3/1 氷雨が降る中の釣り
3月に入り、各渓流は解禁を迎えます・・・・が、まだ各河川は冬の季節をひきずっているので解禁したとは言え、釣るのは簡単じゃない。
とりあえず、確実に釣れるであろう放流ポイントで魚を釣ってボーズ回避してからネイティブを狙おう、、と考えつつ、good-jooに出撃です。

朝早めに目が覚めたので、暗いうちから出発しますが、出発時から雨が降り続きます・・・・雨は予報通りなので仕方ないですな(^^;;

現地へと車を走らせている最中に夜が明けてきて、川が見えるようになりました。
そんなに思ったほど増水はしていないので何とかなりそう(降雨と雪代で怒濤の増水になってたらどうしよ・・・との不安は一蹴された)

まずは、解禁日に入ったポイントへ。ここは誰も居ない。
念のため探ってみたが、やはり反応ナシ。人が居ない場所には魚も居ないナ・・・

次に、超有名ポイントに行ってみると、ここも誰も居ない。この場所は誰かは入っていると思っていたのですが・・・・
念のため、少し探ってみますが、やはり反応ナシ。
放流された魚が、まだかなりストックされているハズだけど、水面を意識してライズしてない限り、ココで釣るのは無理かな。

どんどん移動します。
早めに現地に着いたので、当日の放流場所の様子を見に行くと、まさしく放流しようとしている時でした。
放流の現場を見るのは初めてだったので(いつも放流後の遅い時間にしか到着しないから)興味深く見守るのでした(笑)
この場所は大勢の釣り師が待ち構えているので、一旦パス。

前日に放流されたであろう、ポイントに移動します。小さな支流の場所。降ってくる雨粒がなんとなくミゾレっぽく、しかも寒い(^^;;;
先行する釣り師は、見渡す限り1人か2人程度・・・これなら釣りが出来そう。

放流された魚は下っていくだろうと思って下流のポイントから順に探ってみますが無反応・・・・おかしい。
それじゃ、と上流へ。
上流に向かうと、小さな堰堤とその落ち込み。
ここなら居るんじゃないかと探ると、一発でヒット。
とりあえずボーズは回避成功(^-^)

このピンポイントに魚が溜まっていたらしく、合計5ヒット、3キャッチ、2バラシ。
ま、こんなもんでしょうか。氷雨が降り続いて手が凍えるので、次へ移動。

次の場所も前日放流されたポイント。
こちらは、割と人が多くて、見える範囲内で数人が竿を出しています。。。
下流方向に人が多かったので、上流へ向かうと、小さな落ち込みには誰も入っていません。
ここでやってみましょう。
小さな支流なので、対岸を釣らないように注意しながらキャスト。
フラフラ~~っとチェイスする影アリ。
もう1投、ゆっくりと誘うとカツン!!とショートバイト、しかし乗らず・・・
数匹の魚が代わる代わるチェイスしてきて活性は高い。
この場所で2匹ゲットの2バラシほど。
この調子ならまだま釣れる??と思って幾つかあるピンスポットを釣り歩いてみたが、反応のあった場所は最初の1箇所のみ。
まァ、この場所はこれくらいにしておこう。

雨は降り続き、だんだんレインウェアも腕の部分が染みてきた・・・・
このレインウェアは丸3シーズン使ってきたが、撥水性も損なわれているし、そろそろ新調しないといけない(^^;;;

正午前になり、朝に見学だけでパスした当日放流ポイントに向かうと、さすがに人が減っている(それでも、それなりに釣り師は居るのだが)
今までのポイントが小規模の支流だったので、投げてもチョイ投げ程度。
マイブームのベイトフィネスを朝から使っていることもありバビューーンと思いっきり投げたくなり(笑)、比較的大場所であるこの場所へやってきました。

朝イチは数メートルおきに釣り師が陣取っていましたが、この時間になるとかなり減っており、釣り師同士の間隔も広くなっていたので入ってみます。
まずは誰も居ない場所へ。ココはかなり深いトロ場になっており、魚が溜まっていそうだけど、しばらく探るも魚影ナシ。釣り切られた? いや魚は沈んでいるのか・・・
少しづつ移動しながら探ってみると、岩や石が点在する瀬で反応アリ。
しかし、かなりイジメられたせいか、距離を空けて追ってくる(^^;;;
水深のある瀬が良さそうだなと思ったけど、そんな場所は誰もが狙う場所。人が減っているとは言え一番人気なので他の釣り師が粘っています。
2、3回ほどショートバイトのバラシがあった後、岩がゴロゴロする浅瀬の隙間でチェイスする魚影確認。
もう一度、同じコースに投げてみると、ヒット!!
さすがにこの場所は、当日放流だけあって、いろんな場所で反応だけはある。ただし、かなりイジメられたせいか、なかなかバイトせずチラッと追うけどすぐにUターン。
地域有線の正午の時報が鳴った頃から雪代が入りだして、やや濁り気味となり、さらに活性低下・・・
下流方向にある程度探ったので折り返して上流方向へ釣ってみるが、各ポイントともにルアーを通すのが二度目となり、殆ど反応しない(苦笑)
一番良さそうな場所はまだ先行者が粘っているし・・・・
近くに居たエサ釣り師とも話してみたが、やはりエサでも反応が乏しいらしい。

それでも対岸付近にまだ狙っていない流れがあったので、バビューーンと遠投してみると、、、一発でヒット!!
釣り人のプレッシャーが低い所の魚は素直に反応してくれますね。
でも、この1匹でお終い・・・・
f0100885_2138079.jpg

その後も雨も降り続くので、昼過ぎには終了としました。
本流はすでに雪代でかなり増水していて、とても釣れそうにない。
増水した本流の各ポイントを見回りながら、美味しい角煮ラーメンを食べて帰ってきました。
f0100885_21381029.jpg




この日は最初からベイトフィネスだけで釣り続けてみた。
スプーンのタダ巻き系の釣りには、ベイトリールは非常に使いやすい。
やはり、リールの基本動作「糸を巻く」という機能についてはベイトリールは優れていますね~
バス釣りの時でもベイトタックルは主に、スピナベやクランクベイト、バイブレーションなど所謂「巻物系」で使っていたし。

トラウトの現在の主力の釣り方である、ミノーイングについては、トゥイッチングなどのアクションは必須なので、これがベイトタックルでスムーズに出来るか?
今回、試しにミノーでもやってはみたが、トゥイッチしながらのリトリーブがぎこちなく釣り辛い(^^;;;
これは慣れで何とかなるか? 今後の課題ですな。

しかしマァ、ベイトリールも進歩したもんだ。
3gスプーンなら、何のためらいもなくフルキャスト出来る。
2gだと、ブレーキ調整して、飛距離が若干犠牲になるがキャスト出来る。
通常の渓流であれば、どんなに小さいルアーでも3gウェイトは必ずあるので、ほぼ全てのルアーが投げらそう。
(ただし、フローティングミノーなどのウェイトの割に空気抵抗が大きいルアーは難しそうだ)

以前の小型ベイトリールでは、ハンドル1回転あたりの巻き取りスピードがネックになって止水の釣りではともかく渓流では実用的ではなかったけど、今や超ハイギヤによる高速巻き取りが実現されている。

実用上のラインキャパが少ない(およそ40mがMaxか?)、細ラインだとバックラッシュ時にスプールの隙間に噛み込む、ドラグ性能がスピニングに比較して劣るなどのデメリットはあるものの、今までスピニングの独壇場だった渓流トラウトの釣りに、新しい風を吹き込むのがベイトフィネスですかね。
[PR]
by sierra-outdoor | 2015-03-01 21:36 | 渓流釣り | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/23747412
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Churin at 2015-03-08 23:10 x
今年はベイトがマイブームですか?
ベイトだと、魚を掛けたあとが楽しそうですね。(^^)
Commented by しえら at 2015-03-10 22:15 x
Churinさん、ベイトは投げる瞬間が一番楽しいです(笑)
シュイーーーンと回転して飛んでいきますのでね。
魚を掛けた後は、スピニングの方がいいかなぁ。
ドラグ性能は確実にスピニングの方が上なので。
<< 3/14 未だ雪の中の渓 2/22 今年最初のまともな雨か?? >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism