7/17 酷暑の信州
今日は仕事が一段落したので休みを取った。
奥様もお出かけなので、釣りにでも行こうか。
ドコに行こう、、、、ホーム渓流はアユ解禁しちゃったのでとても釣りできず(そもそも渇水だし)
海は、まだメッキは回遊してないし、オフショアもイマイチ。
アユ師の居ない(アユを放流していない)信州の犀川水系に行こう。
ちょっと遠いけど、アユ師が居ない分、伸び伸びと釣りが出来るし。

準備して、出発。単独行なので交通費を浮かせるため往復とも下道~~シンドイですがガス代高騰のこのご時世、限られた小遣いの範囲内でやるには仕方ない。

現地には暗いうちに到着。しばし仮眠して、明るくなった頃、セブンイレブンで入漁券を購入。
信州の日釣り券は安い(ちなみに500円)なのは嬉しいネ。

入渓して釣り下っていく。水位は5月末の時に較べてかなり落ちている。濁りはそれなり。もともとダムからの放水が流れの殆どなのでいつもこんなカンジなんだけど。
入ってすぐに反応アリ、事前情報ではチビでよければそこそこ釣れるとのことだったが、それを裏付けるかのように、チビが反応してくる。しかしヒットしない。
幾つかポイントを探って、石がゴロゴロしてる瀬脇でようやくヒット。20cmチョイのブラウンでした。

その後も、ぼちぼち反応がある、しかし釣れてくるのは20cmクラスばかり。
まぁこのポイントは確実に釣れるけど、サイズはあまり期待できないのは判っていたことなのだがね。


朝のうちは上流からの涼しい風が強めで(釣りが少しやり難いぐらいの風)過ごし易かったが、8時を過ぎる頃から風も弱くなって太陽が力強くなってきた。
チビブラウンはそこそこ釣ったので、大物狙いへ移動。
水量が増えてくるポイントに入ってみたが、やっぱり釣れるのはチビブラウン。
大物はココにしか居ないでしょう~~というA級ポイントを探るが無反応、、、、、
A級の近くにあるB級ポイントからチビブラウンが反応してくる。
ず~っと釣り下ったみたが反応は途絶え、暑くなってきたので車に戻ることにした。
車に戻る直前、念のためA級ポイントを再度探ってみる。大物が居るとしたら、ココしか居ないだろうから。
ミノーをメッキか回遊魚を狙うくらいの連続ハードトゥイッチ(ジャークと言った方がいいかも)で、白泡が沸き立つ流芯を横切ると、、、、ゴツーーン!!と重々しくヒット!!
よっしゃ~~~やっぱり居たんだ。
ドラグがジジジジィィ~~~と久々にサウンドを奏でる。
けっこうデカイぞ、慎重に慎重に。
足元の深みに潜る潜る。サイズは40cmくらいか??やっと出たなぁ、このサイズ。
何度か走られ寄せてを繰り返して、一瞬魚の動きが止まった瞬間にネットイン。
よ~~し、やっとまともなサイズのブラウンを釣ったぞ、、、、あれれ、ちょっと模様が違う・・・・
イワナじゃん!!!
まさか、このエリアでこのサイズのイワナが出るなんて。
f0100885_22463421.jpg

41cmのイワナでした。自己記録更新には及ばすでしたが、久々の40超のイワナだ。
しかし、ブラウンでなくイワナとは、、、このサイズのイワナもたま~~に釣れていたのは知っていたが、イワナよりも圧倒的にブラウンやニジマスの多い水系なので、ネットに入れるまでブラウンだと信じて疑わなかったのだ。
(後から思い起こせば、ファイト中、一度もジャンプせず、ひたすら底へ底へと走ったので、イワナ特有のファイトではあったなァ)
f0100885_2249843.jpg

ブラウンでなかったので、ちょいと残念??いやいやイワナだって鱒族なので本命魚種です。
まぁまぁ嬉しいです。

次のポイントでは、珍しくヤマメが釣れた。この水系で初めてヤマメを釣ったなぁ。
(本来はヤマメがメインの川のハズなんだけどね)
中州を渡った先の分流に、倒木が流れに倒れ込んでいるポイントがある。
北海道のニジマスなら、絶対にここに良型が着いているけどなぁ、と考えながら探ると、ギラン!!と閃く魚影。
デカイ、これも40超えてるぞ。もう一度投げるとまた絡みついてくる、、、しかしフッキングせず。
あの出方からして、今度こそブラウンだろう。
ミノーを交換してみたが、3度目はチラッと見に来ただけですぐにUターン。
そしてその魚はその後は二度と姿を見せることはなかったのでした(残念)

どんどん時間が経過して暑くなる。朝8時を過ぎたあたりから暑くて暑くて。酷暑だあ。
魚の反応も気温と太陽の上昇に反比例して悪化して、朝イチはあれほど反応してきたチビブラウンもウンともスンとも言わなくなった。
それでも最後のポイントでニジマスを釣って、これで4種目制覇。5種目は、、、、アマゴは居ないから、、、、、そうだなイトウを釣れば鱒族5種目制覇だな、なんて考えてたけど、とても釣れそうにもない。
これ以上粘っても釣れそうにないし、暑くて暑くて、正午前にストップフィッシングとしました。

片道180kmを超えるのでそうそう通えないが、アユ師の居ない川は伸び伸びと釣りが出来るので気分よく時間が過ごせるのがイイですね。
次にこれるのは秋口の禁漁前かなぁ。今度こそ40超ブラウンを釣らねば。。。。。
[PR]
by sierra-outdoor | 2008-07-17 22:59 | 渓流釣り | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://sierra21.exblog.jp/tb/8645207
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ケンケン at 2008-07-17 23:27 x
いや~なかなか良い釣りができたようですね!
見事なイワナです!
それから、ヤマメに混じってアマゴも居るみたいですよ。
次回は6種目制覇、目指してください!!
Commented by つりらー at 2008-07-18 15:56 x
しえらさんこんにちは
ナイスなイワナゲットおめでとうございます。
イワナって本当に以外性がありますね。
5年以上前に下流域でサツキマスシーズンに40クラスのイワナ数本上がっています。
大水の影響で流されたのでしょうが、ヒレピンできれいな魚体でした。
それ以降は釣れていないですが^_^;
狙って釣れるほど数はいないのでしょうが、大水が出た次の年は不思議な場所で釣れたりします。
今年も3月に狙ってみましたがおりませんでした(*_*;
Commented at 2008-07-18 16:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Churin at 2008-07-18 21:56 x
おー、でっかいイワナですねえ!
イワナフェチな私としては、結構羨ましかったりします。(^^)
Commented by しえら at 2008-07-18 23:03 x
この水系に年2、3回ですが通いだして3年目かな?なんとか釣り方が判ってきたような気がします>ケンケンさん
6種制覇ですか~~なかなか難しそうですね。特に伊藤さんが難しいかなぁと(笑)
Commented by しえら at 2008-07-18 23:07 x
確かに意外性の魚種と言えるかも知れませんね>つりらーさん
本流育ちなせいか、銀毛っぽい個体でしたし。
下流域のイワナ。。。。降海型アメマスのようなイワナが本州の、ましてや中部地方に居たとしたなら、凄いことですが、ちょっと気になりますネ。
Commented by しえら at 2008-07-18 23:09 x
きっとChurinさんなら、そう仰るのではないかと思ってました。
釣れた直後はまさか、というカンジでしたが、よくよく考えればもともとイワナの濃い川なので、居て当然と言えばそうでした。
やはりこのサイズが呆気なく出てしまうのが、信州の渓流の持つポテンシャルの凄さでしょうね。
Commented by JYI at 2008-07-20 16:24 x
酷暑の中お疲れ様でした。
見事な岩魚ですね。(^^)
私の対象魚は保守的なんで
アマゴ>岩魚>後は全て雑魚扱い
です。(笑)

今日は久しぶりに鮎釣りに行こうと思いましたが
出遅れたらもう黒山の人だかり・・・。
で、止めました。(笑)

しかし、暑い・・・渇水
夕立の次の日が狙い目なんですが・・いつ来るか?
Commented by しえら at 2008-07-20 21:30 x
ホント、暑いですね~~>JYIさん
渓流も雨待ちですね。雨の降ってない渓流に行っても無駄足ですわ。まったく釣れません。
さらにアユ師だらけでポイントもないですし。

イワナは、まぁ信州なので、このサイズはぼちぼちっまぁまぁ、て感じですね。
岐阜の、特に美濃側の川で釣ったならトロフィーサイズですが。
<< 7/20 梅雨が明けると・・・・・ 7/5 夏の高原川 >>



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism