2/22 今年最初のまともな雨か??
前日のスノーシューの疲れがややあったけど、せっかくなので近場へ釣りに。
前日の帰りに寄った温泉が良かったらしく、温泉に行く、と奥様が申すので、同行することになった。

向かう途中ですでに雨が・・・・午後からの雨は覚悟していたが、朝から雨が降るのはシンドイね(^^;;;

最初のポイント到着。
ここは本日の放流ポイント・・・・ のハズ。
何人かエサ釣り師、ルアーアングラーが入ってはいますが、どうも釣れてなさそうな気配。
近くのルアーアングラーに話を聞いてみますと、朝イチに確かに放流していた。しかし、まったく活性が上がらず殆ど釣れてないみたい。
エサ釣り師ですら竿が曲がってない状態。

しばらく試してみたが、1回だけヤル気無さそうに追ってきただけで、ほぼ無反応。
10時になったので、いったん、奥様を温泉へと送り届ける。

別の放流ポイントへ向かうと、エサ釣り師が3人・・・
一人の足元にワラワラと群れる放流アマゴ。
しかーーし、ぜんぜん釣れてない。あかんイクラでは食わんワ、とはエサ釣り師の談。

一番良い場所を先行のエサ釣り師が入っているので、その周辺をいろいろ探ってみますが2度ほど軽~く触ってきただけでフッキングせず。

魚が散らばって群れが見えなくなった、、、、とエサ釣り師のおじさん達が話しだしたので、魚が動いたかな~と思い、少し場所移動。
すると本日最初のまともなバイト!!
なんとか釣れました。1匹目。
その次も2、3匹でチェイスしてきたり、ショートバイトのバラシがあったがすぐに反応が無くなる。
どうやら魚がスクールしだしたかな?

一人のエサ釣り師の人が近くに寄ってきて声をかけてきた。
「魚はおるかね? まったく姿が見えなくなったんだが・・・」
「どうやら、この辺りをグルグルと回ってるみたいですよ」と私。

たま~にライズあったりして、やや魚の活性が上がってきたな~と思った時に、ちょっと不注意でアタリルアーをロスト・・・・
トラブルは続き、その時に思いっきりバックラッシュ。
細い4LBナイロンを使ってるので、スプールの隙間に噛み込んでしまう。。。。
結局、噛み込んだところでラインを切ると、もう残りのラインが殆どない始末(^^;;;;
スプールのラインが殆ど無くなってしまったので、使用不可能になりスピニングに交換する。

タックルを交換して再開。
しかし、スピニングって重いネ・・・・(^^;;;
ベイトはリールが超計量のSS-Airだし、ロッドも5.4フィートと短いので余計に、スピニングが重く感じるのだが(^^;;;

それでもこれしかないので、やるしかない。
どうも魚が底に沈んでしまってるので、表層まで浮かせるために、ミノーのトゥイッチングでアピールしながら攻めてみるとチェイス!!
足元近くまで追ってきてサイトでバイトを確認した瞬間に、アワセると乗った!!
ようやく2匹目ゲット。

それを見ていた、先のおじさん、「をぉ、釣れたな、兄ちゃん、上手やな」と褒めてくれるが(苦笑)
食欲のない魚をリアクションで食わせているだけですからね、、と言っても意味が通じないので(^^;;; 適当に相槌をうつ。
釣れたのを見て、先のエサ釣り師のおじさんがさらに寄ってくる・・・・
まぁ悪い人ではないのでいいけどね。こちらが投げる時にちゃんと配慮して、場を空けてくれるので。

しばらく粘ってみたが、その後反応なく、この状態なら少し休ませて夕方に釣れるかも~~と思って場所移動。
近くの商店で、安物のナイロンライン0.8号を追加購入して、SS-Airに巻いてベイトフィネスを復活させる。

朝イチのポイントに戻ってみたが、さらに人が減っており、1~2名しか釣りしてない(^^;;;;
唯一、釣りしていたルアーアングラーと話してみたが、たま~にライズする以外、まったく魚の反応がないとか。

こりゃアキマセンなぁと、魚を確実に拝める支流の放流ポイントに向かうと、そこかしこに釣り人の姿が。
それでも誰も入っていない小さなポイントを見つけて探ると、活性低いながらもフラフラ~~とチェイスする姿が見えるので、ルアーを交換しているうちに、他のエサ釣り師が入ってきて目の前にポンと仕掛け投入される・・・
まぁ、放流ポイントでは、これもやむを得ん。そう割り切るしかない(^^;;;
しばらく空いた場所を探るが釣れそうになく、やっぱり本流へ戻ろう。

雨が本格的に降り出して、本流の各ポイントを横目で見ながら、昼前に釣れたポイントが一番だと判断して戻ってみると・・・
なんと、あれから3時間近く経過しているのだが、まだ先程のエサ釣り師のお二人が一番良い場所で粘っている・・・

少しの間、周辺を探ってはみたけど、やはり釣れる気配ナシ。
先程のおじさん二人組は時々釣れているみたいなので、やはりあのピンポイントか・・・ 移動したのが仇になったなぁ、という感じ。
そんなこんなで午後3時になり、奥様をピックアップする約束の時間が来たので、終了~~~

今回は雨が降っていた上に、あまり魚も釣れず、静止画像、GoPro動画ともにナシです(一応、持って行ったのですがね。撮るに足りる撮影対象がなかった)

帰路は、雨が本降りになり、この雨が一段落する頃、支流から本格的に釣れだしそうな予感です。





今シーズンに入ってトラウトにベイトフィネスを使ってみて感じた事。
[メリット]
・手返しは抜群に良い
・アキュラシー性能(コントロール)もスピニングより上
・タックル全体が軽い
・同じラインで比べても、スピニングより感度が良い
・ルアーを投げる楽しみがある(笑)

[デメリット]
・一瞬のミスでバックラッシュすると細いラインを使用している事もあり回復不可能になる事も時々あり
・向かい風には弱い
・ルアーの重量や空気抵抗に応じて投げる前にブレーキの微調整が必要

支流、源流、上流域などの河川規模が小さめの流れでは、バックラッシュのリスクを考慮してもベイトの方が利点が多そう。
単純にトラウトの釣りを考慮しての同一条件(ルアー、ライン、ロッド長が同じ)での絶対飛距離を比べるとスピニングの方がやや上かな。

バリバスからベイトフィネス用にチューンされたラインが発売(PE、ナイロン)されているので、試しにナイロンを購入。
今は同じバリバスのスーパートラウトアドバンスを巻いているので、いろいろ使い分けて最適ラインを探していきます。
ナイロンに慣れたら、次はPEですな。
(ちなみに、ダイワのベイトフィネス用リールはPEは使用不可とメーカーは言っているので、PE使用は自己責任)
f0100885_22142741.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2015-02-22 22:14 | 渓流釣り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/23724583
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 3/1 氷雨が降る中の釣り 2/21 スノーシュー >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism