2/22 伊良湖水道
平日ではあったが、天気が穏やかであることが予想されたので、会社の休みを取って、ジギングへ。
久々のありもと丸に乗船。

朝、6時半に港に到着。すでに他のお客さんは準備している。
さっそく着替えて準備して船長に挨拶して乗り込む。
出港してすぐにポイント到着。港のすぐ前から始めるらしい。
狙いはシーバス。水深は浅くて20~30mほど、潮もそんなに速くないので、ベイトのコウナゴに良く似たスキルジグをセット。
ボトムまで落として、のたりくたりとユックリめのジャーク。
するとコン!!と小さくバイト、そして食い上げ。慌ててフッキングするが空振り(^^;;;
その次、ジャークの間にステイさせたら「コンコン!!」と小さくバイト。そのまま待ってるとグング~ンと軽くだけど竿先を持っていくのですかさずアワセる。乗った!
さほど大きくはなさそうなのでイッキに勝負を付ける。
シーバスジギングは寄せるまでは苦労しないが、船縁まで寄せてから気を抜けない。
シーバス特有のエラ洗いを許すと、重さのあるジグはすぐにフッ飛んでフックアウトになってしまうからだ。
船長がネットを持って駆けつける。そして遊ばせずにサクッとランディング成功。
私としては出足好調だ。
その後もショートバイトが何発か続くがフッキングできずに終わる。
f0100885_22474438.jpg

9時ころになり伊良湖水道へ船は移動。
まずはタコ狙い。。。しかし私はタコは眼中になかったのでタコジグを持ってきてない(^^;;
あり合わせのオモリ60号に一個だけあったエギをつけて落としてはみるもののタコからの反応は無し。でも同船者の人はタコを釣りあげた。

1時間ほどタコ狙いのあとは、お楽しみのカサゴ。
私はカサゴフェチなのでR。
オモリは40号、それに自作の胴付き仕掛けにワームをセット。
これをボトムまで沈めて、ボトム付近でユラユラと誘うのだが、、、この日はどうもカサゴの活性が低いのか、潮が早すぎてピンポイントに船が流れないのか、いまいちアタリが来ない。
なんとか3匹ほど釣ったけど、サイズ小さいし。

昼過ぎになり、海は相変わらず穏やかで風も弱く、太陽は照りつけるので暑くなってきた。
船長はポイント移動を告げて、伊良湖水道の真っ只中へ。
そこには沢山の遊魚船が集結している。
ここでも狙いはシーバス、運がよければマダイ。
ただし潮が早いため、けっこう流されボトム着底を感知するのが難しい。
根掛かりも頻発する。
それでもしばらくして同船者にシーバスがヒット、続いてマダイもヒット!!
これで俄然ヤル気がでた。
赤金のジグで釣っていたので、私も赤金にチェンジ。
でフォールさせて、最初のジャークでグン!と重くなる。アワセるとフッキング成功。
そんなに大きくなさそうなのでゴリ巻きすると上がってきたのはシーバスでした。
私の魚をランディングしているとミヨシで釣ってた人の竿が大きく曲がる。
上がってきたのは、でた~~って感じの大鯛だ。こらデカイわ。
なんと8kgオーバーの巨鯛でした。こんなのが伊良湖水道には居るんだねぇ。
そうして、沖上がりを迎えたのでした。

タイが釣れていたらよかったのだが、まぁ簡単には釣れないので、また次回のお楽しみとしておこう。
[PR]
by sierra-outdoor | 2007-02-22 22:23 | 海の釣り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/4677978
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< クロスカントリースキーとスノーシュー 2/12 ワカサギ釣り >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism