6/1 梅雨入り
少し前に東海地方も梅雨入り・・・・したのだけど、梅雨入り宣言直後はそれなりに降ったものの、その後全く降らず。
川の水位も、少しだけ上昇したけれど、その前までカラッカラに乾いていたせいもあり、さほど水位も戻らずに未だ平水以下・・・・

しかし、6月に入り、そろそろ大型のアマゴが姿を現す頃だし、アユ解禁もカウントダウン状態。
今行かなくていつ行くの?という訳で早朝からGood-Jooへ出撃。

早朝の4時半すぎに現地に到着。
この時期は夜が明けるのが早くて、この時間でも、もうすっかり明るくなっており、既に目ぼしいポイントは竿を出していたり、今まさに入ろうとしている先行者の姿アリ。
少し焦りながら目当てのポイントへ・・・・・ ホッ、ここはまだ誰も入っていない。
なんとかポイント一番乗りを果たして、川へと降ります。

川の水位は前回よりはマシだが、GW前後の頃よりは20cmは低い。
クロスキャストしながら、探って行くと、、、、ゴン!!とヒット。
よしよし、最初のポイントでヒットしたのは幸先がヨイぞ。上がってきたのは本流育ちらしく幅広の24cm前後のアマゴ。NGR本流としてはこの時期の標準サイズかな。
f0100885_22124558.jpg

釣れたアマゴをリリースして、キャスト続行。
ミノーが手前の浅瀬まで戻ってきて、ふと見るとミノーのすぐ後ろに真っ黒い巨大な影・・・
うわっ、ヤバっ、と思った瞬間にドスンと重々しくヒット。
あっちゃーー、やってもうた(^^;;; これはコイ科だ。
場を荒らしたくないので流れに戻ろうとする魚を強引に停めにかかる。
何度か流れに走ろうとするのをバットで耐えて浅瀬に引き留める。
バレちゃってもいいのだけど、コイ科の魚は唇がブ厚く柔らかいので一旦フッキングすると簡単には外れないのよね(^^;; (外れて欲しくないトラウトは、簡単に外れるのに・・・)
かと言って、このミノーは当りミノーなのでロストもしたくない。
時間かけて弱るまで待つのも時間のムダ。。。。結局強引に寄せてリリースしました。(釣れたのは60クラスのニー様)

結局、このポイントではこれっきり。
この場所は春は割と魚が溜まっていた場所だが、水位が低いので他へ移動しちゃったかな。

まァ、まだ時刻は5時だし、他へ回りますか~~とラン&ガンをかけますが、その後、どのポイントにも先行者が入っていて、何処にも入れませ~~~ん状態(苦笑)
朝5時を回ったばかりだというのにこの混雑。まったく・・・(^^;;;;

本命ポイントと目していた場所も当然先行者あり。
あかんやん、もうどこもかしこも誰かしら入っている。
朝イチの一番乗りポイントで粘らないとダメなのか・・・・・
やむを得ず、前回の釣行時に見つけた、B級ポイントへ急ぐ。
よかった、ここはまだ誰も入っていない。

最近の渇水で川底はヌルヌルではあるが、先日、新調したシムスのウェーディングシューズ、G4ガイドブーツのビブラムソールをこの日は持ってきた。
新しいソールだからエッジ効果が効くせいか、まぁまぁグリップは良いです。
さすがにシムスのシューズの中でもトップクラスのガイドブーツ、大変重厚で頑丈です。
しかし頑丈過ぎて、ちょっと重いかも・・・
(これまで履いていた同じシムス・ビブラムソールのヘッドウォーターシューズは軽量・軽快だったけど、その分耐久性に難があり、ヘタってしまった)
f0100885_22135587.jpg


膝下までウェーディングしながら対岸のブッシュぎりぎりにミノーを打ち込んでいきますが反応ナシ。
流れはイイ感じなのだが、水位が低いのが災いしているのか、それとも人気のないポイントなので魚が薄いのかな・・・
この区間でもっとも期待できる大岩が流心に沈んでいるピンスポットに到達。
ここで釣れなきゃ魚はおらん!!的な場所。
ミノーを沈んだ大岩ぎりぎりに通すと、岩を過ぎたあたりでゴン!!
よしよし、狙い通りだ。サイズも悪くなさそう、、、、でも、魚の色合いが茶色っぽい・・・
そう、イワナちゃんでした。サイズは29cmなので悪くはないのだが、今日はこのサイズのアマゴを狙っているので。
f0100885_22143595.jpg


また移動ですが・・・・
A級ポイントは誰かが既に入っているのでB級ポイントへ向かいますが、B級すら人が入っている(^^;;;
だめダァ~、どこもかしこも先行者。もう先行者無しのポイントは存在しないかも???
って事で、先行者の後追いしか手段がなくなり、ダメ元で本命A級ポイントへ移動。
朝イチの先行者の車がまだ停まっている(^^;;;; 粘るねぇ。
先行者後追いでチェックして行きますが、さきほどまで竿を出していた場所なので、さすがに反応しない。

まだ午前中だが、既に残されたポイント(先行者なし)は無さそう。。。
今後のために、今シーズンは殆ど入ったことのなかった区間の偵察にでも行くかナ・・・・

去年は何度も通った場所だが、今年は1回ぐらいしか入ったことのなかったポイントへ向かう。
ココは、比較的穴場的な場所なので、ひょっとすると誰も入っていないかも。。。との淡い期待を持って行ってみると、どうやら誰も入っていないらしい。
個人的にはあまり実績は無い場所だけど、他の場所は人だらけだし、やってみますか。

それなりの大場所なので、メインタックルの6.4フィートから7フィートにタックルチェンジ。
ミノーも、7cmまで大きくする。

押しが強い流れが続き、淵と瀬が交互に現れる場所。
キャストして2、3投したら少し移動、を繰り返して、この区間最上流ポイントへ差しかかる。
流れの速い、岩がゴロゴロと沈んでいる瀬から淵へと繋がるポイント。
淵の部分を探ってみるが、無反応・・・・
瀬をダウンクロスで探ってみるがやはり無反応・・・・・
それでは、、、、とアップクロスの位置からアプローチ。
アップクロスなので、流速に負けないように素早くリトリーブしながらやや強めにトゥイッチ。
目の前をミノーがトゥイッチしながら通過して、ダウンクロスの位置へ、、そのすぐ後ろ、ミノーをチェイスする魚影!!
デカイっ!!
かなりデカイぞ!!

チェイスする魚を視認して、臨戦モードへ身構える。
魚の背中が褐色っぽく見えたので、イワナか???・・・・と、この時は思った。
ミノーがU字ターンした辺りで、魚は右に左にクロスしながら執拗に追う。
これは食う、食わせられる。
ミノーを小刻みにトゥイッチ、そして、一瞬だけ停めの間を作ると、、、
バクッと魚がバイト!!

よしっ!!食った!!

バイトを確認して直後にアワセる。
魚はイヤイヤをしながらヘッドシェイク、そして激しくローリング。
と、ドラグがジジジーーーーーと鳴り出す。いかん、ちょっとドラグが緩すぎだ。
ドラグを調整しつつ、寄せにかかる。
流芯より手前で食わせたことと、タックルのパワーがサツキ対応なので、ドタバタと暴れ回る魚ではあったが、流芯に入られる前にパワーで圧倒して寄せることが出来た。
ええい、このまま抜いてしまえ、と思い切ってゴボウ抜き。

ふ~~、なんとかサイズの良いのが捕れた~~

って、ブチ抜くまでイワナだと思っていたら、、、この体型とこの色、アマゴじゃん!!
イワナだと思いこんでいたので、ちょっと予想外だったが、これはラッキー。
本流育ちらしく、太くてコンディションはとても良いアマゴだ。
パーマークははっきりしてるので、いわゆるモドリとか、サボリなどでもないし。
f0100885_2219111.jpg

水辺の水溜まりに魚を活かして、メジャーで計る。。。。
32cm!!
体高の幅が太かったので34~35はあるかと思ったけど、少し長さが短かったかな。
でも、いいや、尺上には違いないし(笑)
f0100885_22193312.jpg

写真を撮り、弱らないうちに流れに返してあげる。
リリースした瞬間に、アマゴは流れの中に消えて行った・・・・

この尺クラスのアマゴを狙って、この日は釣りに来たのだが、正直釣れるとは思わなかった。
期待の雨も大して降らなかったし、やたらと釣り人が多くてプレッシャーは大変高かったし、朝イチのモニーングバイトの時間帯は既に過ぎていたし。
まぁ尺上の可能性はあるカモなぁ的にやっていたのだが、釣れてしまう時は釣れるもんですねえ。
ちなみにNGR水系では初の尺上アマゴである。

余韻に浸りつつも、釣り再開。
このポイントの規模なら、まだ魚は居るハズ。
さっきと同じアプローチで、アップクロスにキャスト。
強い流れを斜めに横切るように連続トゥイッチ。
すると・・・・

またまたミノーの直後を追う影!!
チェイスだっ!!

先程と同じく食わせのトゥイッチを入れるとためらわずバコン!!と食った。
よっしゃー、また来たーーーっ!!

先程のファイトの時にドラグは締めていたので、今度はドラグは鳴らずに、タックルパワーにモノを言わせて強引に寄せる。
そして間髪いれずにゴボウ抜き~~~

をぉ~~また出た出た。今度もサイズは悪くない。先程よりは若干小さめだが、これも尺あるぞ。
メジャーを当てるとギリギリ尺に届く30.5cm。
尺上アマゴが2連発。いいね~~。このクラスが連発するのは2年前の6月以来(この時は1匹目は釣れたが、2匹目はランディング直前でポロリだった)
激戦区のNGRですが、居る所には居るもんですねえ。
f0100885_22202715.jpg

今までは、チェイスはするけど、最後の最後で食わせられずに魚はUターン。というのが恒例のパターンだったんですが、今回は食わせることが出来た。
最初に視認した時の背中の褐色を見てイワナだと思い込んだので、多少は気持ちの余裕が出来たのが幸いしたかも知れない?(尺イワナなら今季も何本か釣ってるので焦りもないし)
さらに、今季の春先から食わせのトゥイッチの間に、一瞬だけラインスラックをわざと作ってバイトの"間"を取るようにしたら、心なしかバイト率が上がったなぁと思っていたので、それを無意識にも出来たのが良かったのかも。
(今までは大型魚のチェイスを視認すると、頭ン中がテンパって、バイトを誘おうと焦るあまりに、トゥイッチング動作に余裕がなく、ひたすらラインが張ったままだった)

このあと、ひたすら似たような大場所だけに絞ってアプローチして行くが、さすがに3匹目はムリ(苦笑)
サツキが遡ってきているだろう、エリアに差しかかると、異様に釣り人が多くなる。
すでに真っ昼間の時間帯だが、まだまだ釣り人はいますねえ。
さらに、名物のカヌー下りやラフティングの団体さんも多いので、もう釣りが出来る状況ではない。
尺上2本釣れたことだし。早めにお昼すぎに終了~~~




今年はNGR水系で尺上アマゴを1本でいいから釣る、というのを目標に通ってきたが、年券で通い始めて2シーズン目、ようやく釣ることが出来た。
ただし、たまたま良いポイントに偶然入れたことが幸運を呼んだが、このポイントに入っていなければ朝イチの2匹だけの貧果に終わっていたのは間違いないので、この釣果も紙一重。

でも、居る所には居る、というのが確認できた訳で、多少のリスクを背負っても大型狙いには、そのような場所を強気で攻める必要があるなぁと再認識した次第でした。

アユ解禁を目前に控えて、ようやく尺の季節が巡ってきました。
アユが解禁すると今まで以上に、場所と時間の制約が厳しくなるけれど、尺上の砲弾型アマゴは魅力があるので、もう少し頑張ってみますか。
[PR]
by sierra-outdoor | 2013-06-01 22:12 | 渓流釣り | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/19732532
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by はなひろ at 2013-06-05 12:58 x
激戦区の長良本流で尺連発!!
凄過ぎ・・・。自慢しまくっても良いと思いますよ。
私も長良に長年通ってますが、尺連発は経験したことがありません。
解禁から長良に通い続け、流れに馴染んだ証ではないでしょうか?
おめでとうございます。
いよいよ、日曜日に鮎か解禁しますね。
益々、近くて遠い川になってしまいます。
Commented by しえら at 2013-06-05 19:51 x
今回は、単に運が良かっただけだと思います(笑)>はなひろさん
たまたま、活性の高い尺が2本、そのポイントを泳いでいただけではないかと。
それを証拠に、それ以外はパッとしなかったので(^^;;;
アユ解禁しちゃうとさらにキツくなりますね~~
でも、アユが解禁するから大アマゴが釣れるんダ、とおっしゃる方もいるので、7月も勝負月間になりそうです。
Commented by Churin at 2013-06-05 22:35 x
おー、尺上連発とは凄い!
これまで通った甲斐がありましたね。(^^)
ニゴイが釣れると良い事があるのかも?
Commented by いち at 2013-06-05 23:55 x
な~~んか、イラッとするなぁ(笑)


これで今年は思い残すことは無いですよね(笑)

そろそろまた温泉リバーの下流、行きたくなってきた…
Commented by おおはし at 2013-06-06 13:05 x
ひょー立派なアマゴですねー(@@
寸もですが体高がすごい。
Commented by アイ at 2013-06-06 17:29 x
お見事!! としか言いようがありませんね。
おめでとうございました。
あの激戦区で尺2本とは・・凄い!
良い刺激をありがとうございました。
Commented by JYI at 2013-06-06 22:09 x
これは一本どころか二本やられちゃいましたね!
お見事です。
はなひろ君や、アイちゃんの様に、長良をとことん知っている方々が
褒めているんだから、素直に喜ぶべきです!(笑)

あの日は運良く自分も出てたので良かったものの、
あのスパムは強烈でした。(^^;
Commented by しえら at 2013-06-06 22:35 x
そうかぁ~ニー様が幸運の女神なんスかね?>Churinさん
確かに、5月上旬の時も、ニー様とのファイトの後に、良型が釣れているし、今回も・・・・
それぢゃ、何はともあれニー様を釣って、幸運を呼び寄せないといけないですな(笑)
Commented by しえら at 2013-06-06 22:37 x
まだまだ思い残しや未練はあります(笑)>いちさん
今回は、ほんと運だけでした。たまたま偶然に入ったポイントにこれらの魚が居ただけですので・・・・
温泉リバーとはG川かな?あそこの下流部もデカいパー君が出るという噂なので、確かにこれから狙い目ですね。
Commented by しえら at 2013-06-06 22:38 x
ありがとうございます>おおはしさん
この川の本流で釣れる、20半ばより大きいアマゴの大部分は、こんな幅広な体高です。あの流れの中で鍛えられるのでしょうね。
Commented by しえら at 2013-06-06 22:40 x
アイさんにそう言われると、素直に嬉しいですね~~
今回は偶然の賜物ではありますが、通った甲斐がありました。
また、あの流れの中でぜひご一緒しましょう。
Commented by しえら at 2013-06-06 22:42 x
JYIさんほどの人からも、そう言って頂けるとは有り難いです(^^)
釣れるまでは苦しんでも、釣れる時は呆気なく、釣れてしまうもんですね。まぁ釣りってそういうモノですけども。
これからが正念場。アユ解禁と共にダメダメになるのがいつものパターンなので、アユ解禁後に実力が発揮できるJYIさんのような釣りが出来るといいですが。
<< ピンウィール 沖縄遠征 2013 >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism