<   2007年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
伊良湖のオフショア
GW前半の最大?の楽しみであった、伊良湖沖のオフショア。
天気も上々、波も比較的穏やかで絶好の釣り日和。
2月末に引き続いてありもと丸に乗船する。

定刻通りに出港。まずは伊良湖沖まで一直線に船は走る。
最近サバが好調で、特にデカいサバが釣れているので、それを狙うのだ。
ポイント到着。船はスパンカーは立てず、ドテラ流しで釣り開始。
ジグ投入と同時に周囲でエソが連発。前日に他船に乗った友人の情報通り、エソが凄まじいほどの活性ぶりである。
でも、時折サバが上がっているので、エソを回避しつつサバが食うのを待つ。
アンダーハンドでやや遠くに投げてフォール、ボトムに着いたらゆっくり弱いジャークを行ってまたフォール。
するとグン!と重くなる。遠くで掛けたのでエソかサバか判らんけど、寄せてくると右に左に走り出し、サバだと判った。
約50cm近い大サバ、こりゃ旨そうだわ(笑)
朝イチはけっこうサバの活性高くて、エソに悩まされつつも、3匹ほどサバをGet。

しかし時間の経過とともに、サバは低活性になり、釣れなくなる。
その代わりにますますエソが釣れだす。
こいつら、無限に居るんじゃないか、と思われるほど釣れてくる。
サバはフォールで食ってくる。エソはジャークしてくると食ってくる。
ボトム付近でジャーク&フォールを繰り返し、フォールでサバを釣ろうとしてるのだがダメ。
とにかくエソだらけ。でも釣ってる人はポチポチとサバを釣っている。
ジグはピンク系が良いらしいが、適当なサイズのピンク系を持ってきてなかったのがアダになったかなぁ。

あまりにエソだらけなので船長はポイント移動を決意。
次のポイントでは、若干エソアタックが減ったものの、やっぱりエソ、エソ・・・・・
しかし、時々サバが上がる。私にもドン!!と重いバイト。
これはエソじゃないぞ、大サバか・・・・と期待して上げてきたら、サバじゃない、ホウボウだ!
久しぶりのホウボウGetだ。胸鰭が綺麗なホウボウだが、食べても美味しいので釣れたのは大変嬉しい。
この日はホウボウが当たったらしく、船中でもけっこうホウボウが上がった。
その後、私に2匹目のホウボウが釣れて、この日はホウボウDayとなったのでした。
f0100885_83916.jpg

11時くらいになり、伊良湖水道に戻る。マダイ狙いである。
マダイ対策のため、今回ベイジギングタックル(メジャークラフト:オフブロー&シマノ:ベイゲーム300F)を投入。
カブラの80gを沈めて、ゆっくりとリトリーブ。しかし海からの反応はなし。
沖上がりが近づいたころ、とつぜん船長が
「大至急、ジグを回収して。すぐに移動します」
とアナウンス。ジグを回収するやいなや猛スピードで走る。
ジギング船の政宝丸が宝の山を当てたらしい。
移動してすぐに隣の人にヒット。大型のマダイか、と思われたがシーバスであった。
しかしサイズは良くて70cm近いクラス。
船の反対側ではタイも1枚出たらしい。あちこちでヒットが続く、、、が私はカブラを投入していたのでアタリすらなし。
急いでジグに変更。右も左もヒット、ヒット!!
私にもヒット!しかし数秒後にフックアウト~~~あああ。
船中でもシーバスがボコボコと上がる中、ジグをシャクリ続ける。
途中、フッとジグを止めてステイさせた瞬間、軽く押さえ込むようなバイト。
よっしゃ!アワせると乗った。今度こそ~~~~釣ってやる。
なかなかサイズが良いのか、何度もドラグが出て行く。ラインは細い(PE1号)なので無理は出来ない。
幸いにも今回初投入のシマノ/ベイゲーム300Fはドラグの滑り出しが良くてやりとりにも不安はなかった。
そしてネットに収まったのはやはりシーバスでした(70cm弱)
f0100885_8475090.jpg

この宝の山に、周辺のジギング全船が集結してさながら祭りのようだ(^^;;
ありもと丸でもヒットが続いたが、ジアイは短く15分か20分経つとすっかり記録はなくなり、沖上がりとなりました。
この短いジアイの間にありもと丸だけで15本の大型シーバスと1本のマダイが上がったので、宝の山を当てるとすごいものですね。
[PR]
by sierra-outdoor | 2007-04-30 22:18 | 海の釣り | Trackback | Comments(0)
敦賀
敦賀へサゴシ釣りに出かけた。
おりしもGWが始まったばかり。きっと大混雑だろうなあ、と半ば覚悟して出かけた。
サゴシのジアイは朝なので、未明から現地入りしたが、まだ夜が明け始めた時間帯で駐車できるところが無い!!
というくらいに車、クルマ、くるま・・・・・・・
ポイントからやや遠い駐車場ならなんとかあるだろう、と思ってみたけど甘かった。
やむを得ず、さらに遠い場所に停めてタックルをセットし、防波堤に向かう。

防波堤も人、人、人である。徹夜装備を持ち込んで(テントまで張ってる組もある)大勢の釣り人がひしめきあっているんだな。
ここはアジなどが手軽に釣れるので、アジ釣りのファミリーにも人気。トイレもあるので女性も多いのが特徴かな。

防波堤の先端に向かうと、1kmちかくある?と思われる長大な防波堤が先端から半分くらいまでビッシリ。ほとんどがサゴシ狙いのショアジギンガー。
私もそのうちの一人なので混雑はしかたない。とりあえず適当な場所で陣取り、ジグをキャストする。
しかし陽が差してくるまではまったく無反応であった(これも予想された事だが)
f0100885_1846935.jpg

防波堤の外側(沖側)と内側(港側)のどちらに入るか、で悩んだが過去の実績から外側を選んだ。
6時すぎて、ポツリポツリとサゴシが釣れるのが遠くに近くに散見されるようになった。
そして6時半、背後がにわかに騒がしくなってきた。サゴシの群れが内側に入ってきた!!
見てると背後の内側に並んだアングラーが次々とサゴシをヒットさせている。
ひ~~~やっぱり内側がよかったのか・・・・・
急いで内側に移動。先に入っていたアングラーに「ここ入っていいですか?」と尋ねて快く了承を得たので(ありがとう!知らない人だけど)隙間に入れさせてもらう。
周囲ではガンガンとサゴシが釣れている。焦る気持ちを抑えてキャスト。隣の人との間隔が狭いのでまっすぐ自分の目の前に投げないと迷惑になるからね。
釣れた人を見てると、ボトムまでフォールさせた後にジャークしてきている。
私も同じようにフォールさせてジャークしてくると、グン!と来たっ!
やった~~と思ったがファイト中にバラシ・・・ああ。
でも次々とアタリは来る、が、ショートバイトでなかなか乗らない。
何度かショートバイトを取り損ねて、焦りだしたころ、やっとドン!!と乗った。
二度三度と追いアワセを入れる。バレないようにゴリ巻き。魚は小さそうだ。
足元までイッキに寄せて、ゴボウ抜きにすると40cm弱のサゴシちゃん。
f0100885_18472910.jpg

なんとか、1匹Getできた。ホッと一安心。
しかしこのあと、釣った魚の処理に手間取り、バラシたりショートバイトを外したりして、けっきょくこのジアイは1匹で終了~
ほぼ同じポイントに入った近くの人でも釣ってる人は数匹以上釣ってるので、わずかなジアイの中でいかに効率良く釣り続けるか、がキモかなぁ。
#この時は約15分くらいのジアイ

そして再び海は沈黙の世界へ。
地元の人たちはこの15分ジアイで数匹釣って、サッサと帰っていく。きっと毎週同じようにやってるんだろうなぁ。

まだジアイは来るハズ。もう少し粘ろう。
そして待つこと1時間、二度目のジアイ到来。
それっ!とキャスト。ボトムまで沈めてジャーク。途中、ガヂガヂとサゴシがジグに噛みついてくるがどうにもフッキングしない。
それでもフォール&ジャークを続けていると、足元近くでゴン!!と明確なバイト。
うぉりゃ~、巻きアワセ&ゴリ巻き。
さっきより少し大きくなって45cmくらいのサゴシでした。
2度目のジアイはすぐに終わってしまい、時間にして5分くらいか・・・・・・
少し離れた場所では、私の目の前ではジアイ終了しても、ポツポツと釣れ続いていたので、場所によっても差が出るみたい。
9時まで頑張ったが、暑くなってきたし、望みも薄そうなので現地を後にしました。
[PR]
by sierra-outdoor | 2007-04-29 18:33 | 海の釣り | Trackback | Comments(0)
根羽川
この日も朝ゆっくりしてから根羽川へ向かう。現着は11時くらい。
だいたい、この川に行く時はこんなカンジ。
普通は渓流釣りは朝イチがメインと相場が決まっているのだが、なんとなく早朝から行く気がしない。
天候は曇り、後雨の予報。渓流釣りには雨は嬉しい。釣りに行く時に雨が降って喜ぶのは渓流釣り師くらいだろうね、きっと。

現地に着いて、川に入ってみると、相変わらずの渇水で、シビアそうである。
ただし、解禁間もない4月なのでチビアマゴなどは割合よく見かける。
そ~っとアプローチして、小さな小さなアマゴをまず釣った。
f0100885_18213386.jpg

日曜日、かつ曇りで雨が降りそうな予報なので釣り師が多い。これも仕方ないことではある。
チビアマゴを何匹か、そして解禁時の成魚放流の残りが1匹釣れたが、あちこちで他の釣り師とバッティングするので探る場所がない。
渇水なので支流も釣りが難しいし。
そして夕方になり、予報通り雨が降り出した。
小雨程度なので水位が増えることはないが、少しは魚の活性があがるかも?と目論んで、お昼の時間帯に入ったポイントに再度探る。
流芯の岩が沈んでいるあたりで、しつこくトゥイッチを繰り返してようやく20cmクラスのイワナを2匹釣りあげたところでこの日はお終いでした。
f0100885_1826269.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2007-04-22 18:15 | 渓流釣り | Trackback | Comments(0)
バチ抜けの季節
釣友の小五郎君がやってくる、というので名古屋港に行ってまいりました。
今シーズン最初の名古屋港、しかも大潮は過ぎてしまっていたので釣れるかなぁ?バチ抜けているかなぁ?魚は居るかなぁ?と心配でしたが。

暗くなったころにポイント到着。
まだ魚の気配なし。しばらく釣っていたが何の反応もナシナシ。
小五郎君達が合流して、くっ喋っていたら、ポショ、パシャと小規模ながらライズが散発しだした。
そろそろ上げ潮8分のジアイ時、ちょっと真剣にやってみますか~~~~
とライズに向けてキャスト!!

ラパラのCD5を投げる。ゆ~っくりリトリーブしてくる。
最初は反応しなかったが、少し後に、ようやくスイッチが入ったのか、ヒット!
しかし手前すぎてバラシ。バチ抜け狙いはショートバイトが多いので、ヒットポイントが手前過ぎると間合いが短すぎてバラシちゃうのよね~~~
気を取り直して、再度キャスト。
しばらく後にまたゴゴン!と明確なバイトでヒット!
グリグリッと巻きアワセ。魚が水面を割って跳ねる。エラアライを極力させないように取り込むと40cm弱のシーバス、というかチーバス。
すぐに小五郎君もヒット!どうやらジアイ突入らしい。
f0100885_8393627.jpg


バチ抜け特有のショートバイトはけっこうあるのだ。
コン!クン!ツン・・・・でも、なかなか乗らないんだなぁ。
それでも、時折グン!と重みが乗るバイトがあるので、そういう時は即座に巻きアワセ。
乗ったら追いアワセを入れて、竿先を水面に向けて極力エラアライさせない(それでもエラアライしちゃうけど)
ショートバイトなのでどうしてもバラシ続出なのだが、まぁ仕方ないかな。
この日はライズはボチボチ、ただし小さいサイズの群れなのか、最大でも45くらいまでで、チーバスの群れのようでした。
小五郎君が4匹、私が3匹釣ったところで潮が下げに入って反応が乏しくなったので移動。

次のポイントは、このエリアで一番最初にバチが抜けると言われているポイント。
行ってみると、ウヨウヨ抜けてましたわ。
ライズもヤル気満々のライズもあるある。
急いで準備してキャスト~~~、すると一投目にヒット!しかしバラシ~~~(ありゃま)
小五郎君はちゃんとフッキングに成功して本日最大の62cmをゲット。さすがだね。
しかし、この後、ライズあれどもまったく相手にされない。ありとあらゆる手持ちのルアーをローテーションさせてリトリーブ速度をいろいろ試してもダメ。
手ごわかった、、、、こちらのポイントの群れは平均サイズが大きそうだったのだが。
もう少し早く移動していれば釣れたかなぁ。
f0100885_847191.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2007-04-21 23:30 | 海の釣り | Trackback | Comments(3)
ホーム河川、解禁
4月になり、ホーム河川の根羽川が解禁になったので、ちょっとヒマになったこの日、会社を休んで、年券を購入しがてら釣りにでも行こう。
現地到着は12時すぎ。ちょうど桜が5分咲きから7分咲きといったところか。
水温は11度ほど、まぁまぁ程よい水温だが、ちょっと水位が低いかな、、、最近雨降ってなかったからなあ。


漁協事務所で年券を購入し、いざいつも始めるポイントへ。
小手調べで目の前の流れにミノーを通すと、、、、早くも2投目にヒット!!
13cmぐらいのチビアマゴであった。
綺麗な体色と、ピンと張ったヒレ。昨年の稚魚放流が年を越した魚かな?

そこかしこのポイントから反応があるが、チェイスしてくるのは13~15cmほどの魚ばかり。
ポイントを移動して、次に釣れてきたのはヒレが丸まった解禁時の成魚放流個体。
どんどんポイントを移動しつつ、チビアマゴを数匹ほどGetした。
f0100885_1040428.jpg

夕方が近づき、もう小型はいいので、せめて20cmオーバーを、と思いいつも夕マズメに向かうポイントへ移動。
ここは大型の個体が多いところだが、なかなか簡単には釣れない場所なのだ。
ダウンクロスにミノーを投げて探っていく。ときおりギラっと銀鱗が閃くのだが、フッキングしない。
活性がイマイチなのかな・・・・・・・・
とある淵に来て、淵尻へダウンクロス気味にミノーを投げる。軽くトゥイッチを織りまぜてリトリーブしてくると、ミノーの後ろにやや大きめの影が!
ヒットだ!!
押さえ込むような軽いショートバイトだったので、巻きアワセで対応する。ちょっと今までのサイズよりは大きいかも・・・・慎重に寄せてきたら、をぉイワナだ。
足元の浅瀬まで寄せて、メジャーで大雑把に測ったら、、、28?29?cm。
泣き尺クラスか?もっと丁寧に測れば30にギリギリ届くかな??
とりあえずデジカメ写真を、、、と懐にいれてあったデジカメを取り出そうとしたら、イワナが暴れだした。
でもフックはしっかり掛かっているので大丈夫だろう、と思ってデジカメ撮影準備を優先させていたら、イワナが一跳ねしたと思ったら、フックが外れてハイさよなら~~~
あ~~~~せめて写真撮らせてくれぇぇぇ、と言っても後の祭り。流れの中にイワナは消えて行きました。
写真撮れなかったのは残念だが、多分、尺にはギリギリ届いてないだろう。
本当の尺イワナは精悍な顔つきしているのだが、まだ少しおとなしめの顔つきであったし。
ホーム渓流の初釣行で泣き尺クラスに会えただけでもヨシとしておこう。
[PR]
by sierra-outdoor | 2007-04-12 10:16 | 渓流釣り | Trackback | Comments(0)
若狭湾ジギング
久々のオフショアの釣りでした。じつは2週間前にも釣行を計画していたのですが、生憎の悪天候で出船中止。。。。
もっとも当日(3月25日)は、あの能登半島地震の当日だったので、もし出れたとしても、そしてたとえ被害の少なかった福井県であっても、きっと釣りはその時点で中止だったので、まぁ、結果オーライだったかも。

さてさて。
いつも若狭湾では川代丸さんにお世話になっているので、今回もお世話になりました。
朝、7時前に到着。続々と他の釣り客も到着して、7時半ころから準備開始。
船にタックルなど持ち込んで8時に出船。

30分ほど走って、最初のポイント到着。
まずはシーバス狙い。
伊勢湾でのシーバスジギングで実績のあるスキルジグを投入しますが、アタリなし(^^;;;
開始後1時間くらいしてようやく船中で1匹目のシーバスが上がるが、私にはヒットなし。
同行のぎゅうさんも同じくヒットなし。
時間だけが経過していく・・・・・・・・・・
かなり時間がたった頃、ようやくぎゅうさんにヒット!中型のシーバスだ。
次は私か!?
スローなジャークで誘い続けると、、、、リーダーがスプールに入ったあたりで透明度の高い水中でジグが見えた、、、と思った次の瞬間、ギラっと銀鱗が閃く。
チェイスだ!!
次の瞬間にもう一度、銀鱗が閃いて、ゴン!とヒット。
シーバスがフッキングしたジグを外そうとヘッドシェイクを行う。ちょっとサイズが良いぞ(70cmクラス?)
しかし、、、あまりにヒットした場所が近すぎる。間合いが足りないのだ。これはちょっとヤバい~~~~と思っていたら、数秒ほどファイトした後、イッキに沖に向かってシーバスが走る・・・・と次の瞬間にテンションが無くなった。フックアウトしてしまったのだった。
あ~~~残念。しかし、どのみちあの魚はランディングは無理だったかも知れない。
もう少し遠くでヒットしていればなんとかなったのだが。

昼近くになり、シーバスポイントを離れ、沖合の根魚ポイントへ。
すると、近くでいきなり壮大なトリヤマとナブラ!????
いや、なんかおかしい。。。。よ~く見るとなんとイルカの群れでした。
若狭湾にイルカが入ってきているのは聞いてはいたのだが、まさか遭遇するとは。
イルカが入ってくると、回遊魚系はまったく釣れなくなるという話は良く聞く。
結局、イルカの影響かどうかは判らないが青物は姿を見せなかった。

とりあえず気を取り直して根魚狙い。
この日のために用意したインチク。日本海で大ブレークしている和製ジグ??
なんとなくオモリとタコベイトの合体したものみたいだけどね。
ともかくインチクを落とし込んで、ボトム付近を徹底して狙う。するとコンコン!と手応え。
ヨシッとアワセると、乗った!
テンションが緩まないように一定の速度で巻き上げてくると、25cm弱のカサゴ。
なんとか1匹釣ったぞ。1カ月半ぶりくらいの釣果でもある。
その後、またヒットしてやはり25cmくらいのカサゴをGet。
やはり噂通りにインチクは根魚にはよく効くなぁ。ちなみに船中ほとんどの人がインチクを投入しており、ポツポツと根魚が上がっている。
同行のぎゅうさんは最初はジグでやっていたが、インチクを持っていないと言うので、予備のインチクを渡してあげたら、一発目でヒット!
ここまでは割と調子よかったものの、その後、根魚も釣れなくなってしまった。
f0100885_22502051.jpg


夕方が近づき、再びシーバスポイントへ。
スキルジグをボトム付近でリフト&フォールさせつつシーバスを誘う。
トモのあたりの釣り人にシーバスがヒットした。すると、リフト&フォールさせていた私のジグに妙な感触が・・・・・
もしや、と思ってビシッとアワセると乗った!ヒット!だ。

けっこう最初からよく引く。シーバスは最初はあまり引かなくて、船の姿やネットを見ると途端に暴れだすことが多いのだが、この魚はファイトもけっこう激しい。ただし中層まであげてきたので根ズレの心配はないので、ドラグをやや緩めにしてじっくり水面まで上げる。
何度かドラグがジジジジ~~~~~と心地良い音を立てる。
そうして、なんどか魚のファイトをいなしつつ船長の差し出すネットに入った。
サイズは60cmを少し超えるくらいで、若狭湾としては平均サイズ。一昨年は70オーバーばかりヒットしたこともあったのであまり大きい方ではない。
f0100885_22543730.jpg


その直後に周囲の釣り人にもヒットがポツポツと続き、隣のぎゅうさんにもヒット!
この夕方を迎えた時間帯にややジアイが来たようだ。
f0100885_22561652.jpg

しかし、私はこの後、2バイトあったが、最初のバイトはフックに乗せられず。2度目のバイトは乗ったが、追いアワセ入れた時にフックアウトでバラシ・・・で残念。
その後、アタリも遠のき、16時すぎに沖上がりとなりました。
[PR]
by sierra-outdoor | 2007-04-08 22:33 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism