メッキ開幕戦、完封負け
今シーズン最初の南紀でのメッキ釣り。
潮が悪い(長潮)のは承知の上、サラリーマン釣り師は潮が悪くても天気が悪くても行ける時に行くしかないノダ。
午前中に出発したものの、朝9時を回っていたので道路は何処も混雑。
最初っから高速に乗ると楽だけど、お金がかかる。
ある程度のところまで下道を走って、一番効果的な区間だけ高速に乗る。

14時半ころに最初のポイント到着。
ドピーカンで暑い暑い。水は澱んでいて釣れそうにない。
案の定、反応なし。
小さな川の流れ込みを見に行くと、チラホラとメッキが姿を現すがサイズが小さい上に活性もイマイチでチェイスはあるけどバイトせず。
足場が高いので誘いのトゥイッチも満足に出来ないのでしょうがないのだが。

それでもあまり期待してなかったポイントでそこそこ反応があったので、これなら夕マズメなら有望ポイントなら釣れるだろう、とこの時点では楽観視してたのだが。

夕マズメになり、満を持して有望ポイントに入ったのに・・・・・
なんと全くの無反応。現地合流のK五郎君に1、2匹ほど釣れたのみ。なんでやねん。
もう一カ所、移動して様子を探ったけど、こちらも全くダメ。先行してた人に状況を聞いても全く釣れないとのこと。
こりゃ困った、9月のメッキ釣りはもっとも数が釣れる筈の時期なのに。
日暮れまで粘っても結局ノーフィッシュの完封負け(丸ボーズ)
こんな事なら最初のポイントで、真剣に粘って1匹でも2匹でも釣っておけばよかったとは後の祭り。
この日は車中泊の準備までしてヤル気満々で来たけど、暗くなっても生命反応の乏しい海を前に戦意喪失。
潮が悪いのか腕が悪いのか、魚のやる気がないのか、そもそも居ないのか?
よく判らんけど、とにかく釣れない、釣れそうな気配が感じられない。
この打ちひしがれた心を癒すには、何か魚を釣る以外方法はない。

この翌日に釣友のFマスさんがジギングで出ることを知ってたので、急遽、そちらに合流することにして船宿に予約。
翌日の行動が決まれば、もう帰るしかない。
現地を後にして、夜の道を帰途につく。
[PR]
by sierra-outdoor | 2006-09-02 21:16 | 海の釣り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/3247262
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 癒しのジギング?? ジギングで狙うタチウオ、アジ >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism