カテゴリ:ゴルフ(VW)日記( 7 )
ちょっとヒマなので車ネタ
釣りにも行けず、でも、ちょっとヒマなので車ネタ。
個人的な言いたい放題の車の話題です。




ネットでGT-Rの話題が・・・・
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160401-00000014-fsi-bus_all

しかし、GT-Rもバカ高くなったなー
ヤフコメにも書いてあるように庶民の車ではない。
まぁ元々、R32の時代から庶民車ではなかったですけど・・・・それにしても高い。
R32、R33の時代ならGT-Rも、働いている若者が全てを注げばギリギリ何とか買えた価格だったのだが。
f0100885_113341.jpg


ここでフト思った。

今のニッサンって、どんな車があるんだ??(最近、全然チェックしてなかった)
欲しい車あるのかな?? 自分の金で買いたいと思える車が・・・・

日産のサイトのカーラインナップを見て、愕然・・・・
欲しい車が1台もない・・・・(^^;;;; (日産関係者の方が見ていらっしゃったら御免なさい、でもこれ、自分の本音です)
価格を問わなければ、まぁGT-Rなんだけど、これは価格的に論外(^^;;;
後は予算をオーバーするが、GT-Rよりは安いZくらいかな。でも、Zは買わないだろう。
予算的にはジュークぐらいが妥当? でもなぁ、SUVは多分、自分では買わない。

じゃ、トヨタは?? と思ってラインナップを確認する。
うーーむ、トヨタも、ちょっと欲しい車が・・・・・ないな。
無理やり選ぶなら、86か、オーリスか。でも食指が動かん。
それに、ACCの恩恵にどっぷり浸かってる今となっては、Toyota Safety Sense P が搭載されていないトヨタ車は買わない。
f0100885_11332052.png


他の国産メーカーは・・・・・どうだ。
次、ホンダ。
ここも、選択肢がない(^^;;; 無理やり選ぶならシビックType-Rだが、ちょっとトンガリ過ぎる。
普通のシビック5ドアで、そこそこの動力性能のモデルがあれば(欧州モデルならあるハズ)それなんだけどな。
f0100885_11334144.jpg


次、三菱。
車種がかなり限られるので、期待はしてなかったが、やっぱり選択肢がない。
無理やり選んでも D:2 しか無さそうだ(^^;;;; でも自分の金では多分、買わない。
f0100885_11335264.jpg


次、マツダ。
ここは最近勢いがあるので、ちょっと選択肢ありそう??
マツダの中では、アクセラ一択ですね。やっと、乗ってもイイかな~という車が出てきた。
しかし、マツダのフロントグリルは統一性はあるとは言え、どれもこれも同じ顔ですな(^^;;;
f0100885_1134728.jpg


次、スバル。
スバルはアイサイトを拡充しているので、期待大。
ラインナップの中から見ると、一番良いと思うのはWRX-S4。これは良いワ。ちょっと高いけど(^^;;;
予算が足りなかったら、インプレッサでもいいかもね。
f0100885_11554618.png


次、スズキ。
普通車が少ないので、あんまし期待してなかったが・・・・
おりゃ?? バレーノなんて言う車があるじゃん・・・・・2016年5月発売予定とな?
http://www.suzuki.co.jp/car/baleno/

をぉ、この車・・・・ まったくノーマークでしたが、1000cc 直3 直噴ターボじゃん!!
しかも、この価格でACC装備!! これはど真ん中にストライク!!
い、いつの間にこんな車を開発していたとは、、、やるじゃん、スズキ!!!!
f0100885_11343455.jpg





国産メーカーの普通車で、いろいろ見て来ましたが・・・・・
この中で、あえて自分で買いたい(欲しい、買える、維持できる)車と言うと・・・・・

No.1 はスバル WRX-S4
No.2 はスズキ バレーノ

でした~~~
この2車種以外は、多分買わない(苦笑)

WRX-S4はエエけど、車両価格がやや高いなのと、2.0Lターボ+4WDなので、維持費がネック。
その分、高性能なのは判ってはいるが、ややオーバースペック。

その点、バレーノは良い。ただ、スタイリングが好みじゃないなー(実車見てみんと判らんけど)

海外メーカーまで目を向けると、キリがないので今日はこれまで(笑)
各自動車メーカー関係者の方が、もしも見ていらっしゃいましたら、これは単なる個人の好みの話しなので、笑って受け流して下さい(苦笑)



で、



ココまで書いておきながら・・・・・・・
去年、車を買い換えたばかりなので、今更車を買うなんて99.999%あり得ませんけどね(爆笑)

もしも、今、自分で国産車を買うならば~~という妄想遊びでした。



追記

トヨタから面白そうな車が既に発表になっていた・・・・
C-HR
f0100885_160263.jpg


トヨタ版 ジューク またはベゼル って感じ。ちょっとジュークより大きめ??
CセグメントのSUVっぽい、クロスオーバーな車。
Toyota Safety Sense P 搭載。
多分、プリウスと同じハイブリッド・ドライブトレーンと、1.2L直噴ターボが選べるのはイイかもね。
あとは値段ですな~~ このテの車は意外に高いし(^^;;;;
http://toyota.jp/c-hr/



4/4 追記
バレーノは、Made in India 逆輸入車だと判明。
そうか、だからあの値段で、あの装備が実現できたワケか・・・・・
しかし、この日本でインド製自動車、果たして売れるだろうか??
スズキの年間販売目標は6000台との事なので、あまり日本市場はホンキで売ろうとは思ってないな(^^;;;
直3 直噴ターボ ハッチバック 自動ブレーキ ACC などなど、現代の欧州基準は満たしているので、値段が安ければ、欧州ではそこそこ売れるかも知れないけど。
[PR]
by sierra-outdoor | 2016-04-02 11:38 | ゴルフ(VW)日記 | Trackback | Comments(2)
さようなら、我が愛車。こんにちは、新しい我が愛車
思い起こせば、2000年から約15年間、これといった事故もなく大きな不具合もなく(小さなトラブルは若干ありましたが)
約18万5000kmを共に走破したゴルフIV GTI。
f0100885_2250998.jpg

エンジン、シャーシは未だに快調で、車を普通に走らせる部分には全く問題はないのですが、内外装および電装が車齢相応に、けっこう劣化してました。

車検も秋に控えていて、車検+内外電装のリフレッシュを行ったら、いったい幾らかかるやら・・・・
(多分、数十万以上かかるかな・・・と予想)

燃費も、15年前のGTIにしてはまぁまぁ悪くない燃費でしたが(ちなみに自分の乗り方でおよそ14km/L平均)
最近の車は更に燃費イイですからね。安全装備も充実してますし。

とまぁ、いろいろあって乗り換えです。
今まで15年間どうもありがとう>ゴルフIV

で、次の車は、、、、、

またまたゴルフです(笑)
ゴルフVII HL(ハイライン)
f0100885_22503221.jpg

2、3回の試乗を行って、CL(コンフォートライン)とHLと乗り較べて、CLよりもHLの方が長距離ツアラー向きだと感じました。
市街地よりも高速道路・郊外の幹線道路での長距離移動が多いのでHLを選択。
GTIは走りと内装が凄く良い印象があったけど、さすがに高杉なのでパス・・・・

納車されてから、高速道路と郊外の幹線道路をメインに走りましたが、各方面から絶賛のACC(前車追従オートクルーズ)の素晴らしさは実感しております。
もうACC無しの車には戻れないですね・・・・(^^;;;

高速道路の燃費はけっこう良いです。100km/Hの巡行なら、車載燃費計表示ですが20km/L 近くまで伸びます。
ガソリン満タンで1000km走る、と言われているゴルフ7ですが、高速道路がメインの走りなら可能でしょうね。
一般路(30%)と高速道路(70%)を走った最初の給油では満タン法で計測して約17km/Lでした。

前のクルマも高速走行は安定した走りで得意分野でしたが、このゴルフ7はさらに良くなってます。
高速道路での走りっぷりの安定感と安心感、そして楽ちん。燃費も良し。まさしく 高速道路の申し子 のようなクルマです。
逆に、高速は全然走らない人には有り難みは少ないかもね。

新しい愛車で、次は何処に行こうか、と思わせる良いクルマです。
これから10年、15年と長い付き合いになるでしょう。
[PR]
by sierra-outdoor | 2015-08-30 22:46 | ゴルフ(VW)日記 | Trackback | Comments(2)
3/20 釣りに行ったのに、オイル漏れとレッカー搬送
月に入っても、スキーなんぞに行ってて、久しぶり?釣りに行くことに。

ドコに行こうかな・・・いい加減そろそろ天然モノを釣らないと、、と言う事で、1匹釣れればラッキー、釣れなくても来月以降の偵察にすればヨシ。
という考えで、good-jyo漁協方面へ。
NGR本流は、まだまだ無理そうなので支流群を見て回ることにした。

いつものようにゆっくり起きてゆっくり出発してるので現着は11時すぎ(^^;
KBJ川の下流部へ。
川沿いにクルマを走らせると、ぽつりぽつりと釣り人の姿アリ。水は平水か、少し高め??
水系全体をよく知らないので、今後の偵察もあり、沢山のポイントを見て回りたい。
手近な場所で入渓。水温は意外にも高くて9℃。
これはヨサゲかな~と思ったけど、最初のポイントでは反応なし。まだこの時期に魚が居る場所ではなかったしね。
次に行こう。

ここで、行ける所まで行こうとKBJの上流部を目指す・・・・が、これが落とし穴でした。

舗装路をずーっと走っていくと、最後の集落を過ぎたら、突然に未舗装路になりダートの林道になる。
それなりに荒れていたが、なんとか普通車でも走れるレベル。ちょっと道幅が細くて退避する場所が殆どないのが気になるが・・・
林道に入って、すぐに道を横切る流れのよって掘れて窪んでる箇所があったが、気にせず通過。
通過時のショックでフロントが沈み込む、と、「ガリッ」と軽く?ではあったがフロントのアンダーカバー付近で何かが擦った。
まぁ林道走行で擦るのはよくある事、今まで何度も擦ってるので今更気にしない~気にしない~、と呑気にそのまま走行したのですが、林道はどんどん荒れてきたので、適当な場所でUターン。
林道を脱出したのちに集落付近のポイントを偵察。ここは水温7℃か、ちょっと低いな・・・などと10分ほどしてからクルマに戻ると・・・

あれれ? 運転席下の路面がヤケに濡れている・・・ 停車した時には完全に乾いていた筈なのに。
しかも、ドス黒く光ってる・・・・・ よーく見てみると・・・・ これはオイルではないか!?

ハっと我に返ってクルマのエンジン下部を覗き込む。すると、エンジンからポタリ、ポタリとオイルらしき液体が垂れているではないかぁ~~~
ヤバッ!!さっきの林道走行時に擦ったのが原因か?
オイルが無くなると即焼け付きを起こしてしまう。ヤバい、ともかく市街地まで走らねば・・・と思ったものの100mも走らないうちに、ピーーーーーッ!!とけたたましい警告音とともに、オイル警告灯が点灯。
さらにメーターパネル内のインフォメーションパネルにも「MOTOR STOP!!」と大きく警告メッセージが・・・・
あか~~~ん、これは一大事。すぐにエンジンを停めないと。
そのまま坂道だけ登り切って、道路の広い場所でエンジン停止。

これは困ったナ。どうしよう、もうエンジンは二度とかけられないので自走は出来ない。
レッカー搬送を頼むしかなさそう。
まずはVWエマージェンシーにコールする。
割とすぐに繋がったが、カクカクシカジカと経緯を説明。最寄りのVW整備工場を調べてくれたが、なにせ場所が場所だけにすぐ近くにある筈もない。
一番近くて50km以上あることだけは判った(^^;;;
さらに、VWサービスメンテナンスの無料期間はとうの昔に期限を切れているのでレッカー搬送は手配は出来るが有料だとさ(サービス期間の期限切れは電話する前に判っていた事ではあるが・・・)

いったん電話を切って、いつも車検や修理を依頼している自宅近くのVWディーラーに電話。
経緯を説明して、念のため最寄りの整備工場を調べてもらったが、やはり答えは先程と同じ。
この場所から数km以内に国産メーカーのトヨタディーラーはあるので、せめてそこで応急処置ぐらい出来ないだろうか?と聞いたけど、「VW車は無理でしょう・・・・」と、つれないお言葉。

少々遠くてもVW整備工場に運ぶしかない、と覚悟して次にJAFに電話。
レッカー搬送の料金を聞いてみると、会員なので15kmまでは無料。15km超えると1km当り700円かかるとな。
一番近い整備工場まで運ぶと3万近くかかる計算。うー、ちょっと高杉~~

知り合いで整備工場を経営している人がいるので、その人にも聞いてみたが、レッカーの相場としてはそれくらいはかかるそうな。
任意保険にロードサービスが付帯条件で付いていればそれが一番ですよ、とアドバイスを頂いたので、保険会社のロードサービスに電話してみる。

休日だからなのか、コールセンターは混み合っていたが、少々待たされた後になんとか繋がった。
経緯を説明。レッカーを手配するので、場所を教えてくれと。
この場所は集落の中とは言え、それなりの山ン中だし、詳しい住所は・・・わからん(^^;;
ナビでも現在地の住所なんて出てこないしね。
県道○○線に居ます~~などと言ってナントカ場所は通じたみたい。
最後に恐る恐る料金を聞いてみると、、、「お客様の契約内容でしたら100kmは無料で大丈夫ですよ」
あれま、そんなにイケるのね、心配して損した(苦笑)

約1時間後にレッカー業者が現地に到着する予定なので、近づいたら業者から連絡するとの事。
これで一安心。一時はどうなることかと・・・・

安心したので昼飯を食べていないことに気がついたが、こんな時に限って、ポイント移動中にコンビニに寄るつもりだったので、一切の食料はナシ。
ペットボトルの飲料水を少しづつ飲んで耐え凌ぎます。

あ、そうだ。待ってる間に林道で擦ったと思われる現場まで行ってみよう。そんなに遠くないし。
歩いて現場まで行ってみます。

林道に入ってしばらく歩くと道に点々とオイルが染みているのが判る。
オイルが落ちている位置からして、これは林道から帰ってくる時のだな。
そして例の窪んだ場所に来ると、、、その場所から奥に向かって入っていく方向にもオイルの痕が。
これで、この場所が直接の現場だと判明。
でもなぁ、そんなに大きな窪みじゃないし(これくらいの凸凹は林道じゃ当たり前だが)オイル漏れするほど強く当たったとも思えないが。

ゴルフまで戻って来ると、丁度向こうからレッカー車がやってきた。
やった~~救援が到着した。

レッカー業者さん、さすがに手慣れたモノでサクサクっとゴルフを積載して、さぁ行きますか。
コールセンターの電話では50kmほど離れた整備工場を伝えていたけど、念のため聞いてみよう。

「コールセンターとの話しでは100kmぐらいまでは無料との事だが、自宅近くのディーラーまで90kmぐらいなので無料搬送可能ですか??」

「いいですよ。大丈夫ですよ。念のため保険会社に確認を取ってみますが」

と嬉しいお答え。
結局、最寄りの整備工場ではなく、いつも車検や整備を行ってる自宅近くのディーラーまで運んでもらうことになりました>ありがとうレッカー業者さん

1時間半後には無事にいつものディーラーまで搬送も終わり、そのままゴルフ君は入院~~
その後の診断で、やっぱりオイルパン割れが原因。
それ以外にも、直接走行には関係ないが、ラジエーターフレームが歪んでいたりしてるそうで、何から何まで直すと30数万との見積もり。ひー高~~い。
でも今回は保険が適用されるので、自腹は切らなくていいので、そのままコミコミでお願いしてしまうのでした(笑)
#自腹だったら、最低限のオイルパンの交換しかやらなかっただろう。

自走できなくなったのは今回が初めてであったが、任意保険のロードサービスはけっこう便利ですな。
良い勉強になりました。

このオイル漏れ騒ぎで釣りは殆ど出来ず・・・偵察もほとんど出来ず。
また偵察からやり直さないといけないッス(^^;;;
[PR]
by sierra-outdoor | 2012-03-20 21:08 | ゴルフ(VW)日記 | Trackback | Comments(8)
1/3 ROAD TO 志賀
12/31~1/2にかけて志賀高原に行ってきたのは先の記事に書きました。
今回はその往復の道中の出来事について。

往路は 12/31 03:45頃に名古屋ICを通過し、そのまま志賀高原に一番近い中野ICで高速を下りる。
通行料は、ETC深夜割引(50%OFF)で3200円なり。随分と安くなりました。
ただし、この深夜割引50%は休日の場合は1/31までの期間限定・・・・
せめてスキーシーズンの終わる3/31まで継続してョ。

志賀高原の麓でチェーン装着します。
スタッドレス装備ではありますが、志賀の雪道をなめてはイカン。
四駆ならともかく二駆はチェーン装着した方が無難です。
実際にはFF+スタッドレスだけで上っていく車も結構多いですけど。
志賀高原内でもメインの幹線道路は除雪体制が整っているので多分、FF+スタッドレスだけでも走れる。
でも小さな脇道や駐車場などで落とし穴があるんですね~~。(今回も落とし穴に落ちました)

往路は問題なく現地着。
宿の指定の駐車場に車を停めたのですが、前晩から雪が降り続いて新雪が30cm以上積もっているところに勢い任せで車を進入させたのが後から大変なことに(^^;
f0100885_20495494.jpg

復路のスタートは、1/2の16時頃。
駐車場に行ってみると、車が半分ほど雪に埋もれている。
まぁ志賀なのでこれくらいは普通なのでこの時は驚きはしませんでしたが。

前タイヤ付近の雪をシャベルで除雪してエンジン始動。
アクセルをジワっと踏み込んで車を発進させ・・・・・あれ?スリップ??
フロントタイヤは虚しく空転。チェーン装着してるのに(汗)
宿の人にも手伝ってもらって、タイヤの直前の雪をさらに除雪。後ろから人力で押してもらって、なんとか動いた・・・しかし1mほど動いた所でまたスリップ。
でも少し動いたので何とか自力脱出できるんではないか、、、と思ったのですが、そこから押しても引いても動かず。前進はもちろん後退もダメ。
どうやら、2、3日前に駐車場を除雪した際に残った雪が固まって氷状になったところにタイヤが乗っている状態でまったくグリップせず。
なんどかタイヤ付近を掘り出すのですが雪が硬くて硬くて。
時間かけて掘り出せば自力で動かせそうでしたが、そんなに時間をかけるより手っ取り早く宿のランクルで牽引して引っ張りだしてもらうことしました。

フロントの牽引フックは何処かな・・・・普通はフロントバンパーの裏側に見えているのだが。
とゴルフのフロントバンパーの下から覗き込むのですがそれらしい物は見当たらない。
ナゼだ?牽引フックが無い訳がない??

車内に戻って取り扱い説明書を引っ張りだす。
牽引についてのぺージを見ると、、、、書いてありました。
ゴルフのフロント側の牽引フックは、必要な時に取付するタイプで、フロントグリルの一部を外し(手で外せる)車載工具の中のネジ込み式の牽引フックをグイグイとネジ込んで使うなんて、知らんかった・・・・苦笑
吹雪の中、必死こいてグリルを外し、牽引フックをネジ込んで、宿のランクルに引っ張りだしてもらってなんとか脱出成功~~~

志賀高原は内陸部で標高が高いため、粉雪であることが自慢な土地柄なんですがこの粉雪が車を走らせる上では厄介。
チェーンにしてもスタッドレスにしても、雪を押し固めることによって出来る凸凹のエッジ効果でグリップを得ます。
ですが、粉雪だとカンタンには押し固まらない。最初の一転がりで失敗すると、あとは虚しく雪をかけあげて空転するのみ。
2シーズン前も3月の志賀で自力脱出できなくなった事があったので、志賀では必ずチェーン装着して用心はしてたのですが、今回のサラサラの粉雪状態ではチェーンですら無力化。
繰り返しますが志賀の雪をなめてはイカンです。


駐車場からの脱出に一苦労しましたが、なんとか帰路へ。
麓の山ノ内町までは雪道のせいかノロノロでしたが、中野市に入るころから路面の雪も無くなって普通に走れるようになり、途中小布施に寄って栗の木テラスでマロンシュークリームを買う。
毎回、志賀の帰りに寄って買ってます。ここでしか手に入らないので、外せない(^^)

無事に買い物も済ませて、さあ高速道路へ。
時刻は18時。うーん、どうしよう。ETC通割の時間帯だが、100km限定だ。
手持ちのETCカードは2枚だし。しばし考える。
ケータイでモバイル高速日和にアクセスして、インター間の距離をチェックする。
更埴~伊那間が98km、伊那~恵那間が95kmと出た。
よし、これだ。恵那に着いてからは後から考えよう(最悪、恵那まで行けば残りは下道でも走れる)

小布施から更埴インターまでナビ便りに下道を走る。
更埴インターの手前で念のため給油して、18:40に更埴インターへ。
長野道を南下し、19:45ころに伊那着。
いったん伊那インターを下りて、安全な場所で駐車してカード差し替え。
再び高速に乗って一安心。これでゆっくり走っても問題ない。あとはSAで晩飯食ったり休憩したりで恵那着は10:10。
恵那を下りて、考えた。平日夜間割引があるよなぁ、疲れているから使っちゃえ。
最後は恵那~名古屋を平日深夜割を使って帰ってきました。(23:05名古屋着)

ETCカードとETC割引をいろいろ駆使した結果でありますが、帰宅してからよーく考えると、二度も途中下車までしたけど、帰宅が23時を回ったのだから、途中下車せず名古屋着を0時すぎに調整すれば、深夜割引が使えたし、
さらに安いじゃん!!
たとえ0時まで待たずとも、普通の走行ペース(休憩込)ならば帰着は22時を超えるのは当然なので、夜間割引でも総額はさほど変わらなかったなあ(^^;;

ETC割引は有り難いが、あまりに複雑すぎてまるでケータイの料金体系みたい。
出発/到着インターと、時刻と、カード枚数を入力して最適ETC割引を瞬時に計算してくれるサイトなんてないかしらん(笑)

・・・と思ったらありました。
ちょっと不正確な場合(バグ)があるけど参考にはなるかな→ETC割引の裏技
[PR]
by sierra-outdoor | 2009-01-02 23:43 | ゴルフ(VW)日記 | Trackback | Comments(4)
12/20 新スタッドレス・タイヤ
昨シーズンまで使用してきたスタッドレスも丸4年。
結局、昨シーズン終了後、春~秋の間もスタッドレスを履き潰すつもりでサマータイヤに交換せずにそのまま履きッ放し。

で、2008-2009シーズンを目前にして、新スタッドレスへのリプレイスと相成った訳です。
私は代々、スタッドレスはミシュランと決めているので、今回も当然ミシュラン。
今シーズン向けにミシュランから新作のX-ICE2というスタッドレスが発売になり、近くのオートバックスで予約。
これで随分昔のXM+S100というスタッドレスから数えて6代目のミシュラン・スタッドレスを履くことになりました。
f0100885_11202955.jpg

ちなみに代々のスタッドレス遍歴はこちら

X-ICE2は、久々のTRスピードレンジ(190km/h)が復活。
通常、スタッドレスはスピードレンジはQR(160km/h)が一般的です。
ちなみに国産スタッドレスは殆どこの規格かな。
(例えばスポーツ系サマータイヤだと、HR 210km/h の規格になっています)

具体的にQRとTRで何が違うか??
それはズバリ、乾燥舗装路面での剛性感です。特に高速道路での走行安定性として実感できます。
太平洋側に住んでる私にとっては、このTR規格はなかなか魅力的。
初代のミシュラン・スタッドレスがTR規格だったので、高速走行は安定してました。
その後はミシュランも国内のスタッドレス事情に合わせてQR規格を出すようになったのですが、今季の新製品は久々のTRのスタッドレスですからね。
期待しております。

このニュースタッドレスでは、まだ街中を少ししか走ってないのですが、丸4年使ってきたスタッドレスよりもダンピングがよく効いている。
ということは、やはりこれまでのタイヤはもうコンパウンドが硬化しちゃってた、という証拠かなぁと思います(苦笑)

私の場合は、スキーに行く機会があるので、スタッドレスは必需品ですが、冬場も釣りに行く場合もスタッドレスの方が安全ですしね。
スタッドレスはナマモノですので賞味期限(おおむね数年以内)があります。
溝が残っていても使用頻度が低くても系年劣化でコンパウンドが硬化してるとイザという時に性能が発揮できないので購入後、年数が経過しているスタッドレスをお使いの方はご注意を・・・・
[PR]
by sierra-outdoor | 2008-12-20 11:15 | ゴルフ(VW)日記 | Trackback | Comments(6)
10万km
先日の釣りの帰り道、我がゴルフ君も走行10万kmに到達~~~!!
いや~無事にここまでよくぞ育ってくれた(違)

記念撮影(笑)
f0100885_22191458.jpg


前のクルマ(セリカ)が20万キロまで行ったので、このゴルフは目指せ!!30万kmだな。
これからも頑張って走って頂戴。頼りにしてまっせ!!>我がゴルフよ。
[PR]
by sierra-outdoor | 2008-02-14 22:23 | ゴルフ(VW)日記 | Trackback | Comments(2)
2008年、始まりました
あけましておめでとうございます。
2008年も始まりましたね。今年も、アウトドア活動を中心に(まぁ釣りがメインになりますけどネ)書き綴ってまいります。




2008年最初は、恒例の志賀高原年越しスキーの話。
今回より新しいカテゴリーとしてゴルフ日記が始まります。
HPでたま~に書いていた、愛車のVWゴルフにまつわる話でございます。

今回の志賀高原行きに際して、今までスタッドレスだけでなんとか雪道を走破していたのですが、もうスタッドレスも4シーズン目に突入し、さらに志賀高原はFF+スタッドレスだけではかなり厳しい雪道環境でもあるので、久々にチェーンを用意しました。
f0100885_1016572.jpg

ヤフオクで購入した、新古のイエティ・スノーネットです。
昔からイエティには興味があったのですが、値段が高くて手が出なかった経緯があったのですが、今回はヤフオク購入だったので安く入手。
出発前に一度試し履きをして、志賀に挑みました。

折しも、年末年始寒波到来。往路は中央道が恵那山トンネルを越えた直後にかなりの降雪でいきなりチェーン規制。
なんとか志賀高原の麓まで到達して、そこからチェーン装着。
志賀高原は、地元観光協会?が自主的にチェーン規制を行っているので(基本的に2輪駆動はスタッドレスの有無に関係なく必ずチェーン装着)それに従います。

今回のイエティは未使用品ですが、購入から10年以上経っているため、素材の経年劣化は避けられないので、少し硬い。
試し履きでそれは判っていたので、なんとか苦労しつつも装着完了。
サスガにチェーンの威力は大きく、志賀高原の山道も何ら不安なくグイグイ登って行きます。
さらに、イエティの良さは、振動が非常に少なく、雪の無い乾燥路面でも装着感がほとんど感じられないこと。
これはある意味、装着してることを忘れてそのまま乾燥路面を走ってしまう可能性がある訳ですが。
イエティの性能の高さは実感できました。

今回のスキーの話も少しすると、滞在3日間中、ず~っと雪が降りっぱなし。
ただ、天気予報で冬の嵐だ~~と大袈裟?に報道してた割には、それほど荒れた訳ではなく、冬の志賀としては、ごく普通の寒さと雪でして、風が弱かったのでリフトが停まることもなく(よく志賀高原は強風のためリフトが停まる)楽しめました。
寒さのお蔭で抜群の雪質。滑る分には申し分ない雪質でした。

林間コースに入ると、周囲は完全に雪景色。下手にコース外に外れると遭難しちゃいます。
こんな雪の大自然の雰囲気を味わえるのが志賀高原の良さですね。
都市近郊のスキー場では、なかなかこの独特の雰囲気は出ないです。
f0100885_10464794.jpg


さて、帰りには、まず車を掘り起こさねばならないです。
志賀ではそこそこの降雪があれば、だいたい一晩でこれくらい車が埋まります。
f0100885_1033631.jpg

掘り出すのにけっこう時間がかかってしまうのですね~~~
さらに駐車場は車が停まっているので除雪が出来ないので積もるに任せてあります。
車を掘り出しても、車の周囲に雪の壁が出来てたりしますので発進の際に支障となる場合もあり、スコップも必要。
雪国にお住まいの方なら日頃やってると思いますが、車を動かすためにいろんな準備が必要であります。

復路は、順調に帰ってきて、夕方に小布施に寄り道した後、須坂東ICから塩尻ICまで通勤割引で走行。
塩尻~伊北IC間は、一般道を走って、伊北から中津川ICまで再び通期割引で走る。
中津川からはまた一般道というカンジで走ってきました(最初から最後まで高速でもいいのだけど、割引が効かないのでこういうパターンになります)

さて今年も釣りにスキーにキャンプに活躍してもらうゴルフ君、頑張ってちょうだいね。
[PR]
by sierra-outdoor | 2008-01-01 09:57 | ゴルフ(VW)日記 | Trackback | Comments(6)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism