カテゴリ:その他の釣り( 56 )
デイ・生Zing
時間が少し空いたので、生Zの顔が見たくなり、近くの川へ。

5月にも2回ほど短時間、夕方に様子を伺ってみたのですが、そのときはバラシのみ。
すぐに真っ暗になってしまい、まともに釣りにならず。
どうもナイトゲームは性分に合わんナァ~と納得して、今回はまだ十分明るい16時すぎに行ってみることにした。

2日前までざんざん降りでかなりの増水であったが、都市部の河川は3面護岸の単なる排水路と化しており、周囲はコンクリートジャングルで全く保水力も無いので、すぐに水位は落ちてしまい、ちょっと生Zのデイゲームには不利だが、ま、1匹くらい釣れないかな??

とりあえず、シャキーーーン!!と誰かの真似をしてみる(笑)
f0100885_21271056.jpg

最初のポイント、二番目のポイントは増水時には良いポイントだが、平水以下になってしまった今の状態では無反応。

三番目のポイントも、増水時のポイントであるが、とりあえず探ってみよう。
この場所には、今までと違ってコイがそこかしこに群れている。だいたいコイの近くに生Zはいるもんだ。
水位が下がってド浅いので、流芯の白泡が巻いてる場所へルアーを通すと・・・突然にガツン!!
キターーーーーーーッ!!
浅い流れの中からドッタンバッタンと暴れ回る真っ黒なヤツ。
何度か走られつつ、岸辺まで寄せる。とりあえず今季1匹目の生Z。
f0100885_21343725.jpg

水位が浅くても、なんとか釣れた~~~ちょっと一安心。50cmちょっとかな?
さて、このポイントに居るならば、、次のポイントにも居るかな??

次のポイントでも、チラッチラッと生Zらしき姿が見えたが、どうも活性が悪く、バイトしないので、次のポイントへ移動。

このポイントがもっとも規模が大きいので、コイが群れている。このコイの群れのどこかに生Zも潜んでいるハズだ。
コイが群れているド真ん中を通すと・・・・ドンッ!!キタッ!!
やはり居ましたイマシタ。激しいヘッドシェイクを繰り広げながら、右に左に暴れる。
f0100885_21374669.jpg


まだまだ出そうだ。
もう一度、一つ前のポイントに戻る。先程の対岸からアプローチ。
川の中程にコイが群れている。その中を通してくると、、、、コイの群れがルアーを避けて左右に・・・・しかしその中の1つの影がダッシュして、ルアーの付近でUターン、キタッ!!
ドシンと衝撃が伝わった次の瞬間に水面を割る生Z。こいつは凄かった。走る走る。小さくジャンプまでするし、なかなかのファイターであった。
右に左に足元に、がんがん走り回って楽しませてくれた。
ちょっと夕暮れ時になって暗くなりつつあったので、デジカメではうまく撮影できなかったので画像はナシだが、3匹の釣果が出て、やっと今年も生Zの季節がやってきたね~~。

やはり生Zはよく見えるデイゲームが面白い。これからしばらく楽しめそうです。
[PR]
by sierra-outdoor | 2011-06-04 21:12 | その他の釣り | Trackback | Comments(8)
ギル釣り教室 4/30
今日は、以前から釣りを教えてほしい、と言われていた、知り合いの子供のナンチャッテ釣り教室。
講師は私です(笑)

とりあえず何でも良いので魚釣りをしたい。という要望で、何でも良いと言っても、釣れない釣りは面白くない。
やはり釣れる釣りでないと。
そこで、その子の住んでる地域で、もっとも簡単お手軽に釣れるであろう、ブルーギルのエサ釣りを教える事にしました。

近くの池に行きます。
ちらほらバス釣りしてる人が居ます。
この池では釣りはしたことがないけど、バスもギルもそこそこ棲息してるらしい。
駐車場にほど近い場所で、手始めに第一投。。。。。。
あれ~~簡単に釣れると思ったのに、反応ないな~~ァ、、、と思ったら、知らぬ間にヒット!!
予定通りブルーギルでございました。

目の前でお手本を見せて、子供に釣り竿をもたせてみる。
竿の持ち方、仕掛けの送り込み方など教えて、釣らせてみる。
ウキがフワフワと不自然な動きをして、心持ち消し込んだ??

竿を上げてみて!!

グン!と曲がる竿。をを、ヒットだ。
ギルが、その子の人生初フィッシュとなりました。
f0100885_22281563.jpg

爆釣、とまでは行かないまでも、ぼちぼち釣れてくる。
付き添いのお父さん(釣りは当然知らない)もやってみる。何匹か釣れて、釣りの面白さは判って頂けただろうか。

子供は最初は、持って帰って食べたい、と言ってた。ギルは食おうと思えば食える魚(アメリカじゃ立派な食用魚だし)
でも、私自身食ったことないしなァ(噂では意外と美味いらしいが)

結局、10匹弱釣ったうちの1匹を生きたまま持って帰って飼育することになった。

釣り場を後にして、まずは飼育用のエアーポンプなどをホームセンターに買いに行き、その足で釣り具屋に直行して、今日、貸してあげた延べ竿の道具と仕掛け、一式を買った。
これで、このGWは親子共々楽しめるであろう。

将来の釣り師の誕生?に少しでも貢献できたかな?
[PR]
by sierra-outdoor | 2011-04-30 22:32 | その他の釣り | Trackback | Comments(2)
またまた散財
ようやく、渓流も本格シーズンインして、面白い季節になりました。
今シーズンから、ちょっとアップクロスの釣りも多用しようかな、と思いつつ(今までダウン系の釣りが殆どだったので)

で、アップのミノーイングにはリールの性能が必要。
特にハイギア系。
ノーマルギアでは、どうしても流速に負けてしまう。

さらに。
去年まで渓流の主力マシンだった、往年のリール、エンブレムZ。
愛着もあって良いリールではあったのですが、なにせ10年近く酷使してきた。
何度か水没、砂まみれになりつつも、復活して使ってきました愛機です。

しかーーし(^^;;;
去年秋にメッキ用に02ツインパワー2000(中古)を導入。
サイズ的に渓流にも使えるので、エンブレムの予備機として渓流にも今季から使いだしたのですが、程度がヨカッタこともありますが、剛性感でエンブレムとは雲泥の差、つまりツインパワーの方が数段上(^^;;;
02ツインパワーなので、発表以来 9年選手なんだけど、なんか全然違う。
特にハンドル回りの剛性感と滑らかさは比較にならない。
これはダイワとシマノの差か?
定価ベースでは確かにツインパワーの方が高いのも事実だが。
もしくは設計年度の違いかもね。

今までは比較対象もなかったので、気にせず使ってきたエンブレムだが、リトリーブとキャストの頻度が多い渓流ミノーでは、ハンドル剛性の低下は致命的・・・・・

こうなるとサスガに新機種導入を考えねば。
しばらく悩んで?ましたが。
とうとう買ってしまった。
f0100885_2120279.jpg


10セルテート2004CH ハイギアカスタムですがな。

あぁ、まだ一回も使ってない同じ10セルテート2500があると言うのに(^^;;;
(そもそも、セルテート2500を買う時に、直にハイギアが出るなんて知ってたら、それまで待ったのに)

まぁいいや。
今季はコイツに活躍してもらおう。
[PR]
by sierra-outdoor | 2011-04-28 21:23 | その他の釣り | Trackback | Comments(4)
1/22 入鹿池
12月以降、若様釣りがメインとなっているが、ずーっと陸ッパリ。
たまにゃ~~ボートでも釣るか?と思って入鹿池に釣行です。
この同じ日の夕方に釣り仲間の新年会があるので、そこに持ち込んで天麩羅にするのだ。
結構な人数が集まるので、ある程度の数を釣らねばナラン。

朝、7時ころに到着。意外にもあまり寒くなく、現地でも気温はマイナスじゃなかった。
曇っていたので放射冷却がなかったのかな~~
ま、寒くないのは有難い。あまりに寒いとガイドが凍りついて釣り辛いからねえ。

予約してあったボート屋さんに行って、料金払ってボートに荷物を詰め込んでイザ出撃です。

ここ最近、釣果はイマイチなのか、昨年同時期よりも人出は少ないみたい。
しかし、目指すポイントはすでに船団が形成されている。
エレキは無いので(実家には昔のバス釣り時代のエレキがあるのだが、持ってきていない)手コギで頑張ります。

魚探をONして、ず~っと移動しながら様子を探る。
意外とボート屋桟橋のちょい沖にけっこうな反応が・・・・しかし、ここはパスして、昨年釣れたポイントへ向かう。
とりあえず偵察がてら船団が出来てるポイントを探る。
最近は、若様釣りでも魚探装備のボートが多くなったせいか、他のボートの近くを通過する時に、干渉するな~~~
船団の中にも、チラチラと群れが見つかるが、あまり釣れそうになく、船団の外れで様子見ながら仕掛けを投入。
一投目、アタリも魚探反応もなかったけど、上げてみたら1匹掛かってる(苦笑)
その後、何度か細かく移動を繰り返すもほとんど釣れない。

1時間ほど釣った後、移動を決意。
昨年最も釣れたポイントへ移動。

魚探をかけながら様子を探るが、、、、、ぜ~んぜん反応ナシナシ。
こりゃ困ったな・・・・・
微かに反応が出るのは12mライン。やむを得ん、ここで粘るとするか・・・・

アンカリングして腰を落ち着けて仕掛けを2本投入。
最初の20分はまったく反応がなかったが、その後、ポチポチとアタリがで出した。
魚探には相変わらず何も映らないが、ボトムを丁寧に探ってリフト&フォールを繰り返すと、プルプル~~とアタリが。
しばらくは1匹か2匹程度だがぼちぼち釣れてペースが良くなってきた。
これで今まで釣れなかったのを挽回せねば~~~

12時すぎまでは、それなりのペースで釣れたものの、13時を過ぎた頃からアタリが遠のく。
移動した方が良いか?それともまだココで粘るべきか・・・・
判断に悩んだが、もうしばらく粘ってみた。
しかし、時間が経つほどに釣れなくなり、15時に移動を決意。
有名ポイントの灯台沖を探ると、魚探に群れはそれなりに映る。しかしなかなか食わない。
結局、数匹しか追加できず、明治村から蛍の光が流れてきたので、16時に終了~~~
最終的に76匹とイマサンな結果でした。
f0100885_2217149.jpg

新年会への持ち込みには数が足りんなぁ。
しかし、会場に入ってみたら、まだ参加者の半分くらいしか集まってなかったので、この時点で居る人で食べてしまおう、となり、即天麩羅へ。
なんとかその場に居た全員にそこそこ渡るくらいの数だったので、ヨカッタよかった。
[PR]
by sierra-outdoor | 2011-01-22 21:57 | その他の釣り | Trackback | Comments(4)
1/16 雪の中、初釣り・若様
この冬一番の寒波襲来。
朝から雪が舞う日でしたが、時間が出来たので、午後から初釣りに(笑)
こんな時は、陸っぱり若様釣りです。

近場である12月に釣れた野池を目指す。
とりあえず1匹で良いので釣れないかな、、、、と。

出発する時は名古屋市内は少しだけ積雪があったが、現地に近づくと路面の雪が消える。
どうも雪雲は偏って流れているようだねえ(^^;;;

14時ころに現着。
池の廻りには若干の積雪だが、釣りには問題なし。小雪が降っているけど風も弱く好都合。
f0100885_2055018.jpg

雪がチラホラ舞いだして、少しづつ降りが強くなってくる。
前回釣れたポイントではなかなかアタリが出ないので、少し移動すると、即アタリ!!
釣れた~~~今年の初フィッシュ~~(ちっさいけど・笑)
f0100885_2073989.jpg

なんとかチビ若様がトリプルで釣れた。
よぉ~し、これで釣れる象~~と思ったものの、そこから全くアタリがでなくなった。
あれれ??回遊は一瞬だったのか??
夕方が近づき雪が強弱をつけながら降り続く。
17時まで小移動を繰り返しつつ粘ってみたものの、回遊を捕まえることが出来ずに終わりがけに1匹釣れただけの計4匹の貧果(苦笑)
ま、初釣りはこんなもんでしょう。釣れたチビ若様は、全てリリースしました。

日が暮れてから、ますます雪が激しくなり、路面も真っ白。あちこちでノーマルタイヤの車がスタックしてる。
積雪自体は、数cm程度なのでそれほど大したことはないけど、ノーマルタイヤじゃ、緩い坂も登れません。
スタックしてる車を避けつつ、ゆっくりと帰ってきました。
[PR]
by sierra-outdoor | 2011-01-16 20:12 | その他の釣り | Trackback | Comments(4)
12/23 野池のワカサギ
ウチからほど近い場所にどうやらワカサギが居るとの情報があり。
かなり近いので、とりあえず偵察に行ってみようと思い、用事のなかった23日に出掛けてみました。

現地到着は11時頃。
ここは普通の野池で、特に漁協の管理下でもない場所。
こんな所に本当にワカサギが居るのかな~~~
でも、数人の釣り人は居る。大半はヘラ釣りのようだが、一人はのべ竿にウキ仕掛けではあるが、ウキの下はワカサギ仕掛けのようだ。
釣れてる雰囲気はないけど・・・・・

早速、適当に釣り座をかまえて、仕掛けを投入。
一投目から、微かではあるがアタリが・・・・をぉ、これはイケるンじゃない??と思ったけど、そのアタリでは魚は釣れず、ワカサギかどうかも判明せず。
その後は投げども投げども反応なし・・・・・
正午過ぎから季節風が強くなってきて釣り辛くなってきた。
数人居た釣り人も、一人帰り二人帰り、、、、13時になってもまったく釣れない。そもそも第一投目以外にはアタリがサッパリない。
この池にはワカサギは本当に居るのか??情報はガセだったのか??
ううーーん、せめて1匹釣ってワカサギの存在を確認してから、撤収するなり移動したいが。。。。

忍耐が切れて、もう撤収しようと思って帰りの準備していると、地元の人が声をかけてきた。
「どう?釣れるか?」
「釣れましぇ~~ん(^^;;」
「そうか、、、先週までは釣れてたのだがな・・・」

いろいろ情報交換して、この池がダメならもう一カ所、偵察に行こうと思ってた場所の話も出たが、そちらももう釣れないらしい。

「この池で粘った方が釣れるぞ。風も吹いてきたのでこれから釣れる筈」

とアドバイスを貰ったので、移動するのは止めて、もう少しこの池で粘ってみよう。

釣り座を移動して、すぐに帰れるように(笑)車のすぐ傍で再開する。
横風が吹きつけて釣り辛いが、、、、投入してしばらくすると微かではあるがアタリが来たッ!!
上げてみると、、、をぉなんか魚が1匹掛かってる~~ぅ。メッチャ小さいけど(^^;;;
釣れたのはワカサギでした。(5cmくらいのマッチ棒サイズ)
やはり、この池にもワカサギは居たんだァ。

そこから、投げるごとにアタリが出始めた。ジアイが来たのか、それともポイント変更が功を奏したのか?
釣れてくるワカサギは大半がマッチ棒サイズの新子であるが、たま~~に2年モノが混じってくる。
この2年モノはさすがにサイズが大きくて12~13cmもある。
5cmサイズか12cmサイズか、その両極端なワカサギが釣れてくるという妙な場所だな~~
f0100885_1033642.jpg

釣りしていると、地元の人が立ち代わり入れ替わりにやってきて声をかけてくる。
どうやらココは地元の人の散歩コースのようだ(笑)

夕暮れ時になるとフィーバーするかも?と暗くなるまで粘ってみたが、一番釣れたのは15時前後で夕暮れ時のフィーバーはなし。
帰宅してから正確に数えてみると、2年モノが7匹に新子が22匹。合計29匹でした。
まぁ漁協が管理していない(当然放流もない)場所なら、こんなものかな。
家から近いので少し時間が空いた時の暇つぶしにはヨサゲ。
しっかし、新子と2年モノのサイズが両極端だなぁ。
f0100885_10194015.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2010-12-23 23:30 | その他の釣り | Trackback | Comments(2)
12/5 陸ッパリ・ワカサギ
冬の季節になり、そろそろ釣りモノが無くなってきた。
こんな時は、ワカサギ釣りです。

今回は、ボートのワカサギ釣りではなく、陸ッパリのワカサギ釣りに行くことにしました。

午前中の方が釣果が良いので、朝から始めようと思っていたけど寝坊(苦笑)
結局、ゆっくり起きてから出発したので、釣り始めは10時ころ。
釣り場は、そこそこの混み具合。なんとか入りたい場所に入って準備していると、漁協の監視員さんの巡回。
今年のワカサギの状況を聞いてみると、釣ってる人は100匹くらい釣ってるそうな。
まだ水温が高いので、もう少し寒くなって水温が下がった頃が良いだろう、と。

とりあえず釣り始めます。
7フィート前後のトラウトロッドに市販ワカサギ仕掛けを付けて、ちょい投げしてアタリを待ちます。
エサは、1本のタックルは紅サシ。もう1本は比較のためアカムシ。
f0100885_22225712.jpg


仕掛けを投入して、10分ほどはアタリも無かったが、しばらくすると、小さく当たるようになった。
連続してロッドティップにアタリが続くまで放置してから、巻き上げると、だいたい2匹くらい釣れてくる。
ただし、サイズが小さいなぁ。。。。。7~8cmの新子サイズである。
ここは、数はあまり出ないが、釣れれば2年モノがよく混じるはずだけど。

それでもアタリが途切れることなく、順調に釣れ続き、昼過ぎまではボチボチ釣れた。
午後2時頃になって、それまで微風だったのが、無風になって釣り易くなった代わりに、アタリがパタッと止まってしまった。

お昼までは紅サシでもアカムシでも、どちらでも釣れ続き、どっちかと言うとサシの方が良いくらいだったが、午後2時からはまったくサシではアタリも無くなった。アカムシの方はたま~にアタるが、なかなか食い込まない。

それでも夕方にジアイが来るかも?と思って頑張ってみたが、夕暮れになってもジアイは到来せずにジ・エンド。
帰宅してみてから正確に数えたら78匹。まぁ10時からの6時間ぐらいの釣果としてはこんなもんかな。
やはり午前中の方がペースが良かったので、次は朝早くから行くと、もっと釣れるかも?
[PR]
by sierra-outdoor | 2010-12-05 22:17 | その他の釣り | Trackback | Comments(6)
9/23 雨が降ったら・・・・ナマジング
23日は、朝から前線通過のため土砂降り。雷ゴロゴロ、ガラガラ、ピッシャーーン!!
あちこちで落ちまくる。

こんな状況じゃ外にも出れない、、、ので家で釣りビジョン見ながら時間を潰す。
(雷雨だと、そのCS放送も時々受信できなくなるンですけどね~)

お昼すぎにようやく小康状態に。

雨が降ったら、普通はシーバスか渓流と相場は決まっているが。釣り場まで行く時間がない。
それよりも気になるのがナマズちゃん。

河川の水位をネットで調べると、イイ感じ??
ぢゃ、行ってみよう。早速近所のいつもの川へ。
川を見てみると、、を~~カフェオレ色だ。水の勢いもえらく強い。
濁りはともかく、ちょっとナマズ釣りには水の勢いが強過ぎかなぁ、、という懸念もあったけどとりあえずやってみよう。

7月に調子の良かったポイントへ。しかし、いつもナマズの反応のあるテトラ際は、強い流れがまともにブチ当たっており、ちょっとコレではさすがのナマズも居ないんじゃないか・・・・
念のため探るもやはり反応なし。

次のポイントも同様。水の勢い強過ぎ~~~

3番目のポイント。ここも怒濤の激流となってはいるが、岸際にわずかに反転流が出来ていて、そこにコイなどが避難している。
居るならココじゃなかろうか。。。。ルアーを通すと、カッツーンと小さく鋭く何かが当たった!!
濁った水の中から黒い姿がチラッと見えたが、ナマズだったかは判らなかった。
コイだったら、もっと鈍い感触だよなぁ、今のはバイトしてきた感触だよなぁ、と思いつつ何度か同じアプローチをしていると・・・・
岸際で、いきなりカンカンカン!!と連続する小刻みなアタリ!!
次の瞬間に水面を割って出るナマズ!!ヒットだ!!!!

と思ったら、そこでバレた・・・・あちゃー。でもナマズが居ることは判った。
やっぱり流れの勢いが強過ぎるので反転流に避難してるんだ。
だとしたら、、、あの場所なら釣れるか??早速、心当たりのあるポイントへ移動。

ここにも先程と同様に反転流がある。居るならココだろう。
ルアーを通すと、、、、ユラッと真後ろを追尾する姿、ナマズだ。
もう一度通すと、カツーーンと一回だけ当たったがしっかり食い込まなかった。
ダウンストリームでアプローチしてるからうまくフッキングしないのだろう。クロスストリームのアプローチに換える。
先程ナマズの居たスポットをクロスで通すと、、、、グワン、とチェイスする影。
そしてゴツゴツゴツ!!少し聞いてみて、乗ってることを確認して思いっきりアワセる。

よし、今度こそ!!
フッキングした途端にナマズは暴れる暴れる、激しいヘッドシェイクとアマゴのようなローリング。
足元まで寄せてもなかなか大人しくならない。なんとかいなしつつ、足場の良い場所に誘導して撮影。
f0100885_1904268.jpg

サイズは40後半か。まぁなんとか釣れてくれた。
すぐにリリースして、もう1匹いるハズ、、と再度アプローチすると、またユラッとチェイス。
しかし、コイツは警戒心が強くて二度目は出てこなかった。

久々のデイ・ナマズ。けっこう楽しめました。
やっぱり雨が降ったらナマズ釣りだね。
[PR]
by sierra-outdoor | 2010-09-23 18:53 | その他の釣り | Trackback | Comments(6)
復活!!98ツインパワー4000H
4月のオフショア釣行の際、メカ的なトラブルが発生して、後でバラしてみたら、マスターギアが磨り減っていた、98ツインパワー4000H。
その後、マスターギアは何とかシマノから新品を取り寄せたが、ピニオンギアはもう在庫ナシとの事。

とりあえずマスターギアだけ交換してみたが、、、、トラブル発生時がちょうどヒット中だったのでゴリ巻きしちゃったせいか、磨り減ったマスターギアと噛み合うピニオンギアも逝ってしまっており、新品のマスターギアを入れてもダメダメ、回転がゴリゴリの感触で使えそうにない。

10年来、使ってきた愛機であり、私にとって初めてのソルト用専用機だったので、愛着はある。
もう製品的には寿命に近いが、ギアさえ入手出来れば延命できるしなぁ、、、、と思って保管してヤフオクなのでパーツ取りのジャンク品が出ないか探していたが、さすがに10年前の機種で、マイナーな4000Hという番手。
なかなか見つからない(1回だけ出品があったけどジャンク品でなく完動品だったので高かった)

そろそろソルトで、このクラスのリールを使い始める頃なので、諦めて後継製品を買うか・・・と思っていた矢先のこと。

沖縄在住の釣友のAPOさんのブログを見てたら、まったく同じ98ツインパ4000Hのギア交換の記事があった!!
オーバーホールして、ギア回りやベアリングを総取り替えしたみたい。
あ、ひょっとして、古い方のピニオンギアはもう要らない??と尋ねたら、快く譲ってくれた。
(ありがとう!!>APOさん、持つべきモノは友達だね~~)

で、先日ピニオンギアが届いて、今日、時間があったので早速交換です。

少しづつバラしていく。ピニオンギアはリールの中心部にあるので、ほぼ全部バラさないとダメなので、細かいワッシャーとかネジを無くさないように、そして細かいパーツの入っていた場所を記憶しながら(よく、バラした後で、再組み上げの時に細かいパーツの場所とか向きとか判らなくなるのよね)バラしていく。

メインシャフトも外して、ローラークラッチも外す。
そして出てきたピニオンギア。
しかし、ピニオンギアにローラークラッチの中心に入るパーツがくっついている?のか取れない。
ネジ止めでもなさそうだし・・・・・ペンチで引っ張っても取れない。
やむなく、APOさんに部品の写真をメールして教えを請う。
「きっと錆びで固着してるだけ、CRCを浸透させて少しづつ引っ張って」との事。

CRCをシュッシュ、と浸透させ、ペンチの先で軽く小突く。そして、思い切って引っ張ると、スポンと取れた!!
よしよし、これでピニオンギアが交換できるゾ。

早速、送ってくれたピニオンギアを組み込んで、バラしたのと逆の手順で組み上げ。
途中で要所ではグリスアップとオイルを注入。
そして、完成。

ドキドキしながらハンドルを組んで、回すと・・・・・

をぉ~~~以前の回転フィーリングに戻った!!やった~~復活だ。

新品同様という訳には行かないが、少なくともトラブル発生前と同じ状態にはなった。
これでもうしばらくは(2年くらいかな)延命処置が出来た。
ヨシヨシ、いつでもカンパチのジギングに行けるゾ。まだまだしばらくはこの愛機を使って釣りが出来そうだ。
f0100885_11531377.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2010-09-04 11:53 | その他の釣り | Trackback | Comments(0)
7/17 梅雨明け(多分)・そしてデイナマズ
7月に入って怒濤の雨続き。東海地方もつい先日、大きな災害があったばかりでしたが、やっと梅雨明けっぽい天気(まだこの記事を書いてる段階では梅雨明け宣言は出てないけど)

とりあえず、近くのナマズポイントまでポタリング。
前の日だったら、ちょうど良い濁りと水位だっただろうが、もう平水に戻っていてデイ・ナマズには厳しそう。

第一ポイント、、、反応なし。

第二ポイント、、、反応なし。

第三ポイント、、、ルアーをロストしたのみ(泣)

さすがに、濁りも増水もない状況で、デイ・ナマズは無理か・・・・

第四ポイントがいちばん水深があるので、ここでダメなら今日は終わりだね。

とりあえずキャスト。コイの群れがココがいちばん多い。
幅広く探っていくと、、、沈んだテトラの際を流したら、黒い影がフラ~ッとついてきた。
あれ?なんだ??
コイじゃないよな。ルアーに興味しめすのはナマズに違いない。

もう一度同じ場所を丹念に探る。すると、川底から黒い影がグワンとひるがえって飛びついた!!
ヒット!!!!

黒い影が激しくヘッドシェイク、そして流れをモノともせずグイグイと遡る。
よしよし、来たよ来たよ、ナマズちゃん。
足元まで寄ってきても暴れる暴れる。なかなか大人しくならない。
しばらく足元でいなしつつ、弱らせてから写真撮影。
f0100885_15261526.jpg

こんな平水の状況の真っ昼間でも釣れるもんだね。
釣りはやってみない事には判らんのぉ。

まだ居るかな。もう一度探ってみると、やはり沈みテトラの際でチェイス!!
まだまだ居るね。チェイスした魚影を偏光グラスで確認しつつ、目の前30cmを横切るようにトレースすると、目の前を通過した次の瞬間にチェイス!!そしてヒット!!

ううーん、いいねぇ、ナマズのサイトゲーム。デイナマズの真骨頂だ。
どったんバッタンと暴れるのをいなしつつ、さき程の魚と同様に撮影。そして水から上げずにペンチリリース。
f0100885_15294673.jpg

その後、もう1匹の反応を得たが、さすがに3匹目は手強かった。
まぁ、このドピーカン天気で濁りも増水もない平水状況で、よくぞ2匹も釣れてくれたモンダ。
釣れた2匹とも約55cmほど。似た様な場所から出てきたので、ペアリングしていたのかも知れない。
(よくナマズは2匹ペアで居るので)

また次は夕立増水があった直後に来るとしよう。

今回もデジカメ忘れたのでケータイで写したが、このケータイデジカメは非常に写りが悪いナ。
なんでこんな画像しか撮影できないのだろう・・・・(^^;;;
もう替え時かな、ケータイ。
[PR]
by sierra-outdoor | 2010-07-17 15:32 | その他の釣り | Trackback | Comments(0)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism