4/20 渇水とトーナメント
4月に入って雨が降らず(3月末は毎週のように降ってたのに)、河川はどんどん水位低下。
1週前の時ですら既にかなりの渇水、なのに釣り人多し、で厳しい状況でしたが、雨は相変わらず降らず、さらに渇水は進んでいるはず。

さらに!!
釣行前日に気付いたのですが、行こうと思っていたNGR、なんと某有名メーカー主催のアマゴ釣りトーナメントが開催当日ぢゃん・・・・・
普通の釣り大会なら、場所を限定して魚を大放流して「さぁさぁ釣ってください。沢山釣った人には賞品・景品出ますヨ~」的な催しなので、ぜんぜん影響ナシなんですけど、このトーナメントはマジで本気印のトーナメント。
河川全域を舞台にエサ釣りエキスパートな人達向けのアマゴ釣り甲子園大会みたいなイベント。

混雑に輪をかけて、そんなエキスパートな人達が大勢押し寄せたら、釣れる魚も釣れん・・・苦笑

ここ最近1カ月、ウェアをバッチリと決めて、やたらと気合の入った釣り師が大勢入川してるなぁとは感じてましたが、このトーナメント大会のプラ(練習)だったのかも・・・

でも、NGRの状況は掴んでおきたい。
まだ今季は天然アマゴの20オーバーも釣ってないし(^^;;;
朝イチはNGRを釣って、大会参加者が大勢やってきたら、別の河川に移動するか・・・という目論見で、目標天然アマゴの20オーバー、できたら25オーバーが釣れると嬉しいな、的な気持ちで出撃です。


早朝、国道を北上。
もともと考えていたNo1ポイントは、某大会本部のすぐ近く・・・・
予選開始時刻より前に入ってもすぐに釣り師だらけになるだろうし、参加者の邪魔もしたくないし、移動時間も勿体ないので、本部会場から離れたNo5ポイントに最初に入ろう。

朝6時から開始。
No5ポイントは、比較的大場所なので渇水の影響はあまり関係ない。
淵の流れ込みから淵中央、そして淵尻を探ると、淵尻からチェイス!!
しかし、活性イマイチ。サイズもイマイチ(20以下)
歩きながら各ポイントを叩く。あまり時間がない(某予選の競技開始前に釣っておきたい)ので、足早に各ポイント2~3投で見切りをつけて移動します。
2つめの淵の淵尻で、トゥイッチしてくるミノーの後ろを、ギランギランと翻りながらミノーに絡んでくる魚影。
25近くありそうだ。しかし、バイトさせらずにUターン・・・・orz
結局、このNo5では数匹のチェイスは確認したものの1匹も釣れず。

近くのNo4に入る。ここも誰も居なかったけど、何の反応もなく終わる。
ヤバッ、予選始まった時刻をすぎてしまった。

さらに移動して、No3ポイントに入る。
遠くに見えるポイントの最上流区間に2名ほど先行者アリ。
ポイント中程には1人の先行者。服装から一般の釣り人らしい。
この区間の最下流部は誰も居なかったので、ここに入ろう。

最初の淵は不発。
ただ、淵尻の際に岩影がつくるエグレがあり、そこを念のためミノーを通すとチェイスあり。
もう1回、慎重に丁寧に通すとようやくヒット!!
これは20ギリギリ超えたか超えないか・・・・撮影をどうしようか迷っているうちに自分でフックを外して川へお帰りになった(^^;;; まぁあのサイズだからいいか。
とりあえず丸ボーズは無くなった。少し気が楽になる。

次の淵へ・・・・
川の真ん中に岩が沈んでおり流れを二分している。
手前の流れをダウンクロスで探ると、中型サイズがチェイスしてくるが、、ちょっと活性低い。
それでは、と岩の向こう側の流れを探る。
すると流芯で突然にガッツーーン、と衝撃が伝わる!! しかしフッキングしていない。

えっ!何今のは!? 魚だよな。岩に当たった感触とは全然違う。
もう一度投げる。今度は小刻みにトゥイッチを織り交ぜながら・・・すると、ミノーが目視できる距離に来たら、ミノーの背後を右に左にクロスしながら迫る魚影発見!!
あれはデカいっ!(と言っても20後半だけど)
喰えッ!!喰えッ!!とトゥイッチにも力が入る。
右に左に踊るミノーに合わせて、魚もクロスする。もう捕食スイッチはほぼ入りかけているのだが・・・・ミノーの寸前の所まで肉薄しているのだが、喰わない~~
結局バイトさせられずに再び元の流れに消えていく。
もう1回、と思っても3回もチャンスはなかった。惜しいな~確実に25は超えていた。尺は無いと思うが27~28cmはあっただろう。

ポイントを休ませる意味もあって小移動。
小移動した先の大淵でも、25クラスのアマゴが2回チェイスしてくるが、、、かなり緩い淵のド真ん中に居る魚なので活性がイマイチ。これも喰わせられず。

さらに移動。
次の場所は、時間的にも誰か先行者なり、大会参加者がきっと入っているだろうと思っていた場所だが幸い?にも誰もいない。もしくは朝イチに誰か入って移動した後なのだろうか・・・
ここも大淵のポイントなので、ミノーを遠投して、淵の緩流帯を通すと、直後に追尾する影。
テールトゥノーズでチェイスしてくるのでこれは食いそうだ。
トゥイッチ一発、ガツン!!! よしよし目論見通りにヒット。
これは20は超えたね~ ようやく目標の20超えなので、写真撮影。
f0100885_0455710.jpg

同じポイントで20cm前後と15~16cmのチビを追加。
それ以外にもバラシあり、チェイスありと、まぁまぁ反応は良い。
ここで時間も10時半を過ぎて、視界にも大会参加者と思われるウェアをばっちり決めた釣り師の姿が遠くに見える。
一旦ここでの釣りを終えて、さきほどのポイントに舞い戻る。
すると、対岸から竿を出しているエサ釣り師が・・・・ 外見からして大会参加者だろう。
さすが、このポイントを見逃していないなァ。しかもあんな場所から竿を出すなんて、スゴスギ。
あの人にさっきの魚は釣られてしまっただろうか・・・・少し釣りの様子を見ていたが、特に釣れてる様子もなかったが。

移動の途中、有名ポイントを見に行く。あわよくば誰も入っていなければやってみようと思っていたが、、、考えが甘かった(苦笑)
ここには、大会参加者と思われる釣り師が4名も入っていた(^^;;; こりゃアカンわ~
f0100885_0461814.jpg

1箇所、竿を出して様子を見たのに、大きく移動。
お昼の時間帯になったので、休憩も兼ねて、コゴミ畑にコゴミ採取へ。
その移動の途中に、例の本部会場の近くを通ったが、まぁすごい車の数。
時間的に全員が終結していると思われる時間帯だったのですがね(^^;;;

コゴミ畑に到着し、昼食です。
先週は至る所で桜が満開でしたが、もう殆ど散ってしまって葉桜満開。
でも、ここには桜が残ってました。
散り行く桜の花びらが、まるで雪のように・・・・・シミジミ。
f0100885_0463520.jpg

さてさて
コゴミの採取も予定通りに終わり、午後の後半戦。
コゴミ畑への移動中は、あれほど沢山居た釣り師がほとんどおらず(って事は、あの日、本流に入っていた人の大部分は大会参加者だったのか)閑散とした雰囲気だったのですが、予選が終わった時刻になったら、またまた人で溢れ返ってました(^^;;;; 参考のために本戦を見学しなくてイイのかい?と思いましたが(私だったら見学するかなぁ。凄腕の人の釣りを見るだけでも勉強になるので)

本部会場近くを再び通過して、堤防の上から少しだけ見学・・・・
ちょうど本戦が始まった直後らしく、一人二人と本部のテント前から歩いて入川していく所でした。
(本戦は本部会場横に場所が決まっている)
ずーっと見学してても仕方ないのでさらに移動です。



No1ポイント横を通過しますが。。。先程は誰も居なかったNo1ポイント、予選が終わった後にはしっかり人が入ってました。
先週も同様に人の姿が絶えていなかったので、そうとうスレてるだろうな。No1ポイントは。

もう一度、気になる先程のポイントへ戻る。天気予報通りに雨が降り出し、レインウェアを着て川に入ります。
この時間帯になると、見渡す限りこの区間には、もう誰も居ない。
まずは、あのピンポイントへ。
岩影の向こう側にミノーをキャスト。トゥイッチしてくると・・・またチェイス!!
しかし、かなり警戒しているのかすぐにUターン。釣られていなかったんだな。ちょっと安心。

もう1回キャスト。今度は出来る限り移動距離を少なくして小刻みに連続トゥイッチ。
すると・・・・

ゴンゴン!! えっ? 来たっ!?

ちょっと予想外にバイトしてきたのに面食らってしまい、一瞬、次の動作が遅れた・・・・
川の真ん中で魚がヘッドシェイクする・・・ 急いで巻き合わせをするが、遅かった。
2~3秒ほど感触を残した後、フックアウト~~~
魚は身悶えしつつ、流れに消えて行きました・・・・
あちゃ~~~~ヤッテシマツタ・・・(泣)
せっかく午前午後を通して苦労して掛けたのに。

それからも粘りましたが21cmほどを追加したのみ。

午前中に先行者のために入れなかった最上流区間に入ってみて、何気なく大遠投してフラフラ~と気合抜けたリトリーブをしていると・・・・
いきなりガツン!!

をっと、ヒットだ! かなり遠くで掛けたので、追いアワセを入れる余裕もありました。
グルグルとローリングしながら抵抗しますが、難なく寄せてくると、あれ、意外と大きい?
さっきの魚と同じくらいか、と一瞬思いましたが、メジャーで計ると25cm。
一廻り小さかった。体高がある本流アマゴらしいグッドなコンディションだったので、見間違えました。
f0100885_0465659.jpg

この魚が結局、この日の最後の魚となりました。

渇水に大会と、状況が困難であることが予想されたけど、終わってみれば、平均サイズは今季一番、内容も今季一番の一日でした。(なにせ今まで20cmを超えられなかったのだから)
居るトコには居ますね。今まで狙い所が間違っていたという事か。
本流開幕をようやく実感できて、これからの狙い方が判ったような気がするのが収穫。
一番デカイのをバラシたのは痛いが、シーズンはこれからだ。
[PR]
by sierra-outdoor | 2014-04-20 22:43 | 渓流釣り | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/21868251
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Churin at 2014-04-23 22:11 x
アマゴ釣りトーナメントとは、凄い日に釣行されましたねえ。(^^ゞ
でも、魚の活性は高かったようで良かったですね。

他の川もやや水位が下がっているようなので、一雨欲しいところです。
来週前半は雨の予報なので、その後に釣行しようかな。
Commented by しえら at 2014-04-26 00:41 x
気付いたのが、釣行前日の晩・・・・でした>Churinさん
あの日は渇水だったので、他の河川に行ってもダメっぽかったのでね。
流域自体は、本流支流といろいろ選べるので、何処かでは釣りになるかなぁ、という気持ちで行きました。
結果的には、行って正解だったのが幸いでしたね。
<< 4/27 上高地・開山祭 4/13 桜は咲いたけど >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism