カテゴリ:魚料理( 3 )
清蒸全魚(チンジョンチャンユイ)
久しぶりに魚の料理関係の話題です。

先日釣ってきたカサゴの一番型の良い魚を選んで清蒸全魚を作ってみました。
中華料理の一種で、かの故開高健師が褒めちぎっていた料理ですね。

材料は以下です。

1.魚(ハタ類がベストですが、ハタはなかなか入手が難しい。カサゴで代用できます)
2.ネギ(魚1匹に0.5~1本)
3.生姜(適量)
4.日本酒(料理酒でもOK)
5.醤油少々
6.サラダ油など

まずは下ごしらえ。

1.カサゴをサバキます。鱗を取り、エラも内蔵も全て取り去り、綺麗にします。
2.サバいたカサゴをキッチンペーパーなどで余分な水分、ヌメリを取ります。
3.生姜を小さく切り刻み、ネギは数cmぐらいに切ります。
4.カサゴの両側に飾り包丁を入れます。
5.カサゴの腹腔にネギと生姜を入れます。口にも入れます。飾り包丁の切れ目にも生姜を挟みます。
f0100885_19503766.jpg


それでは実際の調理です。

1.写真のように下ごしらえを終えたカサゴを皿に乗せた状態で、上から酒をかけます。酒の量は大さじ魚1匹につき1~2杯くらい。
2.蒸し器に入れて、強火で蒸します。蒸し時間は、カサゴの20~25cmクラスなら20分弱でいいでしょう。キジハタの40cmクラスだと、もう少し長い時間蒸した方がいいみたいです。
3.蒸し終えたら、皿ごと取り出して下さい。皿の底に蒸し汁がいっぱい溜まってます。これが激旨なので絶対にこぼさないように。
4.ネギと生姜は取り除いて下さい。
5.蒸し汁だけを別の容器に移して、醤油を適量(小さじ1~2杯かな。味を確かめながら少しづつ足せばいいと思います)たらします。
6.醤油で味付けした蒸し汁を魚の上にかけてます。
7.よく熱したゴマ油(サラダ油でもOK)を大さじ1杯がもう少し、魚の上にジュッと回しかけます。

出来上がりで~~~す。
f0100885_1956142.jpg


皿の底にたまった汁が絶品です。身よりも旨い!!
魚の身を少しづつ、汁につけながら食べて下さい。メチャ旨いです。
身を食べたあと、残った汁、これがこの料理の最大の楽しみです。残さず飲んでしまいましょう(笑)

キジハタなどがベストですが、カサゴでも十分美味しいですよ。
あと、やはり魚は新鮮なうちが良いです。鮮度が落ちると味も落ちるので、釣ってきてすぐ処理をして、遅くとも翌日中には調理しちゃいましょう。

今回、ちょっと失敗してしまって、かけた醤油が多過ぎて蒸し汁が辛くなってしまったのと、致命的だったのは熱した油がやはり多過ぎた・・・・(^^;;;;
あまりに油っこ過ぎる味になってしまってせっかくの蒸し汁が台無しに・・・(泣)
まぁ今回は余分に蒸し汁が出来たので、別の皿に余分な汁を残しておいたので、そちらで味わえましたが。
皆さんも気をつけて下さい。とにかく蒸し汁が一番大切だと思ってけっこうですよん。
[PR]
by sierra-outdoor | 2008-05-10 20:11 | 魚料理 | Trackback | Comments(6)
ブリカマ
日本の食卓の代表的な魚であり、海釣りでも代表的な対象魚である「鰤」
日本海などでは寒ブリなど、大変重宝されてますね。

で、今回はブリカマ料理。
ブリのカマの部分を食するのです。
f0100885_042085.jpg

もうご存じかとは思いますけど、ブリのカマは旨い!!
多分、ブリの身の中でも一番旨いんじゃないかな(個人的意見ですが)
しかもブリの切り身などより圧倒的?に安いので財布にも優しい。

材料は至極簡単、シンプル。
1.ブリのカマの部分
2.塩

これだけ。
まずはブリのカマの身の部分に塩を振ります。
そして、魚焼きグリルで焼くだけ。弱火の遠赤外線効果で焼くとうまく焼けるかな??
身の方が色づいて焼けたら、ひっくり返して、皮の部分も焼く。
で、出来上がり。簡単でしょう。

皿にブリカマ焼きを盛って、箸を使って、いろんなところから身を掘り出して食べて下さい。
とても美味しいです。
スーパーや魚屋で、そろそろ天然ブリが並ぶころですが、胴体には目もくれずカマを狙うのです。普通の人はあまりカマを買っていかないので安いのも良いです。

ブリが釣れたらもちろんカマを捨ててはイケマセン。絶対に残しておくべき。
もし、釣れたブリのカマなんて要らない~~という人がいらっしゃいましたら、私が引き取りますのでご連絡を(笑)
さてさて、もうすぐブリ釣りの季節ですが今年はブリとは言わないけど、ワラサくらい釣れないかなぁ。
ちなみに今回のカマは、釣ったのではなく、デパ地下の魚屋で買ってきたのでした。
次は自分で釣ったブリでブリカマ焼きを作りた~~い。
[PR]
by sierra-outdoor | 2007-10-06 22:01 | 魚料理 | Trackback | Comments(2)
アクアパッツァ
ちょいと新コーナーです。
アウトドアとは直接関係ないけど、釣ってきた魚の料理をいろいろ試してみて、これは美味く出来た!!というものを載せていきます。
f0100885_20503133.jpg

今日は『アクアパッツァ』です。
イタリア料理の一種だそうで。
大変簡単かつ美味しい。釣れ過ぎたハマチなどは冷凍して保存してる事が多いのですが、冷凍後の魚でも美味しく調理できます。

材料は以下。
1.白身魚、今回はハマチを使用。基本的に煮ることが出来る魚なら何でもOK。
2.ニンニク
3.タマネギ
4.トマト
5.オリーブオイル
6.塩、胡椒など

作り方(分量は2人分目安。お好みに応じて増減して下さい)
1.ハマチの半身を適当に食べやすい大きさの切り身にする。
2.タマネギ1/2個をみじん切りにする。
3.トマトを一口サイズに小さく切る。大きなトマトなら1個、小さめトマトなら2個。
4.2~3片のニンニクをつぶす。(擦り下ろしてもOK、細かく刻んでもOK)
5.1~4の下ごしらえを終えた材料を鍋に放り込んで、ひたひたまで水を入れる。
6.火にかけて、具が十分火が通るまで煮る。途中で、オリーブオイルを少々まわしかける。
7.塩、胡椒を追加して、味を調節。
8.出来上がり~~~

簡単かつ、美味しいイタリアンの魚料理です。
今回は魚をいきなり鍋に放り込んで煮ましたが、あらかじめ塩胡椒をしてフライパンでオリーブオイルを使って適度に焼いてから、その他の具を入れて煮る方法もあるそうな。
煮崩れしやすい魚でなければ、そこまでしなくてもいいかな。いきなり煮てもいいでしょう。

ハマチなどは、釣れる時はメチャメチャ釣れて、全部キープすると食べるのに困る(^^;;;ってことが、たまにですけどあるので、こういう料理を覚えておくと、冷凍しておけばいいので重宝しまっせ~~
あぁ、前回のジギングの時に釣れたハマチ、リリースしなきゃヨカッタ(半分くらいリリースしたので・笑)

次回のこのコーナー、清蒸全魚(チンジョンチャンユイ)の予定です。中華料理です。
清蒸全魚に適した魚が釣れたら紹介しまーす(果たしていつになるやら。ちなみに適した魚とはハタ類です。カサゴでもいいけどね)
[PR]
by sierra-outdoor | 2007-09-29 21:03 | 魚料理 | Trackback | Comments(2)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism