4/29 久々の山岳渓流は疲れる
前回の釣行が昼前現着だったにも関わらず、そこそこ釣れたので、味をしめて朝から行けば、きっと釣れるだろぉ~なんてトラぬタヌキの皮算用の釣行となりました。

いつもの飛騨川水系へ朝6時すぎに現着。
まずは手堅く1匹を狙って、前回魚影の濃かったポイントに入るが、、、、1チェイスのみ。
あれれ・・・・水温は10℃。もう少し水温が上がらないとダメかなぁ。
ポイントを小移動して、そこでは1バラシのみ。あとヤル気のないチビアマゴのチェイス少々。
まぁ、でもそのうち釣れるだろう~~と思って、目ぼしい場所をランガンしますが、まったく反応がでません。
うーん、なんでだ??渓相も抜群で水色も良さそうなんだけどなぁ。

幅広くいろんなポイントを探るもノーバイト、ノーチェイスの時間が続く。
トラウトは基本的には午前中がジアイなのだから、ちょっと焦ってきた。
上流部にまで上ってみたが、釣り師多数、足跡多数で、釣りにならず。
時間はもう正午前、、、、ヤバイ。
やむを得ん、今まで入ったことがない源流部に偵察を兼ねて行ってみよう。

友人の話では、上流部は本格的な山岳渓流となり、川沿いの林道もないので、慣れた人でないと単独入渓はチト無理かも??と言う。
とりあえず行くだけ行ってみて、ダメそうならそこから引き返そう。
林道が川から離れていく場所に車を停めて、遡行開始。

いきなり出くわす、高難易度のポイント。どやって攻める、ちゅーねん、こんなの(苦笑)
f0100885_1021115.jpg

さらに堰堤の高巻きが続き、ヤブを突破する。うーん、これは釣りそのものが難易度高い。
比較的真新しい足跡もあり。こんな場所でも来る人は来るよねェ。
しばらく我慢の遡行が続くが、とある小さなポイントに投げたミノーのすぐ後ろにチェイス!!
そしてヒット!!
やっと釣れたぁ。イワナでした。飛騨川水系では今年初イワナです。
デジカメ撮影しようと思ったら、ポチャンとお帰りになられて、撮影不可。
でも、その次のポイントでもヒット!!
やっと撮影出来ました。
f0100885_10262684.jpg

透き通った綺麗な水と、綺麗なイワナ。山岳渓流の醍醐味ですな~
ちなみにサイズは20cmほど。ま、それほど大したサイズではないけどね。
その次でもヒット!!やや小ぶりの15cmほど。

この水系は本来、ヤマトイワナ系列なのだが、この谷の魚はネイティブなイワナだろうか?
それとも放流によって他河川系列の血が混じっているかなぁ。
微妙なところだが、朱点が多いのでヤマトっぽい??日頃見慣れているニッコウ系とは違うよな。
その後もポツポツとチェイスはあるものの、慣れない小場所でのアップストリームの釣りなのでヒットさせられず。
こんな場所はフライの方が有利かも。次は年に一度振るか振らないかの、フライタックルを持ってくるかな。
f0100885_10313618.jpg

遥か源流の山並の山頂付近に小さく雪渓も見える(上の画像にも写ってるけど、、、ホンの小さく白く見えるのが雪渓)
とある場所で粗末な丸木橋があり、そこに林道から入ってくる小さな道(道と言えないくらいだが、明らかに人が通っている跡)があった。
その場所から反応がなくなったので、きっと先行者がココから入ったのだな、と判断。
これ以上、遡行しても帰りが大変。久々の源流釣行でチト疲れたし(苦笑)
とりあえずなんとか魚の顔が見れたので引き返すことにしました。

その後、下流に戻りつつ、各ポイントを探ってみましたが、たまにあるバイトをモノに出来ずに終わりました。
う~~む、この川は(特に本流域は)難しい・・・・・・
[PR]
by sierra-outdoor | 2008-04-29 10:04 | 渓流釣り | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/7967868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by つりらー at 2008-05-01 17:07 x
しえらさんこんにちは
釣行お疲れ様でした。
源流・・・・
既に行く気力が・・・・((+_+))
しかしキレイな渓ですね。
近くの飛騨川にもこんなキレイな渓が存在するんですね~。
Commented by しえら at 2008-05-01 22:48 x
今日は、どうもでしたぁ>つりらーさん
サテサテ、源流釣行は私も久しぶり。去年は殆どやってなかったかな(里川ばっかりでしたので)
終わった後は、ちょっと足に疲れが来てました。
でも、たまには人家を離れた源流の雰囲気にひたるのもイイもんです。
釣れる釣れないは二の次で(って、釣れた方がもちろんEですけどね)
Commented by Churin at 2008-05-01 23:11 x
今回は源流部にも入ったんですね。
下流部、といっても数キロ下流とは、ずいぶん感じが違うでしょう?

あそこで釣れるイワナは、ヤマト系が多いです。
しえらさんが釣られたのも、たぶんヤマトイワナでしょう。
小さいうちは白点が目立ちますが、大きくなると模様が無くなり、朱点だけになりますよ。
Commented by しえら at 2008-05-02 00:03 x
たしかに、数キロの差で随分と景色も流れも違ってますね>Churinさん
噂通り、水は綺麗で透き通ってました。あのまま谷の水も飲めるかな?
次回は、もう少し大きめのヤマトを釣りたいですね~出来れば潜水艦サイズを(笑)
Commented by JYI at 2008-05-02 22:08 x
こんばんわ、
源流部は気持ち良かったでしょ?
南の付知源流とまでは行かないまでも
綺麗な水と空気だったでしょう。(^○^)
地元名:ソウタケ(ヤマト)にも会えたみたいだし
良かったですね。

白川本流は渋かったですか?
写真に写っている付近は今の時期ちと渋いかも?
以前は、成魚残りが居ついていましたが
今は成魚放流減らしていますから、夏にならないと無理かも?
って言う訳で、おいらはこの時期は他所へ行ってるんっス。(^^ゞ
Commented by しえら at 2008-05-03 22:52 x
源流部は、下流とはまた全然違う雰囲気ですね>JYIさん
ほんの少しの距離の差なのに。
本流域は、渋かったというか魚の雰囲気が、、、非常に薄かったです。
もう少しすれば魚影が戻ってくるのかなぁ。
<< 5/1 木曽三川 4/26 アマゴ少々、ワラビ大... >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism