11/9 野池ワカサギ
そろそろ木枯らしが吹き始めるこの頃、この魚の登場です。

ワカサギ

今年は、各地でワカサギが好調のようで、東海地方でも随一の釣り場である入鹿池は、早くも結構釣れ盛っている模様。
昨シーズンが全然ダメダメだったので、今年は復活して欲しい釣り場。

でも、最初は安近短という事で、いつもの野池ワカサギ釣りに行くことにしました。
13時すぎに出発して、14時すぎに到着。
数人の釣り人が思い思いの場所で釣り座を構えています。

とりあえず空いている場所に釣り座を構えて、まずは一投~~~
しかし最初のうちはアタリもありません・・・・

今回は7フィートのバスロッド1本、7フィートのメバリングロッド(ピンウィール)を1本持ってきていたので、硬いバスロッドの方を置き竿に、ピンウィールは手で持って探りを入れることにした。
軽く20mほど投げて、ゆっくり小刻みに小さくボトムパンピングしてくると・・・・
かなり手前に寄ったところで突然にブルブルブルッ!!

よーし、来たきた~~

上がってきたのは10cm級のワカ様としては、まぁまぁな良型。
これは、沖よりも手前に回遊ルートがあるのかな?
沖まで投げずにチョイ投げで10mほど投げて、ゆっくり探ると、またブルブルっ!!
しばらく連発して、釣果が伸びます。
ただし釣れてくるのは、だいたい単発。たま~に2連。1回だけ3連がありましたが、殆ど単発。

この日はアタリはぼちぼち来ますが、なかなかフッキングしなくて難しい日でした。
置き竿も、少し手前よりに仕掛けを投入しておきますが、アタリはあるものの、置き竿では殆どフッキングしない。
常に誘いをかけて、アタレば即アワセ。これがこの日のパターン。
この釣り方に、ピンウィールはドンピシャリと合っていた。とても使いやすい。
でも、バスロッドの方は硬くて、感度も悪いのでどうもよろしくない。
釣り方によって竿も選んだ方がいいですね。
(ちなみにラインはルアー用のPE0.4号を使用。ナイロンだと細かいアタリが拾えないかも)

ぼちぼち釣れ続いたが、一度、根掛かりで仕掛けをロスト。
手前数mは小さな石が沢山沈んでいるので、そこまで仕掛けが来ると、ゴリゴリと石に当たる感触が伝わってくる。
そして夕方5時を知らせる有線の放送が入ると、途端に釣れなくなり、日も暮れてきたので帰ることにしました。

結果は37匹。7~10cmとサイズは上々。
実質2時間半の釣行時間でなら、まぁまぁかな。

全てワカサギフライにして美味しく頂きました(笑)

昼から出発しても釣りになるし、釣行経費も安くすむ(ガス代と仕掛け代、エサ代を合わせても1200円)
まさしく安近短な釣り。

ボートワカサギなら、もう少し高くなるが、交通費は非常に安くつく。

当分はワカサギが主体となるかなぁ。

f0100885_23265528.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2013-11-09 23:25 | その他の釣り | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/20833156
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Churin at 2013-11-14 23:43 x
早々とワカサギ釣りですか。
結構釣れてますね。(^^)
すっかり寒くなったし、もう冬ですね~。
Commented by しえら at 2013-11-17 18:51 x
野池ワカサギは比較的、型が良いのがいいですね>Churinさん
入鹿池は、ここまで大きくないので・・・・・・
釣りの楽しみは、まぁ入鹿池の方が面白いですけど、野池ワカサギはなにせ手軽でお安く釣りが出来るので、重宝します。
<< 11/30 南紀・日帰り弾丸ツアー 11/2~3 南紀遠征 >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism