7/5 信州プチ遠征
梅雨入りしたものの、中部地方は雨が降らず記録的な渇水。
それでも各河川ともにアユは解禁して、とてもじゃないけどアマゴ狙いは厳しい状況。

という訳で、アユの居ない(放流されていない)信州の川にプチ遠征です。

渇水続きだった梅雨も7月にはいり、やっと梅雨前線が本州にかかってきて、少し前から雨模様。
まだまだ降水量は足りませんが、少しでも降れば、ちょっとぐらい上向くかも?と淡い期待を持って出撃です。

今回は、去年に引き続きChurinさんと一緒に行きます。
4月以降、高速道路のETC割引が縮小されてしまい、経費削減もあって、途中まで高速に乗って、ある程度走ったら後は国道を走ります。
夜明け2時間弱くらい前に現地に到着して、少しばかり仮眠。
現地到着の1時間くらい前から、けっこう激しく雨が降っていて、仮眠中も雨音がかなり大きかったですが、夜明け頃には小雨になっていた。
アメダスの情報も、夜間でトータルで20mm降ったかどうか、という程度なので大丈夫でしょう。
適度に濁りと増水が出ていれば却って好都合だし。

入漁券を購入して、まずは最初のポイントへ。
なんだか去年と比べて流れが変わっているなぁ(毎年のことだけど)
ただ、人工的にテトラを入れたりして、流れを変えている気配があって、最初のポイントで一発バイトがあったけど、バラシで終わり。
Churinさんは小型ではあるが1匹、ブラウンを釣ったらしい。

そして去年、なかなか良かったポイントに入ってみたが、、、
うーむ、かなり埋まって浅く小さくなっている。(^^;;;
荒瀬から淵に繋がる良いポイントであったが、軒並み土砂で埋まっていてポイント全体が浅くなっていて、去年より魚の付き場が小さくなっている。
それでも、小さくはなったが魚の付き場と思われるスポットを狙ってはみますが反応ナシ。

小移動して次のポイントへ。
この場所も、魚が潜みそうな3つの淵が瀬を挟んで構成している良い区間なのだが、、、反応ナシ。
分流の流れの緩~いスポットで20cmぐらいのチビブラがChurinさんにヒットしたが、このサイズではね。

3つめの淵を二人で攻めてみたものの、無反応。
それでも、このポイントには魚は必ず居るだろう、と思って、もう一度探ってみる。
上流に戻って少しづつ2m刻みで下りながら丁寧にアプローチ。
一度目は、ミノー着水後に軽くトゥイッチしながら誘いながらリトリーブしつつU字ターンで喰わそう、というアプローチだったが同じ方法では反応しないだろう。
そこで、クロスにキャストして強めにハードなトゥイッチを2回、3回と連続して誘う。
トゥイッチ時に強くアピールさせるために、それまで使ってきたシュガーミノーではなく、蝦夷TYPE-2を選択する。

蝦夷は、強めにトゥイッチすると派手にヒラを打つので、ヒラを打たせながら瀬の中をナチュラルドリフト気味に流す。リトリーブはヒラ打ちして流れ分だけラインスラッグを取るだけで、イメージとしてはヒラを打ちながら流れに揉まれている傷ついたベイトフィッシュを演出するつもりで。

これで淵を上から順に探っていくと、、、、とある場所で着水後の2回トゥイッチ入れて流芯を横切る瞬間に

ズドンッ!!

と重々しく衝撃が伝わる。

来たッ!!

ラインとロッドを通じてズシリと伝わる重量感。
これは、ちょっとデカイぞ、と直感。

掛かった瞬間に魚は二度三度とヘッドシェイク。
一瞬大人しくなった瞬間に追いアワセを入れる。
次の瞬間に対岸に向かってにイッキに突進開始、、、ドラグがジジジジ~~~~~と鳴り出す。
トラウトの釣りでは久しぶりに味わう、この感触、このドラグ音。そして緊張感。
ジャンプさせないように、ロッドを低く構えて対峙する。
走りが停まれば少しづつ巻いて寄せるが、また走り出す。
寄せて走って、を1分ほど続けて、それでも徐々に距離が詰まってきた。

流れの中にチラリと見えた姿は、予想通り良型ブラウン。
サイズ的には40オーバー確実。

そしてココからが長い(^^;;;
手前数メートルまで寄せてからが、なかなか弱らない。
何度も流芯に向かって走ろうとするので、その度にロッドのバットで耐えて出来る限り走られないようにする。
さすがに、ヒット直後のような突進はなくなったが、それでも目の前で流れに逆らいつつもあと少しが寄って来ない。

しかもネットが、折り畳みネットを持ってきていたので、どう考えても小さい。
そもそもこのネットは尺アマゴ程度しかランディング出来ないサイズだから・・・・
大きめのネットは車の中。
先程まで、近くにいたChurinさんは、少し離れたポイントまで歩いて遠ざかってしまったのでヘルプも頼めない(^^;;;

頭からはネットに入らないので、尾から入れようとすると、魚が嫌がって、また走り出す・・・
魚とラインの角度が鋭角にならないように(鋭角になるとフックオフの可能性があるからね)何度もロッドの位置を変えつつ、陸にズリ上げようか、とも思ったが、水際がかなりの急角度なのでズリ上げも無理。
これは、ネットで尾から入れてイッキに上げるしかないと覚悟を決め、左手でネットを持ち、右手でロッドを持ち、一瞬動きが停まったタイミングで引き寄せる・・・尾からネットに入れて、そのまま岸の上へ放り上げることでなんとかランディング成功~~~
f0100885_2219828.jpg

いや~~、最後はヒヤヒヤでした。
ネットに体の半分くらいしか入ってないから、岸に放り上げるタイミングで大暴れしたらヤバかったが、そこまでの体力も残ってなかったらしい。
f0100885_2219258.jpg

ブッ太い体躯。
今まで自分が釣ってきたブラウンの中では最大サイズは間違いない。
とりあえず急いで水辺にイケスを作ってブラウンを入れる。
目測では50超えたか、、、、と思っていたが、メジャーで正確に計ると46cm。
幅広な体高がかなりあるので、長寸が見た目以上に大きく見える。
f0100885_22193792.jpg

川で釣ったブラウンとしては自己記録更新。
もっとも、これ以上の魚も釣ってる人は釣っているので、このサイズでは自慢にもならないけど。

やはり、大物は居るべき場所に居るなぁ。反応がない場合は、居るけど喰わないだけなんだよナ。きっと。

がっちりと2本のフックポイントが掛かっていたけど、そのうち1本が伸び気味で、ちょっとヤバヤバ(苦笑)
このミノーは尺上クラスのアマゴやヤマメ迄がターゲットなんだろうな。
この川で釣るには、もう少し太軸のフックでないとイカンね。

まだこの場所なら魚はストックされているでしょ~~と思い、Churinさんを呼び寄せて、再度狙う。
流芯のやや向こうにキャストしてヒラ打ちをイメージしながらトゥイッチしてくると再びガツン!!とヒット。
よ~しよし、まだ居ましたね。

先程の魚よりは、小さいかな・・・・・
上がってきたのは、31cmのブラウン。
さっきのファイトに比べたら、このサイズだと余裕のゴリ巻きで寄せてこれます。

小雨が降ったり止んだりしている中、次のポイントへ。
次のポイントはいつも、必ず魚からの反応がある良いポイントであるので、Churinさんに先行して探ってもらうが・・・反応がない。
小さな竿抜けと思われるピンポイントから、チビブラウンがちらほら反応はしてくるが、メインのポイントから反応がない。朝イチに誰か入ったかな・・・・??

お昼近くになり、だんだんと雨の止んでる時間が長くなってきて、正午を過ぎる頃から太陽が照らしだし始めてきた。
そうなると、もう7月の太陽はジリジリと照りつけて暑くなってくる。
天気予報では一日、雨か曇りの予報であったが、かなり早い時間から天候が急回復。
例年、ボウズ逃れのお助けポイントでサイズを問わなければ確実に釣れる場所があって、そこに行ってみたものの、去年と比べて全体的に土砂で埋まってしまい、魚の気配がない。
アテが外れてしまい、上流のポイントの様子を見に行きましたが、、、ドピーカン天気故に元々水量の少ない上流部なのでダメダメ状態(^^;;;

あちこち放浪しつつ、最後に午前中に釣れた、あのポイントに時間差で入ってみたものの、やっぱり釣れず。
結局晴れてきてからは、少しだけ小さな魚が反応してきただけでまともなサイズのアタリは無し。
釣れたのも私に20cmくらいのイワナ1匹、あとはChurinさんが1匹バラシたのみ。
尻すぼみな結果となってしまい、夕方になり現地を後にしました。


振り返って見れば、雨が降っている午前中が勝負の時間帯でした。
晴れてきた午後はどんなに頑張ってもダメ。
まぁこれはいつもの事なのですが、それでも晴れた午後でも、細かく探れば、何処かでチビブラウンぐらいは何とか釣れたのですがね、、今回はそれが無かったのが残念でした。
[PR]
by sierra-outdoor | 2014-07-05 22:14 | 渓流釣り | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/22517664
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Churin at 2014-07-11 22:55 x
先日はお疲れさまでした。

大物が出て良かったですねえ。(^^)
あれだけ渋い中で尺上2匹はお見事です。

ちなみに、私の釣行記にいくつか誤記があったので修正しておきました。
Commented by JYI at 2014-07-14 21:31 x
これはデカい、ごつい!

誰か言ってたけど、食べてもらわないと。。。(笑)
Commented by しえら at 2014-07-15 21:18 x
Churinさん、先日はお疲れさまでした。
ちょっと活性が低いのか、魚影が薄いのか、よく判りませんがヒット数やチェイス数が少なかったですね。
まぁ、いつもこんなもん、と言えばこんなもんですけども。

JYIさん
ブラウンとしては、やや大きいぐらいのレベルなので、そんなにデカい、という魚ではないンですけどね(^^;;;
アマゴに例えれば、ぎりぎり尺に届くかどうか、というぐらです(笑)
<< 7/12 雨は降ったけど~~魚影薄し 6/20~6/23 沖縄遠征2014 >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
Churinさん なん..
by しえら at 21:12
しえらさん、おかえりなさ..
by Churin at 23:09
ココ最近、全く雨が降って..
by しえら at 21:27
手のヒラアジさん 先日..
by しえら at 21:25
Churinさん そう..
by しえら at 21:21
ども。 マメに記事アッ..
by 手のヒラアジ at 13:55
おー、しえらさんには珍し..
by Churin at 23:04
やはり土曜日は賑わってい..
by Churin at 22:59
都市型温排水の貴重なター..
by しえら at 20:49
なんとか釣れてくれました..
by しえら at 20:48
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism