03/19 超久しぶりの芦ノ湖
3連休中日。
前日の秩父釣行で疲れたとは言え、そこは釣りバカ、釣りのためならエンヤコラ。
多少の睡眠の後に朝4時台の始発電車で向かいます(笑)

行き先は芦ノ湖。

超久しぶりです。
以前は現地に釣り仲間が居た事もあり、芦ノ湖に春と秋にけっこう通ったのですが、最近はトンとご無沙汰。
それでも何となく現地事情は判っている??ので、何とかなるでしょう。

東海道線に揺られながら朝日が登ってくるのを眺めつつ、小田原着。
ココから箱根登山バスで箱根を登って、朝7時半ころに到着~
(始発電車でも、この時間に現着が精一杯)

標高の高い芦ノ湖なのですが、当日は快晴、それほど寒くもなく、バス停を降りて湖畔を歩く。
既に陸ッパリで釣ってる人たちもチラホラいらっしゃる。
ただ、確実に釣りたかったので手漕ぎボートを借りることにした。

ボート屋のおばちゃんが「このスプーンが釣れる!!」と超オススメのスプーンを1個購入し、ポイントも聞いていざ出撃。
まァ出撃と言っても、ボート桟橋からせいぜい100~200mの範囲内なんですけどね(^^;;;
以前は仲間とシェアしてエンジン船を借りてましたが、単独でもあるので手漕ぎでお安く楽しみましょう。

風はほぼ無風、天気は快晴。釣り日和というか観光日和ですな(^^;;;;
f0100885_21151609.jpg

放流はされているようだが、かなり深い層を回遊しているらしい。
10mほどの水深の場所にアンカリング。
そこから四方八方に投げる・・・・ アタリ無し。
回遊ルートから外れていると、この釣りは釣れない。魚探があれば、まだ絞り込み易いのだが、魚探もないので周囲をよ~く観察する。

少し沖合のボートの2人連れがヒット!!
を、けっこうデカそうだ。。。。遠目に見てもまぁまぁサイズ(50cmくらいか?)のマスが釣れたよう。
そのすぐ後にもバラシがあったみたい。
あちらが回遊ルートかも・・・・・

少し移動して、やや沖合に再びアンカリング。
またまた四方八方に投げていると・・・・とある方向に投げたスプーンをスローリトリーブしてボート際でピックアップする寸前、後ろから魚がチェイス!!
同じ方向にもう一度キャスト。ボトムまで沈めてユ~ックリとリトリーブしてくると。。。。

コン、ココン!!

来たーーーっ

ロッドのティップに重みが乗ったのを確認してアワセると。ヒットだ。
中層でヒットしたので底へ底へと潜ろうとする魚。
それほど大きくはない・・・・じわじわと寄せてきて、、ネットも持ってきてないのでバレる前にボゴウ抜き!!
f0100885_21144577.jpg

釣れたのは35cmほどのコーホーサーモンかな。
この魚をリリースしていると、周囲のボートでも竿が曲がっている。
これは群れが入ってきたか??

10mほど離れた場所で水面で小さくモジリが出る。
その向こう側に投げると、すぐにヒット。
しかし、アワセがやや早すぎたせいかすぐにバレた・・・・

また少し離れた場所でライズと言うかモジリが出る。
エイ!!と投げて沈めて、スローリトリーブしてくると、、、ゴン!! 来ましたねぇ。
ちょっとサイズダウンだがニジマス。

その30分後にもヒットして同じサイズのニジマス。

爆釣ではないが、ボチボチとヒットが続いてイイ感じですね~~
こりゃツ抜けも難しくないか・・・・と思ったのですが。

朝9時を過ぎた頃から、観光客のお出まし。
スワンボートに乗って、バチャバチャと湖面に漕ぎだして、鬱陶しい(^^;;;
そして、このスワンボートが出だした頃を境に魚からの反応が途絶える。
f0100885_21152245.jpg

昼前まで頑張ってみたものの、朝の1時間ぐらいだけしか魚の反応が無いため、昼食休憩も兼ねて昼過ぎに一旦、上陸。

好天の3連休中日、関東屈指の観光地箱根。
芦ノ湖界隈も大賑わい。
帰りのバスをいつにしよう、、、と思いつつバス停に行くと、、、「本日は道路大混雑のため定刻運行が出来ません」の張り紙。
箱根登山バスの窓口に話しを聞きに行くと、小田原から箱根まで渋滞が酷くてバスがなかなか上がってこれないとの事。
バス停で待って、来たバスに乗るしかないが、出来る限り早めに降りることをオススメします~との事。

コンビニで昼食を買って、湖畔を眺めながら食事をする。
ふと見ると、朝、バス停を下りた近くで陸ッパリをしていたアングラーが、まだ釣りをしている。
話しを聞きに行くと、、なんと朝から既に15匹も釣っていると言う。
マヂですかい(^^;; コッチはボートから釣ってるのに3匹しか釣ってないゾ。
話しによると、前日は放流直後だったので朝イチで30匹くらい釣れたとか。

狙うポイントが間違ってなければ、陸ッパリでも釣れるのね。

これでやる気が出て、ボート桟橋に戻って再度出撃。
多数のボートがひしめくポイントに入って、すぐに1匹、ニジマスが釣れたが、その後、やっぱり沈黙。

16時になって、そろそろボートも終了時刻になったので、いったんボートを返却。

すぐに、さきほどの陸ッパリのアングラーを探したが、もう帰ったのか移動したのか、姿は無かったけど、同じように陸ッパリのアングラーがちらほら居る場所でスプーンを投げる。
すると、コン!!
乗らなかったけどバイトだ!!

続けて投げる。また、小さくバイト。。。。しかし、これは超ショートバイトで乗らない~

でも、魚の反応があればヤル気は出てくる。
続けて投げる投げる。。。。コン、コン。。。。まだまだアワセない。。。。コ・・コ・・グン!!
重目のバイトをスィープ気味にフッキングして、乗った!!

ボートからよりも少しサイズダウンだが25cmくらいのニジマス。
な~~んだ、陸からでも釣れるじゃん(^^;;;
f0100885_21152654.jpg

その後、1匹追加の、2バラシ。バイト数はもう少し多め。
ボートで釣っていた数時間よりも、陸っぱりの1~2時間の方がアタリは多かったという事実(苦笑)

そんなこんなで夕暮れまで芦ノ湖湖畔で粘っていたので、、、当然、帰りのバスは大変。
中途半端に明るいうちよりも夕暮れの方がバスが空いているのではないか、と勝手に思い込んでいたが、考える事は誰もが同じ。
すでにバス停は長蛇の列。

目の前の道路は大混雑で、車もなかなか進まない。
結局、1時間半近くバス停で待った後、小田原駅行きのバスはなかなか来ないので、箱根湯本駅行きのバスに乗る。
ギュウギュウ詰めのバスに乗った後も渋滞でなかなか進まないが、さすがに地元バス会社。
大混雑の箱根新道やターンパイクを尻目に、旧街道を走って、湯本駅までは意外に早く到着。

そこから箱根登山鉄道を経由して小田原駅へ。
そして往路と同じく東海道線で帰ってきたのでありました。

関東圏の観光地は、まぁ混雑がスゴイですな。
車を使わず、公共交通機関だけの釣行も、荷物の量や時間的な制約があって大変なのもよく判りました。
そんな大変な一日でしたが、久しぶりの芦ノ湖、それなりに楽しめた1日でありました。


[PR]
by sierra-outdoor | 2017-03-19 21:27 | 渓流釣り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/27702909
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 最近は・・・・ 03/18 全国制覇・埼玉県編 >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism