<   2007年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧
クロスカントリースキーとスノーシュー
今回は長野県は戸隠高原で、初めてクロスカントリースキーとスノーシューに挑戦。

年に一回、戸隠観光協会と環境省の共催で雪上観察会というイベントを行っているので、それに参加しました。
3月3日の午後、雪上観察会の初日。
まずはクロスカントリースキーを履いて、付近を散策・・・・というと簡単に聞こえるが、ぢつはこのクロカンスキーが結構難しい。
ゲレンデスキーならまったく問題ない緩い斜面でもクロカンスキーだとコケまくる(^^;;;;

クロカンスキーは、ゲレンデスキーと違うビンディング構造をしていて、簡単に言うとつまさきだけ固定されていて、踵は完全フリー。
さらに板は幅が狭く、エッジがない(最近は幅が少し広くてエッジ付きのクロカンの板もあるみたいだが)
前後の重心バランスが非常にシビアで、ちょっとでも後傾になると板をコントロール出来なくてコケてしまうのだ(^^;;;;;
ガイドの人に教えてもらいながら、あちこち歩き回って雪の上の動植物の説明を受けるのは面白いが、なんにせよクロカンの滑りが心もとないのでおっかなビックリで滑るので、結構疲れてしまうのでした。


翌日は、同じ雪上観察会でも、スノーシューを履いた。
これはいわゆる西洋カンジキというヤツで、クロカンに比べると非常に扱いが簡単。
よほど厳しい積雪状況と斜面でない限り、まぁ多分誰でも初日から歩けるだろう。
初日と同じくガイドの人について雪の野原をめぐってみた。
日頃はなかなか入れない雪原に入って、いろいろな戸隠の自然や動植物の話など聞けて面白かったのでした。
スノーシューの方が雪原の突破力と応用が効く、しかし、長距離移動の容易さとその速度でクロカンスキーにはかなわない。
どちらがイイかは、その人の好み次第かな。
f0100885_11372899.jpg

個人的にはスノーシューの方が気に入ったかな。
今回はレンタルだったが、来シーズンは自前のスノーシューを揃えて雪原をスノーシューで巡ってみるのも楽しいかも。
[PR]
by sierra-outdoor | 2007-03-04 23:27 | ウィンタースポーツ | Trackback | Comments(2)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism