収穫は、渇水+昼間でもスプーンのパターンを使えばなんとか釣りになる事が判ったぐらいか(ただし釣れるサイズは小さい)

この日の降水も、30mmほどで終わってしまったので、渇水解消にはほど遠く。
まとまった雨が降って、川底のヌルヌルも飛ばしてしまうくらいに、川を一度リセットして欲しいですね。
[PR]
by sierra-outdoor | 2013-05-19 23:20 | 渓流釣り | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/19540566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Churin at 2013-05-25 22:21 x
長良川も渇水が酷いようですね。
早く一雨来ないかな~。
Commented by しえら at 2013-05-27 23:32 x
今年の5月はホント雨が降らんですよ>Churinさん
本当なら、渓流の最盛期のハズなのに、この渇水で釣れなくなってるし。
今週あたりから梅雨っぽくなるので、その雨に期待するしかないですねえ。
<< 沖縄遠征 2013 5/11 雨の一日 >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism