<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
船からのエギング
今回は、初めての船エギングであった。
船からのエギングも2種類あって、ショア沿いを通常のエギングタックルでキャスティングで狙う釣りと、ある程度水深のある根や漁礁をバーチカルに攻める、バーチカルエギングがあります。
今回は前者の、ショア沿いのキャスティングです。

メンバーは2週前に沼津釣行でご一緒だったSさんと、今年春から渓流釣り関係でいろいろ情報交換させてもらっていたChurinさんと、合計3名でエギング船のチャーターでした。

まぁ私は、エギングは年に数えるくらいしかやらないので、当然釣れるのも数える程度(笑)
エギング素人なのだが、他のお二人はエキスパートなので問題なし。特にSさんは前週もエギングに行ってるくらいだし。

三重県は方座浦から出撃。
朝6時半くらいに港をでて、ぐるっと湾をでた直後の磯場がポイントらしい。
同地区には他にも数隻?エギング船があり、ポイントの争奪戦でもあります(^^;;;;


最初のポイントでいきなりChurinさん、アオリげっと!!
400gくらい??なかなかの良型です。Sさんもヒット!!
じゃ、次はオレじゃん、、、、と思ったけど素人に釣れるほどアオリーは甘くありまへん。
Sさん、Churinさんは順調に釣っていくけど、私にはアタリ無しナシ。
う~~んなんで???
どう釣っているのか聞いてみると、とにかくボトムまで沈めているとのこと。
船からのエギングなのでショア沿いとは言え、狙う水深は結構深い。
魚探がない船だったので、推測だけど水深15~20mぐらいかも。
エギが最大3.5号しかなかったので、しかたない、じっくり時間かけて沈めることにする。
キャスト、そしてボトムまで沈める。船がビミョ~に動いているので、着底の瞬間をとらえるのが難しいが、ある時、フッと一瞬ラインがふけたのが判った。
着底だ。
すぐにシャクリを1回、2回、3回、と入れる。
そしてまたボトムまで沈める。で、着いたらまたシャクル・・・・と
グン・グン・グググン!!
を~~なんか生命反応が!!
テンションを緩めずにあげてくると、逆噴射の感触が。やったやった、なんとか釣れた。
あげてきたら、300gくらい?の中型アオリ。
去年の沖縄以来のアオリGetである。ボーズ逃れてホッと一息。陸ッパリならともかく船からボーズじゃシャレならんもんなぁ。

これで少し感触をつかんだのか、しばらくして同じクラスで2ハイ目Get。
やっぱりボトムまで沈めて、3回シャクッタ直後のフォールで抱いてるようだ。
2度目のシャクリで、グン!ググン!
ってカンジ。

Sさんは手慣れたもので、シャクリの後のフォールをカーブフォールさせてアタリを感じてアワセている。
私は素人なので、とにかくボトムまで沈めてシャクって、沈めての繰り返しで、シャクった時にアワセが入る、という釣り方。

10時前に、3ハイ目がヒット!
これはまぁまぁ大きかった。800g?900g?くらい。もちろん私自身のアオリの最大サイズ。

ここまでは私なりに釣ってたのだが、ここから釣れん。
太陽が昇りきってアオリの活性が下がったのか、ぜんぜん釣れなくなった。
でもSさん、Churinさんはボチボチ釣れ続く。これが腕の差か。
私には、時折、チビアオリが船の近くまで追ってくるので、サイトエギングしてみるのだが、どうも釣れない。一応、興味は示してくるのだけどね、イマイチ抱かせられない。

そうこうしてるうちに13時になり終了となりました。
3人合計で約25ハイ。で、私は3ハイ・・・・苦笑  他のお二人がほとんどの釣果を叩き出してくれました。
下の画像は3人の釣果の一部です。
f0100885_11573447.jpg


今回の写真はChurinさんから提供して頂きました。ありがとうございました。
[PR]
by sierra-outdoor | 2006-10-28 23:39 | 海の釣り | Trackback | Comments(0)
駿河湾の釣り
友人に誘われて、初めて沼津出船のオフショア。

正午に港を出港、そのまま夕マズメを過ぎて夜半に帰ってくるという変則ダブルヘッダー釣行。

台風18号の影響が危ぶまれたけど、意外?と波は高くない。
風が北東~東寄りの風でやや強めながら、沼津の前の駿河湾はちょうど陸地が風を防いでくれる風裏にあたるため、そんなに影響ないみたい。

港を出て、ほんの目の前で釣り開始。
いきなり、友人のSさんヒット!!ペンペンシイラでした。

それから、ペンペンシイラの猛攻が続く。
投げても投げてもシイラ、シイラ、ペンペン、ペンペン、ペンペンペンペンペン・・・・・・
表層はもちろん、ジグを沈めてもペンペンシイラの連続ヒット。
夜間にバラ・サットウ釣りがあるので、それの餌用に若干のシイラをキープしたが大半は船縁リリース。
でも船縁でも小さいとは言え、シイラである。暴れる暴れる。
リリースするのに手こずって、ルアーつけたままラインブレイク・・・・ああ、かわいそうに、それにルアーが勿体無い。
船の上にあげてしまえばルアーのロストはないんだけど、そうすると無事にリリースできないしなぁ。
そのうち、ノーフックフィッシングをやってみた。
ペンシルプラグのフックを全て取った状態で投げるのだ。
着水直後からシイラアタック!!当然フッキングはしないけど、思いっきり噛み付いてくるので一瞬だけ手ごたえがある。
で、外れたプラグにまた別のシイラがアタック!!
1個のプラグに10匹くらいのシイラが群れなしてチェイスしてくるのが目の前で繰り広げられるのでこれは結構面白かった。

結局、昼間はシイラで終始して、2~3匹、ソーダガツオが釣れただけ。
期待していた、カツオ・メジマグロは不発に終わる。

そして夜間の部だ。
最初はムツを狙ってみたが姿現さず、サバが好調とのことでそちらに移動。
ここでは丸々と太った良い型のサバがぼちぼち釣れた。サバに混じってタチウオも釣れていたが、ナゼか私にはサバ、サバ、サバ・・・・・・・
まぁサバも新鮮なヤツは美味いからいいんだけどね、タチウオも多少は釣りたかったな。

夜9時すぎにいよいよバラ・サットウのポイントへ移動。
グローな300gジグを結び、昼間釣って切り身にしたシイラを付ける。
そしてそれを、ド~ンと水深50~100mまで送り届けるのだ。
早速、同船者にヒット!!
隣で釣っていた大ちゃんにもヒット!!
それぞれ10kg弱のサットウであった。
仲乗りの船長の息子さんがランディング・リリースまでやってくれる。
魚もデカいし、食わない(食えない)ので船縁リリースするのが当たり前。

60m付近でゴンゴン!とアタリ。しかし食い込まない。
また次のアタリ。ちょっと竿先を持っていかれたのでエイ!とアワセたが空振り。
意外と難しい釣りだ。大ちゃんいわく、送り込むのだそうな。
仲乗りの息子さんにも聞くと、アタリだけで食い込まないときは2mほど巻き上げてそこで待てという。
また、アタった。ガツガツガツ。魚が何か齧ってる。さらに待つ、待つ、待つ。
するとやや重みを増してグ~~ンと竿先が持っていかれる。
ええい!とアワセつと、今度は乗った!
かなりゴッツイ竿(これは大ちゃんからの借り物のゼナック)が曲がる。
踏ん張る。けっこう重いがなんとかゴリ巻きできるくらい。
魚が序々に上がってきたが、もう少しでリーダーだ、というところで走り出す。
ドラグがすべる。グリップエンドを腹で支えて耐える。そうとうなトルクで魚は走る。
何秒かの後、魚の走りは止まるので、またゴリ巻き。そして走る。止まったらゴリ巻き。
これの繰り返しで釣れたのはサットウの目測7kgくらい。
を~~~これがバラ・サットウの釣りか。たしかに大物ファイトの練習にはなるな。
1匹釣ると疲れるので、ちょっと休憩。そしてまた再開。
船のあちこちでヒットの声とドラグが鳴る音が聞こえる。
沖上がりの01時まで飽きない程度に釣れ続き、私は7~10kgくらいのサットウ・バラを6匹か7匹釣った。
まだまだオコチャマサイズで、20kg、30kgくらいは普通に釣れるらしい。
近海で一番手軽に狙える大物釣りと言えようか。
食べれないのが難点だけど(正確に言うと食べられる。少量なら美味しいらしい。たくさん食べると人間の胃腸では消化しきれないほどの脂が多いので食用に適していないのだ)
ファイトの練習相手にはちょうど良いかもね。
f0100885_23222169.jpg

01時に終わって、帰港。
後片付けをして船長、仲乗りの息子さんに挨拶。地元の大ちゃんとも挨拶して沼津を後にした。
[PR]
by sierra-outdoor | 2006-10-15 10:50 | 海の釣り | Trackback | Comments(0)
奈良井~木曽福島
前から思っていた、奈良井宿~木曽福島間を自転車で走破。

まずはJRで奈良井駅まで行く。青空フリーキップを使えば、東海三県のある程度の区間内は一日乗り放題(普通運賃)なので、この切符を買い求めた。
朝5時起き(^^;;;
地下鉄の駅まで走って、輪行。JR中央線に乗り換え、千種駅6:27中津川行きに乗る。
そして、中津川で松本行きに乗り換え、9:30くらいに奈良井着。
3連休かつ天気が良いので早朝なのに電車は大混雑。坂下駅でウォーキングのイベント、木曽福島で関所祭りがあった関係らしい。
混んでる時の輪行はちとツライね~~~~

f0100885_1123453.jpg

なんとか、奈良井に着いて、自転車を組み立てる。
奈良井宿の町並みを散策し、いよいよ今回の最難関?の鳥居峠にさしかかる。
徒歩で越える道と、車も走れる林道の2コースがあるが、自転車なので林道に入る。
すぐに舗装路は途切れ、ダートになった。
路肩崩落のため通行禁止のゲートあり。ま、自転車なのでイイだろう、と思って突破。
けっこうガレた道をひらすら走っていく。
時々、地元ナンバーの軽自動車が止まっている。多分、キノコ狩だろうな。
ちなみにこの周辺の山は関係者以外立ち入り禁止の立て札がいっぱい立ってるので監視も厳しいだろうし、トラブルを避けるためにもヨソ者は入らないようにネ。

峠近くで崩落現場を通過。
車は絶対に通れない。自転車や徒歩ならかろうじて可。
オフロードバイクが何台か走っていたけど、かなり厳しい。慎重に通過すれば400cc未満ならなんとか・・・・というカンジ。
そして、峠へ。その近くで徒歩ルートと合流する。
峠の鞍部には茶屋が、、、、と言っても単なる休憩所です。
そこから奈良井の町並みが遠望できます。

茶屋付近で出会った人といろいろ話しをした。
オーストラリアからの観光客をガイドしていた京都から来た女性。
小さな子供や犬と一緒に歩いて峠まできた家族。
この日は歩きだったけど、いつもは自転車に乗ってる、と話かけてくれた男性。
山に入ると同じ場所で出会う人たちと、なんか一体感があっていいよね。
そして下る。林道をイッキに下る。さすがに自転車、下りは速い(笑)
薮原に下りて、国道19号沿いの裏道を走る。でも時々、どうしても国道を走らないといけない箇所があり、そこは安全のため歩道を走るのだ。
(国道19号は路肩が狭くトラックなどの、交通量は一日中多いので自転車の車線端の走行はお勧めできない)

木曽川沿いの裏道を走って、木曽福島へ。
木曽福島の中では、関所祭りをやっていて、大変な賑わい。
ここで栗きんとんと、栗子餅という和菓子を買って食べた。
特に栗子餅が美味しかったかな。
これは、赤福の栗版みたいで、栗餡?の中に餅が入っているもの。
最後、木曽福島駅で輪行する予定だったけど、祭りの関係で大混雑。
少々到着が遅れても座りたかったので、いったん、木曽福島から一駅、戻って原野駅で電車を待ち、座れる席を確保して輪行して帰りました。
(結局、乗る電車を遅らせたので、木曽福島駅でも余裕で座れたのだけど・苦笑)
[PR]
by sierra-outdoor | 2006-10-08 23:10 | MTB | Trackback | Comments(0)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism