10/24 そろそろ終焉の気配・・・
10月上旬までは、ヒジョーによく釣れていたメッキ戦線。。。。
しかし、そろそろ難しくなっていくるハズ。
その代わり、サイズも大きくなってるハズ・・・・

季節的な移り変わりとパターンを把握するためにもイカねば・・・ってことで、3週間ぶりにホームへと行ってみます。

朝、最初のポイントへ到着しましたが、やたらと波が高い~~~
遠く離れた台風25号のウネリが押し寄せてきているらしく、ちとこれは厳しそう。
ウェーダーを着用しても、波打ち際には寄れない。ましてや膝くらいまで立ち込もうなら、確実に波にさわられる(^^;;;
小一時間ほど、押し寄せる波に立ち向かって、やれるだけの事はやってみたものの、むわーったく反応ナッシング。
ベイトの気配も魚ッ気もなんにも無い。

次へ移動の前に・・・
ちょっと気になるポイントへ。
ここは内湾河口ポイントなので波も風もありません。鏡のような水面。しかしド干潮(^^;;;
ベイトの気配もないので、こりゃダメか、、、と思いつつ念のため投げる。
1投目でいきなりメッキ特有のチェイス!?
をぉ、これは居るか?? サイズは小さそうだが。
次のキャストでコン!!と当たったがバレた・・・・ その後、無反応。
どうやら居たのは1匹だけだった模様(^^;;;;

少し歩いた先でまたヒットしたがバレた。その後やっぱり無反応。
どうやら1匹だけの単独メッキが散在している模様。

もう少し歩いた先で、やっとマジメにヒット。。。。しかーし、小さいぞ。13cm級のオチビメッキ。

アタリも少ないし、釣れてもこのサイズっぽいのでこの場所は止めて、次へ。

移動した先では、見かけた事があるクルマが・・・・
Churinさんでした。少し前に、同じ方面にアオリ狙いで行く、という連絡は受けていたので、どこかで会うかな~と思ってましたが。
アオリはどうもイマイチっぽかったのでメッキ狙いに切り換えたけど、まだ釣れてないと言う。
この場所のポイントも一足先にChurinさん達が探って、まったく反応ナシだったと言うので、ここは一旦パス。
情報交換して、お互いに良い釣果を祈りつつ別れる。

まずは今回想定していた最南端ポイントまでイッキに南下して、そこから北上する作戦。

移動した先でも、ちょっと波がありますが、、、朝イチのポイントよりは低いウネリ。
しかーーし、なんか微妙に薄~く泥濁りっぽい潮。
ウネリで底荒れしたかな?? その割には、けっこう沖まで同じ濁り。雨の濁りでも無さそうだが。

小さな突堤の先端まで探ってみるも無反応。
先端に到達して足元を見ると木っ端グレらしき群れ。
今日初めてみる、魚の群れ。念のため、その近くに投げてみると~~~1匹、2匹追ってくる・・・
と思ったらその後ろにドドーっと20匹弱の群れが追尾!!
サイズは小さいものの、本日初めてのメッキ群発見!!
しかし、高さのある突堤の上からなので水面まで高低差がありすぎて、足元の魚はヒジョーに釣り難い。
こんな縦パターンに使えるルアーは、、、とルアーチェンジしてる間に、先程まで居た群れは消失・・・(^^;;;
あかんやん。
ま、秋のメッキは移動が早いし。
その後、濁った潮から魚の反応が消えた。。。。

次へ移動。
シーズン当初は、ぼちぼち釣れたが、この日は干潮でマズメも終えた時間帯だけあって、まったく無反応。
こりゃメッキは居らんわ(ハタ幼魚のみ釣れたが)。移動じゃ。
f0100885_23361040.jpg

次のポイントは割と深い場所なので、このド干潮でも何とかなるけど、どうだろう。
最初のスポットでは反応ナシなので、小移動。

カケアガリに絡んだスポットを探っていると、、、突然に24~25cmはありそうな良型メッキが急襲!!
ルアーの寸前まで猛烈にチェイスするが、、ギリギリの位置で少し逡巡したあと、プイッとUターン・・・・・(^^;;;;;
後ろに2匹ほど従えていたけど、その3匹の小群もアッと言う間に移動してしまい、次のキャストは空振り。

さらに探っていくと、足元にフラフラ~~とアオリの姿が・・・・
を~~けっこう良い型だ。800gはありそう。
でもエギなんて持ってないし、そもそも真っ昼間の波止の足元、水面直下に漂うアオリなんて釣れる訳がない。
いっそのこと、タモで掬った方が早そうであるが。
と思っていたら、目の前を3匹ほどのメッキの小群が通過。
一回投げてみたが、その中の一番小さいメッキが少し興味を見せたものの、すぐに姿が消える。
気を取り直して、係船されてる漁船の隙間を狙って遠投して何気なくアクションすると、いきなり突然にドカン!! とヒット~~~

をぉぉぉ~~突然来たな。しかもええサイズだ。
右に左へと走るメッキ。船の係留ロープがあちこちにあるので、これに絡むと厄介だ。
なんとかロープを避けつつ寄せてイッキにゴボウ抜き。
やっと、1匹、まともなサイズのメッキが釣れた。23~24cmぐらい。
先程見かけた3匹のうちの一番大きいなメッキが運良くヒットしてくれた。
しかし、その後はやっぱり無反応で移動します。
f0100885_23363086.jpg

昼食休憩を挟んで、Churinさん達が午前中に探ったであろう、ポイントへ行きます。
投げては歩き、投げては歩き、を繰り返すが、確かにメッキ魚影が少ない。
たま~~に反応があるものの、ルアーの寸前でギラッと反転するのみでフックアップしない。
一番端まで探ってやっとチビメッキが1匹ヒット。
そこから折り返して探って行き、最後の場所で1匹ヒットの1匹バラシ。
サイズも小さいし、なんだかショボショボの釣りしか出来ないな。

朝イチのポイントに舞い戻ってみたが、相変わらずのウネリ。
まずはウネリとは関係ない場所に入ってみると、突然ルアーに横っ飛びに近い反応で飛びついてきたメッキ。
その後ろに10数匹は付いている!!
こりゃ群れを見つけたか~~と思ったのだが、相変わらず移動が速くて次のキャストではもぬけの殻。
足を使って右に左にいろいろ投げ倒して、1匹追加の1匹バラシ。
どうやっても、移動の速い群れを足止めできないですね(^^;;;;
f0100885_2336498.jpg

最後に悪あがきでウェーダー履いて、再びウネリに挑みましたが、、、やっぱり何も反応も無く終わる。

ココまででたったの6匹・・・・
さてどうしよう。
9月上旬以来、ぜんぜん訪れていない北にあるポイントが気になり、夕暮れマズメも迫っているので、そちらに大きく移動。
しかーーし、せっかく移動したのに、移動先では、今まで以上にメッキの魚影なし。
正確に言うと、500円玉サイズの超小さいメッキ群は居ましたが・・・・苦笑
って事で夕マズメは、思いっきり空振りしてしまい、そのまま終了~~~

本格的に晩秋パターンになったようで、あれだけ沢山いたメッキ達は、今までと同じ釣り方してると、殆ど釣れなくなってきてます。
[PR]
by sierra-outdoor | 2015-10-24 23:33 | 海の釣り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/24640393
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 11/07 高速代を節約する釣行 10/10~11 2015_南... >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism