<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
12/21 今年最後?のオフショア
年末も押し迫ったこのごろ、釣友のFMさんと一緒にジギングに行ってまいりました。
時期的にも多分、2008年最後のオフショアとなりそうです。
果たしてこの一年を締めくくるに相応しい釣果となるか!?

今回は師崎から出船するランスルーさんに乗船。
定刻通りに朝7時に出港。
どんより雲が垂れ込めてはいるが12月末とは思えぬ暖かさ。
風も弱く、ほぼ凪状態。オフショア日和ですなあ。

ポイント到着。
最初はアジ狙い。
少し前から、良型アジが釣れ盛っており、これには期待していたのですが、ジギングサビキ仕掛けを落としていくものの、ヒットせず・・・・
周囲の船もたま~~にアジが釣れてますが、サイズが小さい。
すると隣で釣ってたFMさんヒット!!しかしバラシ・・・・口切れのようです。
でもその後でまたヒット!!上がってきたのは20cmくらいの中アジ。
もう少し大きくないとなぁ。もしくはこのサイズなら入れ食いであって欲しい。
しかし私の仕掛けには全く反応ナシ。FMさんは伊勢湾仕様のサビキ仕掛けだったので、アタリがあったようです。

アジも芳しくなく、船長が移動をアナウンス。
次は本命?タチウオです。
タチウオは、12月に入って姿を消していたのだが、急に前日になって姿を現したのでした。
すでにタチウオ船団が出来ており、その仲間入り。
期待こめてジグを落としていく。そしてワンピッチのショートジャークを繰り返す。
f0100885_21353024.jpg

しかーし、タチウオもどうも活性が低い。たまにポツポツとは上がるのですが私にはヒットなし。
魚探の反応はボトム中心に出てるようだけど。
FMさんにヒット!!指4本クラスのタチウオが上がってきた。
ヒットしたのはボトムから少し上げてきたところだと言う。
ボトム中心に丁寧に誘うと、、、、フワッとジグの感触が消えた。
食い上げだッ!!
それ、っとアワセるが、感触が空を切る・・・・・
あぁ、ヤラれた。
そう、タチウオ釣り特有の、バイト切れです。ジグの上のリーダー部分がすっぱり切られている。
タチウオの歯擦れ対策のため、ジグの直上は60LBリーダーにしてあったと言うのに。

仕方なくジグを結び直す。周囲ではボチボチとヒットしてきたのでジアイ到来か?
しかし、再投入したジグには反応なし。切られたジグのカラーは紫&ゴールド。
再投入したのはピンク&シルバー。
ゴールド系が良いのかな?早速、同じ系統の色のジグに結び替えて、すぐにまた食い上げバイト!!
しかーーし、なんとまぁまたしてもスカッとヤラれてしまった。
今のは、新品のジグだったのに・・・・シクシク(泣)

どうやらゴールド系カラーが良いのは間違いない。
再度、ゴールド系ジグを投入して、すぐにヒット~~~~~
今度こそ~~~。
気合入れてゴリ巻き。あまりサイズは大きいとは思えないが11月の時よりは重量感がある。
上がってきたのは指4サイズでした。
ふ~~やっとボウズ脱出。
1匹釣れると安心して釣りが出来るので、アタリも増えてきた。
次のフォールでもヒット!しかし、水面まで上げてきたところでバラシ(^^;
しばらくして、ヒット!!これで2本目。
よしよし、出遅れたけど、これからスパートじゃあ~~と思ってたら、三度、食い上げバイトでまたしても「スカッ!!」
テンションが一瞬にして無くなった。

ああ~~~またかよぉぉぉ!!
もうアタリカラーのジグ無いじゃん・・・・・

これは困った。まさか3個もジグを殉職させてしまうとは。
これまでよく当たってきたカラーのジグは全滅。
シルバー系に戻したが、これにはバイトしてこない。
ジグのボックスをひっかき回して、少しでもさき程のカラーに似てるジグを探す。
1個だけゴールド系があった。
これを投入してシャクってくると、またフワッと食い上げバイト!!
このやろーー、今度こそ~~~
鬼のようにゴリ巻きしてくる。今度はフッキングした。やっと食い上げバイトを退治したぞ。
これでなんとか3匹目をキャッチ。

しかし、この頃からアタリが遠のき、ジアイは去ったようだ。
しばらくして、船長から「タチウオはそろそろ終わりにして移動します」とアナウンス。
どうもリズムに乗れずに終わってしまった。

次にワラサのポイントに到着。
しかし誰にもヒットせず、あまり粘ることもなく、次はタコポイントへ。
これまた最近、タコが流行っているのだが、私はあまりタコには興味がないので、適当にやっていた。
すると、根掛かってしまった。
強めに引っ張るとなんとか外れた。大抵、エギのカンナが曲がって回収できるのだけども。
それを何度かやっていて、ある根掛かりを回収したら、なんとタコ足がついているではないか。

根掛かりなのか、タコのバイトなのかよく判らない。まぁこれを見定めて釣るのがタコ釣りの面白さだそうだが(苦笑)

この日はタコもイマイチで、船中でもあまり釣れなかった。
最後にもう一度ワラサを狙うも空振りで、そのまま沖上がりとなりました。

期待のアジは空振りで、タチウオも食い上げのラインブレイクに悩まされリズムに乗れず終いでした。
ジャークのリズムが、今日のタチウオの活性にいまいち合ってなかったのかな。
釣ってる人は10数匹は釣ってるし、私もうまくやっていれば7~8匹は確実、多分、10匹はイケたんじゃないかと思うので、その日その日のジャークのパターンを早く捉えることが、この釣りの釣果を伸ばすコツですが、何度やっても毎回違うので精進が足りません(苦笑)

さて来年のオフショアはどうなるかな?
今回釣った貴重なタチウオは塩焼きで食べました。うーん、いつ食べてもタチウオは美味しいワ。
また来年も釣れてくれる事を祈って、今年最後?のオフショアを締めくくりました。
[PR]
by sierra-outdoor | 2008-12-21 21:03 | 海の釣り | Trackback | Comments(3)
12/20 新スタッドレス・タイヤ
昨シーズンまで使用してきたスタッドレスも丸4年。
結局、昨シーズン終了後、春~秋の間もスタッドレスを履き潰すつもりでサマータイヤに交換せずにそのまま履きッ放し。

で、2008-2009シーズンを目前にして、新スタッドレスへのリプレイスと相成った訳です。
私は代々、スタッドレスはミシュランと決めているので、今回も当然ミシュラン。
今シーズン向けにミシュランから新作のX-ICE2というスタッドレスが発売になり、近くのオートバックスで予約。
これで随分昔のXM+S100というスタッドレスから数えて6代目のミシュラン・スタッドレスを履くことになりました。
f0100885_11202955.jpg

ちなみに代々のスタッドレス遍歴はこちら

X-ICE2は、久々のTRスピードレンジ(190km/h)が復活。
通常、スタッドレスはスピードレンジはQR(160km/h)が一般的です。
ちなみに国産スタッドレスは殆どこの規格かな。
(例えばスポーツ系サマータイヤだと、HR 210km/h の規格になっています)

具体的にQRとTRで何が違うか??
それはズバリ、乾燥舗装路面での剛性感です。特に高速道路での走行安定性として実感できます。
太平洋側に住んでる私にとっては、このTR規格はなかなか魅力的。
初代のミシュラン・スタッドレスがTR規格だったので、高速走行は安定してました。
その後はミシュランも国内のスタッドレス事情に合わせてQR規格を出すようになったのですが、今季の新製品は久々のTRのスタッドレスですからね。
期待しております。

このニュースタッドレスでは、まだ街中を少ししか走ってないのですが、丸4年使ってきたスタッドレスよりもダンピングがよく効いている。
ということは、やはりこれまでのタイヤはもうコンパウンドが硬化しちゃってた、という証拠かなぁと思います(苦笑)

私の場合は、スキーに行く機会があるので、スタッドレスは必需品ですが、冬場も釣りに行く場合もスタッドレスの方が安全ですしね。
スタッドレスはナマモノですので賞味期限(おおむね数年以内)があります。
溝が残っていても使用頻度が低くても系年劣化でコンパウンドが硬化してるとイザという時に性能が発揮できないので購入後、年数が経過しているスタッドレスをお使いの方はご注意を・・・・
[PR]
by sierra-outdoor | 2008-12-20 11:15 | ゴルフ(VW)日記 | Trackback | Comments(6)
12/13 撃沈・・・・(^^;
この日も再び遠州灘へ。
今回は釣友のChurinさんと一緒です。

未明の高速道路を走って現地着は日の出ころ。
早速支度をしてポイントに入ります。大潮の満潮の頃合いなので潮位が高く、波も結構あって、なかなか良い場所に入れません。
遠州灘にしては風が弱くてルアーは投げ易い。とりあえず朝マズメでもあるのでひたすら投げ続けますが・・・・・ヒットなし。
ま、潮が動きだせば釣れるだろう、と思ってました。

しかーし、満潮から下げ潮になって、潮が動き出しても反応ナシ。
近くのエサ釣りの人にも殆ど何も釣れてません。回遊してきてないのか・・・・
時間がどんどん経過して行きます。潮位が下がってきて釣り易くなってきたが、相変わらず反応なし。
Churinさんがイケガツオの小型を釣りあげたのみ。ま~~ったく釣れません。

干潮の潮止まりの時間帯にさしかかり、私は疲れもあって昼寝(苦笑)
すると、私が昼寝してる間に近くのエサ釣り師が40cmクラスのメッキを釣ったらしい。
そして一人のルアーアングラーが近くにやってきて、いきなりメッキをヒット。

どうもジアイ到来したかな?
昼寝から復活して、Churinさんの様子を見に行くと何匹かコバンアジを釣ったとのこと。
魚ッ気がようやく出てきたかも。
近くのルアーアングラーをみると、この前、一緒に隣同士で釣った人に似てる・・・
声をかけてみると、やはりこの前、隣で釣っていた人でした。
挨拶を交わして、私も釣り戦線に復帰。

まずは確実に釣るために、奥の手を使ってみる。丁寧に探っていくと、コン!!とアタった!!
即座に巻きアワセ。魚は小さいが、やっとヒットした魚だ。逃がしてなるものか。

上げてみると、掌クラスのメッキ。やっと、釣れた1匹目。
さき程のルアーアングラーも少し離れた場所で同様に掌メッキを何匹か釣りあげる。
今がジアイか!?
続けて釣りつづけると、またしても小さくコン!とヒット。
そのまま巻きアワセ。今度は掌チヌでありました。
ようやく釣れる時間帯に入ったようで、近くのエサ釣り師の人は、遠くに仕掛けを投げ込んで、連続ヒットしてる。上がってくるのは20cm後半のメッキ。
しかし、エサ釣りの人の取り込み時の様子から、ヒットしている場所は100m近く沖合だ。
いくらなんでも我々のタックルではそこまで飛ばない。
なんとかもっと近くまで回遊してこないか、一縷の望みに託して投げる、投げる、投げる。

しかし、その後反応は途絶えた。
さき程まで釣っていたエサ釣りの人もアタリが無くなったのか、竿を置いて休憩してるし(^^;;;

朝から昼過ぎまで途中、休みつつも釣り続けたが、どうもこの日は回遊が無かった。
ノーチャンスだった。しかしこればかりは運なので仕方ないし、この釣りは元々こういうものだ。
投げて投げて投げ続けて、いつか至福の時が訪れる・・・だろう。
また次の機会に期待して、昼過ぎに現地を後にしました。
[PR]
by sierra-outdoor | 2008-12-13 22:25 | 海の釣り | Trackback | Comments(4)



釣り、キャンプ、自転車、スキー、シュノーケルなどが中心です
by sierra-outdoor
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
リンク
最新のトラックバック
ナマズ
from 動物辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism