09/02 イブニングは紙一重
2回目のホームエリアの釣りです。
まだまだ今年の状況がよく判ってないので、リサーチがメインです。

当日は台風15号が本州南海上にあり、本州東海上を北上するタイミング。
距離は離れているので、直接の影響は無さそうですが、風と波は影響あるカモ・・・・
やや不安もありますが、前回より少し早めに出発し、ぼちぼちと下道を走って朝6時前に現着。

最初のポイントは湾奥に位置している事もあり、無風、凪状態で台風の影響はありませんので、ホッと一息(^^;;

手早く探っていきますが・・・・うーん、生命反応がない。
群れが入っていないカナ、コレは。
周辺のスポットも新規開拓すべくアクセスルートを探しますが、ルート選択を誤ってヒドイ藪漕ぎをした挙げ句に
濃密な藪と泥濘を前にして、目の前の目指すスポットに到達できないというミスもあり時間を浪費(^^;;;

朝のジアイの時間も少ないので次の2番目のポイントへ。

こちらは期待していたのですが、台風の影響が若干あり、斜め横方向から風が吹きつける・・・(強風ではないが)
ライトタックル故に横風には弱いので、障害物にPEラインが絡まないように注意しながらキャストしますが、、超マイクロメッキが1匹だけ追ってきただけ。。。。ありゃりゃ・・・ココは何かしら釣れて欲しかった。

3つ目のポイントに移動。
こちらは、風の通り道らしく、さらに少し風が強い・・・
潮が下げ潮でガンガン流れているし、ベイトも豊富なのだが反応があるのはダッツーのみ(歴戦のDコンをダッツーに捕られた・・泣)
移動です。

4つ目のポイント。
既に朝マズメと呼べる時間帯は過ぎ去りつつあり、まだまだ暑い太陽が照りつける。
潮もかなり引いてしまった。
船溜まりで、やはり超マイクロ君の群れはあり、果敢に追ってくるが、、絶対に釣れないサイズ。
お兄さんお姉さんを呼んできて欲しいな(苦笑)

5つ目のポイント。
湾奥で風の影響が少ない地形のせいか、風裏となっているためか、意外と釣り人が多い。。。
エサ釣りとイカ狙いかな。
ここでもメッキの反応は乏しい。
ライトタックルでは届かない沖目でパパパッとナブラが一瞬だけ湧く。
今回持ってきている一番強いタックル(と言ってもベイライナー68ですが)でDコン遠投しますが微妙に届かん。
届いてもメッキじゃないかもなぁ・・あれは。(ソーダガツオか?)

6つ目のポイント。
すでに真っ昼間、ド干潮。。。釣れる気配ゼロ(^^;;;
メッキの姿もナシ。。。と思ったら、足元にフラフラと1匹だけメッキさんが泳いでいらっしゃる。
キャストすると、一目散に追いかけてきて、チョコマカとトゥイッチ入れたら一発でヒット!!
ホッ、丸ボーズ回避(苦笑)
f0100885_22144783.jpg


しかし、単独メッキだったようで、後が続かず、ココにもダッツー多数。。。退散です。

7つ目のポイント。
比較的大場所かつ、例年なら安牌ポイントなのですが、今年はダメっぽい。前回、ちょっと様子見したけど釣れる気配が無かった場所。
まったく期待せずに偵察してみる。
前回よりは潮色は回復しているが、やっぱり反応ナシ。
やはりココはアカンか~~と思いながら次へ移動。。。の前に、ちょっと気になるピンポイントの横を通過するので、念のため探る。
小さなカケアガリを探ると、、、相変わらずのダッツー、、いや、一瞬だけミノーの横で閃いてボトムに戻ったあの銀鱗は・・・メッキか!?
もう一度、丁寧に投げて誘うと、ワラワラっと10匹弱のメッキ群がチェイス!!
を、今日初のメッキ群発見!!

しかし真っ昼間なので、一瞬だけ追うがルアーに肉薄する前にUターン。
ちょっと手強い・・・
こんなシビアな状況に強いルアーにチェンジ。
慎重にアクションを加えると、、再びチェイスしたメッキがヒット!!
よしよし、やっと2匹目か。
f0100885_22144755.jpg


群れはすぐに移動してしまった様で反応が無くなった。
でも、潮色は回復してるし、真っ昼間にこの反応なら、マズメ時なら期待できるカモ・・・・

正午近くになり、大きく移動。

昼間でも潮さえ動いていれば、そこそこ反応があるハズのポイントへ・・・・
上げ潮が動いていると期待しつつ、苦労してポイントへイン。。。。
し、か、し、期待通りの潮の動きとはなっておらず、そのくせ台風の影響による横風強し・・・
偶然にハグレメッキが1匹ヒットしたのみ。

朝6時頃からお昼まで午前の半日かけて、たったの3匹のチビメッキ。
群れは、ほぼ見つからず、単独メッキの姿すら見れないとは厳しい~~~

次はダメだろうと思いつつも、外海に面したポイントへ。
ヤッパリ予想通りに台風のウネリが押し寄せており、釣りになりそうにない。
ウネリの影響の無さそうな小場所は、、チラホラと同業者あり。
いつも、こんなに同業者は居ないのだが、外海が波浪で釣りにならないので、こっちに逃げてきている釣り人が多いのかも。

またまた大きく移動。
今シーズン初めて入る場所ですが、、ここもウネリが入ってきてシャローが荒れ気味。
メッキの姿皆無、居るのはダツのみ。
あかん、移動やーー

そろそろ夕方ジアイが近づいて来た。
満を持して本命ポイント。
しかーーーし、ここもウネリの影響が・・・・シャローが濁ってしまっている。
ベイトも寄りそうにないし、ダメだ。
当然、投げても何も釣れる気配ナシ。

この場所は期待していたのだが、、、やはり台風が遠いとは言え、最接近のタイミングで釣行はアカンのか・・・

大急ぎで、さらにさらに大移動。
昼間、唯一、好感触だったあの場所へ、ダメ元で移動します。
すでに夕マズメの時間帯に入っているので移動時間が勿体ないが、場所を変えないと釣れそうにないし。

17時過ぎにようやく到着。
ここは風や波浪の影響も無いです。

夕マズメ対策タックルで、投げる・・・・を、反応があった?
もう一回、、、バシャン!! 出たッ!!
この日、一番のファイトで横ッ走りするのをいなしつつ寄せてゲット。
20cm台に届くナイスなメッキだ。

f0100885_22182513.jpg

この魚が一発で反応してくるとは、、、これは群れが入っているナ。
次のキャストでも、バコン!! ドバッ!! 水面炸裂~~
ヨシヨシよーーーっし(^^)
なんとか丁寧に釣って、最低でもツ抜けはしたい。

5匹、、、6、、、7、、8、、9、、、、、10! ツ抜け達成
f0100885_22182667.jpg

f0100885_22182660.jpg
f0100885_22182557.jpg
これでもう安心?
大胆に攻めて行きます。
メッキもさらに活性が上がって、ゴン!! バシャ!! 連続でバイトがあり、弾いてしまってフッキングしなくても、次のアクションでまた喰ってくる高活性。

前回と同様、、いや、前回よりも活性は上か?
サイズが20cm台、10cm半ば、10cm前半と、珍しくサイズが入り交じって釣れてくる。
f0100885_22225685.jpg

最初はギンガメ主体だったのが、少しポジションを変えると、カスミが連発~~~
f0100885_22224645.jpg

f0100885_22224649.jpg


1時間強の時間だけで合計33匹。忙しい釣りでした。
日が没して薄暗くなると、だんだんバイトしてもフッキングしなくなり、そのうちバイトも無くなり終了~~~

結果的に夕方の移動が功を奏して前回を上回る結果となりましたが、実質夕方の1時間のみバホバホ、他の時間帯はスカスカと言う極端な釣れ方。

夕方のポイント選択を間違えると大貧果で終わる可能性大、紙一重でした。

前回に引き続き、夕方爆発に遭遇できましたが、狙ってたポイントはダメで、たまたま偶然の要素が非常に強い。
まぁ朝6時から16時にかけて、釣れなくてもいろんなポイントを偵察したので夕方のポイント絞り込みにプラスした結果とも言えますけど。

結果的に釣れればヨシ、ではありますが、昼間の時間帯にも、ある程度は釣れてくれないとネェ。不安で不安で(^^;;;

昼間、メッキ達はどこに潜んでいるのか、これを探る必要があります。


[PR]
by sierra-outdoor | 2017-09-02 22:12 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/28123773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Churin at 2017-09-08 22:42 x
最後に大逆転でしたね。
色々とポイントを知っている人は強いなあ。

この状況だと、私はかなり苦戦しそうです。(^^;
Commented by しえら at 2017-09-10 18:49 x
今年は、このパターンばかりですね~
結局は、足で稼いで各ポイントを回って、その日の良さそうな場所を、ケースバイケースで絞り込んで行くしかないですネ。
<< 09/09 LINEでバトル 08/19 今シーズン最初のホ... >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism