4/12 春の栂池高原
今シーズン最後になるか?
スノーシュー&スキーのため、白馬は栂池高原にやってきました。

これまでの長い?スキー人生の中でも、ナゼか栂池には縁がなく、今回が初めて栂池に来たのでした(過去一回だけ、ナイターだけを滑りに来たことあったけど)

もう4月も半ば。道路には雪はまったくありません。白馬エリアに入ると路肩には溶け残りの残雪があるのみ。
栂池高原スキー場のゴンドラ乗り場に到着すると、、、をぉ!!予想に反して意外にもスキースノボのお客さんが多い。
ゴンドラ乗り場に直結した駐車場はほぼ満杯です。なんとか隅に駐車できましたが。

栂池高原スキー場としては、営業してるのはゴンドラと、最上部のリフト2本のみ。
麓はほとんど溶けております。残った雪を渡りつないで、ゴンドラ乗り場までスキーやスノボで下りてきてる人もいましたが、まともには滑れないですね~~~~
(もちろん、途中のリフトも営業は終わってる)

さて。
ゴンドラでゲレンデ最上部へ。ここまで来るととりあえず雪はたんまりあります。雪質は悪いけどね。
さらに、早春営業しているロープウェイに乗ります。
ロープウェイは、バックカントリーに入る人向けなので、形式上だけでも登山届けが要りますので、乗り場で登山届けを書いて、片道切符を買います。
ロープウェイはものの数分で終点駅に到着し、出口前で係員の人に説明を受けます。
国立公園内のエリアなので、規則がちょっと厳しい(と言っても1~2分で終わる説明。立ち入り禁止エリアの説明が主なところ)

ようやくやってきました、栂池自然園。
まぁこんなトコロですわ。以下の画像をご覧あれ。
f0100885_1114210.jpg



f0100885_11141552.jpg

膨大な積雪。もともとは高山湿原地帯らしい平地ですが、雪で埋もれてます。
埋もれている立ち木の様子から推定積雪は4~5mかな。

このエリアを訪れる人は、ほとんどがバックカントリースキー&スノボの人達。
ザックにスキーやスノボを担いで、スノーシューを使って自分の足で登って下りてくるのです。
バックカントリーも大変だわ、こりゃ。一度やってみたいのですが。

我々はスノーシュー。
スノーシュー専門の団体さんもいらっしゃいます。たいていはガイドに連れられてやってきます。
自然園に入り、左手にある標高1900mのピークを目指します。
このころになると太陽がさしてきて、登ると暑い暑い、汗だくで、アウターウェアは要りません。

小高い1900mのピークに登ると、栂池自然園全体がよく見えます。
正面には、ドドーンとそびえる白馬乗鞍岳。
f0100885_11193542.jpg

景色を堪能して、下りに入ります。
帰りはロープウェイは使わずにスノーシューの徒歩で栂池スキー場のゲレンデを目指します。

つづら折れの林道を歩いて下ります。
同じくロープウェイであがったスキーヤー、スノーボーダーも帰りはこの林道を使って下りてきます。
スノーシュー組は、林道をそのまま歩くのはもったいないので、途中、安全なところで、ショートカットして、恒例の尻セード大会(笑)
ヒップソリでズズズ~~と斜面を滑ります。とても面白い。苦労して登ったあとのささやかな楽しみですね(今回は登りはロープウェイなのであまり苦労してないけど・笑)
緩みかけた春雪なので、これが適度なブレーキになって急斜面でも安全です、って言うかこの雪質だと緩い斜面では尻セードが出来ないし。

尻セードを楽しみながらゲレンデまで戻って、いったん下りゴンドラまで駐車場まで戻り、スノーシューからスキーに換装して、再度上りゴンドラで戻り、スキーを楽しみます。
大多数の人は、営業リフト内のゲレンデでスキースノボを楽しんでます。
でも雪質はやっぱりベタベタ。海の中で滑ってるみたいですよ。
滑るのも大変です、コケたら全身ベタベタになるし。
リフト3本分だけスキーを楽しんで、再びゴンドラで下山しました。
下りゴンドラを使わずに残った雪を探しながら麓まで降りる人もいますが、リフトも営業してないしゲレンデ整備もしてないので、自己責任です。
とんでもない所に間違って降りると、その先は雪がなく、板を担いで歩く羽目になりますのでご注意。
4/12現在で最下部ゲレンデは殆ど雪がないので、この後は完全に滑って降りるのは無理かも知れません(途中から歩いて下る覚悟がいります)
[PR]
by sierra-outdoor | 2008-04-12 23:03 | ウィンタースポーツ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/7839982
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by つりらー at 2008-04-14 23:36 x
しえらさんこんばんは
まだスキー場にはこんなに雪がたくさん残っているんですね。
犀川本流のレインボーいいですね。
ちょっと遠すぎるのが難点です。
そろそろ地元もいいでしょうね(^^)
Commented by しえら at 2008-04-15 21:44 x
こんにちは、つりらーさん
豪雪地帯の白馬のさらに標高1700~1900mのあたりですのでね、今でも雪はたんまり残ってます。
この雪が溶けて、雪代になったり、地下水になったりして、トラウト達を育むんですよね、きっと。
犀川は魅力的な川なんですが、たしかに遠いです。それに大本流の釣りに慣れてない私には魚の付き場が判りません(^^;;;修行せねば~~
地元のレインボーも今年は挑戦してみます。大本流は苦手の私に、はたして釣れるのか?
<< 4/15 飛騨川水系 4/5 飛騨川水系 >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism