<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
9/27 秋も深まり、メッキも秋モードへ
さて、今週は大潮週間、メッキ釣りウィークです。
今回も、釣友の小五郎君と一緒にメッキングです。

午後3時、最初のポイントへ到着。
前日に前線が過ぎたばかりで、秋の空気に包まれ、半袖ではチト寒いくらい。
風もやや強めに吹きつけ、ちょっとトップでは出にくい状況か?

ミノーを投げながら探るも、ノーバイト、ノーチェイス。
少しづつ歩きながらキャストを繰り返すと、何か小魚がチェイス!
しかしあの反応の仕方はメッキじゃない・・・・・アジか??セイゴか??
ミノーでは、チェイスしてくるだけで食いそうにないので、アジに効果的なジグヘッド&ワームにするが、ショートバイトしてくるがフッキングに至らず。
F8(アイスジグ)も投入するも、やはり食わず、、、しかしルアーに反応はしている。
セイゴだったら、こんなに苦労しなくてもアッサリ食ってくると思うので、何だろうな?あの魚は。
しばらく粘ってみたものの、釣れずに終わった。
さらに1度だけメッキの小さい群のチェイスがあったものの、食わせられず、姿は消えた。

次のポイントへ移動。
ここでも、反応はない、、、、移動しながらキャストを繰り返す。
潮通しの良いポジションにやってきた。ここでは、出ればデカイんだけどな~~と投げていると、突然、ガツーーンと衝撃がッ!!
きた~~!!
ゴゴン、とロッドが曲がる、、ナンだこりゃ、メッキにしては重々しい、シーバスか、チヌか??
と思ったら、銀鱗が光る。やっぱりメッキだ。サイズはけっこう良さそうだ。
ドラグがジリジリ鳴る。ラインは、交換したばかりの新品の4lbナイロン。強さでは定評のあるヨツアミのニトロンだから、大丈夫だろう。
強引に浮かしてGet。なんとか釣れたのは22cmと、今季一番のサイズである。
f0100885_2335129.jpg

群が来たかッ!と続けてキャストするも、無反応・・・・はぐれメッキだったのかな。

どうも芳しくないので、小五郎君と相談の上、別のポイントへ移動。
ここは、だいたいいつも釣れるのだが、今日はどうだろう。。。
まずはミノーを投げる。トゥイッチ、トゥイッチ。するとミノーの後ろにヒラを打ってメッキがチェイス!!
を、居たね居たね(^^)
ここから、プチ入れ食い。キャスト、着水、その直後のワンアクションで、横ッ飛びでメッキが襲いかかる。
ギューーンとロッドが曲がり、メッキは右に左に走る、抵抗する。いいね~~これぞメッキングの真骨頂。

ただし、どうも長く続かない。3、4匹釣ると反応が途絶える。
おかしいな、夕マズメの時間帯なので、怒濤の連続ヒットしても良さそうなのだが。

それでも、投げ続けていると、10分おきぐらいに、ポンポンとヒットする。
そして3、4匹釣るとしばらく沈黙。。。また10分か15分後にぽつりぽつりとヒット。
掛かり方も、あまり良い掛かり方をしないので、微妙に活性が低いようだ。

夕暮れまでになんとか12~13匹をヒット。サイズは15~20cmとサイズは上向き。
ただし、以前のような怒濤の釣れ方ではなくなりつつあり、さらにポッパーへの反応が悪くなり、今回はミノーばかりであった。
そろそろメッキも秋モードに移行しつつあるようだ。もう安直に釣れる季節は終わり、これからはあまり多くはないメッキ群を的確に見つけ出すことが必須となるだろうなァ。
[PR]
by sierra-outdoor | 2008-09-27 23:45 | 海の釣り | Trackback | Comments(4)
渓流2008 総括
9/23にホーム渓流に午後から行ってみましたが・・・・・
やはり釣れず。1バイト2チェイスのみ。しかもサイズはオチビさん。
7月まではけっこう大型が釣れていたらしいのだが(私は釣ってないけど)夏場の渇水以降、まったく釣れない状況。
アマゴ達は死んでしまったのだろうか。網漁解禁で捕られてしまったのだろうか。

これで2008シーズンは終了。
今シーズンを振り返ってみました。





3/1 高原川水系 イワナ、ニジマス 5匹
初めての高原川水系。噂にきく川だったが、いろんな意味で、なかなかスゴイところであった。

3/15 飛騨川水系 アマゴ 3匹
やっと近場の川でも釣れるようになった。

3/23 飛騨川水系 アマゴ 8匹
ようやく瀬に魚が出てきて思い通りの釣りが出来る季節になった。

4/5 飛騨川水系 アマゴ 2匹
朝から釣行するも、厳しい。意外に低い低水温の影響か?
4/15 飛騨川水系 アマゴ 2匹
午後からの釣行。農作業の影響か、支流からの濁りあり。魚の活性低い。

4/26 飛騨川水系 アマゴ 9匹
降雨により高活性。短時間だが中型サイズがぼちぼち釣れた。

4/29 飛騨川水系 イワナ 3匹
アマゴ狙いは撃沈。源流部に入ってなんとかイワナを釣ってボーズ回避。

5/11 飛騨川水系 アマゴ、ニジマス 2匹
良型を何匹か掛けるも、ことごとくバラシ(;_;)

5/18 飛騨川水系 アマゴ、イワナ 3匹
渇水気味で渋い

5/25-26 犀川水系 ブラウン、ニジマス、イワナ 4匹
初日は大増水、激濁、雪代でほとんど釣りにならず。車中泊して二日目、まだまだ水量は多かったが、なんとか魚の顔はみれた。

5/31 飛騨川水系 アマゴ、ニジマス 数匹
最初のポイントで良型がチェイスするも、バイトさせられず。

6/15 飛騨川水系 アマゴ、イワナ 約9匹
アユ解禁直前の釣行。渇水であったが朝マズメは好調。25~28cmクラスがびしばし反応するが陽が差してくる頃から渋くなる。午後、なんとかアマゴの28cmを引きずりだした。

7/5 高原川水系 イワナ、ヤマメ 約8匹
尺ヤマメを目標にしたが、ヤマメは25cm、イワナは28cmまでしか出ず、目標に及ばず。

7/17 犀川水系 イワナ、ブラウン、ニジマス、ヤマメなど 11~12匹
朝マズメは好調。陽が上ると途端に反応が渋くなる。なんとか40超のイワナをGetし、他にも40クラスの魚のチェイスはあったがヒットさせられず。 結果的には今シーズン一番数が釣れた一日であった。

7/20 飛騨川水系 ボーズ
アユ解禁後としては初釣行。アユ師のあまりの多さと渇水のためノーバイト、撃沈。

8/30 犀川水系 ブラウン、ニジマスなど 数匹
小雨降る中、絶好のコンディションかと思われたが、渋かった。

9/23 飛騨川水系 ボーズ
夏の渇水以降、いい話を聞かなかったが、禁漁前にご挨拶をかねて行ってみた。やっぱり釣れなかったけど(^^;;;;;




3月、4月は成魚放流の残りがメインとなったが、後半から魚が瀬に出始めて、まぁまぁ釣れるようになった。
5月、6月は降雨と渇水が交互にやってきて、やはり降雨時が良かった。この頃から近場の渓流でも良型が姿を現す。
7月、アユ解禁とともに、近場の渓流では釣行が非常に難しくなる。信州方面にプチ遠征することが多くなった。
8月、9月は、暑いさなかの渇水とアユ釣りの影響か、近場では全く釣れず、魚影すら確認することが難しい時期。まぁ毎度のことだから仕方ないかな。
アユ放流のされていない源流部まで行けば、なんとか釣りは可能なのだが、結局、源流部には行かず終いでした。

さて、来シーズンはどんな渓流魚が待ち構えているかな。
シーズン後半になって入手した新しいロッドが、なかなかイイ感じなので、来シーズンの主力となってくれるでしょう。
[PR]
by sierra-outdoor | 2008-09-26 23:40 | 渓流釣り | Trackback | Comments(2)
9/21 はぜどん
台風がやってきて、足早に行ってしまった。
三重県南部ではかなりの降水量だったけど、この地方は、まぁ普通の雨程度でちょっと拍子抜け。
もう少し山に降ってくれたら、ラスト渓流釣行に行くのだったが・・・・・・

友人のFMさんが木曽川へハゼ釣りに行く、というので、私も行くことにした。
朝、すでに現場に着いているFMさんから電話が。土砂降りで車から出れんとな(^^;;;
すぐにウェザーニュースの雨雲レーダーを見ると、確かに三重県北部あたりで鈴鹿山系から雲が涌いている。
でもそんなに大きな雲ではないので、そのうち止むのでは、と答えて、私も準備して出発。
現地は水浸しでかなり雨が降ったようだけど、到着時は止んでいた。

FMさんと合流して釣り始める。
最初は延べ竿で。すぐにウキに反応が、、、しかし釣れたのは超小さいウグイ(苦笑)
どうも投げないとハゼは釣れんらしい。FMさんはポツポツと釣れ続く。
延べ竿をあきらめ、スピニングタックルを持ち出してきたが、今回持ってきたのは5フィートのULロッド。
チョイ投げでいいだろうと思ってたのだが、今日はかなり遠目でしか食ってこなかったので、ポイントまで届か~~ん(苦笑)

仕方なく、FMさんの予備タックルの6.6フィートのバスロッドを借りると、なんとか届いてヒット!
しかし上がってきたのは子セイゴ・・・・
次に釣れたのはやっとハゼ、しかし次はまたセイゴ・・・・・(^^;;;;
FMさんは投げれば必ずハゼが釣れている。8フィートのライトなシーバスロッドで投げているので飛距離が出てることが良いのかな。
それともハゼ用投げ仕掛けについてる針のチモトの蛍光ビーズがいいのかも。
(私は、普通の小型天秤にハリスをつけただけ)

なんとか数匹のハゼは釣ったけど、その頃に満潮潮止まりになってアタリが停まる。
まぁ、下げに入れば釣れるだろう、と思っていたら、どんより垂れ込めた雲から雨が・・・・
一旦、車の中に退避したが、ますます強くなって土砂降りに。
ケータイでウェザーニュースにアクセスして雨雲レーダーを見ると、やっぱり鈴鹿山系から雲が涌いて自分たちの居る場所に真っ赤な雲がかかっている。
しばらく待っても止む気配ナシ。
仕方なく雨の中、道具を片づけ、撤収~~~~~!!
途中の道の駅に着いたころに、雨も最高潮、バケツをひっくり返したような土砂降り。
なんという天気だ、今日は。こんなことなら渓流に行けばヨカッタ・・・・・・

濡れて寒くなったので道の駅でうどんを食べながら時間つぶしていたら、そのうち雨も止んで晴れ間もみえるようになったけど、戦意喪失、そのまま帰りました。
雨の中、大して釣れなかったので、画像はナシです(^^;;;;
[PR]
by sierra-outdoor | 2008-09-21 19:13 | その他の釣り | Trackback | Comments(4)
9/13 メッキ
そろそろ三重県南部のメッキも本格化しつつあり、釣友の小五郎君からも、ぼちぼち良い話がきていたので、行ってみることにした。
まずは、小五郎君と合流して、一路、三重県を南下。
14時ころに、最初のポイントに到着、と同時に雨が・・・・・(^^;;;
小雨ではあったのだが、レインウェアを着て、釣り始める。
と、幸先よく小五郎君にヒット。こりゃ群がきているかな、と思ったのだが、その後反応ナシ。

次のポイントに行く。海面をみると、、、静かすぎる。ベイトの気配も少ない。
人も殆ど居ない(エサ釣りのおじさんが一人のみ)
釣れてないのかなぁ・・・・・
とりあえず、探ってみるが、やっぱり反応がない。一通り探るもチェイスすらないので、ココに居なかったら、絶対に居ない、と思われるピンポイントをジグで底まで探ると、、、をっと、ココには居たか!!
下からワラワラと20匹くらいのメッキが涌いてきた。しかし寸前のところで見切られ、バイトせず。
しつこく狙ってやっとヒット!!
後ろに数匹ついてくるので、その数匹を小五郎君に釣ってもらおうと足元で泳がせておいたらナゼかバレた(苦笑)
でもその直後にミノーで小五郎君にヒット。
底に沈んだ低活性のメッキをなんとか食わせないとイケナイ、しんどい釣りだ。
ジグを着底してアクションを加えるとドーンと重々しくヒット。
これは、、、腹掛かりか、背掛かりしたかな?
ギューーーンと底にヘバリついたまま魚は走る。なんとか耐えていたが足元に障害物に潜られてアウト・・・・・・
当りジグもロストしてしまい、ついでにメッキの群もどこかに行ってしまったようで反応が無くなったので、移動。

次は、小五郎君が1週間前に好調だったポイントへ。
ここでは、入るなり、小五郎君は即ヒット。しかしちょっとサイズが小さいいたい。
何度か小五郎君の竿は曲がる、、が、私の竿はなかなか曲がらない。
それでもナンとかこの日の最初のメッキをGet。
サイズが小さいので、8月に釣れるメッキのようだが(苦笑)とりあえず1匹は1匹である。

その後、ポツポツ反応が続くのだが、どうもサイズが小さい。数匹の群でチェイスもしてくるのだが、フッキングにまで至らないのだ。
少しづつ歩きながらもう少し大きめのメッキが居ないか探り歩くと、やや大きめのメッキがチェイス!!
足場がやや高い場所だったので、ミノーにチェンジして、キャスト。
着水と同時にトゥイッチ、トゥイッチ、ガツン!!よっしゃ~~~、てな感じでなんとかこの時期としては平均的な17cmサイズがヒットしてきた。
この場所にまぁまぁサイズの群がたまっていたらしく20cm弱のメッキがチェイス!!チェイス!!
トゥイッチを入れると、バコン!ヒットしたメッキの後ろに数10匹近くの群がワラワラとついてくる。
を~~こりゃいい群を見つけたな。数匹ほど連続ヒット(バラシも結構あったけど・笑)
f0100885_23253165.jpg

イイ感じになってきたが、6匹目か7匹目のバイトした、次の瞬間にバラシてしまったら、その次から急に反応が乏しくなった。
どうもそのバラシた魚について、群が移動しちゃったかなぁ。

夕マズメが近づいてきた。
さらに次へ移動。
ここでも小五郎君、さっそくヒット。
私もミノーを投げる、ヒットするハズ、、、あれ??なにもなく帰ってきた。
小五郎君はその次もヒット。私にはなにも反応がない。。。。うむむむ。
彼が投げているのはポッパー、私はミノー。
さきほどのポイントはミノーが良かったのだが、ここではポッパーか??
すぐにポッパーに代えると、バコン!!しかし乗らず。
次にバシャン!!と派手にスプラッシュが上がるが、ポッパーが弾き飛ばされるだけ。
かなり激しくアタックしてくるも、フッキングしない。ちょっとした事なのだがナァ。
その間も順調に小五郎君は釣果を伸ばしていく。これぞ小五郎マジックか??(^^;
やや焦ってきたころ、やっとヒット。しかし、もう群が遠ざかったようで、最初のころの爆発的なチェイスが無くなり、なんとか2匹追加したが、夕暮れと共にジエンド。

またまた小五郎君とはダブルスコア以上の差がついたようだ(苦笑)
それでも、ぼちぼちのサイズのメッキのプチ爆釣も味わえたし、1日(というか半日か)の釣りとしては満足いくものであった。
もう少しバラシを減らさなくては(フックが昨年から放置していたので錆び錆びであったのが原因かも)
とりあえず、新しいフックに付け替えることにしよう。
[PR]
by sierra-outdoor | 2008-09-13 23:32 | 海の釣り | Trackback | Comments(14)
9/6 カンパチ・ジギング
この季節限定の、カンパチジギングに行ってまいりました。
本当は8月中にも行くハズだったのですが、都合が合わなかったり、疲労で断念したり、出船予約したけど当日朝になって荒天で中止になったり・・・・

とまぁ、こんなカンジで出たくても出れない状況、、、、なのにここ最近ゼッコーチョーの釣果情報だけは目に入ってくる。
イカン!!このままでは今年もカンパチが釣れない年になってしまう(昨年は、いろいろあって1匹だけしか釣れんかった)

そこで、いつもは渓流ルアーでご一緒させてもらってるChurinさんがカンパチジギングをやってみたい、と言うことなので、日頃の渓流釣りでのお礼をかねてこの日、出撃計画を立てました。

少し前までゲリラ雷雨が頻発し、天気が危ぶまれたものの、当日は暑い暑い。
出船の正午過ぎの港は、かなり暑かったのですが、沖に出れば涼しい~~というまでではないもののカラッとした潮風が心地よく、船の上でもまぁまぁ快適でした。
波も静かで凪状態。オフショア日和です。

まずは、最初のポイントに到着。船長のアナウンスで一斉にジグ投入。
早くも反対の舷側でヒットがあったようだ。
シーフラワーをボトムまで落として、力強くジャーク、そして一瞬ストップを繰り返していると、突然に・・・・・
ゴ、ゴゴーーーーン!!
よっしゃ~~ヒットだ。最初のポイントでヒットしてくるなんて幸先が良い。
底へ底へと走る魚、間違いないカンパチだ。じっくり弱らせつつ上げてくるとサイズもまぁまぁ、40オーバーだ。
水面まで上げたら、イッキに船の上へ抜き上げる。うんうんイイじゃん、いいジャン。

Churinさんにもヒットがあったけど惜しくもフックアウト。
しかし次のポイントでお互いにツバスを1本づつ釣って、とりあえず早くも丸ボーズは無くなった。

次のポイントでも同様にジャークしてくると、ゴゴン!!ビシッ!!ギュイィィィ~~~ン!!
ってな具合で、入れ食いというほどではないが、ぼちぼち釣れる。
しかもこの日は釣れてくるサイズがいい。殆ど40オーバーだ。いつもなら30cmクラスが主体で10匹に1匹、最大サイズで40ちょっとが釣れるかな?というカンジなのだが、今日は型が良いようだ。
最大サイズは50cmに少し届かない??ぐらいの良型。このサイズが掛かると、ジギングロッドもかなり曲がるので、とても楽しい。
f0100885_1345558.jpg

何匹か釣り上げ、バイトもぼちぼちで最初は好調だったのだが、ある時ファイト中にプチ、とラインブレイク・・・・
おお、、当りジグだったのに・・・・・
これでペースが乱れて、しばらく釣れない、たまにヒットしてもバラスという釣れないスパイラル状態。
そんな私を尻目に、コツを掴んできたChurinさんがポンポンポンと立て続けに釣り上げます。

何カ所かポイントを小移動しますが、どのポイントでもとりあえず反応があり、誰かの竿は曲がるという好調な1日。
私もその後、ペースを取り戻して、ぼちぼちヒットは得るものの、水面まで上げて、さぁ抜き上げるゾ、と思った瞬間にフックアウトでオートリリースしたり、やはりファイト中にプチン、とラインブレイク・・・・
とてつもない大型が掛かった訳ではないのだが、どうもファイト中に底へ底へとカンパチが突進するのを耐えている時、リーダーが尾ビレに叩かれ、擦れ傷が入ってそれがラインブレイクに繋がるのかな、と思えてきた(帰ってきてから気づいたのだが、切れたのは殆どファイト中、しかもファイト後半だった)

1匹釣るたびにラインチェックはしてるのだが、どうしてもプチプチと切れて、当りジグを全てロスト・・・・・
結局4個のジグをファイト中のラインブレイクでロスト。
これは対策を考えないとイカンなあ。
f0100885_13464845.jpg

夕方になり、最後のジアイ。
船長の合図で一斉に投入、ジャークしてくると、水面までカンパチがワラワラ涌いてくる。
まるでチビメッキが涌いてくるかのようだ。しかし、簡単にはフッキングしないので、ちょっとコツが要るのだが。

昼間の釣りで個人的にはもう満足マンゾクでお腹いっぱいイッパイ状態になっていたのと、4個目のジグをブレイクしたところで、私はもう釣りを終えた。
あとは、釣った魚を〆たり、処理したりしてるうちに終了~~となりました。
結果は、カンパチを10数匹ぐらい(Churinさんも同様)、ハマチを少々。
バラシをもっと無くせば、特に釣りが中断しちゃうラインブレイクを防げば、20数匹以上は堅かったかな、という好調ぶり。
ちょうど、絶好調の1週間の中に我々の釣行タイミングが重なったことが良かった。
久しぶりの満足のいくカンパチジギング。特に型が良かった(平均サイズは過去の釣行で一番良かったと思う。数はもっと釣れた時もあったけど)
Churinさんにも満足頂けたようで、ヨカッタよかった。
久しぶりにクソ重いクーラーを運びつつ、心地よい疲労感を覚えながら帰路につきました。
[PR]
by sierra-outdoor | 2008-09-07 12:53 | 海の釣り | Trackback | Comments(4)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism