3/22 少しだけ春の兆し
2、3日前に、ようやく春の大雨が降り、イッキに河川は大増水。
暖かい雨だったので雪代も含んで増水しましたが、これが渓流魚の活性上昇となるか!?

Good-Jooに向かう道中から見える本流は朝から雪代交じりの濁りあり。
ちょっと本流は無理かな~~(予想はしてましたが)
支流へと向かいます。
f0100885_21384033.jpg

最初にやってきたのは、初めて釣りをするとある支流。現着は10時ころ。
他に釣り人の姿はなく、誰も来ていないのか、それとも朝イチにすでに釣り終えた後なのか。
それとも同じ日に他で行われる成魚放流に釣り人が集中しているのか。
川の様子は里川風の流れですが、やはり水は増えている。流速もけっこう早い。
しかし、この支流は規模が小さく、ちょっとルアーで狙うには難しいのが見ただけで判る。
f0100885_21385310.jpg

なにはともあれ、釣ってみない事には始まらない。
やってみましょうか・・・と釣り始めたものの、川の規模が小さく、2面護岸された里川なので河原が殆どないため、自分にとってはルアーでは難しい川。(河原のない小さな流れなのでクロス・ストリームのポジションが取れない)
最初に入った場所では無反応。増水した浅瀬主体でちょっと流れがキツくて、それでいて魚が居そうな場所はピンポイント。
よって難易度高し。もう少し川幅が欲しい・・・移動です。
f0100885_21391016.jpg

支流の枝沢が合流する場所より下流へ入る。
小さな堰堤があり、その下を狙う。
この時間帯から微妙に濁ってきた・・・雪代とは違う濁りだが、なんだ??
堰堤下の落ち込みはヨサゲだったが無反応。
淵尻の岩と岩の間にミノーを通すと、カッツーン!! 来たッ!! しかし、次の瞬間にバレた・・・水面を割って小さめの魚が跳ねる。
ううーん、今日のファーストヒットだったのに。この場所でヒットしてきたのだから、ネイティブだな。
今年最初のネイティブの反応か!?

ようやく魚の反応も得て、小移動を繰り返して探るもその後はノーヒット、ノーチェイス。
この支流は規模的にちと難しいので、移動。

次の支流へ、、、こちらは河川工事と雪代のダブル激濁りで様子見だけでスルー。

次は、ダメ元で本流へ。
河原は日当たりが良いので雪がおよそ溶けていますが、影になる山の斜面とか駐車場の残雪置き場などはまだまだ大量の残雪。
水は雪代が入っており、怒濤の流れ(^^;;;
釣れるとは思えんが、偵察だと思ってやってみますが、やっぱり釣れず・・・・
ま、そうだよね。まだ早いか本流は。
f0100885_2139276.jpg

またまた別の支流へ移動。
ここの川は、ちらほら釣り人の姿あり。少し前に成魚放流があったからね。
成魚が放流されている区間をスルーして、上流へ。
この時期に魚が入ってそうなトロ場を探ると。。。。を、1匹小型だけどチェイス。
魚は居ますな~
少しポジションを変えてスプーンをダウンクロスに投げる。
ゆ~っくりリトリーブしてくると、クン!! 来たっ!!
スィープ気味に巻きアワセ。かなり小さい魚が・・・・ どうやらチビアマゴ。何とかゲットです。
ぎりぎり15~16cmと言ったところか。体型からしてネイティブだろう。
やっとネイティブの魚が釣れました。チビですけど贅沢は言えん。
f0100885_21393734.jpg

さらに次に下流のピンスポットを通すと、ギランと銀鱗が閃く。
を~今のはちと大きい(と言っても22~23cmぐらいかな?)
針には触ってないので、もう一度来るかと思ったが、一回っきり。真っ昼間なので警戒心が強いからだろうか。

なんとか1匹釣れたのでボーズが無くなった。気楽な気分で移動しながら各ポイントを探ります。
初めて入る区間なので、どこからエントリーしていいのか判らず何度も行ったりきたり。
小さな堰堤があり、面倒なので護岸の上からスプーンを投げてみると、また銀鱗が閃く・・・しかしフッキングせず。サイズは20cm半ばと思われる。
もう1回出るか、、、と投げるも二度目はナシ。面倒くさがらずに護岸から降りて適正のアプローチしないとダメですね。横着はイケマセン。

夕方も迫り、移動してもう1箇所、支流を探ってみたがこちらは反応なく終わりました。




この日もボーズ回避が精一杯の貧果に終わりましたが、やっと天然魚の反応が得られたのが収穫だったかな。
まだ本流はもう少し先、支流がメインとなりそうですが。

今回は支流メインで回ったのですが、ベイトタックルの手返しの良さと、コントロールの良さは再認識できた。
支流、源流などの小規模の河川ならベイトオンリーで良いよ。
スピニングだと躊躇する狭いブッシュの隙間にも、ベイトタックルなら低弾道で普通にねじ込める(たまに失敗するが・笑)
河川規模が20m幅以上ある本流では、まだまだスピニングの方が良さそうだが、それ以下の規模ならベイトの方が使いやすい。
ピンポイントへの正確なアプローチは、スピニングよりも数段やり易いので、これからも出番が増えそうです。
ベイトフィネスを、もう1タックル、買おうかなぁ(リール、ロッドともに選択肢が少ないのが難点だけど)
[PR]
by sierra-outdoor | 2015-03-22 21:37 | 渓流釣り | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/23820605
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Churin at 2015-03-26 23:48 x
今年はベイトタックルにハマッたようですね。(^^)
しかし、まだまだ厳しそうですねえ。
私の渓流釣り転向は、かなり先になりそう。
Commented by しえら at 2015-03-31 13:35 x
Churinさん
ベイトタックルは、バス釣り時代に慣れ親しんだタックルでしたが、コントロール性能の良さは渓流というフィールドで再認識でした。
それに手返しが抜群に良いので。

今年は、川の中が春になるのが遅れているので、本格シーズンinは4月中旬以降でも良いかも?
<< 4/5 春の支流巡り 3/14 未だ雪の中の渓 >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism