<   2007年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
6/23 飛騨川水系
前日にまとまった降雨あり、これはチャ~~~ンス!!
奥方に許可をもらって、今回も目指すは飛騨川水系。
すでにアユが解禁になってるので、朝マズメしかチャンスがない。早朝から頑張る象~~

という事で、朝2時半すぎに出発。
下道を走ってうっすらと夜が明けてきた頃に現着。
途中のコンビニで入漁券を買う際に、となりに居たアユ釣り師らしきおじさんが「今日は水が出とるで、濁っていて釣りが難しいぞ」と言っていた。
アマゴ釣りなので、と答えると、「アマゴならいいかも知れないなぁ。今日の増水なら支流がええぞ」と言うが、今回は本流がターゲットなのであった。

まずは川沿いに車を走らせる。時折、車を停めて川の様子を見ると、ウム確かに増水だ、濁りもある。でも前回よりははるかにマシな増水なので(前回は大激流でほとんど釣りにならなかった)何とかなるやろ、と思い適当な場所で釣り開始。

しか~~し、アタリがまったくない。適度な濁りでヨサゲなんだけどなあ。敢えて言えば予想より水位が高くて水辺の移動に少し苦労するが、チェイスくらいあってもイイのに・・・・・・(^^;;;

夜明け直後はまだまだ静かだった川も、6時すぎる頃からチラホラとアユ師の姿が。
増水と濁りでアユには不向きだが、ポイントの場所取りであろうか、かなりの数のアユ師が川に入っている。
朝7時になって雲も霧も晴れて、朝日が川面を照らす、とゆーか、すでに暑い!!
夏の釣りになってしまうぞ、もう少し曇ってくれた方がいいのに。

本流を見切って、前回釣れた支流へ移動。
ここならアユ師は少ないだろう、という目論見は外れ、すでにココゾというポイントにアユ師の姿あり。
こんな事ならコンビニで出会ったアユ師のおじさんのアドバイスを素直に聞いて朝イチからこの支流に直行していればヨカッタ。。。。。

それでも、まだアユ師の姿はチラホラ程度なので、幾つかのポイントには入れた。
最初に入った場所で、チビアマゴを1匹釣る。
次のポイントはアユ師の人が釣っていたのでパス(短い竿だったので最初はエサ釣り師かと思ってたので遠慮したのだが、川が狭いので短竿で釣ってるアユ釣り師の人だった)

次のポイントもアユ師の姿あり、パス。
その次はようやく入れた。対岸のブッシュ際にミノーを投げる。
トゥイッチで誘うと、濁り気味の水の中でギラッ!と閃く、、が、フッキングしない。
2、3歩づつ移動して繰り返しキャストしていると、対岸の垂れ下がった枝の下でトゥイッチしたミノーにアマゴがアタック!!
理想的な反応の仕方でフッキング成功、寄せてくると22cm程度ではあるが体高もあり丸々と太ったグッドなアマゴであった。
f0100885_2373627.jpg

自分のイメージ通りの釣り方で釣果が出たのは嬉しい。
ポイントを移動して、次にアユ師が居たのでパスしたポイントに戻ってみると、ず~っと同じところで粘っていて、私が投げようと思ってたピンポイントには近づく気配がないので、そこに入ってみると、流れの真ん中で激しくジャークしたミノーに良型がチェイス。
なんとかフッキングに持ち込んで釣りあげるとサイズは25cmくらい。ただし前の魚とは大違いの成魚放流の残りモノのようであった。でもこんな魚でも年を越せばヒレピンに回復するので、丁寧に扱ってリリースなのであった。

この時点で朝9時、同じようなやり方で活性の高いアマゴを拾っていくしかないなぁと思ったがますます暑くなり、そしてアユ師の姿が非常に多くなる。
道路からアクセスしやすくて渓相の良い区間は決まって友釣り専用区間である。
専用区間と言っても、他魚種の釣りなら入っていいらしいが、専用区間だけにアユ師の密度も半端じゃないので入る余地はそもそも無い。
アユの邪魔にならないように空いた区間を攻めてはみるものの、ヒットもチェイスもない。
正午ころになって、とある小堰堤下の激流でようやくヒット!
しかし強引なファイトをしたので、あえなくラインブレイク・・・・・・
その魚であろうか、25cmくらいの魚が2度ほどジャンプした。口に掛かったルアーを外そうとしてるのだろう。バーブレスにしてあるので無事に外れてくれることを祈るのみだ。
それにこのブレイクで1個しか持って来なかった新型シュガーミノーをロストしたのも痛かった。

この水系に訪れること2回目なので、全体像を掴む意味で現地を下に上に走り回ったせいもあり、釣り開始して終わるまでに100kmくらい走り回ったが、その後、ノーヒットノーバイト。
渓相は良いのだが、アユ師が多いことと、トラウト魚影が必ずしも濃い訳でもなさそうで、もっとポイントの絞り込みと効率の良い釣りをしないと、ここでは釣れないなあ、というのが実感であった。
[PR]
by sierra-outdoor | 2007-06-23 22:50 | 渓流釣り | Trackback | Comments(2)
那覇市内の陸ッパリ
沖縄のGT遠征の最終日、この日は単に帰るだけなのだけど、そのままヒコーキに乗って帰るのも勿体ない(^^;;;
ヒコーキの時間は昼前なので、朝イチだけなら釣りが出来るッ!!
ってゆーか、釣りせんと気が済まない(笑)

沖縄在住の釣友のAPOさんに教えてもらった那覇市内のとあるポイントへ早朝、行ってみた。

ホテルを出てテクテクと歩いて行く。
港に行くと岸壁沿いにアバサがいるので、ミノーで遊んでみると、2匹ほどヒット!!
でもアバサとは言え、活性が高くて何度でもバイトしてくる個体も居れば、まったく無視ムシしちゃう個体も居て、色々なのだ。

狙いはメッキなので、メッキの居る場所を探して歩く歩く。
かなり歩き回ったが、居場所が見つからないので、ダメかなぁと思っていたら何か魚影をハッケン!
良くみると沖縄ではけっこう目にするティラピアでした。
ルアーで釣れなくはないが、そんなに反応する魚でもない。ミノーを投げるとチョットだけ見るけど、すぐに無視。。。。。
うーん、釣れんなあ、と思っているとティラピアの大群がやってきた。
その群れのド真ん中にミノーを投げ、連続トゥッイッチで誘うと、その群れの中から急に2~3匹の魚影がミノーをチェイス!!
をぉティラピアの中にもそんなヤル気があるヤツが居たのか?と思うと、ミノーのすぐ後ろを右に左にクロスしながらアタック。
もしや、このチェイスは、、、、そう、メッキだ!!
ティラピアの群れの下?にメッキが居たのか!?
これで俄然ヤル気が出た。ティラピア群にめがけてミノーを投げてトゥイッチ、トゥイッチ。
ギラッと銀鱗を閃かせてメッキがチェイス。そして足元まで追ってきたメッキがとうとうヒット!!
f0100885_22493124.jpg

よしよし、これだ、これだ。メッキ釣りはこれが楽しいのだ。
すぐに次のヒットを誘うべくキャストを続けると、ゴツン!とヒット。
さきほどより少し大きい20cmぐらいのメッキでした。

と、ここでアクシデント発生!!
釣れたメッキを撮影しようと、ケータイのデジカメを準備している最中に、足元に横たえたメッキが一跳して、川へ落下。
ミノーが付いたままだったので、護岸に置いてあった竿に負荷がかかった。
すると、継ぎ目のすぐ上で、なんとメッキの落下の衝撃で、ポッキリ折れてしまった・・・・・
あぁ、なんということだ、コレからだと言うのに。せっかくメッキの群れを見つけたというのに。
ミノーのロストぐらいなら代わりがあるが、竿が折れてしまっては釣りはもう続行不可能。
泣く泣く、ポイントを後にして帰りました。
[PR]
by sierra-outdoor | 2007-06-11 22:29 | その他の釣り | Trackback | Comments(0)
2007-沖縄GTチャレンジ
さてさて、今年もやってまいりました。沖縄GTの季節。
毎年、この6月に沖縄遠征を行ってGTを狙うこと、連続7年目に突入~~
今回はどのようなハプニング?サプライズが待ち受けているのでしょうか??

6月8日の夕方、那覇入り。
現地は小雨、、、、翌日はどうなることやら。
ただし天気予報では回復するらしいとのこと。でも曇りっぽい予報です。
今回のツアーの幹事のTAKEさん達と合流して、沖縄メンバーと呑みながら、翌日からの釣りに期待膨らませます。

9日朝、那覇は意外にも晴れ。
朝8時に今回もお世話になるヨセミヤさんにホテルの玄関でピックアップしてもらい、いざ港へ。
今回は少人数のためヨセミヤ5号艇をチャーターしてこれから2日間、GTを狙います。

準備もそうそうに港を出発。
目指すは一路、北へ針路を取る。海は穏やかで、北東寄りの弱い風。なかなかの好条件。
出港して走ること1時間ちょっと、伊江島沖のポイントに到着。
沖合の根が水深20mくらいのフラットな海底地形を形取り、その周辺にベイトとなるグルクンが群れる。それを狙ってGTも集まってくるのです。
潮上からエンジンを切ってドテラ流しで船は流し始める。船長のツグミさんの掛け声で皆、一斉にキャスト!
そこかしこにベイトのナブラが発生!
そしてミヨシ付近でキャストしていたTAKEさんに早速ヒット!
ドォン!エンジン点火。即座に船全体がフォロー態勢に入る。走るGTを追いかけるかたちで船がスローに前進し、テンションが緩まないように、それでいてGTに主導権を与えないように細心の注意をもって船長が船を動かす。
周囲の人間は、GTの走る方向とスピード、位置を刻々と船長に報告し、常にベストの位置を取り続ける。
やがて、GTも力尽きて浮かび上がってくると、ネットを用意して、最後はツグミ船長がランディング!!
やったぁ~!百戦錬磨のTAKEさんも久しぶりのGTゲットで嬉しそう。
ちなみにこのGTは船上計測で17kg。
f0100885_22364547.jpg

f0100885_2237017.jpg

開始早々のGTゲットで船中盛り上がる。
次のポイントで流し始めて、次にヒットしたのはミヨシに陣取るさくらさん。
このGT、走る走る。船の近くまで寄ってきたかと思うと、ジジジ~~~~とドラグを鳴らして走る。
かなり大変そうだが、最後まで頑張ったさくらさんの気迫がGTを上回った。
上がってきたのは21kgのGT。プラグにアタックした際に体の後ろに掛かったせいか、やたら走ったのでこの1匹はウェイト以上に大変なファイトであったなあ。
f0100885_22371856.jpg

f0100885_22373069.jpg

そうなると、次こそはオレか?
ちょうどミヨシが空いたのでキャストを繰り返す。どうもここ最近の傾向からしてペンシル系、特にGTアングラーの間で「エサ」と呼ばれるライブベイトγ(カーペンターのプラグであり、生餌ではない、念のため)にバイトが集中している。
TAKEさんもさくらさんもライブベイトγで釣った。
ただ、このプラグはうまく操作して思ったとおりのアクションを出すのにロッドと使い手の技量を必要とするプラグ。
持ってはいたのだが、あまり使いこなせていないので私は今までの実績のあるマギーガーラを使い続ける。
すると、水面直下でヒラを打たせたらドドン!!と衝撃が伝わる!!
きたっ!!
ロッドに重みが乗ったを確認してアワセを入れる。魚はギュイーンと走り出す。
船がフォローに入り、ゆっくり魚との距離を詰めていく。そんなに大きくはなさそうだが、貴重な魚だ、大事に行こう。
そのうち走らなくなってイッキに寄せる。紺碧の海にギラリと銀鱗が閃く。よ~し、ここまで来れば大丈夫か。
TAKEさんがリーダーを持ってネットイン・・・する直前に見たら、あれれ、魚の形が違~~~う!(^^;
なんとまぁGTだと思ってファイトしてたのだが、イソマグロでした。
およそ10kgくらい。トップで釣れるイソマグロは比較的珍しいが、サイズもイソマグロとしては小さい方だし、第一、GTを狙っているので外道には違いない。
ランディングの直前になんか気が抜けてしまった。
f0100885_22375096.jpg

f0100885_2238583.jpg

それでもこの日は魚の活性はまぁまぁ良いようで、まだ期待十分。
伊平屋島まで北上し、潮がよく流れる瀬のポイントにさしかかった。
潮波が立っている絶好のポイント。潮上から流し始めると、瀬にさしかかるところで隣でキャストしていたケンスケ君の操るペンシルにGTが横っ飛びで出た!!
ヒット!!
波が荒く、潮も早いため、すぐにフォロー態勢に入れない。
ツグミさんから「浅いからライン出すなぁ~!」とゲキが飛ぶ。
必死になって耐えるケンスケ君、彼にとって初めてのGTとのファイトだ。
一番の危険地帯を乗り越えて、耐え抜いたケンスケ君に軍配が上がった。
20kgのGT。ケンスケ君、ファーストGTゲット!!おめでとう~~~
f0100885_22382457.jpg

f0100885_22383362.jpg

再び同じようなポイントを流していると、次は坂西さんにヒット!!
水面上に根が頭を出している岩礁帯のすぐ横。非常にヤバい。
ここでツグミさんの操船さばきは凄かった。激流の中、後進をかけて一番良い位置に船を瞬時に持っていく。
この波と潮の中では非常にきわどい操船であったが無事に乗り切ってランディング。
これはカスミアジの5kgくらいであった。

初日はこれでお終い。
最近としてはなかなか好結果の一日であったが、私はまだGTを釣っていない(^^;
翌日に期待しよう。

伊平屋島の少し沖合でアンカリングして船中泊。
都合の良い時なら、船中泊してる最中でもジギングなどで小型のイソマグロとかカマスとかアカジンとかポツポツ釣れたりするのだが、この日はあまり良くなく、日暮れ時に私に小型ヒレナガカンパチが釣れたぐらいで終わってしまった。


翌10日の朝は、すぐにケンスケ君が釣ったポイントへ直行。
朝マズメなので期待できそうなのだが、意に反してヒットなし。
途中、流している船の間近を40kgクラスのGTが悠々と泳いで去っていったりしたのだが、結局釣れなかった。

ここで私のロッドにトラブル発生!
キャスト中に緩んでロッドがグリップから抜けて海へ落下。
まぁラインもルアーも繋がっているので訳なく回収は出来たのだが、問題はその後。
回収直後に潮に濡れたまま軽くグリップに差し込んで、さぁちゃんと填めようとしたら、ガンとして動かなくなった。
ロッドとグリップの固着である。
よくGTロッドではある事だが、二人ががりで逆方向に回せば大抵外れるのに今回はダメ。
ブランク側にロッドベルトを巻いて二人がかりでやってもダメ。
ガイドの位置がトンでもない角度で固着しちゃったので釣りも出来ない。
結局、この竿が使い物にならず、もう1本で釣り続けることになった。

天気は前日に続いて非常に良い。
雰囲気も良いのだが、、、、昨日はまぁまぁバイトがあったのにこの日は全然バイトなしナシ。
どんどん時間だけが発っていく。
伊平屋島の周囲は大変綺麗だ。以前、行ったことのあるモルジブの海のようだ。
潮も1ノットくらいで流れていて、船長も釣れそうだがなあ、、、と呟くが、、、釣れん(苦笑)

伊平屋島の隣にあるのが伊是名島。
この沖合に移動。少しづつ那覇に帰る方向に移動しつつ各ポイントを釣っていくのだ。
ず~~っと船中ノーバイトの時間が続いて、集中力が途切れかけた頃、それはやってきた。
ミヨシからマギーガーラを投げる。トゥイッチ・トゥッチ。
船から20mくらいの近くでルアーの後ろに突然、ドボン!と真っ黒い魚体が半身を水面上にさらけだしながらイルカのジャンプごとくマギーガーラに襲いかかる!!
来たッ!!
水面からマギーガーラが消えた。ロッドにガツガツ、とマギーガーラを噛む感触・・・・・・
エイッ!!!とアワセた、、、が、早過ぎた。一瞬、重みを感じたがすぐにテンションが無くなる。しまったぁ!
GTの場合、早アワセは禁物。バイトがあっても、そのまま放っておくか、せいぜい小さくその場を動かない程度のトゥイッチを入れて誘うだけ。
竿が持っていかれるまで待ってからフッキングが鉄則。なのに、かなり近い場所でアタックする瞬間が見えてしまったのが運の尽き(^^;;;
ブリッジでそれを見ていたTAKEさんにも「早すぎだ」と言われた。あぁやってしまった。千載一遇のチャンスだったのに。
ちなみにこの時のGTはサイズはそれほどでもなく、多分10~15kgくらい。
それでもなかなか来ないチャンスを確実にモノに出来るか出来ないか、これが肝心。
もともと二日目は活性が低そうなので、1日ワンチャンスあるかないか、でも必ずワンチャンスはあるハズ!と信じて投げ続けていただけに悔やまれる一瞬。

私にバイトがあったので船長はもう一度同じ場所を流す。
すると、トモの方から「出たッ!」と叫び声が。水面が大きく乱れて、魚が暴れている。坂西さんにヒットらしい。
確実に待ってからフッキング。乗った、と思ったのだが、次の瞬間にテンションが失われた。
どうも、この日は我々には運が無かったらしい。
その後、初日にTAKEさんがヒットさせたポイントを流す。時間的に見てここがラスト。
ナブラがあちこちに出て、いかにも釣れそうなのだが、、、、他にグルクン釣りの船が数隻いるプレッシャーなのかGTは出てくれなかった。
そしてストップフィッシングが告げられた。

また今年もGTは釣れなかった。チャンスはあったのだがモノに出来なかったのはやはり実力不足かも。
それでも幾つか反省点が判ったのでこれを来年に活かすことにしよう。
そして初日、確実に仕留めたTAKEさん、さくらさん、ケンスケ君、GTゲットおめでとう。
また来年?も沖縄に来るぞ。最初に釣って以来、まともなサイズのGTを釣ってないので来年にまたリベンジだ。
[PR]
by sierra-outdoor | 2007-06-09 22:35 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
Churinさん なん..
by しえら at 21:12
しえらさん、おかえりなさ..
by Churin at 23:09
ココ最近、全く雨が降って..
by しえら at 21:27
手のヒラアジさん 先日..
by しえら at 21:25
Churinさん そう..
by しえら at 21:21
ども。 マメに記事アッ..
by 手のヒラアジ at 13:55
おー、しえらさんには珍し..
by Churin at 23:04
やはり土曜日は賑わってい..
by Churin at 22:59
都市型温排水の貴重なター..
by しえら at 20:49
なんとか釣れてくれました..
by しえら at 20:48
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism