<   2007年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2/22 伊良湖水道
平日ではあったが、天気が穏やかであることが予想されたので、会社の休みを取って、ジギングへ。
久々のありもと丸に乗船。

朝、6時半に港に到着。すでに他のお客さんは準備している。
さっそく着替えて準備して船長に挨拶して乗り込む。
出港してすぐにポイント到着。港のすぐ前から始めるらしい。
狙いはシーバス。水深は浅くて20~30mほど、潮もそんなに速くないので、ベイトのコウナゴに良く似たスキルジグをセット。
ボトムまで落として、のたりくたりとユックリめのジャーク。
するとコン!!と小さくバイト、そして食い上げ。慌ててフッキングするが空振り(^^;;;
その次、ジャークの間にステイさせたら「コンコン!!」と小さくバイト。そのまま待ってるとグング~ンと軽くだけど竿先を持っていくのですかさずアワセる。乗った!
さほど大きくはなさそうなのでイッキに勝負を付ける。
シーバスジギングは寄せるまでは苦労しないが、船縁まで寄せてから気を抜けない。
シーバス特有のエラ洗いを許すと、重さのあるジグはすぐにフッ飛んでフックアウトになってしまうからだ。
船長がネットを持って駆けつける。そして遊ばせずにサクッとランディング成功。
私としては出足好調だ。
その後もショートバイトが何発か続くがフッキングできずに終わる。
f0100885_22474438.jpg

9時ころになり伊良湖水道へ船は移動。
まずはタコ狙い。。。しかし私はタコは眼中になかったのでタコジグを持ってきてない(^^;;
あり合わせのオモリ60号に一個だけあったエギをつけて落としてはみるもののタコからの反応は無し。でも同船者の人はタコを釣りあげた。

1時間ほどタコ狙いのあとは、お楽しみのカサゴ。
私はカサゴフェチなのでR。
オモリは40号、それに自作の胴付き仕掛けにワームをセット。
これをボトムまで沈めて、ボトム付近でユラユラと誘うのだが、、、この日はどうもカサゴの活性が低いのか、潮が早すぎてピンポイントに船が流れないのか、いまいちアタリが来ない。
なんとか3匹ほど釣ったけど、サイズ小さいし。

昼過ぎになり、海は相変わらず穏やかで風も弱く、太陽は照りつけるので暑くなってきた。
船長はポイント移動を告げて、伊良湖水道の真っ只中へ。
そこには沢山の遊魚船が集結している。
ここでも狙いはシーバス、運がよければマダイ。
ただし潮が早いため、けっこう流されボトム着底を感知するのが難しい。
根掛かりも頻発する。
それでもしばらくして同船者にシーバスがヒット、続いてマダイもヒット!!
これで俄然ヤル気がでた。
赤金のジグで釣っていたので、私も赤金にチェンジ。
でフォールさせて、最初のジャークでグン!と重くなる。アワセるとフッキング成功。
そんなに大きくなさそうなのでゴリ巻きすると上がってきたのはシーバスでした。
私の魚をランディングしているとミヨシで釣ってた人の竿が大きく曲がる。
上がってきたのは、でた~~って感じの大鯛だ。こらデカイわ。
なんと8kgオーバーの巨鯛でした。こんなのが伊良湖水道には居るんだねぇ。
そうして、沖上がりを迎えたのでした。

タイが釣れていたらよかったのだが、まぁ簡単には釣れないので、また次回のお楽しみとしておこう。
[PR]
by sierra-outdoor | 2007-02-22 22:23 | 海の釣り | Trackback | Comments(0)
2/12 ワカサギ釣り
今シーズン最初のワカサギ釣りですが今年は暖冬で釣果もシブい様子。
昨年まで通っていた伊自良湖が今年は水抜きのため釣りにならず、今回は入鹿池へ行くことになった。
もともと東海地方では、この入鹿池がワカサギ釣りでは古くから有名だったのではあるが、今まで行く機会もなかったので、下調べしてみると、暖冬の影響か釣果は安定せずさらにサイズが小さいらしい。
対策として1.5号仕掛け、そして錘も軽いのが良いとのこと、1号錘を用意。

当日朝の6時すぎにボート予約しておいた見晴茶屋に到着。
同行の釣友の石野君と、長女のりなちゃんはすでに到着していた。
ボート代を支払い、エサのアカムシを購入。明るくなった頃に桟橋より出撃~~~

魚探をセットして、漕ぎだすと、桟橋のすぐ沖合から反応が出る。
念のため、仕掛けを投入。
魚探には中層とボトムに2種類の反応が出ているので、中層の反応を狙ってみるが・・・・まったく釣れない。
じゃ、ボトムまで沈めてみると、ピリピリと微かな反応が・・・しかし乗らない。
何度か繰り返してボトムから仕掛けを上げるとメダカみたいなワカサギが釣れてた(^^;;;

これじゃダメだ、と思って場所移動。
定番ポイントである灯台付近にはすでに船団が集結。その船団の中に石野家は陣取っていた。
魚探で探りながらスローに移動していくと、確かに船団周辺には反応はあるが、、、あまり釣れそうな気配がないので別の場所を探りに行くことを石野君に告げてワカサギ求めて旅に出ることにした。
f0100885_194951100.jpg

えっちらオッチラ漕いでいく。
船団エリアから外れると魚探にはまったく映らなくなり、ひたすら変化のないボトムがあるのみ。
通称、赤壁と呼ばれるポイントに近づくと、ようやく地形変化が出てきた。
常連らしき2艘のボートが浮かんでいるので、その周辺を魚探で探ると若干ではあるが反応アリ。
ここで釣ってみよう。
アンカーを下ろして固定。アカムシを付けて(針が1.5号と小さいので付けるのが大変)仕掛けを下ろすとボトム付近から小さいサイズのワカサギがポツポツ釣れだす。
中層にも反応は出るがやっぱり何も釣れない、この反応はワカサギではない、と思って以後無視する。
釣れるサイズは事前情報とおり4~5cmのメダカみたいなワカサギ(^^;;
たま~に年越しと思われる10cmオーバーが釣れるけどチビ10匹に対して1匹ぐらいの確率。
それでもなんとか1匹2匹と追加して20匹くらい釣れたところで曇り気味だった空が晴れあがり、陽が上がって湖面に直射日光が射すようになった頃からまったくアタリがなくなる。
魚探にも反応がなくなってしまったので10時ころに移動を決意。

船団が集結している灯台方面に戻る。お昼近くになりボートも散らばり気味ではあるが、まだまだ船団は出来ている。
事前にボート屋のおばちゃんから常連組は釣れている、と教えてもらった灯台北側のポイントに差しかかると、いきなり魚探に好反応!
試しに仕掛けを投入すると一発で年越し個体がヒット!
その後も反応はよろしいので、ここで粘るためアンカー固定する。
ボトム付近に薄くだがワカサギの群れが映り、それを狙うとアタリが出る。朝と同様にショートバイトのみで終わってしまうことが多いが、ポツポツと小型主体だが釣れてくるのでこのポイントは当たりかな、と思っていた
ら・・・すぐ近くに若者3人組がやってきて、ボートの上でドカドカ物音立てながら釣り始めたせいか、魚が散ってしまい沈黙・・・・(^^;;;;

石野君から電話があって昼食休憩のため上陸する云々の話をしている最中にケータイ電池切れ警告が出たので、その事を告げるために石野家を追って上陸。
休憩の後、石野家とともに灯台北側にやってきたが風が若干強まり、ワカサギの群れも魚探に見えずあまり期待できそうになかったが、もう新規ポイント探るアテもないのでそこでアンカリング。
最初のうちはまったく釣れなかったが、14時すぎから小型がポツポツと釣れだす。
りなちゃんが結構好調に釣り出して、石野君もエサ付けやら魚外しやら忙しい様子。
結局、16時まで頑張って私の釣果は53匹。平均釣果が数10匹とのことだったので、魚探使った割には振るわなかったが、初めての入鹿池なのでこんなところかな。
[PR]
by sierra-outdoor | 2007-02-12 19:57 | その他の釣り | Trackback | Comments(0)
2/3~4 八方尾根スキー場
2月はなにかと立て込んでおり、この週末しかスキーに行けそうにないので、急遽、行くことに決定。
出発の数日前、八方に行くことにして、宿の空き状況を探していると、、、運良く2年前に宿泊した宿が空いているので早速予約。

3日朝5時半ころに出発。松本ICを下りて、そこから下道を走るが、、、、松本を下りた時点ですでに8時になっており、世間はすでに起き出しているので道路の流れが悪い。
なんとか豊科、明科エリアを抜けて、高瀬川堤防道を走りだしたころからなんとか流れに乗り、結局現地着は10時と予想より1時間以上も遅かった。まあ出発が遅かったので止むを得ないが。

宿に到着して、宿で2日券を購入。宿泊者には少し割引があって7500円とリースナブル。
以前の八方の2日券って9000円くらいした様な気がしたが、随分と安くなったもんだ。

まずは宿の目の前の白樺ゲレンデから滑り始める。リフトに乗った際にゴンドラ乗り場を見ると若干の待ち行列があったため、リフトを乗り継いで上に上がろうとしたが、、、、なんと途中の高速ペアリフトが運休、、、と
言うより今シーズンは営業をしていない!
これは困った。白樺から上がれないではないか。仕方なくゲレンデ下部まで下りて、ゴンドラに乗る羽目に。
後で判ったことだが、少なくともリフトが3本(主に国際、北尾根方面)営業していない。
確か2シーズン前は営業していた筈なのに。
雪が無いとか、客が少ない日は動かしていない、ならまだ判るがシーズン当初から営業そのものを止めているとは八方よ、お前もか!ってカンジ。
八方尾根スキー場は白馬地区でも最大級、いや日本全国を見ても単独のスキー場としては最大級かつ長野五輪ではジャンプ競技や滑降競技会場として注目浴びたし、とにかく日本を代表するスキー場の一つのはず。
その八方ですら最初から営業を止めてしまうリフトがあるなんてちょっとショックであった。
スキースノボ業界の不振もここまで来たか、と思うと前途暗くなってしまう。
10数年前のあの異常なまでのスキーブームもヘンだが、ここまで落ち込むのも問題であるので、皆さん、たまにはスキースノボに行きましょうネ。
f0100885_20234220.jpg

さてさて。
この日は大変天気がよく、ほぼ快晴。(まぁ今シーズンは冬型が長続きしないので晴天率高いのだけども)
ゴンドラで上部エリアまで上って、さらに上を目指す。
そしてゲレンデ最上部に到着。白馬連峰の峰々の白さが際立ちとても景色の良い所であり、大勢のスキーヤースノーボーダーが記念撮影をしている。
こんな景色を眺めるためだけにも晴天の八方最上部には行く価値はあるのだが、この日はもう一つ、個人的にどうしても行かねばならぬ理由があったのです。
f0100885_2024126.jpg

このスキーに行くほんの2、3日前、10数年来、懇意にしてきてよくスキーや釣りに一緒に行っていた友人が急逝するという訃報を知ったのでした。
その友人と何度も訪れたのが、この八方でした。
亡き友人との想い出を大事にするため、そしてご冥福を祈るため八方のゲレンデ最上部のケルンにやってきた。
ケルンを前にしばし黙祷する。友人との楽しかった想い出が走馬灯のように脳裏を駆けめぐる。
安らかな眠りについた友人のことを思いつつ・・・・・

黙祷が終わった後、ゲレンデを下り始める。すでに午後2時を回り、だんだんと冷えてきた。
まだまだ周囲は明るいが山の天気は変わりやすい。
途中、兎平109で休憩したのちにパノラマ~白樺を経てゲレンデ下部に下り、最後は白樺ゲレンデをリフトが止まる少し前まで滑り倒して一日目は終わりました。

翌2日目。
前日出遅れたのでこの日はあまり滑っていないリーゼンスラロームを中心に朝イチから滑るゾ~~と思っていたら、なんと強風でゴンドラが動いていない!
あぁなんてことだ(^^;
と嘆いても仕方ない。朝食を終えて宿をチェックアウトしてリフトに乗る。
ゲレンデ上部に上がれないため、いつもは空いてる筈の下部ゲレンデがけっこう混雑してきた。
風は相変わらず強く、時折、旋風が吹き、ちょっとした竜巻状態になってたりして、たびたびリフトが急停止する。
それでも何本か白樺ゲレンデのリフトを乗っては滑ってを繰り返していると、少しづつ天気が良くなって風も弱くなってきたな、と思った頃、それまで停まってリーゼンクワッドが試運転を始めたのが見えた。
よし、行くなら今だ!
すぐに白樺から名木山ゲレンデへ移動。やはりクワッドが動き始めたのを見たスキーヤーが名木山に殺到して一番下のパラレル・トリプルリフトには往年を思わせる長蛇の列。
それでも15分ほど待ってトリプルに乗った頃にゴンドラも動きだした。
今からゴンドラに行くよりはクワッドに乗った方が早いのは間違いないのでそのままクワッドの待ち行列へ。
f0100885_2024521.jpg

リーゼンクワッドで兎平まで上がると、、、兎平のコブが全て雪で埋まっているという珍しい光景が目の前に広がる。
もちろんさらに上に行くリフトは停まっている。何人かのスキーヤー、スノーボーダーはまだ誰も滑っていない兎平を滑るべく歩いて登り始めていた。
展望リフトが辛うじて試運転を始めたので、そこに待ちが集中している。まだ兎平クワッドは動く様子もなし。
いったん、リーゼンスラロームを下りることにした。
まだ滑っている人は少ないので滑り易いか、と思っていたが、昨晩の圧雪した上に重めの新雪が10~20cm乗っていてやや滑り辛い、しっかりと外足を踏んでいないと板を取られる(^^;;;
でも天気はますます回復に向かい、ほとんど前日と変わらぬ好天になったので、滑っていると気持ち良い。
リーゼンを下りて、再びクワッドに乗って上がると、そろそろ兎平クワッドが試運転を始めたので、しばらく待ったのにクワッドで兎平上部へ。
兎平はアイスバーンの上に10cmほどの新雪が乗ってる状態で、これまたやや滑り難いが、ここを1本くらいは滑らないと八方に来た意味がない。
そして向かって左の黒菱を見るとまだリフトは動いていない。そこでいったん名木山ゲレンデまでおりてワイスホルンというレストランで昼食。
ここはお昼時はいつも混雑してるので、大変だがなんとか相席を頼んで席確保。
ボルシチ&ライ麦パンセットと、シロスパを食す。うむうむいつも美味しいのであった。

午後、再びリーゼンクワッドに乗り、さらに展望リフトに乗る。
う~む絶景かな絶景かな。
次は黒菱のリフトが動いていたので黒菱側に下りる。黒菱の圧雪バーンではそうとうなエキスパート揃いのグループがひたすらカービングターンで同じ場所を滑っている、とても華麗かつダイナッミックな滑り。
あれくらいの滑りが出来るようになると良いが、、、、ちょっと無理だな(苦笑)
黒菱の下にあるスカイラインコースに下りる。ここは滑走禁止エリアがほとんどない(つまりどこ滑っても良い)ので、雪がフカフカの時は大変面白いコースなのだ。
この日は重めの雪が降った後なので、ちょっと難しいがそれでも、非圧雪バーンをそれなりに楽しんで、午後3時に八方のゲレンデに別れを告げ、宿に戻ってお風呂に入れてもらった後に家路につきました。
[PR]
by sierra-outdoor | 2007-02-03 20:21 | ウィンタースポーツ | Trackback | Comments(0)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism