<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
5/26 飛騨川水系
前日にまとまった雨が降ったので、これはチャンスかも??
朝起きたら天気が良い、これは翌日になるとせっかくの恵みの雨の増水が引いてしまうかも・・・と思って、時間的に遅かったけど渓流へGo!!

今回は、初めて訪れる飛騨川水系の川である。
割合距離的に近い川なので、1時間ちょっとで到着~~~
するとナント、大激流になっとるでわないかぁ・・・・・・・
濁りはそれほどでもないのだが、とにかく川全域が激流、これではいくらなんでも釣りにナラン。
土曜日の10時なのに釣り師が一人も見かけないのが、その証拠。
ガッカリしたけど、もう来ちゃったのでショーガナイ、釣りになりそうな場所を探して上流へ。
かなり上流に来てもやっぱり激流。覚悟決めて、入漁券を購入。
この時点で10時半、もう渓流釣りタイムは終わっとるがね(苦笑)

ポツン、ポツンとエサ釣り師が居るので、魚は釣れるのかな?
激流ではあるが、本流に入ってみる。ミノーをキャスト。。。。激流に流されまともに釣りにならず。
仕方なく支流に入ってみるが、支流もそこそこの増水、、ただし本流ほどではないのでナンとか釣りになるが、考えることは皆同じ、支流にはけっこう先行者多数。
チビアマゴを1匹釣って丸ボーズは回避したが、こんなんでは・・・・・(^^;;;;

時間は午後3時。もう終わりの時間が近づいている。
次回のために、と思って峠を越えて、同じ漁協管理の別の川へ行ってみると、コッチも増水してはいるが、さき程の川ほどではないので釣りになりそう。
規模的にも渓相も私好みでもある。
最初のポイントでチビアマゴだが3匹ほどポンポンと釣れた。ちょっとリズムが出てきたぞ。
夕暮れまであまり時間ないので大場所のみに絞ろう。
f0100885_2141675.jpg

次のポイントでは良型がチェイス!
食わせられなかったので、立つポジションを変え、アプローチを変えてヒット!
ちょっとデカいか?慎重に足元まで寄せてみると、良型アマゴだ。
尺逝ったか??メジャーを当てる、、、ううむ、29cm・・・・泣き弱でした。
少し尾鰭がスリ切れ気味から回復しつつあったので、昨年に放流された成魚放流が年を越した個体かなぁ??
f0100885_2143710.jpg

でも嬉しいゾ。
この1匹で満足したので、もう帰ってもよかったのだが、なんとなく閃いたモノを感じたので釣り続行。
同じポイントでまたヒット!
これはなかなかファイトの良い完全ヒレピンのアマゴ24cm。
ををを、これはジアイ到来??


もう狙いは決まった。狙うは大場所の尺クラスのみ。
次のポイントでも真っ先に一番尺モノが潜んでいそうなスポットを狙うと、ギラリと銀鱗が閃いてチェイス。
いるぞ居るゾ。
次のキャストでトゥイッチを丁寧にアクションさせると、足元近くでドカン!!とヒット。
よっしゃ~~~~!!
どったんバッタンと暴れ、ローリングを繰り返す。
やや強引に寄せて、ネットでランディング(渓流でホンキ印でネット使ったのは超久しぶりだ~~~)
これは尺は間違いなく逝っただろう。
メジャーで計ると、33cm。よしよし超久しぶりの尺上アマゴだ。
増水のお蔭で魚が活性高かったのかも知れないが、初めての川で、10時すぎからの釣り開始でこの成績は自己採点99点だね。
これで満足して(ヂツはもう少し粘ったけど、もう釣れんかったのよ・笑)帰宅しました。
f0100885_21503928.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2007-05-26 21:51 | 渓流釣り | Trackback | Comments(0)
5/19 庄川
この日は、いつもお世話になってるChurinさんにガイドしてもらって庄川水系へ。
ずいぶん前(10年前か?)に一度だけ年券買って通ったこともあったけど、大して釣れずにそれ以降足が遠のいていたので久しぶりの庄川水系なのでした。
私にとっては、ほとんど白紙状態なので、Churinさんのガイドがあるのは大変頼もしいことであります(^^)

夜明け頃に現着。
往路の途中で激しい雨に見舞われたが、現地では雨も上がって、川の水量もやや増水気味という程度で却って好都合かもね。
まずはイチオシの大物ポイントに向かうが、状況がよろしくないらしい。
念のため少し竿を振ってはみたが、やはり反応ナシ。という事で移動。

車で少し走って別のポイントへ。
長~い淵が続く場所で、ミノーを投げると、淵尻でなにか魚が反応してきた。
しかし、活性が低いのかショートバイトのみでなかなかフッキングしないが、何となく放流ニジマスのような元気のない反応であったため、この場所を見切る。
少し離れたポイントへ移動する。
ここは先程と違って、瀬が中心のポイントであり、こういう渓相は私好み。
岩がゴロゴロした瀬をクロスキャスト、またはダウンクロスで探りながら釣り下っていく。
ここでも魚が反応してくる。ちょっと先程より鋭い反応の仕方なので、これはヤマメか??
何度か追ってはくるが、バイトには至らない。少しリトリーブ速度を変えて、小刻みなトゥイッチを入れてみよう。
すると、ヒット!!
サイズは23~4cmぐらいか。念のため、ネットでランディングしてみるとやはりヤマメであった。
少し尾ヒレがスリ切れ気味で、それが回復しつつあるようなので、昨年の成魚放流ヤマメが年越しした個体か、もしくは今年最初の放流魚かな?
それからここぞ!というポイントで反応があり、同じクラスのヤマメを3匹Get。
Churinさんはなかなかリズムが合わないようでバラシが多い。私も結構バラシた。
魚の反応は悪くないのだが、高活性ヤマメらしいガツン!!と来るアタリがなくて、ショートバイトが非常に多いのだ。軽~く触ってくるだけ。
そんな訳でバラシが多いかな、、、、魚の反応は悪くないのだがちょっと勿体なかった。

陽が差してきて暑くなってきた。
ここでいったん車まで戻って、再度、朝イチのポイントに行ってみる。
朝の時と違って、水量が増えている。どうやら、上流部のダムからの放水があった模様。
先行者が1名。Churinさんいわく、いつもこのポイントで出会う常連さんらしい(笑)
先行者に邪魔にならないように、少し離れた場所で投げてみるが、、、、反応なし。
しばらく探ってみたが、一番オイシイ場所に先行者が入っていて、それ以外の場所では投げ辛い(^^;
ここではChurinさんが小さいニジマスを釣ったのみで切り上げる。

さらに移動。
次のポイントでは、川底を重機が引っかき回していたので断念。
御母衣ダムに移動して、ポイントを回るも、まぁまぁの型(泣き尺くらい)のイワナとおぼしき魚がチェイスしてきたが、ヒットに至らず。
しまいには、ウグイがヒットしてしまい、このポイントを見切る。

昼食休憩を挟んで、上流部へ移動。
この頃からパラパラと雨が降ったり止んだり。
道路からすぐのポイントなので、先行者があると釣りにならないけど、、とChurinさんは危惧していたがラッキーなことに誰もおらず。
小さな流れではあるが、ここぞ、というポイントでそこそこ反応があり24cmのイワナを頭に何匹かGet。
この日は大抵の区間で必ず魚の反応があり、良い日に当たったようだ。
土曜日にしては他の釣り師に出会う事も少ないし、ラッキー。
f0100885_21232742.jpg

Churinさんの提案で、上流部のイワナ域に行ってみる。
車を走らせどんどん上っていくのだが、、、、これまで見かけなかった釣り師がやたら多い。
どうも皆さん上流部に入っていた??
釣り師の車も多く、ほとんど入れる区間がない。いちおう入渓してはみたものの、反応も乏しく真新しい足跡もあったので撤収~~~

最後に、先程好調だった区間の最後の場所からもっと上流の区間を上手より釣り下ってみたが、やはり反応がない。
それでも釣り続けると、なんと行く手から3人の釣り師が歩いてくる。話しをすると、今、我々が釣り下ろうとしている同じルートを釣り下ったという。これはもうダメかな~~と思いつつ、そのまま釣り下ってみたがやっぱり釣れず。
最後に道路へ戻る最中にワラビを見つけたので、それを収穫してこの日は終りとしました。
[PR]
by sierra-outdoor | 2007-05-19 21:13 | 渓流釣り | Trackback | Comments(0)
マサバ(トロサバ)の釣り
今日は、年に一回恒例となっている 友人の まぁ兄家族を連れてのサバ釣りでした。
いつもお世話になってる赤羽根港の ぽん助 に乗って出撃。

出港して30分ほど走ってポイント到着。
さっそく釣り開始。
まぁ兄と、息子のゆーま君、そしてウチの奥さんは釣りは初心者なのでサビキ釣り。
私は、少し離れてジギングでサバを狙う。

釣り開始早々に私にヒット!
重々しい引き、そして横っ走り。これはサバ独特のファイトだな。
上がってきたのは、ブリブリに丸々と太った美味しそうなマサバ。50cmくらいある大サバである。
幸先よくサバをGet。
その後、エソが2、3匹連続してヒットしてきたので、先日の4/30のようなエソ地獄がまたか、と思ったけど、その後エソは釣れなくなり、ヒットがあればサバになったのはラッキ~~~。
集中的なジアイはなく、忘れた頃に1本ヒット、というカンジでジギングには釣れ続く。
が、問題なのはサビキ釣りの方。
普通、サバ釣りならサビキの方が圧倒的に有利で、数釣れるはずなのだが、この日はサビキが大苦戦。
初心者軍団が苦戦するのは、まぁ仕方ないとして、他のお客さんも全く釣れてない。
元々エサ釣りの出船なのだが、スペースに余裕あって他の客に迷惑かけなければルアーもOKなのでジギングは私以外にも2名、乗り組んでいた。
そのジギング軍団には、爆釣ではないものの、ポツポツと良型マサバが釣れるのだが、サビキには殆ど釣れない。
結局、開始2時間で私はサバを7匹釣ったが、サビキ軍団は全滅に近い状態。
これではいくらナンでもねぇ、という事で船長は方針変更。
もっと沖合のポイントへ大移動を決意したのでした。

さらに1時間走って沖合ポイントへ。
朝イチのポイントは水深20m程度の浅瀬だったが、次のポイントは水深100m以上、魚は20~40mの中層を回遊している。
魚探で群れを探しつつ、その群れを直撃するスタイルにして、ようやくサビキ軍団の爆釣が始まった。
ただし釣れてくるのは30cm弱のゴマサバ。
この時期、マサバより味が少し落ちるゴマなのではあるが、釣れないマサバ狙うより、確実に釣れるゴマサバを狙った方がいいだろう、という船長判断であった。

ようやくサビキ釣りにも釣れだしたが、微妙な横方向のウネリが災いしたのか、まぁ兄達や奥さんは船酔いダウン・・・・・(^^;;;;
辛うじて、最初のうちは何匹かサビキで釣りあげて歓声が上がったものの、次第に元気がなくなり、ゴロンと横になってしまう。
仕方なく私が一人、釣り続ける。
群れが到来するとジグでもポンポンと釣れ続き、最後の方はジグが落ちていかない(苦笑)
ヒットが続くが、やっぱりゴマサバ。
後半は10匹ほどゴマサバを釣ったけど、クーラーにはすでに相当数の獲物が格納済みで氷も溶けて無くなりかけており、その後は全てオールリリース。

ダウンしていたまぁ兄が復活したので試しにジギングやってみるか?と、勧めてみた。
すぐにコツを掴んだようで、さっそくヒット。
同じ1匹を釣るなら絶対にジギングの方が面白い。エサ釣りより魚を誘って食わせる面白みとライトタックル故にファイトがダイレクトに伝わるのが良いのだ。
f0100885_2353551.jpg

11時ころ沖上がりとなり、帰港。
4人でキープしたのはマサバ7匹、ゴマサバ23匹ぐらい。他にゴマサバ10数匹はリリース。
ま、これくらい釣ればよかろう、クーラー満タンも可能だが、そんなに釣ってもね。食い切れないしネ。

自宅に帰ってマサバをさっそく刺身にしてみた。
釣りあげた直後から旨そうなのは確信していたが、予想以上の旨さ。これはヤバい、って言うかウマすぎ。
脂が乗ってて旨い、旨い。
これは病み付きになりますな。新鮮なサバの刺身はそんじょそこらでは手に入らない。
まさしく釣り師の特権である。
釣りやっててヨカッタ~~~と思える瞬間である。家族にも大好評。
自分は釣りを楽しめて、家族は美味しい新鮮な魚が食べられる、これは一種の家族サービスとも言えるか?(やや勝手な判断だけど・笑  でも釣りに行かなければ、このテの魚は絶対に食せないのも事実)

GW最後の釣り、この激ウマなトロサバを堪能できたので、そこそこ有意義な釣りで締めくくれました。
f0100885_012748.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2007-05-05 23:36 | 海の釣り | Trackback | Comments(0)
レンタルボートの釣り
この日は前からやってみたかったレンタルボートの釣り。
福鱒さん、ぎゅうさんと行ってみました。
場所は、尾鷲の隣、旧海山町にあるエヌテックさんでボートを借りました。

当日の朝、現着して、エヌテックさんで説明を受ける。
進入/釣り禁止エリアの説明で、要は漁業施設に近づくな、という話でした。
一通り説明が終わっていざ出撃。
今回借りたのは30馬力の4スト、ハンドル仕様、カラー魚探付きのフラットボートで、なかなか快適なボートでした。

まずはアオリ狙いで、水深10~15mの岩礁帯に入る。
バウデッキで福鱒さん、ぎゅうさんはエギをキャスト。
私は操船係だったので、後ろでチョコマカとカサゴ仕掛けを投入(笑)
すると、すぐに反応が、、、しかし乗らない。魚が小さいのかな?付けたワームが大きいのか?
それを見た、福鱒さん、すぐに必殺のキビナゴ仕掛けにチェンジ!!
そしてすぐにカサゴを釣りあげる。その後、福鱒さんはカサゴを連発!
もともと私はカサゴを釣りたくてこのボート釣りを提案したので、私も釣りた~~い。
ワームをやめてキビナゴを下針につけて探ると、ポツポツとカサゴがヒットし始めた。
でもナゼか福鱒さんの方がサイズも数も良いのよね、同じボートなのに・・・・・・(^^;;;
f0100885_23244434.jpg

それでも、なんとか私もぎゅうさんもそれなりにカサゴをGet。
このカサゴ釣りはけっこうオモシロかった。
魚探でポイントを絞りつつ、仕掛けを投入。ボート操船もポイント選定も自分達でやるのがミソで、船頭付きのオマカセ釣りとはちょっと違う。
さらにライトタックルで狙うので魚の引きもダイレクトに伝わるのも釣っていて面白い。

時間が経過するにつれ、さすがのカサゴも反応しなくなったので、次はキス釣り。
キスポイントに移動してみるが、風が強くなって流し釣りが難しくなり、やむなくアンカリング。
最初のポイントではいまいちバイトが少なく、あまり釣れない。
それでも、ぎゅうさんは20cmオーバーの良型キスを釣りあげた。
ポイントを変更して二つ目のキスポイントでは、メゴチ交じりでピンギスならそこそこ飽きない程度に釣れる。
でも、アタリが渋くてなかなかフッキングしないので、いかにしてショートバイトをフッキングさせるかがキモでありました。

夕方が近づき、再度カサゴ狙い。
何匹かカサゴが釣れたものの、風が強くなって底取りが難しくなり、ボートが流されラインが斜めになると根掛かり連発。
16時が終了時刻だったので、16時前に帰港。
カサゴメインでキスがぼちぼち、あと、福鱒さんにタコが2匹。
で、アオリは・・・・・・・結局最初に少し狙っただけでその後は狙わなかったのでゼロ(苦笑)
元々、アオリは最近厳しいという話だったのですがね。
でも他船では2kgオーバーの立派なアオリがヤエンで釣れていたので、根性決めて狙えば釣れるみたいです。
f0100885_23342036.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2007-05-03 22:59 | 海の釣り | Trackback | Comments(0)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism