カテゴリ:ハンディGPS( 2 )
新・ハンディGPS
先日、今月末にちょいと雪山に出掛けるので、ハンディGPSを持ち出して、地図を自作していた。
ふと気になって、いろいろ調べていたら、、、ハンディGPSも知らぬ間に随分と進化していた事に気付く。

GarminのハンディGPSも今まで使ってきたeTraxシリーズから次のシリーズにモデルチェンジ。
液晶は大きくなり、タッチパネル採用。を~~これイイじゃん。
幾らするのか??
正規代理店から発売されている日本語版は約10万ナリ。こりゃ無理だ。

でも、今まで使ってきたeTraxも英語版を個人的に購入(この時は、たまたまアメリカに赴任していた友人が居たので、休暇で日本に帰ってくるタイミングで買ってきてもらったのでした)して、2万ちょっとで入手していた。
英語版でも、それなりに使えたし、地図は、やや見にくいが自作英語地図が作れたし。
自転車や、スノーシューなどでそこそこ重宝していたのでした。

タッチパネル採用の中で、人気モデルはGarmin OREGONシリーズ。

個人輸入などすれば安いハズ。
調べてみると、、、およよ?英語版が日本語化にカスタマイズできるとな!?
eTraxシリーズでは無理だった事ができるらしい。

さらに、アメリカの会社に通販で個人輸入せずともヤフオクで普通に買えるジャン!!
ここからイッキに欲しくなって、調べる。
ナニナニ、最新型はOREGONの450または550。
OREGON300がカタログ落ちしているが、450とそれほどスペック的に大差はない。
さらに安いし(笑)

よし、これだ。
すぐにヤフオクにて入手し、手元にやってきた~~~、新しいハンディGPS OREGON 300。
f0100885_23232214.jpg

拡大した画像がほぼ実物大です。

英語版なので当然、地図もメニューも英語ッス。
f0100885_23242164.png

北米の東海岸などをプリインストールされた地図で表示させたものです。
メニューなんかも英語。まぁ英語のままでも使えますけど。
f0100885_23252517.png


しかーーし。

世の中、いろいろ考える人は考えるモノでして、この英語版のOREGONを日本語化が個人で出来ちゃウンです。

早速ネットで調べて日本語化を試みる。

要は、日本語フォントと、メニューの日本語化を行う対応ファイルを2つ用意して、OREGONにブチ込めばイイのです。
OREGONはUSBでPCと接続し、接続した後は、普通の外付けHDDやUSBメモリと同じようにOREGON内のメモリ領域が扱えるのです。

日本語フォントを作るには、簡単に言えば、フリーの日本語フォントをダウンロードしてくる。
そして、これをOREGONに読み込ませるために特殊?な変換(xor変換)を行うだけ。
このxor変換も、変換ソフトがフリーで存在します(笑)

次に、メニュー日本語化対応ファイル。
これは、OREGONに最初から各国毎に対応ファイルが用意されている(しかし日本語ファイルだけが無いのだが)
どこの国のでも良いが、とりあえずドイツ向けファイルをコピって、japaneseファイルを作成するのだ。
このファイルは、XMLファイルだったので、テキストエディタで編集するのです。
各メニュー毎にtagが割り当てられて、そのtagの説明が各国の言語で書かれている。
その部分を日本語にすればメニューも日本語化できちゃう。

で、ゴソゴソとやってみること2時間。
OREGON英語版から日本語版へ変身~~~~

f0100885_23332450.png

を~~メニューが日本語になってる。

次は地図だ。
地図は、自作地図は英語版しか作れないので、ネットでサンプルの日本語地図をダウンロードしてOREGONにコピー。
そして表示させると・・・・ やったー、地図も日本語が表示できてる。

f0100885_23344786.png


よしよし、これは使える、遊べる(笑)
世の中、便利になったものだ。
ちなみに、このOREGON 300、カタログ落ちしてるとは言え、2年前くらいの日本語正規版が、なんと12万オーバー。

でも、今回ここまでかかった費用は2万以下(笑)
まぁこれから日本語地図を買わねばならないのでもう少しお金かかりますけど、だいたい5000~1万の追加で済む。
日本語地図の自作もやってやれなくはないし。

このOREGONの日本語化ですが、以前は英語版ファームから、台湾版ファームに変えて、その後に日本語化していた(台湾版ファームは、日本語と同じマルチバイト対応なのが理由)らしいですが、少し前の英語ファームからは標準でマルチバイト対応になったため、もうファームの入れ換えも必要なく、フォントと日本語メニューファイルを用意するだけでOKとなったものです。
最近のOSは、グローバルになってますので、標準で各国の言語に対応してるんですよね。
※例えばWindows2008英語版も、そのまま何もせずに日本語のファイルが表示できるのと同じ仕組み。

ただし、一点だけ注意は、日本語入力機能がない。
検索なども英語で入力して検索は出来るが、日本語を入力して検索などが出来ない。
まぁこれは仕方ないですな。
ハンディGPSの使い道からして、日本語入力はさほど重要ではないので、わざわざ高い日本語版を買わなくても良いワケです。

さぁ、これは山遊び、雪遊び、自転車遊びに使えるし、釣りにも使える。
楽しみですね~~
[PR]
by sierra-outdoor | 2012-01-20 23:43 | ハンディGPS | Trackback | Comments(2)
ハンディGPS GARMIN LEGEND Cx
前々から欲しかったハンディGPSがとうとうやってきた。
GARMIN製 eTrex Legend Cxである。
f0100885_21473448.jpg

カラー液晶で、もちろんマップ画面が使える。

今回購入したのはeTrex Legend カラーの英語版。
日本語版も売ってるのだが、なにせ高~い(約8~9万くらい)
モノクロ版は安くなってるが、いまさらモノクロは使えないし。

地図は、日本語地図は使えないけど、なんと世の中便利になったのでして、地図を自分で作れちゃうんです。
全てフリーのソフトを使って、国土地理院から空間ベクトル地図というものをダウンロードしてきて(もちろん無料)それを元に自作地図を作っちゃうことがデキルんです。

英語版のGPSを入手するに当たって、平行輸入の会社を探したり、ヤフオクで探したりしたけど、ちょうどアメリカに海外赴任してる友人が居て、その人に連絡取ったら、さっそくアメリカ国内の通販で安い所を見つけてくれた(感謝)
またまた運が良いことに4月中旬に一時帰国するので、立替で買って持ってきてくれると言う。
さっそくお願いしちゃった。
で、これが届いた訳ですよーん。

名古屋近辺の自作地図を入れて表示させたのは以下。
ちょっと撮影時間が夜なので、表示も夜画面になってしまっているが、まぁまぁ使えそう。
ただし、ちょっと地図の作り方を間違えて、やたら細い道まで大量に表示され、下の画像では判らないけど、小さな用水路まで表示されて、なんか細い路地と川だらけの地図になってしまった(^^;;;;
これは地図を作り直せばいいんだけどね。
このハンディGPSを使えば自転車ナビゲーション作戦、カンペキです。
[PR]
by sierra-outdoor | 2006-04-17 21:56 | ハンディGPS | Trackback | Comments(0)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism