8/3 信州プチ遠征
今年最初?の信州プチ遠征です。
今回もChurinさんと一緒に、未明の中央高速を走ってトラウト天国?信州の地へと向かいます。
#なぜトラウト天国かと言うと、アユが放流されていない河川(漁協)があるからです。

夜が明ける頃に現着。
コンビニで朝食と日釣券を購入して狙いのポイントへと赴きます。

とりあえず目指すポイントには一番乗り?
やや濁った流れに向かってキャスト。
最初に狙ったスポットでは不発。そのまま釣り下ったChurinさんの後を追いかけます。
それまで使っていたアユカラーの6cmではアピール不足かと思って、7cmのチャートバックに変更。
すると、少し下流の淵の中心でゴン!!とバイトが。しかしフッキングせず。
引き続きキャストしていくと、淵尻で何やら小さな魚がチェイス。
水が濁っているので、かなり近くまでミノーが寄って来ないとチェイスしている事すら判らない。
その後もショートバイトが出ますが、フッキングしない~~~
という訳で、5cmミノーにチェンジ。カラーはアピール系がないので、赤金を投げる。
すると一発でヒット!!
釣れたのは20cmあるかないかのチビブラウン。

その後も同サイズのチビブラウンがポツポツとヒットしたりバレたり。
Churinさんも同様のようで、魚の反応はあるけどサイズが金太郎飴の如く、20cm以下ばかり。

とりあえず二人とも丸ボーズは無くなった、という事で、サイズUPを目指して移動。

移動途中に、地元大物ハンターのケンケンさんからメール着信。
どうやら近くで釣りしてる模様なので、ケンケンさんが入っているだろう周辺に我々も入ります。
ケンケンさんを探して、周辺を探しました見当たらず。。。
少し下流に釣り歩いたChurinさんを追いかけていくと、別のエサ釣り師の人達が少し離れた場所に入っているのを確認し、この場を後にします。

さらに次のポイントへ。
ここは、いつも安定して反応のあるポイントなのですが、ナゼかこの日は不発・・・
仕方ない、さらに移動します。
朝マズメの時間帯を過ぎて、そろそろ厳しくなる時間帯。ただ、ドピーカンの天気予報とは裏腹に朝からどんより雲が垂れ込めているのであまり暑くないのが幸い。

次のポイントに向かいます。ここは激戦区なので誰か入っているかも・・・と思ったのですが、幸いにも釣り人の姿はなし。
まぁ、きっと朝イチに誰か入った後だとは思うのですが(^^;;;

少しづつ歩きながら探りつつ、ポイントの核心部分に差しかかります。
上流側に私が入り、少し離れた下流側にChurinさんが入ります。
対岸寄りの流芯にミノーをキャストするとすぐに反応が・・・・しかし釣れてくるのは相変わらずチビブラ。
ふと下流側のChurinさんを見るとロッドが大きく曲がっている。。。。
後ずさりしながら寄せて無事にランディング。
それを見て、魚は30半ばか40を少し切るぐらいのブラウンかな、、、とその時は思った。
と言うか、そのサイズの魚ならほぼ95%ブラウンの筈なので・・・・・
フックを外しているChurinさんに近寄って、まぁまぁサイズのブラウンが出たねぇ、、と声をかけようと、ネットの中の魚を見ると・・・・あれ?ブラウンじゃない、、その模様は、、、ヤマメじゃん!!
ハッと一瞬我に帰ってもう一度そのヤマメを見る。

なんと!ヤマメ!?

ヤマメだったなら、めっちゃデカイやん、その魚。
体高もあるし太いし。素晴らしいヤマメだ。
って言うか、この川でこんなサイズのヤマメが出るなんて想定外。
f0100885_2220239.jpg

メジャーで計ってみると34cm。もっとデカイ(37~8)と思ったが、頭部がデカくてイカつかったのでそう見えたのかな。でも、でも立派なヤマメだ。スゴーーイ。ブラウン天国のこの川でこんなヤマメを釣り上げたChurinさんに拍手!!

この絶妙のタイミングでケンケンさん登場。
ケンケンさんも交えて、尺上ヤマメを鑑賞する。うんうん、すごいヤマメだ。
ダムから遡上の魚は殆ど居ない川なので、このサイズは河川型ヤマメとしてはかなり大きい。
この川で育った居着きの個体か、もしくは下流の大河川本流から差してきた個体だろうか。

こんなヤマメがこの川にも居たんですねぇ~と私が言うと
ケンケンさん曰く「時々出るンですよ」との事。
今まで、何度もこの川に通ったが、過去にヤマメは3匹ぐらいしか釣ったことがない。しかも全部20cm級で、この大ヤマメには足元にも及ばない魚。
ブラウンならヤマメの10倍か20倍くらいの数を釣ってるのだけど(笑)

この大ヤマメをリリースして見送る。頑張って子孫を残すのだぞ~~~っと。

尺上ヤマメは同じポイントで連発することがあるので、2匹目のドジョウ、、とばかり投げますが反応なし。
しばらくケンケンさんとも談笑しつつ、ケンケンさんは帰宅。
我々はもう少し粘ってみよう。

少し離れた場所に再度、入り直して、少しづつ釣り下って行く。時刻がお昼近くになって、さすがにこの時間帯は殆ど誰も居ない。
曇っていた空が薄曇りになって日射しが射してくる。そろそろ本格的に厳しい時間帯か。

とある深瀬を探っていると、川の真ん中でドン!!と大きめのバイト。
よーっし、やっと来たか。激流の中を派手に走り回ってジャ~~~ンプ!!
これはブラウンだな。
しかし40には届いていないか、、、30後半かナ、、、、と思いつつランディング成功。
しかしメジャー当ててみると、、32cmナリ。どうもチビブラばかり釣ってきたので、魚の大きさへの感覚がおかしくなっている?
f0100885_22204083.jpg

その後もチビブラはポツポツとヒットして、一部のポイントでは溜まっている場所を見つけて二人でその反応を楽しんだり(^^)

午後も3時頃になって、最後のポイントと思って対岸の倒木際をピンで狙うと、ドン!と一発でヒットしたのは、この川ではヤマメと同様に珍しいニジマス。ただしサイズは25cm程度。

結果的には、ほとんど20cm級のブラウンばかり10匹程度と32ブラウン、そして最後に釣れたニジマス。
数はまぁまぁ、でも平均サイズではイマサン状態でしたが、一日楽しめたことと、Churinさんに大ヤマメが出たのが、この日の収穫でしたね。
[PR]
by sierra-outdoor | 2013-08-03 22:16 | 渓流釣り | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/20153079
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Churin at 2013-08-05 23:32 x
先日はお疲れ様でした。
良いヤマメを釣らせてもらって感謝感謝です。(^^)
また来年も行きましょう。
Commented by kenken at 2013-08-05 23:53 x
いや~、あの川であのヤマメは60ブラウン以上の価値じゃないですかね!?
あれから僕も2匹めのドジョウを狙ってますが、相変わらずチビブラウンだけです(泣)
Commented by しえら at 2013-08-07 23:11 x
なかなか、お目にかかれないサイズのヤマメでしたからね、よかったです>Churinさん
あのミノーの選択も良かったと思います。また行きましょう~
Commented by しえら at 2013-08-07 23:13 x
確かにあの川で60ブラを釣るよりも難しそうですね>kenkenさん
まさかあんな魚が居るとわ・・・・想像できませんでした。
でも、大物ハンターのkenkenさんですから、あのサイズはすぐに釣ってしまいそうですけども。
<< 8/14 メッキ釣査 7/25 戻り梅雨と夏アマゴ >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism