ホーム河川、解禁
4月になり、ホーム河川の根羽川が解禁になったので、ちょっとヒマになったこの日、会社を休んで、年券を購入しがてら釣りにでも行こう。
現地到着は12時すぎ。ちょうど桜が5分咲きから7分咲きといったところか。
水温は11度ほど、まぁまぁ程よい水温だが、ちょっと水位が低いかな、、、最近雨降ってなかったからなあ。


漁協事務所で年券を購入し、いざいつも始めるポイントへ。
小手調べで目の前の流れにミノーを通すと、、、、早くも2投目にヒット!!
13cmぐらいのチビアマゴであった。
綺麗な体色と、ピンと張ったヒレ。昨年の稚魚放流が年を越した魚かな?

そこかしこのポイントから反応があるが、チェイスしてくるのは13~15cmほどの魚ばかり。
ポイントを移動して、次に釣れてきたのはヒレが丸まった解禁時の成魚放流個体。
どんどんポイントを移動しつつ、チビアマゴを数匹ほどGetした。
f0100885_1040428.jpg

夕方が近づき、もう小型はいいので、せめて20cmオーバーを、と思いいつも夕マズメに向かうポイントへ移動。
ここは大型の個体が多いところだが、なかなか簡単には釣れない場所なのだ。
ダウンクロスにミノーを投げて探っていく。ときおりギラっと銀鱗が閃くのだが、フッキングしない。
活性がイマイチなのかな・・・・・・・・
とある淵に来て、淵尻へダウンクロス気味にミノーを投げる。軽くトゥイッチを織りまぜてリトリーブしてくると、ミノーの後ろにやや大きめの影が!
ヒットだ!!
押さえ込むような軽いショートバイトだったので、巻きアワセで対応する。ちょっと今までのサイズよりは大きいかも・・・・慎重に寄せてきたら、をぉイワナだ。
足元の浅瀬まで寄せて、メジャーで大雑把に測ったら、、、28?29?cm。
泣き尺クラスか?もっと丁寧に測れば30にギリギリ届くかな??
とりあえずデジカメ写真を、、、と懐にいれてあったデジカメを取り出そうとしたら、イワナが暴れだした。
でもフックはしっかり掛かっているので大丈夫だろう、と思ってデジカメ撮影準備を優先させていたら、イワナが一跳ねしたと思ったら、フックが外れてハイさよなら~~~
あ~~~~せめて写真撮らせてくれぇぇぇ、と言っても後の祭り。流れの中にイワナは消えて行きました。
写真撮れなかったのは残念だが、多分、尺にはギリギリ届いてないだろう。
本当の尺イワナは精悍な顔つきしているのだが、まだ少しおとなしめの顔つきであったし。
ホーム渓流の初釣行で泣き尺クラスに会えただけでもヨシとしておこう。
[PR]
by sierra-outdoor | 2007-04-12 10:16 | 渓流釣り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/5139541
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< バチ抜けの季節 若狭湾ジギング >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism