9/28 2013シーズン最終釣行
9末をもって2013渓流シーズンが幕を閉じます。
地元ホームは、すでに終わってるっぽいので、行くなら信州かな。
8月にチビブラの反応が多かった川に行こう。

夜のうちに高速道路と一般道を走って夜明け前に現着。
仮眠しようとポイント近くに停車してエンジンを停めて眠ろうとしますが、寒っ!! (^^;;;
外気温計を見ると11℃くらい。もう信州は秋本番です。

2時間弱ほど、寒さで眠れずウトウトしただけで夜明けを迎える。
ライトが不要な明るさになった頃合いを見て、川に降りる。
期待の第一投・・・・しかし、特に何もなく返ってくる。
ま、始まったばかりだからね。

投げては少し移動、を繰り返してポイント核心部分に入る。
さっそく流芯でヒット・・・しかし即バレた。サイズはさほど大きくはなく20cmクラスか。
さらに続く核心区間を小刻みに探ってくも、ノーバイト・・・・・期待の場所に一番乗り出来たけど釣れなかった・・・・

次の場所へ。
別の釣り人が対岸に入っていたので、少し離れた場所に入る。
ここは前回釣行時にもっとも魚の濃かった場所だけど、なんとノーヒット・ノーチェイス。
あれれ?チビブラなら確実に釣れると見込んでいたのに。
水が少なめで、この川にしてはクリアな水質がいけないのだろうか。

さらに移動。
押しの強い流れが続く瀬を探っていく。
最初のヒットから、ずーっと無反応が続いていたので集中力を欠いていた時、突然に

ゴッツーーン!!

手前、数mの間合いで突然にヒット!
ゴンゴン!!と二度三度とヘッドシェイクしてくるのが伝わってくる。
ちょっとサイズいいかも・・・しかし、次の瞬間にバレた~~~~
あちゃー、またバレたぁぁぁ~~
ちょっと間合いが短すぎた事と、突然のヒットだったので集中力が欠けていて、ヒット後に迅速に次の動作に移れなかったのが原因か。

やっとそれなりのサイズがヒットしたのに。(とは言いつつもサイズ的には30半ばかな。40は超えてなさそう)
意気消沈して、ぼんやりとキャストして、ミノーが完全にダウンの位置まで流れた時に、うなじに何か触ったのが気になってハンドルを持った左手を離して、うなじに手を上げた瞬間に再びゴツン!!
あっ、来たッ!!
反射的に右手でアワセの動作は入れたものの、左手はハンドルノブを握っていない。
一瞬の魚の感触を残して、すぐに重みは消えた・・・・
あちょ~~またバラシた(^^;;;; (これは小さかったが)

でも、ようやく魚の反応が出てくるようになった?
そこから気合入れて探りますが、その後はノーヒット。。。。。

更にポイント移動。
過去に実績のあったポイントの、手前の小さなポイントを念のため探ると、チビブラがワラワラと反応してくる。
ここはチビブラが固まっていたようで、短い区間で数回のバイトやチェイスがあったものの、サイズも小さくショートバイトばかりだったので、バラシのみ。
それでも、核心部分の手前で、チビブラとは言え、魚影が良かったので核心部分なら手堅く釣れるだろう、と思ったが、核心では無反応・・・・
きっと、核心部分は誰が見ても1級ポイントなので朝から攻めれていたからだろうナァ。
その前の小さなポイントは、竿抜けだったのだろう。

ここで朝の時間帯も終わってしまい、昼間の時間帯に突入~

ちょっとヤバいぢゃん。まさか、この時間帯に至るまでノーキャッチとは・・・・・(^^;;;
あちこち見て回るも、水量が乏しくてダメだったり、魚が居ないのか、全く反応してこない。

正午前後になり、どう頑張っても釣れない時間帯なので昼食休憩へ。
昼食休憩の後、午後2時前から再開。
さぁ~て、なんとか釣らねば~~~ このままだと2013シーズン最終釣行がボーズで終わってしまう。
この川では、どんなに状況が悪くてもボーズだけは過去にも1度もないので、不名誉な記録だけは残したくない(^^;;;

朝は肌寒かったが昼になりどんどん気温は上昇。
移動のたびに自販機で飲料水を買っては飲み干していく。

午後の2~3時の間にもう一度、必ずジアイは訪れるハズ。
そのチャンスを逃さずに釣らねば、と思いながら、どのポイントを攻めるか考える。
午前中の様子からして、水量がある程度あった方が釣れる可能性が高いが、一度攻めた場所は二度目は殆ど釣れない。
まだ入っていない区間に入ろう。

まずは道路から一番アクセスしやすい場所にエントリー。
割とイイ感じの流れだが、エントリーした場所から左右に50mも動けない(随分と濃い藪が繁ってる)
これなら対岸からアクセスした方が釣り易いゾ、と考えて対岸へ移動。
多少の藪を突破してなんとか先程と反対岸の水際に到着。

瀬から淵、深瀬へと変化していく流れ。
大小の岩も沈み、対岸はブッシュがあって魚は居るだろ、ココには。
下りながら探って行くと・・・・
ポイントの半分を過ぎた当りで、待望のヒット!!

よっしゃー、きたーーっ

サイズは小さいが、この日初めてマトモにフッキングした魚だ(ここまで、バラシは数匹だが全てフッキング直後にバレていた)
強引に流れの中を寄せる。
ふ~~~、これで何とかボーズ回避。ホッと一安心するとともに、メッチャ嬉しい(^^)
こんなに苦労した1匹も久しぶりだ。
魚はサイズじゃない、釣れるまでのプロセスと、釣れた時の感激の度合いだ!!
(って言っても、やっぱ大きいのが釣りたいよね・・・・)
f0100885_2142898.jpg

ややスレンダーな24~25cmのチビブラちゃん。巷のサイズ表ではAカップブラとも言う(笑)
Aカップだろうが、1匹は1匹だ。こんなに苦労して執念で釣り上げた1匹。
今シーズン釣ったトラウトの中では、3番目に嬉しいゾよ。

これで家に帰れる~~

その後、同じポイントで立て続けに2ヒット、1キャッチ。
まぁ釣れる時はこんなもんですな。
まだまだ釣れそうな気配があったけど、時刻は午後3時を回った。
元々、午後3時には帰路につくつもりでしたので、この魚を2013シーズンラストとして、終了~

来るべき2014シーズンに思いを馳せながら、2013シーズンを終えることとなりました。

f0100885_21415060.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2013-09-28 21:40 | 渓流釣り | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/20500364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Churin at 2013-10-02 23:55 x
釣り納めは信州でしたか。
かなり厳しかったようですが、魚の顔を見れて良かったですね。(^^)
また来期に期待しましょう。
Commented by しえら at 2013-10-05 00:00 x
まぁ、9月の渓流釣りはこんなもんですね、いつも>Churinさん
ちょっと1匹目を釣るまでが苦戦しましたが・・・・
来シーズンの開幕が今から待ち遠しいです。
<< 10/5 秋風が漂う海 未来の惑星直列 >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism