7/26~7/28 式根島
以前、スキーでよくご一緒した、Kさんが今、式根島に住み込みバイトで滞在していることを知ったのでした。
早速メールしてみると、素泊まりでよければ来てもいいよ、との事。

今まで伊豆諸島に行った事がなかったので、急遽、行くことにした。

式根島ってドコよ?って人は以下の画像を参照。
f0100885_1241913.png


伊豆半島の下田から連絡船に乗る。東京の人は、竹芝桟橋から船が出ているので、便利だけど、東海地方からだと、下田まで陸路を走らねばナラヌ(^^;;;

7/26、早朝に新東名を走って沼津まで。
そこから伊豆半島を南下し、下田へ。なんとか予定通り08時すぎに下田港へ到着。

下田港から船に乗って約3時間。途中、神津島を経由しつつ、昼過ぎに式根島へ到着~
f0100885_12452630.jpg


Kさんに迎えに来てもらって、宿に入る。
宿オーナーのお婆さんとKさんと一緒に昼食に出かけ、その後、海水浴場までKさんに送ってってもらいます。
式根島は、小さな島なので、およそ島の各所へは歩いて訪れることは可能だけど、けっこうアップダウンの激しい島だし、夏場なので徒歩移動は大変(^^;;;
島ではレンタサイクル、レンタルバイク(原付)が割と多いので、これらを借りるのが便利かもね~
(レンタサイクルは、島内のアップダウン地形を考えて電動アシスト自転車がいいでしょう)

黒潮が洗う海域なので、非常に海水の透明度が高い。
けど、ちょっと水温が低いので泳ぎには、もっと水温の高い潮が入ってきた時がいいかも。
Kさんいわく、ちょっと前まで22~23℃の水温が低い潮が入ってきて泳ぐのは厳しかったらしい。
つい2、3日前に25~26℃の潮が入ってきたとか。

オススメの中の浦海水浴場に行きます。
f0100885_1251810.jpg

ここでシュノーケルを楽しみつつ、初日の午後の時間はすぎていく。

シュノーケルを終えた後は、また迎えに来てもらうのもナンですので、歩いて宿まで戻って、シャワーを浴びてすっきりした後、夕方の港へ釣りに行く。

式根島は磯釣りで有名だけど、港の桟橋からもけっこう釣れるらしい。
情報ではカンパチやスマガツオが桟橋から釣れる、サバなら確実に釣れる、という事なので、ライトタックルの他に、軽めのジグが投げられるシーバスタックも持参してきた。
場所はこんな感じで、連絡船が到着する桟橋なので、船が入ってこない時間帯の釣りになるけど。
f0100885_12542292.jpg


沖合にはかなり鳥が舞っており、トリヤマが出来ているが、、、、なにせ遠い・・・・
しばらくノーヒットのまま時間が過ぎる。
まだカンパチやカツオは式根島には入ってきてないらしいが、2日前にKさんがダイビング中に沖根の周辺でカンパチの1~2kgサイズの群れをビデオ撮影していたので、ひょっとすると陸から届く場所まで回ってくるかも・・・

アイスジグでなんとなく足元を探っていると、ピックアップ寸前に何かがバイト!!
をぉ、これは表層回遊魚系か・・・・・ 上げてみると25cmほどのサバ。
とりあえず1匹釣れたので、丸ボーズは回避(笑)
f0100885_1259253.jpg

その後、夕マズメが近づくと、だんだんトリヤマが近づいて射程圏内でもバシャ、ボショ、と小規模のナブラが発生。
ナブラに向かってアイスジグを投げると着水と同時にガツン!!ヒット!!
これもサバでした。
サバは陸に上げると高速バイブレーション状態に暴れるので、その振動でアイスジグが破壊されてしまった。。。
どうやら表層に居るようなので、5cmミノーにチェンジ。
ミノーを投げて高速リトリーブしてくると、ガツガツ!!とバイトがあり、一瞬食わせの間を入れるとガッツーンとヒット!!
ドラグがジジジジジ・・・・・・と鳴り、サバが横ッ走り。
ULタックルなので、超オモシロイ。
何度も足元で突っ込むのをいなしつつ、上げるとサイズが35cmクラスまで成長している。

そんなこんなで短時間ですが入れ喰いの爆釣。
サバを8~9匹ほど釣って、まだまだ釣れそうだったけど、暗くなり始めて蚊が猛襲してきたことと、夕御飯がまだなので、釣ったサバをキープして土産とし、宿へ急ぎます。
サバを宿のおばぁに渡して、夕飯に外の居酒屋に行って食事を済ます。

食事から帰ってきて、Kさんの晩酌につきあいつつ、頃合いを見計らって星見(スターウォッチング)に出かけると、雲の合間からかすかに天の川が見えた。
雲さえなければ、新月だったので満天の星空が見えたのですけど、それはちと残念でした。




翌27日。
早朝朝練は寝坊でスルー(苦笑)
なんとなく、前日の感じからして、夕方に桟橋に行けばサバなら確実に釣れるだろう、、と思えたので。

素泊まりの予定でしたが、おばぁのご好意で朝御飯を用意してくれたので、朝御飯を済ませ、その後Kさんの案内で島一周。
いろいろと島内の名所を回っていきます。

火山地帯の伊豆諸島ゆえ、温泉は豊富。
海岸に自噴する温泉、地鉈温泉に行ってみます。
写真のような景色の奥にあります。
昔から温泉が自噴していたのは判っていたのですが、なにせこの地形。
そうそう簡単に訪れることが出来る場所ではなかったらしいですが、今は整備された階段があるので楽ちんです(でも、標高差があるので降りるのはともかく登るのはけっこうシンドイ)
f0100885_1320415.jpg

海辺の磯の間に温泉が沸きだしていて、干潮時は熱過ぎて入れない、満潮近くになって海水が混ざるとちょうど良い湯加減だ、との事でしたが・・・・・
行ってみると、温泉が枯れ枯れ状態。。。。(^^;;;;
2年ほど前までは熱くて入れなかったのに。。。。とKさん
すぐ近くに有料日帰り温泉施設が出来ていたので、そっちに引湯しているのが影響しているかも・・・・

次に、式根島最高峰?の神引山の近くの展望台へ。
なかなかの展望ですが風が強い~
f0100885_13241226.jpg

伊豆半島はもちろん、富士山も見えることがあるらしいですが、この日は霞がかかっており遠くまでは見えません。

あちこち海水浴場を回って、いったん宿に戻って簡単に昼食。
その後、前日シュノーケルを行った中の浦へ行きますが、前日と違って、この日はめっちゃ風が強くて砂が巻き上がって吹きつけてくる!!
砂が痛い(^^;;;
それでも無理やりシュノーケルしますが、風が強くて大変。
小一時間ほど泳いで宿に戻ります。

またまた夕方に桟橋へ釣りに出かけますが・・・・・この日はトリヤマが皆無。
夕方になればサバが回遊してくるだろうと思ってましたが、まったく回遊してこなくて、不発。
サバと言えども回遊がなければ釣れません。
前日の状況からして、サバならラクショ~だと思っていたのに、回遊魚の釣りは、難しいですな。
手加減せずに釣れるうちに徹底的に釣っておけ、という典型でした。



28日、最終日。
昼過ぎの船で戻るので、泳ぎはせずに、ブラブラと散策しながら念のため釣りもしてみますが、やっぱり何も釣れない(苦笑)

島のヌシかと面われるネコが居たので写真に撮ってみました(笑)
f0100885_13315482.jpg


昼過ぎに、Kさん、おばぁさんに見送られて下田に向かって島を立ちます。
途中、新島に寄って、その次に利島へ寄ります。
利島はかわった地形の島ですな。平地が少なそうですが、割りと人は大勢住んでるみたい。
f0100885_13335030.jpg

そして、下田に帰ってきて、陸路を走って沼津へ。
沼津で恒例の丸天で食事を済ませた後、高速を走って帰宅しました。




初めての式根島でしたが、こじんまりとしたイイ感じの離島。
海は綺麗なので夏の季節なら楽しめますね。
磯釣りでは有名なので、磯釣り師には人気なのですが、歩いていける地磯もあり、回遊魚も回遊さえあれば釣れるし、秋にはきっとアオリイカが釣れ盛るンじゃないかな~

次は、カンパチやスマガツオが回ってきている時にぜひ訪れてみたい場所です。
[PR]
by sierra-outdoor | 2014-07-26 12:33 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/22751046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 8/9 支流は悪くないが本流は... 7/20 再度、信州へ >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism