<   2008年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
8/30 秋雨の信州
この所、秋雨前線が元気がよくて、雨模様。
と言うか、東海地方は狙い撃ちのごとく、毎日、どこかで豪雨。
出張で東海道新幹線をよく使うのだけど、やたらダイヤが乱れて困る。
台風なら1日も我慢すれば行ってしまうのに、停滞前線なのでいつまでたっても居すわっているし~~

という事で。
雨が降ったら渓流じゃん。もう残すところシーズンも1カ月となってしまったし。
近場の岐阜の渓流は、夏場のクソ暑いころに大渇水となって、それ以来、アマゴちゃんの姿が消えてしまったらしい。アユ師軍団に蹴散らされたかなぁ~?
さらにこの秋雨豪雨で殆どの川は泥濁り。釣りにならん。
こうなると、秋雨の影響があまり強くなく、アユの影響のない信州の川に行くしかない。
降りしきる雨の中、夜の国道を走って梓川まで行って参りました。

出発が遅れてしまったので、朝6時に到着。
まずは川の様子を見に行く、、、あれれ、増水してると思ったのに水ないじゃん!
上流の取水堰で水を取られているなあ。
とりあえず釣りにはなりそうなので、コンビニで入漁券購入。
いつものお気に入りのポイントに入るも、反応なし。
いや反応はあるのだが食わない。チラッとチェイスするがすぐにUターン。
相当スレてる、警戒心の固まりだな。

次のポイントへ移動。
先行者が居ることを覚悟したが、意外にも居ない(ってゆーか、もう早朝に釣り終わって帰ったのかも)
ここで最初にイワナ(23cm)をヒット。
今回は先日、ヤフオクでゲットしたufmウエダのストリームトィッチャー(TS-62UL)のデビウ戦でもあり、この竿に入魂できた~~~

さっそく入魂式の写真撮ろうとしたら、デジカメ電池切れ。。。をいをい。
前回に40オーバーのイワナを釣ったポイントに行ってみたが、雨による増水というより濁りが入っていて釣れそうにない。
しばらく我慢しながらキャストしつつ移動すると、ブラウン(23cm)を1本ゲットの1本バラシ。
水は濁り気味だが、そんなに酷い濁りではないし、イイ感じの流れなのだが、どうも7月に較べるとチビブラの反応が非常に乏しい。
まぁ、ほとんど9月なのでこんなもんかも知れないが。

移動する。
次のポイントは、激戦区なので、釣れるかどうか判らんけどやってみよう。
対岸の岩に向かってクロスにキャストしつつ釣り下って行く。
釣れるなら、この辺りだろう、、、と思った場所からドン!!とヒット。
やったやった、思い通りに出てくれるのは嬉しいねえ。
強引に流れから引き離してランディングするとブラウンの31cm。
f0100885_20582079.jpg

それほど大きくはないが、ここのブラウンはとても綺麗だ。ホントに。
私は、ナゼかブラウンが大好きなので、これが釣りたくて年に何回かこの水系に通っているんだな。
ニジマスとも、イワナとも、アマゴとも違うこの魚、何かを感じる。

さらに移動。
雨が降ったり止んだり。幸いにも土砂降りにはならないのが良い。
この雨で大型が動いてくれてないかなぁ、と思いつつ大場所のみ狙って探っていくが反応皆無。
車に戻る時、分流が見えた。いつもなら流れもなさそうな分流の緩いプール。
ここには魚は居ないだろう、と思いつつアップストリームで投げてトゥイッチしてくると、下から魚が飛び出してきてヒット!!
を、こんな所にもいたのか。元気よくジャンプするのでニジマスか?
足元近くで掛けたが、元気がよすぎてランディングまで少し手こずったけどなんとかゲット。
ニジマスの37cm。尾鰭はほぼ回復していいるので、なかなか良い個体だ。
f0100885_2155914.jpg

その後、前回にまぁまぁのサイズを見かけたポイントに行ってみたが、もうその魚は居らず、27
cmのブラウンを追加したのみ。
お昼になり、予定していた区間やポイントはほぼ全て探り終えた。
雨は小降りだが降り続くし、疲れてきたので、これで終わり。
あと、もう1回くらい今シーズン中に犀川水系にプチ遠征したいが、どうなることだろう。
[PR]
by sierra-outdoor | 2008-08-30 21:09 | 渓流釣り | Trackback | Comments(10)
8/14~16 キャンプ&シュノーケリング
お盆休みを利用して、恒例の夏キャンプ。
今年は、串本方面まで行きました。

キャンプ場は串本町(旧古座町かな?)にある、荒船キャンプランドという所。
こじんまりとしたキャンプ場ですが、施設はまぁまぁ。
周囲には民家もなく、静かなロケーション。目の前は、磯場ですけど海。もちろん泳げます。
f0100885_11391022.jpg

キャンプサイトは芝生のフリーサイト。オートキャンプ場ではないのでAC電源はないし、車も少し離れた場所に停めないといけないけど、そんなに不自由はしない。
テント1張、2000円/日。普通のタープは1000円/日追加。スクエアタイプの大きめのタープ(蚊帳付きのやつね)だと2000円/日。

フリーサイトなので、何処でも空いてる所に張っていいよ、という事でしたが、14日の13時すぎに到着時点で、空いてるスペースは非常に少ない。
「けっこう混雑してますね~~」と管理人のおじさんに言ったら、「例年の盆より今年は少ない、いつもならこの倍は入るよ」

えっ!?この倍も入るの??どうやって??もうテント張るスペースが殆ど空いてないじゃん。
と私は思ったのだが、混雑してくると、テントとテントの間が無くなるくらいにびっちりと張り詰めるらしい。
それでは通路スペースもなくなる。うーむ、これがこのキャンプ場のやり方なのか?(苦笑)
それとも関西方面のフリーサイトのキャンプ場では、これが当たり前なのか??

キャンプ場内に浅いプールがあって、小さな子供たちはそこでおおはしゃぎ。
サイト内にプールがあるキャンプ場も珍しい。でも夏場に小さな子供連れには最適かもね。

テント設営し、とりあえず目の前の海でシュノーケル。
浅い磯場が続く。海藻が生い茂り、木っ端グレが泳ぐ。
ふと海底を見ると、、、、をぉ、アレは!!!!
さっそくゲットしました。これは思わぬ収穫でしたが、よくよく考えると、まぁ当たり前かな。

翌14日、予報に反して天気が良いので串本のダイビングセンターまで出掛ける。
ここは、一人1500円ちょっとの料金が必要だが、シャワー、更衣室、ロッカーが使えるので大変便利。串本付近のシュノーケルは初めてだったせいもあり、ここを利用することにしました。

大勢のダイバーが居るけど、シュノーケリングの人たちもちらほら。
ビーチエントリーして、海の中に入る。すぐに飛び込んでくるのはテーブル珊瑚。
さすがは本州最南端の串本の海です。
f0100885_11512099.jpg

ちょっと透明度がよくないのが残念だが、そこそこシュノーケルは楽しめる。
でも珊瑚の多さでは、以前訪れた柏島(高知県)のほうが上かなあ。
魚はあまり多くはない。スズメダイの類、チョウチョウウオ、オヤビッチャが若干。
あと名前は判らないがやや大きめのベラかブダイの種類がやたら目立つ。

ふと見ると、を、あれはアオリーの群ではないか!!
水中で見るアオリの仕草は大変可愛らしい。釣り場で見ると、釣獲対象としかみないのだが。

この他にもクマノミがちらほら。
回遊魚系の魚がいないか、とさらに泳ぎ回ったが姿は見かけない。
沖に行くほどに波と潮が強くなって、危ないのでほどほどの所で引き返す。
(あまり沖に行くと、潮に流されかねないし、あちこちを走ってる珊瑚礁遊覧のグラスボートに轢かれちゃう)

最終日の16日も天候に恵まれて、テント撤収後に近くの海水浴場で少々泳ぐ。
太平洋の沖合を台風崩れの低気圧が通過したせいか波が少々高くて濁っていたが、この海水浴場も混雑してないし、水シャワーなら無料、駐車場も無料。なんにもお金がかからないのが良いですね。
お昼には、現地をでて、毎度となった東名阪の四日市渋滞を避けつつ帰ってきました。
f0100885_1204379.jpg

[PR]
by sierra-outdoor | 2008-08-17 11:36 | キャンプ | Trackback | Comments(4)
8/14~16 南紀
今年のシュノーケル・キャンプは、本州最南端の串本。
串本は紀伊半島を南下した先にあります。
14日の朝出発し、13時すぎにキャンプ地である、荒船キャンプランドに到着。
夕方から釣り開始です。

夕飯の食材を買いに地元スーパーを回り、その帰り道に漁港に寄ってみます。
最初の漁港は不発。すぐに移動。
次の漁港は、ベイトの気配ムンムン。これはメッキも居るかな???
慎重にキャスト。そしてスピーディーにポッピングしてくると、「バシュ!」と水面炸裂。
しかし乗らず。。。。。
もう一度キャスト、そしてポッピング。またしても水面炸裂。こんどは乗った!!
サイズは小さいですが、トップゲームは楽しいものだ。
f0100885_134193.jpg

この漁港でもう1匹追加し、次へ移動。
そろそろ暗くなってきたので、次で終わりかな。あまり待たせると、奥方のご機嫌を損ねるし(^^;;;
ここでも一発目でヒット。しかし乗らない。
もう一度、同じコースを投げると、こんどは乗った。ただしサイズはさらに小さいなあ(10cm弱)
でも、どうやらこれはカスミアジのようだ。
f0100885_1371923.jpg

この日の夕方の釣りはこれでお終い。

翌朝(15日)、早朝に起きて、キャンプ場をあとにして、まずは近くにある古座川河口へ。
ヨサゲな場所を探しつつ、キャスト。
ウグイとかフグなどはウヨウヨしてるのだが、メッキの姿はなし。
移動して、前日にもっとも雰囲気のよかった漁港に行くもこの日は留守のようだ。
さらに移動。だんだん太陽が上ってきて暑くなってきた。
しかしメッキが殆ど居ない。一回くらいはメッキらしいバイトやチェイスはあるのだが、続かないのだ。群で居ないのかな・・・・・
結局、キャンプ場から一番近いポイントまで戻ってきてしまった。
ここでは川の流れ込みを探ってみる。足元まで探ってきたミノーに横からメッキが飛び掛かる!!
即座にトゥイッチ入れると、バコン!!とヒット。
なんとか1匹は釣れた。しかし後が続かない。はぐれメッキなのかなぁ。
その後、近くの船溜まりまで行ってみると、ここにはベイトやチヌの姿がウヨウヨ。
メッキは居ないのかな?と思って投げると、、、超小さいメッキが群で追っかけてくるではないか。
めちゃめちゃ小さい、ってゆーか、メチャかわいい~~~笑
2~3cmくらいの赤ちゃんメッキが必死になって追ってくる。
家に持って帰って水槽で飼いたいくらいに可愛い(^-^)
しかし、8月中旬なら、もう少し育っていても良さそうなのだが、、今年は海の中は季節の進行が遅れているのかなぁ。
(シュノーケルの最中に見かけたアオリの新子も小さかったし)

それでも、たま~~になんとかルアーで釣れそうなサイズのメッキもちらほらチェイスしてくる。
ちょっとヤル気のないチェイスだが(^^;;;
スプーンにチェンジして、スローで誘ってみると、着水と同時にヒット!!
今回の最大メッキでした(と言っても15cmくらい)


最終日(16日)の朝。
どうもメッキの数も型もよろしくないので、今までキャンプ場の南のポイントを探っていたが、北のポイントを探ってみることに。
カーナビ画面を見ながら、このあたりかな~~と見当をつけたポイントに向かう。
イイ感じのポイントであるが、メッキのチェイスも単発が2~3回あっただけ。
岸辺から上がって橋の上から覗き込むと、ウナギの子供が泳いでいる。
ウナギは釣れんよなぁ、と思いながらもウナギが泳いで行った方向にポッパーをキャストすると、メッキの群がチェイス!!
そのうちの1匹がヒットしたが、橋の上からだったのでアワセが不十分で途中でバラシ。
急いで水辺に降りて釣りやすいポジションからキャストするとまたヒット。
しかしこれもバラシ。
少しポジションを変えて投げると、着水と同時にヒット。
これまた可愛いチビメッキでした。

朝の釣りは結局、この1匹のみ。メッキの群を見つけたりもしたけど、あまりに型が小さかった。

キャンプ場を撤収して、帰路の途中、恒例のMyポイントの様子を探ってみた。
最初のポイントは2名の先行者あり。釣りせずにパス。
次のポイントは反応なし。
その次のポイントは、先行者あり(さすがにお盆休み、かつ大潮だからなぁ)
さらに次へ移動、すると一投目で反応アリ。二投目でバラシ・・・・
少しポジションを変更して、なんとか1匹ゲット。
ここで雷雨が近づいてきて、雨も降ってきたので移動。
この日、最後と思っていたポイントに到着。雷雨が近づいているので風向きが怪しい。
しかし釣れそうな雰囲気はムンムンしているのだが。

ポッパーで探るも反応なし。ミノーを投げるとメッキが反応してくるが、なかなかバイトしない。
一度は10匹近くの群で追ってきたものの、最初にバイトした1匹をバラしてしまったら、その逃げた1匹を群が追ってしまったのか、まったく姿見せなくなった。


結局、3日間でチビメッキが7匹のみ。
豊漁だった去年からすると、釣果の数字の末尾にゼロが1個足りないかも(^^;;
居ることは居るのだが、群が小さい、そしてなにより、メッキのサイズが小さい。
殆ど10cm未満、たま~~に10cmを超えるサイズも居るけど。
去年は同じ時期にすでに釣れるサイズ(10cm超)が沢山いたので、それから考えると今年は水中の季節の進行が遅れているのかなぁ、と感じるが、果たしてどうだろうか。
シーズン初期はこんなもんかな、と思いつつ、早くチビメッキ達は掌サイズまで育って欲しいですね。
[PR]
by sierra-outdoor | 2008-08-16 22:46 | 海の釣り | Trackback | Comments(2)
8/3 メッキ開幕
今日は、朝になって急に思い立って海水浴に行くことにした。
どうせ行くなら、少し南へ行こう、ということで、志摩市の南張浜に行くことにした。

出発が遅かったので、もうETC通割は使えない・・・・東名阪の均一区間のみ高速に乗って、後はひたすら下道・・・・
現地到着は13時(笑)
ま、2時間も泳げればヨシとしよう。

マスクとシュノーケルのみ付けて、泳ぎだす。けっこう暖かいな~~~
海水浴客が多い場所は濁っていて魚も居ないが、端のほうに行くとアラメの小群落があって、木っ端グレが多数泳いでいる。
そして、ふと見ると、をっメッキじゃん!!
メッキが3匹、エサを探しながら泳いでいる。サイズは12cmぐらいかな??
とうとうやってきたようだ。
海水浴場の沖にある波止のテトラ帯まで泳いでいくと、そこには豆アジの群、キビナゴの群、木っ端グレやウミタナゴ。。。。。
砂底にはキスの大群もいて、ここに投げ釣り仕掛けを入れれば入れ食い間違いなしだなぁ、と思っていたら、再びメッキの群、発見。
やっぱり魚の泳いでいる海の中は楽しいですな。こんな事なら水中撮影用ハウジングとデジカメを持ってくるんだったなぁ。

2時間ほど泳いで、その後、片づけを済ます。
さて、次は夕方の釣りです。

まずは近くの漁港に行く。定番のスロープを探る。

水はとてもクリアー。ベイトは居ない、、、これではメッキも居ないなあ。
そのままスロープの端から端まで探るが、反応なし。
次のポイントへ移動するか、、、と思ってたら、ベイトの小さな群が目の前を通過。
それと同時にヒット!!
やった、いるじゃん、上がってきたのは、この時期にふさわしいチビ・メッキちゃん(笑)
f0100885_234481.jpg

サイズは10cm弱かな。よくぞヒットしてきてくれた。
今シーズンの実質のファーストメッキ。サイズは小さくても嬉しいぞよ。
このメッキをリリースして、まだまだ居るかな~~と探るもその後ノーヒット。
幾つかポイントを移動したけど、この1匹のみ。
途中、ジモティのアングラーと遭遇したので、話をしてみたけど、やはり、ようやくメッキは入ってきたばかりで、セイゴに混じってたまに釣れる程度らしい。
でも、シュノーケルの最中でもそこそこ見えたし、1匹とは言え釣れたのは、今後期待持てるかな。
[PR]
by sierra-outdoor | 2008-08-03 23:07 | 海の釣り | Trackback | Comments(10)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
Churinさん なん..
by しえら at 21:12
しえらさん、おかえりなさ..
by Churin at 23:09
ココ最近、全く雨が降って..
by しえら at 21:27
手のヒラアジさん 先日..
by しえら at 21:25
Churinさん そう..
by しえら at 21:21
ども。 マメに記事アッ..
by 手のヒラアジ at 13:55
おー、しえらさんには珍し..
by Churin at 23:04
やはり土曜日は賑わってい..
by Churin at 22:59
都市型温排水の貴重なター..
by しえら at 20:49
なんとか釣れてくれました..
by しえら at 20:48
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism